大越健介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおこし けんすけ
大越 健介
生誕 (1961-08-25) 1961年8月25日(60歳)
日本の旗 日本 新潟県三島郡寺泊町(現・長岡市
出身校東京大学文学部国文学科卒業
職業NHK報道局政治部記者
→テレビ朝日報道局専属ニュースキャスター
テレビ番組報道ステーション

大越 健介(おおこし けんすけ、1961年8月25日 - )は、テレビ朝日専属(局契約)ジャーナリスト、ニュースキャスター。元日本放送協会(NHK)放送総局報道局政治部記者

NHKの記者を経て、NHK総合ニュースウオッチ9』第4代男性キャスター・編集長を務めた[1]。2021年10月より、テレビ朝日『報道ステーション』の月曜日から木曜日のキャスター。

経歴[編集]

新潟県三島郡寺泊町(現・長岡市)に生まれる。3歳の時、新潟県職員をしていた父の転勤で新潟市へ移る[2]

学生時代[編集]

新潟市立石山中学校を経て新潟県立新潟高等学校に進学。新潟高校では野球部に所属し、2年次に強肩の捕手として甲子園を目指した。翌3年次に投手へ転向し、春の県大会で準優勝したが、夏の県大会はベスト8で終わり、結局は甲子園出場の夢は叶わなかった。大学では高校時代と同様に野球を続けたかったが、高校時代の自分の実績だと大学強豪野球部には入部することも覚束ないと考え、1浪の末に東京大学文科三類)に進学し、野球部に所属し、右サイドスローの投手として活動[注 1]。1年生の秋からベンチ入りし、エースとして東京六大学リーグで通算50試合登板、8勝27敗、防御率3.52、142奪三振。8勝は東大の投手では5位タイ。「東大だったんだから頭脳派だったんでしょう」とよく言われるというが、むしろその逆で力と気迫を前面に押し出す投球が身上だったという。本人は「8勝も東大としてはまずまずだと思うけど、それよりも27敗を誇りに思う。よくここまで使ってもらえたと思うし、よくここまで投げぬいたな、と思う」と語っている[4]1982年の新人戦では3連投し、立大に5-1、法大に2-0で勝利し、決勝で早稲田に0-1で惜敗。東大新人戦最高の準優勝に貢献した。1983年には太田誠駒澤大学野球部監督)によって、日米大学野球選手権大会の大学日本代表メンバーに史上初めて東大から選出された[5][6][7][8]。その時の大学日本代表メンバーには明治大学広澤克己竹田光訓日本大学和田豊法政大学小早川毅彦(その後NHK野球解説者として共演)らがいた。大越は第3戦で二番手投手として登板している[9]。のちに大リーグセントルイス・カージナルスなどで活躍したマーク・マグワイアとも対戦した[10]

NHK時代[編集]

東京大学文学部国文学科卒業後、1985年NHK入局[注 2]。政治部の同期に小池英夫(NHK専務理事)や[11]安住淳衆議院議員、元立憲民主党国会対策委員長)が、他の同期に出川展恒がいる。初任地は岡山局[注 3]で、以後、国内各放送局での勤務を経て報道局政治部に配属。政治記者として、橋本龍太郎(第82代内閣総理大臣)の番記者や、自由民主党竹下派経世会担当記者などを務める傍ら、NHKのニュース番組での国会のレポート及び『クローズアップ現代』等に出演[2]

2005年よりワシントン支局に配属となり、2年間の海外特派員を経て、2007年に同支局長に就任し[1]、米国滞在中はジョージ・W・ブッシュ大統領への直接取材や、バラク・オバマの大統領就任式取材総指揮などを行った[注 4]2009年6月に帰国し、報道局政治部に復帰。2010年3月29日、前任の報道局社会部記者・田口五朗の後任で『ニュースウオッチ9』のメインキャスターに就任。政治記者一筋で取材経験の豊富さから番組内ではニュースのまとめとして、政治色を絡めつつ「大越自身の意見を表明する」というNHKの歴代ニュース番組としては異例のスタイルが度々話題となった[12]。2015年3月27日をもって井上あさひアナウンサー、広瀬智美アナウンサーと共にキャスターを退任した。

2018年4月から『サンデースポーツ2020』のキャスターを務める[13]。2020年9月で同番組を降板し、10月から『NHKスペシャル』のキャスターに就任。

2021年6月30日付けをもってNHKを定年退職した[14]

テレビ朝日時代[編集]

2021年秋改編でテレビ朝日報道ステーション』の月曜日から木曜日のメインキャスターに起用されることが発表された[15]

2021年10月7日22時41分頃、番組放送中に発生した地震(千葉県北西部地震)への対応が賛否を呼んだ[16]

その他[編集]

  • 野球選手として実績があったということで、2010年4月発売の『週刊ベースボール』で特集が組まれ、2011年には週刊ベースボールにて隔週連載で『Baseball Watch』という題名のコラムも執筆していた。
  • 同郷のFUNKY MONKEY BABYSDJケミカルのパフォーマンスの意味が理解できず三男に聞いたところ、「彼がいるから盛り上がる」と言われたとのことである[17]
  • 32歳の時から八王子の郊外に住んでいる[注 5]。ブログやコラムなどで八王子での生活や通勤時のことなどを書くことがある。
  • 2018年8月28日より日本財団アドバイザリー会議委員を務める(2021年9月現在で2期目)[18]

家族[編集]

出演[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 俵万智は当時、六大学野球で場内アナウンス、いわゆるウグイス嬢をしていたという[3]
  2. ^ 同期入社のアナに岸本多万重柴田厚曾田孝野地俊二松井治伸松本浩司宮崎修一山田亜樹
  3. ^ 当時の上司だった兼本伸樹は、2009年局長として帰ってきた。
  4. ^ オバマ大統領への単独会見は、1年後輩でのちに大越キャスターの後任でニュースウオッチ9のメインキャスターに就任する河野憲治支局長(当時)が行なった。
  5. ^ 具体的な所在地は明言していないが、2014年2月12日の本人ブログにて、八王子にある駅がいずれも自宅の徒歩圏内にないことを明らかにしている。

出典[編集]

  1. ^ a b キャスター卒業NHK大越健介氏「意見通る危うさ」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2015年4月30日). 2021年7月13日閲覧。
  2. ^ a b c 大越健介さんがNHKニュースウォッチ9のキャスター”. 東京寺泊会だより. 橋本寛二. 2021年7月13日閲覧。
  3. ^ 俵万智 『旅の人、島の人』ハモニカブックス、2014年8月12日、[要ページ番号]頁。ISBN 978-4309920269。"8番ピッチャー、大越くん"。 
  4. ^ 大越健介の現代をみる”. キャスター・アナウンサーBLOG. 日本放送協会. 2014年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月2日閲覧。
  5. ^ 宮台 侍日本大学代表入り 東大から33年ぶり - 大学・社会人”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2016年6月19日). 2021年7月13日閲覧。
  6. ^ 宮台“東大侍”に!大越以来33年ぶり赤門2人目代表”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2016年6月20日). 2021年7月13日閲覧。
  7. ^ 大越健介氏、東大・宮台の前でノーバン始球式「宿命みたいなもの」”. SANSPO.COM(サンスポ). 産経デジタル (2016年7月12日). 2020年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月11日閲覧。
  8. ^ 元東大野球部の大越健介氏が語る日米大学野球秘話、後輩・宮台康平を激励”. Full-Count. Creative2 (2016年7月13日). 2021年7月13日閲覧。
  9. ^ 第12回 日米大学野球選手権大会”. 日米大学野球選手権大会. 公益財団法人 全日本大学野球連盟. 2021年7月13日閲覧。
  10. ^ 宮台 選ばれればマグワイアと対戦した大越元キャスター以”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2016年5月10日). 2021年7月13日閲覧。
  11. ^ 「官邸」とは“3密”だったので…NHK理事に就任する「小池報道局長」の評判”. デイリー新潮. 新潮社 (2020年4月15日). 2022年7月28日閲覧。
  12. ^ 左遷! さらば、NHK『ニュースウオッチ9』大越キャスター エースはなぜ飛ばされたのか(その1)”. 週刊現代. 講談社. p. 2 (2015年3月30日). 2021年7月13日閲覧。
  13. ^ NHK大越健介氏、サンデースポーツキャスター就任 - 芸能”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2018年2月1日). 2021年7月13日閲覧。
  14. ^ NHKの大越健介さんが定年退職 「ニュースウオッチ9」”. TOKYO Web. 東京新聞 (2021年7月1日). 2021年7月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年7月13日閲覧。
  15. ^ NHK退職の大越健介氏、テレ朝「報道ステーション」メインキャスター就任 - 芸能”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2021年7月9日). 2021年7月13日閲覧。
  16. ^ 報ステ放送中の地震で大越キャスターに“ヘルメットの洗礼” 小木アナとの違い”. デイリー新潮. 新潮社 (2021年10月9日). 2021年10月10日閲覧。 “民放プロデューサーが言う。「大越さんはキャスター就任4日目にして、いきなりヘルメットを被ることになりました。民放の“洗礼”と言っていいかもしれません。対して、小木アナがアナウンサーとしての実力を見せつけましたね。うろたえる大越さんも新人同様の渡辺アナも何もできず、ひたすら小木アナが落ち着いてよどみなく仕切っていました」”
  17. ^ 紅白はいい!”. キャスター・アナウンサーBLOG. 日本放送協会 (2012年1月4日). 2013年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月28日閲覧。
  18. ^ アドバイザリー会議 - 組織”. 日本財団. 日本財団. 2022年3月9日閲覧。
  19. ^ 市報こがねい 平成30(2018)年 NO.1403 1/15 (PDF)”. 小金井市 (2018年1月15日). 2021年7月13日閲覧。
  20. ^ 定点映像 10年の記録 〜100か所のカメラが映した“復興”〜”. NHK (2021年3月11日). 2021年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]

先代
田口五朗
ニュースウオッチ9
4代目男性メインキャスター
大越健介
2010年3月 - 2015年3月
次代
河野憲治
先代
酒匂飛翔
サンデースポーツ2020
男性メインキャスター
大越健介
2017年4月 - 2020年9月
次代
豊原謙二郎
先代
小木逸平(月・火・水)
富川悠太(木・金)
報道ステーション
男性メインキャスター(月-木)
大越健介
2021年10月 -
次代
N/A