おはよう!CNN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おはよう!CNN
ジャンル 情報番組
出演者 主なキャスターを参照
製作
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1984年4月2日 - 1989年9月29日
放送時間 平日 6:30 - 7:00
→6:45 - 7:00
放送枠 テレビ朝日系列早朝の情報番組枠
放送分 30→15分
テンプレートを表示

おはよう!CNN」は1984年4月2日から1989年9月29日までテレビ朝日系列(ただし一部系列局は除く)で放送されていたニュース番組

番組概略[編集]

アメリカのニュース専門局CNNで放送された内容をダイジェストで放送していた。

関東地区などにおけるスポンサーは、開始当初、松下電器産業(現・パナソニック)単独であったが、途中で複数社に変更された。

スタジオは当初、東京・六本木の日本ケーブルテレビジョン(JCTV)本社内にあったCNN制作フロアの一部を改装し、オープンスタジオとして使用していた。このスペースは深夜に放送されていた「CNNデイウォッチ」や「CNNヘッドライン」、さらには日曜夕方に一時期放送されていた「鉄矢のびっくり外報部」でも使用されていた。1987年10月の「CNNヘッドライン」開始に伴い、初めてスタジオセットが大幅に変更され、フロアレイアウトも変更されたが、1988年10月にテレビ朝日アーク放送センターにCNN番組の制作機能を移すこととなり、スタジオもNスタジオ(報道局外報部デスクスペースを番組用に手直しして使用)に移動した。

1985年4月から1986年3月まで、関東ほか一部地域では、「おはようTODAY」に内包。「おはようTODAY」のメインキャスターがテレビ朝日スタジオ(旧・六本木本社第3スタジオ→アーク放送センターNスタジオ)から当番組のスタジオを呼び出し、当番組のキャスターが番組を進行していた。

1987年9月28日からは7時台に放送されていた「ANNニュースセブン」が、6時半に移動して「ANNニュースフレッシュ」と改題したため、それまでの後半にあたる15分に縮小。

1989年10月2日からは、「CNNモーニング」(6:45 - 7:00枠は「CNNモーニングEnglish Shower」)に受け継がれた。

番組放送時間の変遷[編集]

6:30開始時代は秋田放送南海放送四国放送でもネットされていた。これらはNNNのみに加盟していたため、6:45からの「NNN朝のニュース」に配慮した飛び降りポイントが、6:43に用意されていた。なお南海放送・四国放送は「ニュースフレッシュ」開始後はそのままニュースフレッシュを番販扱いでネット受けした。

主なキャスター[編集]

期間 メイン アシスタント 主要番組出演者
1984年4月2日 1985年3月29日 鮫島慎司 山上万恵美 放送なし
1985年4月1日 1985年10月4日 渥美克彦1 渡辺みなみ1
1985年10月7日 1986年3月28日 上田結香 坂本明美1 浜尾朱美1
1986年3月31日 1987年9月25日 放送なし
1987年9月28日 1988年4月1日 荻島正己 橋谷能理子 シフト勤務2
1988年4月4日 1988年10月7日 保坂正紀2 山口容子2
1988年10月10日 1989年9月29日 大林守 小池達子

オープニング[編集]

  • 1984年4月2日 - 1985年10月4日 初代
  • 1985年10月7日 - 1987年9月25日 2代目
  • 1987年9月28日 - 1989年9月29日 3代目

※いずれもBGMにはシンセサイザーミュージックが使われていた。

テレビ朝日系 平日早朝の情報番組枠
前番組 番組名 次番組
-----
おはよう!CNN