報道ステーション SUNDAY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
報道ステーション SUNDAY
ジャンル 報道番組情報番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
出演者 長野智子フリーアナウンサー
平石直之テレビ朝日アナウンサー
久冨慶子(テレビ朝日アナウンサー)
林美沙希(テレビ朝日アナウンサー)
後藤謙次
ほか
音声 ステレオ放送
字幕 リアルタイム字幕放送
データ放送 連動データ放送2012年4月8日 -2015年9月27日
オープニング J Squad
「Starting Five」
エンディング 同上
外部リンク 公式サイト
日曜昼前時代
放送時間 日曜 10:00 - 11:45(105分)
放送期間 2011年10月2日 - 2015年3月29日(173回)
日曜夕方時代
放送時間 日曜 16:30 - 18:00(90分)
放送期間 2015年4月5日 - 2017年4月2日(103回)
テンプレートを表示

報道ステーション SUNDAY』(ほうどうステーション サンデー)は、テレビ朝日系列2011年平成23年)10月2日から2017年(平成29年)4月2日まで毎週日曜日生放送されていた報道情報番組である。全276回。

番組タイトルロゴおよび番組上の表記は「報道STATION SUNDAY」、略称は「報ステSUNDAY」(ほうステサンデー)。番組のキャッチフレーズは「週末、何があったか」。

概要[編集]

テレビ朝日は、1989年4月2日より日曜日10・11時台枠に『サンデープロジェクト』の放送開始以来、『サンデー・フロントライン』(2010年4月放送開始)に至るまで報道・政治系番組を放送して来たが、2011年10月からは現在平日夜のプライムタイム帯枠で放送している『報道ステーション』(以下平日版)と連動して、新たな形であらゆるテーマについて掘り下げて報道することを狙いとしていた。政治家へのインタビューは継続された。

また、関東地方にて毎週土曜日夕方に放送してきた『報道発 ドキュメンタリ宣言』も、この番組に統合されてコーナーとして放送されていた(事実上インサート化)。『サンデー・フロントライン』と同様ANNフルネット局(24局)のみの放送となっていた。また、前番組までは朝日ニュースターでの時差放送があったが、当番組では時差放送は行わなかった。

メインキャスターには『サンデースクランブル』のメインキャスターであった長野智子フリーアナウンサー・元フジテレビアナウンサー)とテレビ朝日アナウンサーの富川悠太が起用された[1]

2012年4月8日より、平日版と同様に番組と連動したデータ放送を開始したが2015年9月27日放送分を以ってデータ放送が終了した。

前番組と違い、「報道STATION」と同様にスポンサー読み上げになり、1部・2部の提供替えもそれまでは中央下部だったのが、右下表示となり、別スポンサーグループに変更する場合は前番組までは前グループ→「ここからの提供は」→後グループと順に表示したが、前グループ→回転して後グループに変更した。ネット・3部とローカルセールスの場合は前クレを右下 表示、後クレは全面表示したが、前者はスポンサーを読み上げるが、後者は「ご覧のスポンサー……」になっていた。

関東地区における視聴率については、日曜昼前時代は4-5%程度で推移していた(日によっては8%程度まで上昇する事もあった)。

2015年4月5日からは、放送時間を毎週日曜日の16:30 - 18:00に変更。長年にわたって放送されてきた『ANNスーパーJチャンネル』の日曜版[2]に代わって、「日曜夕方の全国向けニュース」の役割を担う[3]。その一方で、『チェック・ザ・ステーション』以来報道番組を編成してきた日曜午前10時枠を、バラエティ番組の放送枠に変更した。なお、放送枠の移動後は、17:25 - 17:50を全国ニュースパート、17:50 - 18:00をローカル枠に充当していた(そのうち17:55までを系列局単位でのローカルニュースパートに設定していた。また、一部系列局では17:55終了としていた)。

2016年3月31日に平日版のメインキャスターを務めてきた古舘伊知郎が降板し、後任に富川が就任するため同年3月27日で当番組及び同年3月31日で平日版リポーターを卒業。代わりに同年3月27日まで『サンデースクランブル』のメインキャスターを務めていた平石直之が4月3日からサブキャスター及び4月11日から平日版リポーターとしてそれぞれ出演していた。さらに、同年4月17日から平日版同様、スタジオセットやタイトルロゴが変更された(同年4月3日と4月10日はスタジオセット改装工事のためテレビ朝日本社1階アトリウムから放送した)。

なお、2017年4月23日から日曜20:54 - 21:54枠に『サンデーステーション』開始となるため、当番組は同年4月2日をもって終了となり、翌週の同年4月9日からは『ANNスーパーJチャンネル』(日曜版)の放送を再開する。また、当番組キャスターの長野は『サンデーステーション』のメインキャスターに就任し[4]、当番組に出演していた後藤謙次林美沙希も同番組に出演する。

平日版との相違点[編集]

スタジオセットは『報ステ』と同じものだが、ブーメランテーブルは同じで、椅子のみ『報ステ』と違い、当番組仕様の椅子を使用していた(のちに『報ステ』と同じ椅子になっていた)。

平日版の特別リポーターの長野と平日版のリポーターの平石(2016年3月までは富川)がメインキャスターを担当していた。

「サンプロ」や「フロントライン」では不定期で扱われたスポーツコーナーや2番組ともに扱わなかった天気予報のコーナーも設けられていた。

2014年6月1日の放送から、平日版とは異なるテロップデザインを使用していたが、2016年4月17日放送分からは平日版と同じテロップデザインに戻された(但し色は平日版がオレンジなのに対し当番組は黄色と異なっていた)。

出演者[編集]

氏名横に○印が付いている者はテレビ朝日アナウンサー(番組終了時点)。

キャスター・コメンテーター[編集]

放送枠を日曜夕方に移動した2015年度からは、17時台後半の全国ニュースパートにも出演。

メインキャスター
サブキャスター
コメンテーター
平日版では、2010年6月からゲストコメンテーターとして随時出演。レギュラーコメンテーターを務める2016年4月以降も当番組への出演を続けていた[5]
スポーツ・天気キャスター(サブキャスター)
フィールドキャスター(リポーター)

ナレーター[編集]

2016年3月までは平日版のナレーター(水 - 金曜日)を担当していた。

過去の出演者[編集]

期間 メイン サブ スポーツ・天気 コメンテーター フィールド
2011.10.02 2011.11.27 長野智子 富川悠太1 竹内由恵 星浩
後藤謙次
富川悠太1
2011.12.04 2015.03.29 矢島悠子
2015.04.05 2016.03.27 久冨慶子 後藤謙次1
2016.04.03 2016.12.25 平石直之1
2017.01.08 2017.04.02 林美沙希
  • 星は出演当時朝日新聞編集委員所属。
  • 1 平日版にも出演(富川は2016年3月まで、後藤は同年4月から)。

放送時間[編集]

  • 2011年10月2日 - 2015年3月29日…日曜 10:00 - 11:45(105分)
  • 2015年4月5日 - 2017年4月2日…日曜 16:30 - 18:00(90分)

備考[編集]

特別編成(放送時間の変更)
  • 2012年3月11日は東日本大震災が発生して1年にあたるため、当番組は9:30に30分前倒し・拡大して放送された。
  • 2012年6月17日は「第112回全米オープンゴルフ 第3日目」中継を8:00 - 11:00に放送するため、放送時間を11:00 - 11:45に1時間繰り下げ・短縮して放送。
  • 2012年10月28日は「フィギュアグランプリシリーズ2012 カナダ大会 男女フリー」中継を9:00 - 11:00に放送するため、放送時間を11:00 - 11:45に1時間繰り下げ・短縮して放送。
  • 2013年1月6日・2014年1月5日は「新春スペシャル」として10:00 - 12:55に70分拡大放送。
  • 2013年9月8日は2020年夏季五輪東京開催決定したことから、五輪決定に関する特別編成で番組を9:00に前倒しし『題名のない音楽会』『だけど食堂』(朝日放送制作)は休止となった(当日のテレビ欄によると仮に他の都市に開催が決定した場合は10:00からの通常編成となる予定だった)。
  • 2014年6月15日は『一泊二日で五運成就!? よくばり開運ツアー箱根富士山編)』を(ローカルセールス枠として)再放送するため、17:30から『ANNスーパーJチャンネル』を内包し、16:00 - 18:00(6時間繰り下げ、15分拡大)に放送、直前のプロ野球中継東北楽天VS巨人」(koboスタ宮城。14:00 - 16:00)との接続はステブレレスとなった。本来の放送時間は穴埋めされた。
  • 2014年12月28日は「年末スペシャル」として、放送時間を16:00 - 18:00と開始を6時間繰り下げ。本来の放送時間は『年末!カラダを大そうじ ニッポンの湯治旅スペシャル』を放送。
  • 2015年2月1日はISILによる日本人拘束事件でジャーナリスト・後藤健二[6]が殺害された報道を受けたことに伴う特別編成で番組を9:00に前倒しし『題名のない音楽会』『ペットの王国 ワンだランド』(朝日放送制作)は休止となった(当日のテレビ欄によると10:00からの通常編成となる予定だった)。
  • 2015年9月13日・2016年9月11日は『日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日』(朝日放送制作・録画放送)を14:00 - 15:55(13:55 - 14:00に直前情報を別途放送)に放送するため、16:00 - 18:00に30分前倒し・拡大放送。
  • 2015年10月18日・2016年10月16日は富士通レディース、2015年11月1日・2016年10月30日はマイナビABC&樋口久子 レディスゴルフトーナメントを夕刻に放送するため、それぞれ17:25 - 18:00に55分繰り下げ・短縮して放送。
  • 2015年12月27日・2016年12月25日は「年末スペシャル」として16:00 - 18:00に30分前倒し・拡大して放送。
  • 2016年3月6日は16:00 - 18:00に30分前倒し・拡大放送。
  • 2016年6月12日は16:00 - 18:00に30分前倒し・拡大放送、一部地域は通常通りの開始時刻である16:30から飛び乗り。
放送休止
  • 日曜昼前に放送していた2014年度までは、毎年11月第1日曜日は「全日本大学駅伝」中継(2012年までは8:00 - 13:40、2013年からは7:00 - 13:40)のため、当番組は休止となった。
  • 日曜昼前に放送していた2014年度までは、年末年始編成時は当番組は休止となった。
  • 2014年8月3日は『ナニコレ珍百景特別編 みんな集まれ!!夏祭りSP』(8:30 - 11:45、「1日丸ごと夏祭りデー」内)のため、休止となった。
  • 2016年1月3日・2017年1月1日は年始編成のため休止。日曜日ではあるが、代替として『ANNスーパーJチャンネル』を放送。同番組は当番組出演者[7]が担当した。

番組構成[編集]

ニュース
平日夜の『報道ステーション』と同様、最新のニュースが伝えられる。放送枠を日曜夕方に移動した2015年度からは、17時台後半から行なわれていた。なお、芸能関連の話題は基本として扱わなかった。
スポーツ
久冨が伝える最新のスポーツニュースコーナー。元プロ野球選手の古田敦也のコーナーもあった。
特集
2011年9月まで放送された、『報道発 ドキュメンタリ宣言』を引き継いだ格好の特集コーナー。日曜昼前時代は11時台の放送。
ビッグデーターキーワードランキング
一週間におきた出来事をPC、スマホ等の検索数をもとに総合トップ10と男女別トップ5をTBS系で放送された『ザ・ベストテン』のランキングボード風に表示する。ランクインされた出来事の内取り上げるのは、番組前半のニュース等で伝えなかった事を中心に取り上げる。一部芸能関連の話題もランクインされていれば取り上げる[8]
天気予報
久冨が伝える。

過去[編集]

報道ステーションSUNDAY×政治
スタジオで長野が政治家や識者へインタビュー。
富川リポート
富川の取材を振り返り、その中から話題を取り上げる。
2013年11月24日には、東日本放送(当番組を同時ネットで放送するテレビ朝日の系列局)・NHK仙台放送局東北放送仙台放送ミヤギテレビの共同制作による東北楽天ゴールデンイーグルスパシフィック・リーグおよび日本シリーズ優勝パレード中継を、全国向けの番組では唯一生放送。富川は、松本龍渋佐和佳奈(いずれも東日本放送アナウンサー)と共に、パレードのルートである東二番丁仙台市)沿いのビルからパレードの模様を伝えた。

番組テーマ曲[編集]

  1. 2011年10月2日 - 2016年4月10日:森田真奈美「I am -Sunday Version-」
    • 平日版と比べて若干アレンジが異なる。
    • 2013年4月からはオープニングのみ平日版と同じ映像とテーマ曲が使用されていた。
    • スポーツ:「MOVE ON」(KAZSIN
  2. 2016年4月17日 - 2017年4月2日:J Squad「Starting Five」
    • 平日版と共用。
    • スポーツ:「Miracle Shot」(KAZSIN)

番組ネット局[編集]

「報道ステーション SUNDAY」ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送時間(JST 備考
日曜昼前時代 日曜夕方時代
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 日曜 10:00 - 11:45 日曜 16:30 - 18:00 制作局
北海道 北海道テレビ(HTB) 日曜 16:30 - 17:55
青森県 青森朝日放送(ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT)
宮城県 東日本放送(KHB)
秋田県 秋田朝日放送(AAB)
山形県 山形テレビ(YTS) 日曜 16:30 - 18:00
福島県 福島放送(KFB) 日曜 16:30 - 17:55
長野県 長野朝日放送(abn) 日曜 16:30 - 18:00
新潟県 新潟テレビ21(UX) 日曜 16:30 - 17:55
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV)
石川県 北陸朝日放送(HAB) 日曜 16:30 - 18:00
中京広域圏 メ〜テレ(NBN) 日曜 16:30 - 17:55
近畿広域圏 朝日放送(ABC)
広島県 広島ホームテレビ(HOME)
山口県 山口朝日放送(yab)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB) 日曜 16:30 - 18:00
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat) 日曜 16:30 - 17:55
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送(NCC)
熊本県 熊本朝日放送(KAB)
大分県 大分朝日放送(OAB)
鹿児島県 鹿児島放送(KKB)
沖縄県 琉球朝日放送(QAB)
  • 枠移動後、ネット局により放送終了時刻にずれがある。これは番組末尾に設定されているローカル枠の途中で早く切り上げ、別のミニ番組を放送する局があるためである。
  • 日曜昼前に放送していた2014年度までは、系列局が当番組の放送時間帯で以下の事例に該当する場合に、基本として当番組の放送を休止。当番組が生放送であることから、当該局では、放送当日の別の時間や後日の振り替え放送を実施しなかった。
    • 系列局が、サービスエリア内で開催される全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)地方大会の試合を中継する場合(基本としてローカル放送)。
    • 夏の甲子園全国大会において、当該時間帯に開催の試合を朝日放送で中継する場合。
    • 夏の甲子園全国大会において、当該時間帯に開催の試合に出場する代表校の地元系列局が、朝日放送制作の試合中継を同時ネットで放送する場合。
    • 系列局が、サービスエリア内で開催されるマラソン大会を中継する場合。
    • 日本野球機構加盟プロ野球球団の本拠地がサービスエリア内にある系列局が、サービスエリア内で開催される優勝パレードを中継する場合。
  • 放送枠を日曜夕方に移動した2015年度からは、当番組の後半(17:25 - 17:50)を全国ニュースパートに充てていた。そのため、当番組の放送時間帯で以下の事例に該当する系列局では、16:30 - 17:25までのパートを臨時にネット返上とし、17:25に飛び乗り形式で当番組を途中から放送していた。なお、17:25から飛び乗る場合には、全国ニュースパートおよびローカルニュースのみ放送。全国ニュースパートでは、タイトル映像や出演者の挨拶を割愛したうえで、ネームテロップのみ表示していた。
    • 日本野球機構加盟プロ野球球団の本拠地がサービスエリア内にある系列局(備考欄で☆マークを付けた局=北海道テレビ・東日本放送・メ〜テレ・朝日放送・広島ホームテレビ・九州朝日放送)で、プロ野球デーゲーム中継(主にローカル放送)の放送時間を、当番組の放送枠内に設定した延長オプション(最大17:25)の行使によって延長する場合。
      • ただし、2016年度の後期からは、17:25の飛び乗り点が廃止され、特別編成時に17:25から飛び乗りで放送していた局も、プロ野球中継を途中で打ち切るなどして、全局フルネットで放送した。このため、テレビ欄からは「最大延長17:25」の表記がなくなった。
    • 2015年度以降の夏の甲子園全国大会期間中の朝日放送は、プロ野球開催時とは事象が異なり、17:25からのANN全国ニュースコーナーの時点で試合が続いている場合は、ANNニュースコーナーを含めて完全休止・欠番(この場合、試合終了時間に合わせて、『ABCニュース』〈ローカルニュース〉を代替として編成する場合あり)となるが、17:25までに試合が終わった場合はプロ野球開催時と同じ対応をとっていた(雨天中止時はフルバージョンであった)。
      • ただし、2016年8月21日の決勝戦が放送された日は16:30までの放送予定だったが、放送が延長されたため16:50で中継が終了。通常は実施される17:25のANN枠から飛び乗り放送は行われず、当番組を臨時で完全休止。16:50 - 17:48に朝日放送は『相棒 season14』(再放送)を、北海道テレビは『匿名探偵』(再放送)を、17:48 - 17:55に朝日放送は『ABCニュース』、北海道テレビは『HTBニュース』をそれぞれ放送した。
  • テレビ朝日・山形テレビ・北陸朝日放送・長野朝日放送・瀬戸内海放送を除く系列局では2015年度から、ローカルニュースの終了後、単独番組放送のため、通常編成では17:55以降のエンディングトークを放送しなかった。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ テレ朝報道改革 日曜日も「報ステ」 日刊スポーツ 2011年9月1日閲覧
  2. ^ 2015年度までは土曜版もこの番組名であった(ANN冠がついていた)。
  3. ^ ヒロミ 日曜午前に新バラエティーMC テレ朝「大いに期待」 スポーツニッポン 2015年3月4日閲覧
  4. ^ 高島彩・長野智子がキャスター - テレ朝、土・日21時台に新ニュース番組 マイナビニュース 2017年1月4日発行、同日閲覧。
  5. ^ 報ステコメンテーターに後藤謙次さん 4月から、日曜出演も継続(『スポーツニッポン2016年1月29日付記事)
  6. ^ 政治ジャーナリストで当番組コメンテーターの『後藤謙次』とは関係ない。
  7. ^ 2016年1月3日は富川・久冨、2017年1月1日は平石・久冨。
  8. ^ TBS系で放送している『新・情報7days ニュースキャスター』とは違い、検索数は表示されなかった。

関連番組[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日系列 日曜昼前の情報番組枠
前番組 番組名 次番組
報道ステーション SUNDAY
(2011年10月2日 - 2015年3月29日
一時廃枠
※再開後は『極上!旅のススメ
2016年1月10日 - 9月25日)
テレビ朝日系列 日曜10:00 - 11:45枠
サンデー・フロントライン
(2010年4月4日 - 2011年9月25日)
報道ステーション SUNDAY
(2011年10月2日 - 2015年3月29日)
【当番組まで情報番組枠】
美女たちの日曜日
(2015年4月5日 - 6月28日
【この番組よりバラエティ枠
テレビ朝日およびANN系列 日曜夕方ANNニュース
ANNスーパーJチャンネル(第1期)
1997年10月5日 - 2015年3月29日)
報道ステーション SUNDAY
(2015年4月5日 - 2017年4月2日
ANNスーパーJチャンネル(第2期)
(2017年4月9日 - )
テレビ朝日 日曜16:30 - 18:00枠
スペシャルサンデー
※15:30 - 17:25
1995年10月1日 - 2015年3月29日)
世界が愛した絵本
※17:25 - 17:30
2010年5月1日 - 2015年3月29日)
【土曜17:25 - 17:30枠に移動して継続】
ANNスーパーJチャンネル
※17:30 - 18:00
2013年4月7日 - 2015年3月29日)
【土曜のみ継続】
報道ステーション SUNDAY
(2015年4月5日 - 2017年4月2日)
帰れまサンデー
※16:30 - 17:30
(2017年4月9日 - )
【日曜10:00 - 11:15枠から縮小移動】
ANNスーパーJチャンネル
※17:30 - 18:00
(2017年4月9日 - )
【日曜の放送が再開】