ANNニュースライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ANNニュースライナー
ジャンル 報道番組
放送時間 【平日・土曜日】11:45 - 12:00
【日曜日】11:50 - 12:00
(平日・土曜日15分、日曜日10分)
放送期間 1975年3月31日 - 1993年4月4日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日ANN
(旧:日本教育テレビ)
出演者 歴代のキャスターを参照
オープニング こちらを参照
テンプレートを表示

ANNニュースライナー』(エイエヌエヌ ニュースライナー)は、テレビ朝日ANN、旧:日本教育テレビ)で1975年3月31日から1993年4月4日までにかけて放送された、お昼のニュース番組である。当時のANNのニュース番組のうち最もネット局が多かった番組だった。

1993年4月5日に『ザ・ニュースキャスター』に吸収され、当番組は消滅したが、それ以降も、一部の系列局がニュース部分だけをネットする関係上、形式上は15分間の『ANNニュース』として今日まで存在する。

歴代のキャスター[編集]

「ANNニュースライナー」歴代のキャスター
期間 平日 週末
1975.3.31 1984.9.30 シフト勤務(担当アナ不明)
1984.10.1 1986.9.28 高井正憲 戸谷光照1
1986.9.29 1986.12 戸谷光照2 田畑祐一1・2
1987.1 1987.9.27 高井正憲 戸谷光照1
1987.9.28 1988.4.3 高井正憲、山口容子 寺崎貴司3曽根かおる3
1988.4.4 1989.4.2 山崎正渡辺由佳
1989.4.3 1989.10.1 三浦智和4
1989.10.2 1992.3.29 高井正憲6 山崎正5
1992.3.30 1992.10.4 山上万恵美
1992.10.5 1993.4.4 小林一枝6
  • 高井は長年昼のANNニュースを担当しており、すべての担当期間を含めると14年3ヶ月もの間キャスターを務めたことになる。

放送時間[編集]

すべて日本時間で記す。

  • 平日・土曜…11:45 - 12:00(15分)
  • 日曜日…11:50 - 12:00(10分)
※放送期間中に上記の時刻が変更されたことが無く、現在の昼の『ANNニュース』とほぼ変わっていない。

ネットしていた局[編集]

※特筆すべきないものは放送開始から終了まで。系列は放送当時の系列。 ●日本テレビNNN昼のニュースもネットしていた局

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 テレビ朝日 ANN 旧:NETテレビ
制作・幹事局
北海道 北海道テレビ
青森県 青森放送 NNN/ANN ●1977年4月2日から1991年9月30日まで[1][2]
青森朝日放送 ANN 1991年10月1日から終了まで
岩手県 テレビ岩手 NNN/ANN ●1975年3月31日開始から、1980年3月30日打ち切り[3]
宮城県 ミヤギテレビ ●1975年3月31日開始から1975年9月30日まで[4]
東日本放送 ANN 1975年10月1日から終了まで
秋田県 秋田朝日放送 1992年10月1日から終了まで
山形県 山形放送 NNN/ANN ●1979年4月1日から6月30日まで[5]及び1980年4月1日から1993年3月31日まで
山形テレビ ANN 1993年4月1日から終了まで[6]
福島県 福島中央テレビ NNN/ANN 1975年3月31日開始から1981年9月30日まで
福島放送 ANN 1981年10月1日から終了まで
新潟県 新潟総合テレビ FNN/ANN 1975年3月31日開始から1983年9月30日まで
1981年3月まではNNNにも加盟
新潟テレビ21 ANN 1983年10月1日から終了まで
長野県 テレビ信州 ANN/NNN 1980年10月1日から1991年3月31日まで
長野朝日放送 ANN 1991年4月1日から終了まで
静岡県 静岡けんみんテレビ 現:静岡朝日テレビ
1978年7月1日から終了まで
1979年6月まではNNNにも加盟
石川県 北陸朝日放送 1991年10月1日から終了まで
福井県 福井放送 NNN/ANN ●ANNには1989年4月に正式加盟[7]
中京広域圏 名古屋テレビ放送 ANN
近畿広域圏 朝日放送
鳥取県島根県 日本海テレビ NNN/ANN ●1975年3月31日開始から、1989年9月30日打ち切り[3][4][8]
広島県 広島ホームテレビ ANN
山口県 山口放送 NNN/ANN ●1978年10月1日から終了まで
香川県
香川県・岡山県
瀬戸内海放送 ANN 岡山県では1979年4月1日から放送
福岡県 九州朝日放送
長崎県 長崎文化放送 1990年4月1日から終了まで
熊本県 テレビ熊本 FNN/ANN 1975年3月31日開始から1989年9月30日まで[4]
1982年3月まではNNNにも加盟
熊本朝日放送 ANN 1989年10月1日から終了まで
大分県 テレビ大分 FNN/NNN/ANN
宮崎県 テレビ宮崎 ANNには1976年4月に正式加盟
鹿児島県 鹿児島放送 ANN 1982年10月1日[9]から終了まで

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 出典:東奥日報昭和50年3月から昭和52年4月上旬のテレビ欄から
  2. ^ 1975年4月から1977年3月まで、昼のANNニュースは、(クロスネット化された)RABでは未ネット。また、日曜日は1980年台中頃まで未ネット。
  3. ^ a b NNNマストバイ化のため打ち切り。
  4. ^ a b c 日曜日は未ネット。
  5. ^ この期間はANN未加盟なので番販扱い。
  6. ^ FNNに加盟していた1993年3月31日までは『産経テレニュースFNN』→『FNNニュースレポート11:30』→『FNNスピーク』をネットしていたが、同年4月1日からはANNにネットチェンジしたため、当番組を4日間だけネットした。
  7. ^ FBC ANNニュース』としてタイトルを差し替えて放送。(1975年3月31日のネット開始-1989年3月末まではANN正式加盟前のため番販扱い。但し、1978年以降はANN向けに報道素材の配信や取材協力も行う。日曜日は1989年4月のANN正式加盟時からネットスタート。
  8. ^ 番販扱い。少なくとも末期は『NKTニュース』枠内で放送、OPはカット、EDは自社ニュースのものに差し替え
  9. ^ 1982年9月30日以前にANNに加盟していた鹿児島テレビは九州の他のトリプルネット局と違い『ANNニュースレーダー』をネットしていた。
NETテレビ→テレビ朝日およびANN系列 平日昼のANNニュース
前番組 番組名 次番組
ANNニュース(第1期)
ANNニュースライナー
ANNニュース(第2期)
※『ザ・ニュースキャスター』に内包
NETテレビ→テレビ朝日およびANN系列 週末昼のANNニュース
ANNニュース(第1期)
ANNニュースライナー
ANNニュース(第2期)