後藤健二 (ジャーナリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
後藤 健二
(ごとう けんじ)
本名・城後 健二
(じょうご けんじ)
生誕 (1967-09-22) 1967年9月22日
日本の旗 日本 宮城県仙台市
死没 2015年1月30日[※ 1](満47歳没)
シリアの旗 シリア
教育 法政大学社会学部卒業
職業 インデペンデント・プレス代表
活動期間 1991年 - 2015年
代表経歴 産経児童出版文化賞受賞
宗教 キリスト教
子供 3(全て娘)
家族 妻・城後倫子
公式サイト http://ipgoto.com/ インデペンデント・プレス

後藤 健二(ごとう けんじ、1967年9月22日[1] - 2015年1月30日[※ 1])は、日本フリーランスジャーナリスト。他界した当時の本名は、城後健二。

人物・来歴[編集]

1967年昭和42年)、宮城県仙台市[2]で末っ子[3]として生まれた。8歳上のと、がいる[4]父親日立製作所勤務で転勤が多く、2歳の時に名古屋に。5歳の頃に東京に引っ越した[4]。この頃母親は離婚して家を出て、父親は多忙であったため中学時代からは兄や姉に面倒を見てもらっていた[4]世田谷区内の公立小中学校から法政大学第二高等学校に進み、アメリカンフットボール部に所属したが、腰痛のため退部[4]

法政大学社会学部応用経済学科(現・社会政策科学科)在学中にアメリカコロンビア大学語学留学。その留学費用のかなりの部分を母親が負担し、後藤の誕生日には母親が高価なビデオカメラをプレゼントしたり、母子関係は決して疎遠ではなかった[5]。21歳だった後藤健二はコロンビア大学留学中に母親の誕生日を祝って母親に手紙を送った。その愛の手紙が写真週刊誌フライデー」等に掲載された[6]。また、在学中に湾岸戦争(1990年8月2日 - 1991年2月28日)が勃発、イスラエルに渡航して現地の大学生に話を聞いた。この経験がジャーナリズムの世界に興味を抱くきっかけになったのではないかと兄は見ている[4][7]

1991年平成3年)の大学卒業後に就職した日立物流を入社3か月で退職したのち、東京放送系のテレビ番組制作会社を経て、1996年(平成8年)に映像通信会社インデペンデント・プレスを設立した。しかし当初は仕事は少なく、兄が経営するアルバイトもしていた。ジャーナリストとしては国内を主に活動し、余裕のある時には1年~3年間ずつ講師の仕事もこなした[4]。何年間かの下積みの後、海外での取材も成功し始め[4]アフリカ中東などの紛争地帯の取材に携わる。後藤家は無宗教であったが、後藤自身はいつしかキリスト教信仰するようになり取材の際には小さな聖書を持ち歩いていた[4]1997年日本基督教団田園調布教会で受洗する[8]。 

2006年(平成18年)、紛争地域の子供を取材した『ダイヤモンドより平和がほしい』で、第53回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞[9]2011年(平成23年)3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)が発生すると出生地でもある宮城県に入り、被災地の石巻市気仙沼市において日本ユニセフ協会の記録員を務めた[10][11]。中東での取材中、アル=ヌスラ戦線に拘束されたものの、1日で解放された[12]2014年10月に妻が夫婦の2人目の子供となる女子を出産[13][14]。妻は、経済協力開発機構(OECD)のエコノミストで政策アナリストの城後倫子。なお、前妻との間にも一女をもうけている[14]

また、2012年頃、母親の誕生日を祝って後藤が食事会を開いた際の親子二人の写真が公開されている[15]

2014年10月下旬 - 11月上旬にイスラーム過激派組織のISIL(イスラミック・ステート、イスラム国)に拘束され、2015年1月30日に殺害されたと見られている。同年2月12日国連安全保障理事会の決議の採択後、サマンサ・パワーは、「生涯を紛争について書くことに費やした」と称賛した[16]

民間人救出[編集]

経緯[編集]

後に後藤とともに殺害される湯川遥菜は、民間軍事会社を経営していた。殺害される前に幾度もシリア周辺に入国していたという。その目的は武器医薬品を販売するビジネスだった。だが、2014年4~5月ごろにシリア国内で武装組織に拘束された[17]

救出成功[編集]

当時、取材でシリアに入国していた後藤はその話を受け、経営者男性の救出に向かった。後藤が交渉した結果、拘束されていた男性は解放されたという。救出作戦自体は米軍でも困難なもので、以前にはビンラディン殺害で成果を挙げた米海軍特殊部隊Navy SEALsが行った作戦ですら情報不足で失敗した例もあるという[18][19]。なおこの際は後藤の尽力により無事救出できたが、後藤は救出した男性に対して口を酸っぱくして注意したという[20]

ISILによる拘束[編集]

2014年10月22日に「海外出張に行く。29日午前中に帰国する」と友人に告げ、日本を出国した[21]。渡航計画を知った日本政府は後藤の身を案じ渡航中止を打診したが、後藤の意志は強かった[22]。10月24日にトルコ南部のキリスからシリアに入国し[23]クリスチャントゥデイのコラムのメールを送信し、10月26日に掲載された[24]。10月25日にISILの支配地域への潜入の目的を語ったビデオメッセージをシリア人ガイドに託し[25]、シリア北部のアレッポ県から別のシリア人ガイドと共にISILの支配地域へと入った。シリアではガイドが何人か代わっており、最後のガイドがISILに通じていて騙されたのではないかという見方がある[4][23]。帰国予定の10月29日になっても戻らず、行方不明となった[26]

2014年11月1日頃に「シリアに同行したガイドに裏切られ、武装グループに拘束された」とトルコの知人に電話連絡があった[27]。この数日後にISILの関係者を名乗る人物から数十億円の身代金を要求するメールが家族に届いた[27]。2015年1月20日になり、ISILが日本国民と日本政府に向けたビデオに別に人質となっていた湯川遥菜と共に登場し、ジハーディ・ジョンとして知られるISILメンバーの男性が「72時間以内に2億ドルの身代金の支払いがないと両人質を殺害する」と述べた[26]。日本政府は現地対策本部をトルコにではなくヨルダンに設置することをわずか3分の緊急会合で決めた。トルコに対策本部を設置しなかった理由についてTV番組の報道ステーションでは、トルコに対策本部を置くと身代金要求に応じるか否かの交渉の流れになるため、身代金要求には一切応じないことを決めこんでいた日本政府の選択肢はヨルダンへの設置しかなかった[28]。1月23日、母親が記者会見を行い「健二はイスラム国の敵ではない」と訴えたが[29]、夫曰く精神的に混乱状態[30]だったため、原子力エネルギーに関する意見など、配布された声明文[31]とは直接関係のない発言[32][33]をする面も見られた[※ 2]。数百人の外国特派員・日本のマスコミ陣を前に、78歳の母親の会見が混乱したことについて参院議員有田芳生も同じ意見だった[34]。会見の中で広島と長崎への原爆投下に言及した理由について、米国やヨルダンなど有志連合による空爆にあえいでいる「イスラム国」に対して、日本は唯一の被爆国として同じ被害国であり、「日本は『イスラム国』の敵ではない。空爆する有志連合と日本を同一視しないでほしい」との趣旨のメッセージを込めたと母親は社会新報2015年2月18日号(田中稔記者執筆)で説明している。

1月24日午後11時に殺害された湯川の写真を掲げる動画がインターネット上に流れ、後藤とされる声(英語)で湯川を殺害したという声明が出された[35]

また、同声明の中には2005年にヨルダンの首都アンマンで発生した爆弾テロ事件(2005年アンマン自爆テロ)の実行犯として収監中のサジダ・リシャウィの釈放を要求するものが含まれていた[36]

2月1日日本時間午前5時3分にISILによって後藤が殺害されたとみられる動画がインターネット上に公開された[37]。後藤が殺害されたとみられる動画投稿が行われた後、警察による動画の検証が行われた結果「信憑性が高い」とされ[38]、政府は動画投稿から1時間40分後の日本時間午前6時40分頃にこの件についての会見を行った[39]。また、母親は2月1日午前に会見を開き、「今はただ、悲しみ、悲しみで言葉が見つかりません」「憎悪の連鎖になってはなりません」「戦争貧困から子どもたちの命を救いたいとの健二の遺志を引き継いで下さい」と泣きながら訴えた[40]

後藤健二が生前につぶやいたツイッターへのリツイートが極めて多く話題となった。ツイートの全文は次の通り。

目を閉じて、じっと我慢。怒ったら、怒鳴ったら、終わり。それは祈りに近い。憎むは人の業にあらず、裁きは神の領域。-そう教えてくれたのはアラブの兄弟たちだった — 後藤健二 (@kenjigotoip) - Twitter(2010年9月7日6:49)[41]

主な著作・出演[編集]

著書[編集]

ビデオディスク[編集]

  • 『世界の学校シリーズ』(ケイエムコンサルティング)
  • 『ワールド・エコ・トラベラー』(ケイエムコンサルティング)[42]

テレビ出演[編集]

その他[編集]

  • broken boy - 2010年。グラフィックデザイナー高津央との共作[45]
  • the chord『by your side』 - 追悼アルバム[46]

受賞・栄誉等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b “後藤さん30日に殺害の情報 操縦士も、ヨルダン専門家”. kyodo.co.jp (共同通信社). オリジナル2015年2月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150223065237/http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020101001429.html 2015年2月23日閲覧。  “後藤さん30日に殺害の情報 操縦士も、ヨルダン専門家”. 静岡新聞. http://www.at-s.com/news/article/international/30812.html 2016年4月9日閲覧。 。ただし、この命日はヨルダンのイスラム政治運動専門家マルワン・シェハーデの情報分析によるもの。
  2. ^ この母親は後藤を産んでまもなく離婚しており、後藤が三回目の結婚をしていたことは2014年に知った。父親は、状況を理解しない母親がマスコミに露出して持論を展開すると混乱することになるので控えて欲しいと要請したが、受け入れられなかった。一方、育ての母親はマスコミに対して何もコメントを寄せていない

出典[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2008年
  2. ^ 後藤健二さん:紛争地や難民の日常伝える”. 毎日新聞社. 2015年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月3日閲覧。
  3. ^ 「私が代わりに人質に」=後藤さん母「政府信じる」-涙ながらに訴え・東京”. 時事通信社 (2015年1月25日). 2015年2月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 『週刊文春』2015年2月12日号
  5. ^ MasaHashidumeのツイート (572251468402569216)橋詰雅博ツイッタ―
  6. ^ minorucchuのツイート (578829888829833217)minorucchuのツイート (578828345367863296)田中稔ツイッタ―
  7. ^ 「人質殺害「イスラム国」禁断レポート「10分300万円」に命を賭けた後藤健二さん47歳 書かれざる数奇な人生」、『週刊文春』2015年2月5日号、文藝春秋、東京都、2015年1月29日、 24頁。
  8. ^ イスラム国拘束:後藤さん 命守る「一線」慎重対応”. 毎日新聞社. 2015年1月21日閲覧。
  9. ^ 【インタビュー】国際ジャーナリスト・後藤健二〜それでも神は私を助けてくださる〜」”. クリスチャントゥデイ (2014年5月30日). 2015年1月20日閲覧。
  10. ^ 「「果敢な記者」人質に 後藤さん、10月下旬に音信不通」朝日新聞 2015年1月20日)
  11. ^ 〈2邦人殺害警告〉仙台出身後藤さん無事祈る河北新報 2015年01月21日水曜日)
  12. ^ “かつて拘束も解放、後藤さんの判断に影響か”. TBS. (2015年1月22日). オリジナル2015年1月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150128171830/http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2401223.html 2015年1月22日閲覧。 
  13. ^ 「イスラム国拘束・後藤健二氏の母親が会見」ログミー2015.01.23
  14. ^ a b Japanese reporter's bid to save friend led to Islamic State abduction”. Tokyo: Reuters (2015年1月21日). 2015年1月24日閲覧。
  15. ^ [1]
  16. ^ “「紛争報道に生涯尽くす」 米国連大使、後藤さんを称賛”. (2015年2月13日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015021302000260.html 2015年2月16日閲覧。 
  17. ^ [2]
  18. ^ 後藤健二さんの死に便乗?する人たち(週刊朝日) - WEB新書 - 朝日新聞社(Astand)
  19. ^ 米の人質救出作戦失敗、情報不足が命取りに―イスラム国は数日前に人質を移動 - WSJ
  20. ^ 後藤健二さん危険承知でなぜイスラム国本拠地入り?ガイドに騙されたのか : J-CASTテレビウォッチ
  21. ^ 「果敢な記者」人質に 後藤さん、10月下旬に音信不通”. 朝日新聞デジタル (2015年1月21日). 2015年1月21日閲覧。
  22. ^ 後藤さんに渡航中止要請=昨年9月から3回―政府 時事通信 2014年2月3日(火)2時32分配信、同日閲覧
  23. ^ a b 後藤さんが知人に「家族に連絡を」 NHKニュース”. NHK (2015年1月21日). 2015年1月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年1月22日閲覧。
  24. ^ 戦争に行くという意味 後藤健二 : 論説・コラム : クリスチャントゥデイ”. クリスチャントゥデイ (2014年10月26日). 2015年1月21日閲覧。
  25. ^ 「後藤さん シリア入り直前映像「必ず生きて戻ります」」 News i - TBSの動画ニュースサイト”. TBS (2015年1月21日). 2015年1月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年1月22日閲覧。
  26. ^ a b 「イスラム国」邦人殺害警告か 身代金要求”. NHK (2015年1月20日). 2015年1月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年1月20日閲覧。
  27. ^ a b イスラム国拘束:後藤さん「裏切られた」トルコ知人に連絡”. 毎日新聞 (2015年1月21日). 2015年1月21日閲覧。
  28. ^ 【検証】後藤健二さん解放交渉。水面下の「身代金要求」で何が - Dailymotion動画報道ステーション2015年3月5日放映
  29. ^ 後藤さんの母親 声明文で解放訴え”. NHK (2015年1月23日). 2015年1月23日閲覧。
  30. ^ 後藤健二さん 波紋呼んだ母の会見「精神的に混乱」と夫説明”. Livedoor News (2015年1月27日). 2015年1月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月1日閲覧。
  31. ^ 後藤さん母の声明全文 2邦人殺害予告 - スマホ版 - 47NEWS(よんななニュース)特派員協会で配布された声明文全文
  32. ^ 【全文】「私はこの3日間、何が起こっているのかわからず悲しく、迷っておりました」ジャーナリスト・後藤健二さんの母が会見” (2015年1月23日). 2015年1月24日閲覧。
  33. ^ 後藤さん母親「健二はイスラム国の敵ではない」涙の会見 “原子力のない国”持論も”. 2015年1月25日閲覧。
  34. ^ 有田芳生議員のツイッター
  35. ^ 「イスラム国」が写真公開 Aさん殺害か”. NHK (2015年1月25日). 2015年1月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月5日閲覧。
  36. ^ “拘束の1人殺害”とする画像 ネットに投稿”. NHK. (2015年1月25日). オリジナル2015年1月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150128115552/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150125/k10014943441000.html 
  37. ^ “後藤さん殺害とする映像…ネットに投稿”. 読売新聞. (2015年2月1日). オリジナル2015年2月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/Vd3cp 
  38. ^ 【イスラム国後藤さん殺害映像】警察当局「本人の可能性が高い」 - 2015年2月1日 午前8時13分配信
  39. ^ 「イスラム国」:後藤さん殺害か 安倍首相「痛恨の極み」 - 2015年2月1日
  40. ^ 母親の悲しみの声明
  41. ^ 後藤健二 ツイッター(2010年9月7日6:49)
  42. ^ 後藤健二 未公開/絶版 画像 DVD”. ケイエムコンサルティング. 2015年1月20日閲覧。
  43. ^ 2015年2月2日、朝日新聞、朝刊、5面、『池上彰「過激派台等・イラク攻撃から始まった」』より。
  44. ^ 後藤 健二”. INDEPENDENT PRESS. 2015年1月20日閲覧。
  45. ^ 朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト「微力だけれど無力ではない」 後藤健二さんの作品展示
  46. ^ REAL SOUND「後藤健二氏追悼アルバム『by your side』が伝える、生前のアート活動と愛すべき人柄」
  47. ^ 過去の受賞作品(産経新聞のイベントガイド)
  48. ^ 『ダイヤモンドより平和がほしい』が産経児童出版文化賞・フジテレビ賞を受賞(インデペンデント・プレス 2006年5月9日)
  49. ^ 後藤健二氏に日本外国特派員協会から「殉職した英雄賞」(2015年5月5日 )
  50. ^ Announcing the First Annual FCCJ Freedom of the Press Awards Results (PDF) (公益社団法人日本外国特派員協会)
  51. ^ 健二さんを特別表彰 スペイン国際記者クラブ東京新聞 2015年5月6日)
  52. ^ Entrega de los Premios de Periodismo del Club Internacional de Prensa (Club Internacional de Prensa)

外部リンク[編集]