ANNニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ANNニュース
ANN NEWS
ジャンル 報道番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日ANN
出演者 下記を参照
音声 ステレオ放送
(2010年3月29日~、一部はモノステレオ放送
字幕 リアルタイム字幕放送 (2006年4月 - )[1]
オープニング 榊原大「time-line」[2]
(2009年5月 - )
エンディング 同上[3][2]
外部リンク テレ朝news
放送時間 【平日】5:50 - 5:59
【土曜】5:50 - 6:00
【日曜】6:20 - 6:27頃
(平日9分、土曜10分、日曜7分)
放送期間 1970年1月 - 1975年3月30日
2003年9月29日 - 現在
出演者 【平日】飯村真一島本真衣
【土曜】大熊英司
【日曜】森葉子濱田隼
放送時間 【平日・土曜】 11:45 - 12:00
【日曜】11:45 - 11:55
(平日・土曜15分、日曜10分)
放送期間 1970年1月 - 1975年3月30日
1993年4月5日 - 現在
出演者 【平日】下平さやか
【週末】大熊英司
夕方
放送時間 月曜 - 土曜日18:30 - 18:50(20分)
放送期間 1970年1月 - 1975年3月29日
最終版
放送時間 日曜日 0:40 - 0:55(土曜日深夜)(15分)
放送期間 【平日】
1971年4月 - 1975年10月10日
【土曜】
1970年1月 - 1975年10月11日
2000年4月2日 - 2001年4月1日
【日曜】
1970年1月 - 1975年10月12日
スポットニュース(土曜午後)
放送時間 13:55 - 13:59(4分)
放送期間 1970年1月 - 2016年4月2日
出演者 (シフト勤務)
スポットニュース(夜)
放送時間 土・日曜 20:54 - 20:58(4分)
放送期間 【平日】1970年1月 - 1987年10月
【週末】1970年1月 - 2017年4月8日
出演者 (シフト勤務)

特記事項:
・放送時間はいずれも現在、あるいは終了時のもの。
・平日朝は『グッド!モーニング・5時台』に、平日昼は『ワイド!スクランブル・第1部』に、日曜朝は『サンデーLIVE!!・第2部』に内包。
・スポットニュースは系列局ではタイトルが異なる場合や放送されない場合がある。また、週末夜の放送時間は天気予報(『あすの空もよう』)を含む。
・年末年始等の『報道ステーション』、『ANNニュース&スポーツ』休止時にも放送。
テンプレートを表示

ANNニュース』(エイエヌエヌ ニュース)は、テレビ朝日(旧:日本教育テレビ)をはじめANN系列各テレビ局で放送するニュース番組の総称。現在、朝・午前11時台・午後・週末夜に放送されている。2003年10月のテレビ朝日現社屋への移転を機にタイトルロゴは「ANN NEWS」という英字表記で統一された。キー局が発信するニュースネットワーク名を冠したタイトルのニュース番組の中ではレギュラー放送が最も多い。

前史[編集]

NETテレビ開局当初は、朝日新聞社東映が運営する朝日テレビニュース社(後のNET朝日制作、そしてVIVIAことテレビ朝日映像)が制作した「NETニュース(朝日新聞制作)」が前身である。1970年にANNが設立されると、この名残りからNETや朝日新聞の資本が強い地方局では「ANNニュース 協力・朝日(新聞)」とクレジットされた。1975年4月改編を機に、「ニュースセブン」「ニュースライナー」「ニュースレーダー」<朝日新聞テレビ夕刊も含む>「ニュースファイナル」等に改題。『ANNニュース』はスポットニュースのみとなった。その後『ANNニュース』への差し戻しも行われ、現在に至る。

朝枠[編集]

1970年1月のANN発足当初から1975年3月まで『ANNニュース』として放送されたが、1975年4月『ANNニュースセブン』に改題された。放送時間の繰り上げによる『ANNニュースフレッシュ』への改題を経て、2003年9月29日、5:50 - 5:59(JST)の枠で再開する。

中京圏ではANN発足当初から1973年3月名古屋テレビ放送中京テレビ放送の2局並列での加盟で、昼と夕方はNBN、他はCTVが取材・ネット受けを担当していたが、CTVは1971年3月まで編成上の都合により朝の放送が9時からであったため、この間はNBN共々放送ができなかった。

平日[編集]

2006年3月31日まで『朝いち!!やじうま』に内包され、2004年4月からオープニングに独自ジングルを使用[4]情報番組に内包される形となった。以降は番組内の1コーナーとしての演出を行なっている。

現在は『グッド!モーニング』の1コーナーとして放送。クロマキー合成を使用し、同番組のスタジオセットから放送しているように演出し[5]、テーマ曲(松任谷由実「Good! Morning」)及びテロップ類も同番組に合わせたものを使用している。

週末[編集]

後半の約1分間は首都圏ニュースとなり、地方局によってはローカルニュースに差し替える事が出来る。テレビ朝日のニュースルームから全編放送している。

土曜日はテレビ朝日のみ『やじうまプラス』に内包されていたが、『やじうまプラス』の放送時間変更のため、2006年4月1日から放送時間を5:50 - 6:00に繰り上げ・縮小のうえ、独立番組となった。翌日4月2日からは日曜日も土曜日と同じ放送時間となった。なお繰上げに伴い、土・日の放送時間が15分から10分に短縮された。

日曜日は2016年4月3日まで5:50 - 6:00の時間帯で放送。同年4月10日からは6:20 - 6:30に変更。更に2017年10月1日から『サンデーLIVE!!・第2部』(6:20 - 7:00、テレビ朝日・朝日放送テレビ・メ〜テレ共同制作)開始に伴い、単独番組としては同年9月24日をもって終了し、同番組の1コーナーとしての放送に移行した[6]

2009年4月から週末においても、平日同様のテロップを使用。かつてはオープニングは専用のショートバージョンだったが、2009年7月より土曜お昼前のニュースと共用に差し替えられた。2010年7月からは、オープニング、テロップともに『ANNニュース』独自のものを使用。

天気予報は、系列局の県庁所在地の天気を伝える(東日本大震災発生以後5年間までの2016年3月まで、主要被災地5地点〈八戸市宮古市石巻市相馬市小名浜〉の天気も表示していた)。

放送日時[編集]

平日
  • 5:50 - 5:59(『グッド!モーニング・5時台』に内包)
    • 『グッド!モーニング・5時台』の内包番組ではなく、単独番組扱いで放送する系列局がある。
    • 2006年4月3日からは1分時間が伸びるが、実際は間に1分間のCMが入っているので正味時間はこれまでと同じ。
    • この時間の放送ではキャスターの挨拶が省略される場合がある。
土曜
  • 5:50 - 6:00
    • 土曜については、かつて『やじうまワイド』、『やじうまプラス』に内包していたが、放送時間が変わり独立した番組となった。
日曜
  • 6:20 - 6:27頃
    • 2017年10月1日からは『サンデーLIVE!!・第2部』(テレビ朝日・朝日放送テレビ・メ~テレ共同制作)の1コーナーとして放送されている。本ニュースの全ネット局が『サンデーLIVE!!・第2部』本編もネットするため、平日朝や平日昼とは異なり、本編司会者(東山紀之)から紹介される形で開始される。

土曜(過去には日曜も)は、30秒間のCMが入り、CM前にエンディングテーマが流れる。

担当キャスター[編集]

朝の「ANNニュース」担当アナウンサー
期間 平日・男性 平日・女性 週末
月・火 木・金
2003.09.29 2004.03.28 小松靖 市川寛子 大木優紀 真鍋由
2004.03.29 2004.10.03 小松靖 中丸徹 大木優紀 前田有紀
2004.10.04 2005.04.01 上宮菜々子 大木優紀
2005.04.02 2005.07.03 上宮菜々子 小松靖
2005.07.04 2006.03.31 佐々木亮太
2006.04.01 2006.10.31 古澤琢 大木優紀 松尾由美子 大熊英司
2006.11.01 2007.04.01 大木優紀 上宮菜々子
2007.04.02 2007.09.30 矢島悠子 久保田直子 村上祐子 高橋真紀子
2007.10.01 2008.03.30 小川彩佳
2008.03.31 2009.03.29 佐分千恵
2009.03.30 2010.03.28 高橋真紀子 本間智恵
2010.03.29 2010.07.04 飯村真一 松井康真 小川彩佳 村上祐子
2010.07.05 2010.10.03 高橋真紀子 竹内由恵
2010.10.04 2011.04.03 飯村真一 (不在)
2011.04.04 2012.04.01 吉澤一彦
2012.04.02 2013.03.31 森葉子
2013.04.01 2014.03.30 坪井直樹 島本真衣
2014.03.31 2014.09.28 菅原知弘 宇賀なつみ
2014.09.29 2015.03.29 加藤泰平 松尾由美子
2015.03.30 2015.09.27 菅原知弘
2015.09.28 2016.11.13 吉野真治
2016.11.14 2016.12.07 加藤泰平
2016.12.08 2017.03.30 草薙和輝
2017.03.31 2017.09.30 飯村真一 島本真衣
2017.10.01 現在 大熊英司 森葉子
濱田隼
  • 濱田以外は、出演当時の者を含めて全員テレビ朝日アナウンサー。
  • 小松、真鍋は『ANNニュースフレッシュ』から続投。
  • 2004年4月以降、土曜担当者は昼の『ANNニュース』も担当(2017年9月までは日曜も担当)。
  • 2006年9月までは『朝いち!!やじうま』のキャスター3人のうち2人が兼務。
  • 2007年4月から2010年9月までの女性アナウンサーは『スーパーモーニング』のニュースコーナーを兼務。
  • 中丸の降板が改編期でなかった理由は、政治部記者に異動したため。
  • 濱田は、メ〜テレアナウンサーで、同局からの出向。

昼枠[編集]

1970年1月のANN発足当初から1975年3月までは『ANNニュース』として放送されたが、1975年4月『ANNニュースライナー』に改題された。しかし、1993年4月から『ザ・ニュースキャスター・第1部』に内包されることとなり、『ANNニュース』を再開。

この昼のニュースだけは、フルネット24局に加え福井放送テレビ宮崎のクロスネット加盟2局(いずれもサブ加盟)を含めたANNニュースネット会員の26局全てが参加して同時生放送されている[7]

平日[編集]

平日のみ報道局・ニュースルーム内のクロマキーベース(緑色の背景のみのスペース)から放送。オープニングはCG付きの通常のバージョン(ヘッドライン付き)。音声はステレオ放送。2000年10月からCG合成のバーチャルスタジオを使用しており、ロゴが英字表記「ANN NEWS」となり、ヘッドラインとスタジオパートにBGMが流れる。2008年3月31日より、リアルタイム字幕放送を実施。2011年から2014年まで、夏季の出演アナウンサーの服装はノーネクタイにジャケットというクールビズスタイルで出演。2014年4月1日よりオープニングが簡略化された。

土曜日[編集]

後半はローカルニュースに差し替えることが出来る。

日曜日[編集]

日曜は2005年10月から2008年9月まで『サンデースクランブル』を一旦中断扱いで放送していた為、オープニングはスタジオ映像に右上ロゴ表示の短いバージョンに変更され、音楽も独自の物になった。なお、11時55分20秒に流れるローカル枠切り替え時のジングルは、『サンデースクランブル』のジングルが流れた。

内包が終わってからは、BGMなしで挨拶から始まり、冒頭で出演者の挨拶と共に番組ロゴを表示。2011年10月より、再度『サンデースクランブル』を一旦中断する形となる。

なお、『サンデースクランブル』放送期間中は、ローカル枠のうち11時58分55秒からの65秒間は同番組の前倒し部分にあてていた。

2016年4月より、放送時間も月曜夜から移動した『ビートたけしのTVタックル』の直前(11:45 - 11:55)に移動し、ローカル枠のうち11時54分からは同番組の前倒し部分にあてていた。

2017年4月9日からは『日曜ワイド』(10:00 - 11:50)開始に伴い、2015年度以前の放送時間である11:50 - 12:00に復し、ローカル枠のうち11時59分からは同番組の前倒し部分にあてている。

2018年4月8日からは『日曜ワイド』終了に伴い、再度『ビートたけしのTVタックル』の直前(11:45 - 11:55)に移動した。

放送日時[編集]

平日
  • 11:45 - 12:00(『ワイド!スクランブル・第1部』に内包、編成上の内包時間帯)
    • 『ワイド!スクランブル・第1部』内包番組ではなく、単独番組扱いで放送する系列局がある。
    • 11:57に飛び降り点・11:59:55に飛び乗り点が設けられている(11:56:55から5秒間送出される提供ベースでもローカル差し替えを行う局がある)。
土曜日
  • 11:45 - 12:00
日曜日
  • 11:45 - 11:55

担当キャスター[編集]

昼の「ANNニュース」担当キャスター
期間 月 - 水曜日 木・金曜日 土曜日 日曜日
1993.4.5 1994.10.2 高井正憲1田丸美寿々2 小林一枝1
1994.10.3 1995.10.1 高井正憲
勝恵子
高井正憲
戸田信子
1995.10.2 1996.3.31 木下智佳子
1996.4.1 1996.9.29 高井正憲、丸川珠代
1996.9.30 1997.3.30 川瀬眞由美3
1997.3.31 1999.4.4 松苗慎一郎4
1999.4.5 2000.3.26 松苗慎一郎、佐藤紀子 中山貴雄5
2000.3.27 2000.10.1 飯村真一4川北桃子3
2000.10.2 2002.3.31 山口豊 飯村真一4
高橋真紀子3・6
松井康真3
2002.4.1 2002.6.30 飯村真一4
2002.7.1 2003.3.30 川瀬眞由美4
2003.3.31 2004.3.28 松井康真3
2004.3.29 2005.3.27 真鍋由4
2005.3.28 2006.4.2 小松靖4
2006.4.3 2007.5.14 丸川珠代7 大熊英司4
2007.5.15 2007.5.27 坪井直樹または平石直之8
2007.5.28 2010.3.28 上山千穂
2010.3.29 2013.3.31 坪井直樹
2013.4.1 2015.3.29 平石直之
2015.3.30 2015.9.27 八木麻紗子9
2015.9.28 2016.4.3 板倉朋希10
2016.4.4 現在 下平さやか

  • 田丸・勝・戸田以外は、出演当時の者を含めて全員テレビ朝日アナウンサー。
  • キャスターが一人体制になって以降、男性キャスターの時は女性アナウンサー、女性キャスターの時は男性アナウンサーが影読みを担当(シフト勤務)。

各地での放送状況[編集]

  • 平日はクロスネット局2局を除き、11:53頃の飛び降りポイントでの飛び降り(ローカルニュースへの切り替え)はないため、11:40 - 11:45もしくは11:57 - 12:00(「ワイド!スクランブル・第1部」のローカル枠)の少なくとも一方にローカルニュースを放送する。
  • 土曜日日曜日は途中でローカルニュースに切り替わるが、一部放送局では関東ローカル枠を引き続きネットする。
  • 朝日放送は全国高等学校野球選手権大会期間中の中継実施日のうち、準々決勝と準決勝放送日はお昼のANNニュースを放送しない。試合と試合の間の空き時間にABCニュースとして全国ニュースをフォローする。
  • 福井放送は11:30 - 11:40に「NNNストレイトニュース」(日テレNEWS24〈CS〉制作・日本テレビ系列地上波)をネットしているため、全国ニュース(→ローカルニュース)→全国ニュースという変則的な編成になる。2007年度下期以降、2分間CMをはさみ、11:55より日本テレビの番組(2011年度より「ヒルナンデス!」)を放送。
  • テレビ宮崎は当番組を放送後、12:00から「バイキング」(フジテレビ系)を途中から放送する。日曜日の放送については2010年までは「FNSの日」に該当する日も中断して「ANN」を放送していたが、2011年からは「ANN」のほうを休止している(番組内でFNNニュースの挿入あり)。
  • クロスネット局2局では日曜日の放送が8月の「24時間テレビ」に当たっても例外なく放送される。ただし、11月の「全日本大学駅伝中継」の日は放送が中継終了後となるため「全日本大学駅伝中継」を放送しないクロスネット局2局では休止となるほか、テレビ朝日系列フルネット24局での編成の都合により、『ワイド!スクランブル・第1部』自体が放送休止となる場合、『ワイド!スクランブル・第1部』内で「ANNニュース」を放送できない場合、『ワイド!スクランブル・第1部』内で「ANNニュース」放送できたとしても、同番組内で前座番組であるスポーツ中継の続きを放送する可能性がある場合、週末に「ANNニュース」の放送時間を変更する場合には、福井放送では穴埋めの配給番組、テレビ宮崎では穴埋めの配給番組とローカルパートの代替として11:55 - 12:00に「UMKニュース」が放送される。また、箱根駅伝の放送の日は休止される(午前10時台にNNNニュースを放送)。

夕方枠[編集]

平日・土曜日は1970年1月のANN発足と同時に放送開始。1972年10月からはローカルニュース枠の『(旧)ANNニュースレーダー』と平行して放送されていたが、1975年4月、全国ニュースが『(新)ANNニュースレーダー』、ローカルニュースが『ANN首都圏ニュース』に改題された。

日曜日は1979年3月まで『朝日新聞テレビ夕刊』を放送、1979年4月から『ANNニュースレーダー』に変更されたため、『ANNニュース』としての放送は一度もなかった。以後、2018年4月まで放送されていない(2018年より『サンデーステーション』を放送)。

深夜枠[編集]

最終版ニュースとしては、1970年1月のANN発足後も従来の『NET 夜のワイドニュース』を『ANN 夜のワイドニュース』と改題して放送されていたが、1971年4月、放送時間の短縮に伴って『ANNニュース』となった。1975年10月から『ANNニュースファイナル』に改題された。[8]

その後、1987年10月改編以来、22時以降のANN加盟局のニュースにすべて固有の名称がついた。2000年4月から1年間、土曜深夜のみレギュラー枠としての最終版『ANNニュース』が放送、それまで最終版ニュースとスポーツニュースを内包していた『検証ドキュメンタリー ザ・スクープ』が夕方枠へ再移動した際に、最終版ニュースとスポーツニュースを別番組としたため(スポーツニュースは『速報!スポーツCUBE』で対応)。

2018年4月時点では、平日は『報道ステーション』、土曜日は『サタデーステーション』、日曜日は『ANN NEWS&SPORTS』がそれぞれANNの最終版ニュースとなり、年末年始で当該番組の休止期間中のみ、当該時間帯としての『ANNニュース』を放送(下記参照)。

なお、『ニュースステーション』および、放送開始当初の『報道ステーション』はANN系列局は制作協力扱いとなっており、ANNとしての最終版ニュースとして放送されなかった時期があった。

担当キャスター[編集]

土曜深夜
2000年9月まで『ザ・スクープ』スポーツコーナーを兼務。後番組の『ANN NEWS&SPORTS』も続投。

スポットニュース(午後)[編集]

平日・土曜日は1970年1月のANN発足時に開始。日曜日のみ1983年10月放送開始。字幕放送が2012年4月からは土曜日・日曜日の放送でも実施。平日は2014年3月をもって、日曜日は2015年3月をもって、土曜日は2016年4月2日をもって、それぞれ午後枠の改編に伴い廃枠となった。

放送日時[編集]

土曜日
  • 13:55 - 13:59(※編成の都合上繰り下げて放送する場合がまれにあった。一部地域では遅れネットで放送していた)
  • 現職のテレビ朝日のアナウンサーによるシフト勤務。

スポットニュース(夜)[編集]

1970年1月のANN発足から存在する放送枠。当初は1日に複数回以上の放送があったが、1975年4月以降は徐々に芸能ニュースやスポーツニュースミニ番組に置き換えられ、他局同様に20:54のみとなった。1987年10月に『ニュースシャトル』が開始されると、同番組の終了時刻(20:00)と『ニュースステーション』の開始時刻(22:00)の間が短いことから存在意義が薄くなり、平日の放送が打ち切られた。

しかし、平日版は『ニュースシャトル』が18時台に移動した後も復活せず、その後は土曜版・日曜版のみ放送されていた。ただし、年末年始など『報道ステーション』が休止される場合は平日であっても放送される(一部例外有り)。

2017年4月22・23日から、『サタデーステーション』『サンデーステーション』(土・日曜20:54 - 21:54)開始のため、本番組は同月8日をもって終了[10]。同月9日はサッカー中継(18:57 - 21:00)により、日曜日終了ではなく、土曜日終了。

備考
  • 土曜日20時台にアニメ・特撮が放送された時代があったとき、この番組を放送する基幹都市(HTB、NET<=EX>、NBN<=メ~テレ>、MBS<当時ANN系>、KBC)に向けての配慮として、20:30からの枠でエンディングを割愛した26分版(基幹都市版)を作り、地方局に向けてはエンディングありの30分版を裏送り(同時マイクロネット局)、またはフィルムネット(遅れネット局)していた。(マグネロボシリーズ#放送規格参照)
  • 番組編成の関係で、19:54から放送されていた事もあった。「ニュースステーション」開始後の月曜では「月曜ワイド劇場」(20:00 - )の後放送されたため、21:48からの放送となり、ニュースステーションのわずか12分前に放送されていた。極稀ではあったが放送そのものが休止した日も存在している。
  • 平日のみ、2か国語放送を行っていた(ネット局ではモノラルの場合もあった)。また、1980年代初期は平日のみニュース開始前に30秒CMを流していた(証券会社やクレジットカード会社のものが多かった)。
  • 2010年4月3日の放送から、報道デスクに代わりバーチャルルーム(バックに横浜・みなとみらい地区の夜景が見えるもので、『ANNニュース&スポーツ』と共用)から放送されるようになり、また本番組の担当アナウンサーが、それまで女性フリーアナウンサー(最末期は宮原あつき)が担当していた後座番組の『あすの空もよう』を兼務することになった。
  • 2014年度より番組編成上の都合で20:54のニュース・天気枠が休止される場合もあった(土曜日の場合『池上彰のニュースそうだったのか!!』の放送枠が『土曜ワイド劇場』の番組枠まで時間を延長するケース、日曜日の場合『日曜エンターテインメント』の放送枠が18:57 - 23:10、19:58 - 23:10〈番組内容によりさらに延長シフトを設ける場合あり〉になるケース時)。

担当キャスター[編集]

前任の萩野志保子が産休に入ったための措置。

各地での放送状況[編集]

系列局の放送状況
放送局 番組名 備考
北海道テレビ HTBニュース ローカルニュースと天気予報。かつては、『HTBニュース〜ANN〜』の名称に差し替えてANNニュースをネットしていたが、2004年1月ごろから2006年5月までは、タイトル差し替えなし(タイトルは『ANNニュース』のまま)でネットし、2006年6月から現在の体制となっていた。
青森朝日放送 オープニング:ANNニュース
エンディング:ANNニュース&あすの空もよう
※土曜日のみ放送
一時期『あすの空もよう』のフォントはテレビ朝日と同じであった。2013年までは日曜日も夜ニュースをネットしていたが、日曜日は『ABA天気』に切り替えた。
岩手朝日テレビ ANNニュース
東日本放送 KHB NEWS ANN 県内の天気予報も放送していた。
秋田朝日放送 ANNニュース&ウェザー 通常ANNニュースを放送していたが、重要なニュースがある場合に全部あるいは一部をローカルニュースに差し替える場合があった。
山形テレビ ANNニュース 以前は、『YTSニュースANN』を放送していた。
福島放送 KFBニュース 県内の天気予報も放送していた。
長野朝日放送 ニュース&天気予報
新潟テレビ21 ANNニュース
静岡朝日テレビ ANNあさひテレビNEWS 番組冒頭にタイトルの表示なし、提供クレジットのみ。なお5秒間のエンディングが存在し、独自のテーマ曲が流れていた。
名古屋テレビ メ〜テレニュース 原則ローカルニュースを放送していた。
北陸朝日放送 ANNニュース&あすの空もよう 挨拶時、右上にロゴが表示されていた(かつては左下に表示。テレビ朝日で2008年3月まで土日挨拶時に左下表示されたものと同様)。
福井放送 (放送なし) 土曜はミニ番組、日曜は天気予報を放送していた。
朝日放送 ABC NEWS 通常ANNニュースを放送していたが、重要なニュースがある場合に全部あるいは一部をローカルニュースに差し替える場合があった。2017年3月25日までは近畿地方の天気も放送されていた。かつては『ABCフラッシュニュース』のタイトルで放送していた。
広島ホームテレビ ANNホームテレビニュース ANNニュースと県内の天気予報を放送していた。
山口朝日放送 yabニュース&ウェザー〜ANN〜
瀬戸内海放送 ANNニュース 番組開始直前にローカルの天気が流れていた。かつては『KSBニュースANN』を放送していた。なお、日曜に関しては岡山県知事選挙香川県知事選投開票日において『岡山(香川)県知事選挙票速報』としてローカルニュースに差し替えていた。
愛媛朝日テレビ eatニュース 原則ローカルニュースを放送していた。
九州朝日放送 KBC NEWS
長崎文化放送 ANNニュース&あすの空もよう
熊本朝日放送 KABニュース&天気 原則ローカルニュースを放送していた。
大分朝日放送 OABニュース〜ANN〜
テレビ宮崎 UMKニュース・天気予報 土曜は『こんやのニュース(←FNN NEWS Pick UpFNNレインボー発』をネット、日曜は原則ローカルニュースを放送していた。
鹿児島放送 オープニング:(表示無し)
エンディング:KKBニュース ANN
EPG:KKBニュース・天気予報
かつては「KKBニュース ANN」として番組開始直前にオープニングが流れていたが、2016年2月現在は使われていない(廃止時期不明)。原則ANNニュースを放送していた。
琉球朝日放送 ANNニュース&あすの空もよう 開局から1999年頃までの天気で、スポンサーがつく場合は、「(スポンサー名)WEATHER REPORT」で放送していた。なお、この時にはニュースと天気はそれぞれ独立番組扱いだった。

年末年始[編集]

夕方は一時期、『スーパーJチャンネル』の差し替えとして放送した。

スポットニュース(午後)[編集]

休まずに放送されている。地方局では任意ネットとなるが、通常枠ではネットしない系列局でも放送されることがある。担当アナウンサーは昼のニュースの担当者、あるいは『スーパーJチャンネル』の女性キャスターが兼務することがある。

スポットニュース(夜)[編集]

不定期放送。通常のスポットニュースより項目数が多い。また、『あすの空もよう』は放送されず、本番組の中で天気予報を伝える。また、オープニング・エンディングが流れる。オープニングは週末朝・土曜昼バージョンと共用で、2005年頃から2009年始までは省略されていた。また、2008年末は午後のスポットニュース同様エンディングが流れる際に提供クレジットが表示されていた(年末年始以外は担当アナウンサーが挨拶する時のみ表示)。担当のアナウンサーは最終ニュースの担当者が兼任することがある。

2009年末・2010年始は12月29日(21:54 - )、1月1日、3日(20:54 - )に放送された。ただし、土曜日にあたった2009年1月3日と日曜日にあたる2010年1月3日の放送は通常のフォーマットで放送され、『あすの空もよう』も放送された。ちなみに、2011年1月1日のニュースは通常のフォーマットで放送された(2010年末・2011年始はこの時間帯の放送はこの1日のみだった)。

深夜[編集]

23 - 翌0時台に10 - 15分間放送。

  • 放送開始及び終了時間は、直前の番組の終了時間により繰り下がる場合がある。平日は『報道ステーション』、土曜日は『サタデーステーション』、日曜日は『ANN NEWS&SPORTS』がそれぞれ休止となる日または期間に放送(いずれも年始時を含む)。また、一部地域では、後半部分(天気予報を含む)をローカルニュースまたはローカル天気に差し替えている。
  • 土曜日は『サタデーステーション』の短縮版として放送されている。
  • 元旦(前年大晦日深夜)のANNニュースは『朝まで生テレビ!○○(西暦年数)元旦スペシャル』に内包。
  • 2008年のみオープニングが省略されていたが、2009年から週末朝並びに土曜お昼前と同じオープニングが使用されるようになった。

その他の特例[編集]

[編集]

  • ゴルフ中継(全米オープン全米女子オープン)を放送の場合は、中継内に内包する形で時間変更・短縮し放送。
  • 2017年12月31日は通常、日曜5:50 - 8:30に放送されている「サンデーLIVE!!」が年末特別編成に伴い放送休止となったため、5:50 - 6:00に代替の「ANNニュース」が放送された(担当:通常土日昼・土曜朝担当と同じ大熊英司アナ)。
  • この他にも大晦日や正月三が日の特別編成により通常時の内包内「ANNニュース」が休止の場合代替「ANNニュース」を単独扱いで放送するときがある(ただし、例外の年や例外の日もあり。)。

夕方[編集]

  • 1987年12月30日はANNニュースとして放送し、1985年9月までのテーマ曲が復活した(映像はニュース素材で横綱双羽黒事件のもの)。

深夜[編集]

  • 『ニュースステーション』が終了してから『報道ステーション』が開始するまで1週間空いたため、2004年3月29日から4月2日までは『ANN NEWS&SPORTS』として最終版ニュースを放送。
  • 2016年4月1日から4月8日までは『報道ステーション』のスタジオセット建て替え工事に伴い『ANN NEWS&SPORTS』として最終版ニュースを放送。
  • 2017年10月30日は前夜の『サンデーステーション』が特別編成により休止となった関係で、0:40 - 1:00に単独番組扱いで放送した。
  • 2017年12月4日は前夜の『サンデーステーション』が特別編成により休止となる関係で、0:55 - 1:15に単独番組扱いで放送した。

以上のことに関して、詳しくはANN NEWS&SPORTS#特別編成を参照。

スポットニュース[編集]

  • サッカー日本代表戦のハーフタイムに放送される場合、新聞の番組表等に「(中断[N]あり)」と表記される。
  • 1995年に函館で起きたハイジャック事件の際、20:54からのミニ情報番組を臨時の『ANNニュース』に差し替えて放送した。
  • 2009年2月1日は、テレビ朝日開局50周年記念報道特別番組を14:05から放送した関係で午後のスポットニュースが14:00から放送された。ちなみに、この時のみ普段この時間のニュースをネットしていない福島放送もネットした。

過去の放送時間[編集]

朝、昼、夕方、深夜[編集]

日曜日夕方は『朝日新聞テレビ夕刊』を放送。

期間 夕方 深夜
月 - 土曜 日曜 月 - 土曜 日曜 月 - 土曜 月 - 金曜 土・日曜
1970.1 1971.3 6:50(10分) 7:40(05分) 11:50(10分) 18:45(10分) 放送なし 翌0:00
(10分)
1971.4 1973.9 6:50(10分) 11:45
(15分)
11:50
(10分)
18:40(15分) 23:50
(10分)
1973.10 1974.3 6:50(15分) 6:50(10分) 18:30(15分)
1974.4 1975.3 18:30(20分) 23:50(10分)

スポットニュース[編集]

午後は特記以外5分間放送。夜は1972年9月まで4分間、1972年10月から1975年9月まで5分間放送。

期間 午後
月 - 金曜 土曜 日曜 月 - 木曜 金曜 土曜 日曜
1970.1 1971.3 16:00 (時間不定) (なし) 20:56
21:56
22:56
20:56、22:26 20:56
1971.4 1971.9 20:56
22:26
20:56
22:26
20:56
22:56
1971.10 1972.9 20:56
21:56
1972.10 1975.3 20:55
21:55
22:55
20:55
21:55
20:55
22:25
20:55
22:55
1975.4 1975.9 15:55 20:55、22:55 20:55
1975.10 1983.9 20:54(6分)
1983.10 1984.3 14:55 15:55
1984.4 1987.10 20:54(4分)[11]
1987.10 1995.3 (なし) 20:54(3分)
1995.4 1996.3 14:55 15:55 15:25
1996.4 1997.9 14:50?
1997.10 2005.9 14:55
2005.10 2012.3 13:55(4分)
2012.4 2014.3 13:59
2014.4 2015.3 (なし)
2015.4 2016.3 (なし)
2016.4 2017.3 (なし)
  • 1990年前後は局によって14:55と15:55とのどちらかを放送していた。テレビ朝日は14:55だったため、15:55は裏送りしていた。
  • 2017年4月以降、放送枠は廃止されている。

テーマ曲[編集]

これまでテーマ曲は、宮川泰松岡直也窪田宏「ASTINA」、大黒摩季「Mistral」(アルバム『POWER OF DREAMS』収録)、ナッシュスタジオ「天下の飾りもの」、榊原大「time-line」などが使われて来たが、宮川泰作曲のテーマは「宮川泰テレビテーマ・ワールド」(日本コロムビア、2018年8月発売)、「time-line」は「ブロードキャスト・トラックス テレビ朝日編」(USMジャパン、2009年11月発売)の各CDにも収録されている。宮川版が使われていた当時、リニューアル前(前期)は約5秒間のイントロの後、女性の合唱と男性の合唱で「パッパヤーパッパヤー」と流れるテーマであり、そのタイトルバックは夕日をバックに平原をキリン等が走るというアニメーションで[12]、このアニメは石ノ森章太郎が手掛けた[12]。なお「宮川泰テレビテーマ・ワールド」に収録されているこのテーマ曲は、CD収録のために録り直されたものである[12]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平日昼・午後で実施。2012年-2013年の年末年始は深夜でも実施。
  2. ^ a b 平日朝・日曜朝(2017年10月から)・週末夜のスポットニュースを除く。
  3. ^ EDテーマ:平日・日曜昼を除く。
  4. ^ 『朝いち!!やじうま』からの流れで、項目切り替え時は効果音が鳴る。『朝いち!!やじうま』ネット局では、CM前に「この後はニュース…」と表示された。この時期のBGMはライブラリーフリーユーズミュージック198に収録されているロイヤリティーフリー音源の「TIME ANGEL Ver.II」をアレンジしたもの。
  5. ^ 実際のスタジオセットは司会やコメンテーターがスタンバイしており、使用することができないため。
  6. ^ 東山紀之、10月からキャスター初挑戦 テレ朝・日曜朝に生番組新設 ORICON NEWS 2017年7月3日発行、同日閲覧。
  7. ^ 過去のクロスネット局は『ニュースライナー』を母体とした「お昼のニュース」か、『ANNニュースセブン』『ANNニュースフレッシュ』といった「朝のニュース」、『ANNニュースレーダー』など「夕方のニュース」のいずれかはネットしなければならなかった。
  8. ^ 但し、1975年4-9月の最終版(当時23時50分から24時)は編成の都合上朝日放送ではネットされず(当時他のマストバイ系列で放送されていた「スタジオ23」は近畿放送サンテレビジョンテレビ和歌山での同時ネットだったため。経緯は『23時ショー』参照)、ABCのみ独自のローカルニュース「ニュースファイル23」に全国ニュースを組みこんで放送したことがあった。
  9. ^ テレビ朝日 アナウンサーズ 小松 靖 過去の担当番組
  10. ^ ディーン・フジオカがニュース情報番組に初挑戦! ウォーカープラス 2017年2月7日発行、同日閲覧。
  11. ^ 20:58 - 21:00は、1985年9月までは天気予報を、1985年10月以降は平日は『ビタミンライフ』、週末は天気予報を放送。
  12. ^ a b c 宮川泰テレビテーマ・ワールド(日本コロムビア)封入ブックレットでの記載内容による。

関連項目[編集]

他系列のネットニュースタイトル[編集]

外部リンク[編集]

NET→テレビ朝日およびANN系列 朝のANNニュース
前番組 番組名 次番組
ANNニュース(第1期)
ANNニュース(第2期)
-----
NET→テレビ朝日およびANN系列 昼のANNニュース
NETニュース
ANNニュース(第1期)
ANNニュースライナー
ANNニュース(第2期)
-----
NET→テレビ朝日およびANN系列 平日土曜日夕方のANNニュース
NETニュース
ANNニュース
NET→テレビ朝日およびANN系列 平日最終版のANNニュース
ANNニュース
NET→テレビ朝日およびANN系列 週末最終版のANNニュース
NETニュース
ANNニュース
ANNニュースファイナル
テレビ朝日およびANN系列 土曜日最終版のANNニュース
ANNニュース