ANNニュースセブン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ANNニュースセブン
ジャンル 報道番組
出演者 下記参照
オープニング こちらを参照
製作
制作 テレビ朝日(旧:NETテレビ)
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1975年3月31日 - 1987年9月27日
放送時間 月曜 - 日曜 7:00 - 7:15
放送枠 テレビ朝日系列朝ニュース枠
放送分 15分
テンプレートを表示

ANNニュースセブン』(エイエヌエヌニュースセブン)は、1975年3月31日から1987年9月27日までテレビ朝日(旧:NETテレビ)系列 (ANN) で放送された朝の報道番組である。

概要[編集]

ANNニュースフレッシュ』の前身。キャスターは基本的にシフト制であったが、主に初期には川内一誠(元:NETテレビ報道部デスク)、神田秀一(後のテレビ朝日皇室担当記者)、牟田口義郎(当時『朝日新聞』記者)、山形定房広渕升彦等がキャスターを務めており、後には堀越むつ子中里雅子西田百合子小宮悦子松井康真等のアナウンサーがキャスターを務めている。

放送時間は開始当初は午前7:00 - 7:30の30分間で、当時は朝ニュースの放送時間がNHKが20分、他のキー局が15分と言う中で、唯一のワイドニュースとして注目を集めた。1978年10月からはモスクワオリンピックの情報を伝えるオリンピックニュースをこの番組の後に放送、1979年4月以降は7:15までの放送となり、以降朝のニュースは結果的に15分に戻る形となった。

1985年4月1日からはニュースワイド番組『おはようTODAY』(6:00-7:15)を開始。当番組も内包されることとなる(1986年3月28日まで)。また、1985年9月28日にはテレビ朝日アーク放送センターが完成。それに伴い同月30日の本番組(厳密には放送当時に当番組を内包していた『おはようTODAY』)が同放送センターから生放送される最初の番組となった[1]

歴代のメインキャスター[編集]

「ANNニュースセブン」歴代のメインキャスター
期間 月 - 水曜 木・金曜 土・日曜
1975年4月 - 1982年3月 (シフト勤務)
1982年4月 - 1984年3月 堀越むつ子 中里雅子 西田百合子
1984年4月 - 1985年3月 (シフト勤務)
1985年4月 - 1985年9月 (『おはようTODAY
キャスターが兼務)
吉澤一彦
1985年10月 - 1986年3月
1986年4月 - 1987年3月 (シフト勤務)
1987年4月 - 1987年9月 (シフト勤務) 松井康真雪野智世

ネットしていた局[編集]

系列は放送当時のもの。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 テレビ朝日
(旧:NETテレビ)
ANN 制作・幹事局
1977年4月に全国朝日放送(略称:テレビ朝日)に社名変更
北海道 北海道テレビ
青森県 青森放送 NNN/ANN 開始から1977年4月1日までは月曜日から土曜日も放送
1977年4月3日から最終回までは日曜日のみ放送[2][3]
宮城県 東日本放送 ANN 1975年10月開局から[4]
秋田県 秋田テレビ FNN/ANN 1987年3月打ち切り
1981年3月まではFNN単独加盟局[5][6]
山形県 山形テレビ 1975年4月7日[7]から1979年7月1日まで[8][5]
山形放送 NNN/ANN 1979年7月2日[8]から最終回まで放送[9]
福島県 福島放送 ANN 1981年10月から[10]
新潟県 新潟総合テレビ
(現:NST新潟総合テレビ
FNN/ANN 日曜日は未ネット
1981年4月から1983年9月まで[11]
新潟テレビ21 ANN 1983年10月から
静岡県 静岡県民放送
(静岡けんみんテレビ、現:静岡朝日テレビ
1979年7月から
中京広域圏 名古屋テレビ
近畿広域圏 朝日放送
岡山県 岡山放送 FNN/ANN 放送当時の愛称:テレビ岡山
1979年3月打ち切り[5][12][13]
広島県 広島ホームテレビ ANN
香川県
香川県・岡山県
瀬戸内海放送 岡山県では1979年4月1日から放送
福岡県 九州朝日放送
鹿児島県 鹿児島テレビ FNN/NNN/ANN 1981年3月打ち切り[14]
鹿児島放送 ANN 1982年10月から

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『朝日新聞』1985年9月28日夕刊、4版、14面
  2. ^ NNN朝のニュース』(6:45 - 7:00)に続き2段重ね=連続放送でネットしていた。更に、『RABニュースレーダー』と3段重ねで報道番組を放送していた期間もあった。
  3. ^ 出典・昭和50年3月21日から4月10日及び昭和52年4月1日から10日の東奥日報テレビ欄
  4. ^ 以前の系列局ミヤギテレビは『NNN朝のニュース』をネットの関係でネットしなかった(ただし、1975年3月30日までは『NNN朝のニュース』ではなく『ニュースセブン』の前身の朝の『ANNニュース』(6:50 - 7:00)をネットしていた)。
  5. ^ a b c ANN脱退・FNN単独系列化に伴い打ち切り。
  6. ^ FNNモーニングワイド ニュース&スポーツ』がスタートした1982年4月以降も放送し、『FNNモーニングコール』でも引き続き放送したが、ANNを脱退したことから1987年3月に打ち切り。土曜・日曜は番組あとの『FNNテレビ朝刊』→『サンケイテレニュースFNN』と2段重ね=連続で放送していた。
  7. ^ 『時を刻んで 山形テレビの軌跡』1987年、191頁
  8. ^ a b 『時を刻んで 山形テレビの軌跡~』1987年、293頁
  9. ^ その前6:45からの『NNN朝のニュース』との2段重ね=連続で放送していた
  10. ^ 以前の系列局福島中央テレビは『NNN朝のニュース』をネットの関係でネットしなかった。
  11. ^ FNNテレビ朝刊(第2期)』→『FNNモーニングワイド ニュース&スポーツ』との2段重ね=連続で放送していた。
  12. ^ 1975年10月から1977年3月まで『FNNニュース7:30』との2段重ね=連続で放送していた。
  13. ^ 出典:当時の山陽新聞ラテ欄(岡山県立図書館蔵)より。[要文献特定詳細情報]
  14. ^ 『ズームイン!!朝!』ネット開始により打ち切り。
テレビ朝日およびANN系列 朝のANNニュース
前番組 番組名 次番組
ANNニュース(第1期)
(1970年1月 - 1975年3月30日)
ANNニュースセブン
(1975年3月31日 - 1987年9月27日)
ANNニュースフレッシュ
(1987年9月28日 - 2003年9月28日)