ANNニュースフレッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ANNニュースフレッシュ
ジャンル 報道番組
放送時間 放送時間の変遷を参照
放送期間 1987年9月28日 - 2003年9月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日ANN
出演者 キャスターの変遷を参照。
オープニング こちらを参照。
テンプレートを表示

ANNニュースフレッシュ』(エイエヌエヌ - )は、1987年9月28日から2003年9月28日まで放送されていた、テレビ朝日系列(ANN)の朝の定時ニュース番組である。

概要[編集]

ANNニュースセブン』の後継番組で、放送時間は長らく6時30分 - 6時45分(JST)だった(『CNNデイブレイク』が放送された時期は、同番組の1コーナーとして内包したが、一部の系列局は独立した番組として放送されていた)。

その後、『やじうまワイド』の拡大に伴って1996年秋に平日枠が、1998年秋には土曜枠がそれぞれ番組内の独立ネットコーナーとして内包、2002年7月以降は後継番組の『やじうまプラス』に内包された。放送時間も『やじうまワイド』時代に早まり、末期は6時10分 - 6時19分に放送されていた。2003年9月29日からは他の時間帯同様『ANNニュース』のタイトルとなった(ANN系列局各局のエンド5秒では、まだ「ANNニュースフレッシュ」になっている地域もある他、一部の系列局のホームページ内の番組表には、2003年10月以降も「ANNニュースフレッシュ」と表記されていたが後に「ANNニュース」に統一となった)。

なお、瀬戸内海放送では「ANNニュース」が、正式名になったあとも、2005年9月末頃までは、番組の最後に5秒間ほど青色背景に「ANNニュースフレッシュ 終」の表示があり、バックミュージックはニュースステーション初代テーマ曲であった1985-90年バージョンものが流れていた。これもそれ以降はやはり青色背景で『ANNニュース』と画面右下に表示されるものに変更(バックミュージック無し)し、2009年現在はテレ朝出しのニュースVTRを背景に、画面右上に「ANN NEWS END」の自局出し白テロップが挿入される形となっている(バックミュージックはテレ朝と同じ)。

四国放送南海放送は、当番組開始まで『おはよう!CNN』をネットしていた関係で、ANN非加盟ながら番販扱いで放送していた(後述)。

放送時間の変遷[編集]

期間 放送時間(日本時間
平日 土曜 日曜
1987.09.28 1996.09.29 06:30 - 06:45(15分)
1996.09.30 1997.09.28 06:10 - 06:19(09分) 06:30 - 06:45(15分)
1997.09.29 1998.09.27 06:30 - 06:45(15分) 06:15 - 06:30(15分)
1998.09.28 2003.09.28 06:30 - 06:44(14分)

キャスターの変遷[編集]

「ANNニュースフレッシュ」歴代のメインキャスター
期間 平日 週末
月・火曜日 水・木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
1987.10 1988.3 (シフト勤務) 横舘英雄、佐藤仁美
1988.4 1989.9 保坂正紀山口容子 (シフト勤務)
1989.10 1990.3 (シフト勤務)
1990.4 1990.9 小西克哉1川瀬眞由美1
1990.10 1991.6 小西克哉1
川瀬眞由美1
武見敬三1
佐藤仁美1
1991.7 1991.9 白水繁彦1
筒井里美1
1991.10 1992.9 大熊英司
1992.10 1993.3 玉利かおる、保坂正紀 ほか
1993.4 1996.9 保坂正紀 日下千帆 松苗慎一郎 (シフト勤務)
1996.10 1997.9 (シフト勤務)
1997.10 1999.9 松苗慎一郎2 (シフト勤務)
1999.10 2000.9 松苗慎一郎 龍円愛梨 木下智佳子 飯村真一2
2000.10 2001.3 (シフト勤務)
2001.4 2002.3 田原浩史
2002.4 2002.6 小松靖3
2002.7 2003.3 川瀬眞由美2
2003.4 2003.9 小松靖3・4佐藤紀子 真鍋由2・4

  • 1 一部地域で内包されていた『CNNデイブレイク』キャスターを兼務。
  • 2 昼の『ANNニュース』も兼任(詳細は同番組のページを参照)。
  • 3 『朝いち!!やじうま』キャスターを兼務。
  • 4 朝の『ANNニュース』も続投。

ネットしていた局[編集]

○は『NNN朝のニュース』→『NNNニュースジパング』と連続放送していた局。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 テレビ朝日 ANN
北海道 北海道テレビ
青森県 青森放送 NNN/ANN ○日曜日のみ、1991年9月29日まで[1]
青森朝日放送 ANN 1991年10月1日開局から
岩手県 岩手朝日テレビ 1996年10月開局から
宮城県 東日本放送
秋田県 秋田朝日放送 1992年10月開局から
山形県 山形放送 NNN/ANN ○1993年3月31日まで[2]
山形テレビ ANN 1993年4月1日のFNNからANNへのネットチェンジから
福島県 福島放送
新潟県 新潟テレビ21
長野県 長野朝日放送 1991年4月開局から
静岡県 静岡朝日テレビ 旧:静岡けんみんテレビ
石川県 北陸朝日放送 1991年10月開局から
中京広域圏 名古屋テレビ
近畿広域圏 朝日放送 現:朝日放送テレビ
広島県 広島ホームテレビ
山口県 山口朝日放送 1993年10月開局から
徳島県 四国放送 NNN ○1995年3月31日打ち切り[3]
香川県・岡山県 瀬戸内海放送 ANN
愛媛県 南海放送 NNN ○1995年3月31日まで[4]
愛媛朝日テレビ ANN 1995年4月1日開局から
福岡県 九州朝日放送
長崎県 長崎文化放送 1990年4月開局から
熊本県 熊本朝日放送 1989年10月開局から
大分県 大分朝日放送 1993年10月開局から
鹿児島県 鹿児島放送
沖縄県 琉球朝日放送 1995年10月開局から

脚注[編集]

  1. ^ 平日は『NNN朝のニュース』をネットのため未ネットだった。
  2. ^ 平日は自主制作番組『おはようYBC・けさの主張』と統合した『朝6時!YBCニュース』の1コーナーとして内包ネット。
  3. ^ 自主制作番組『朝6・45』が時間延長により『朝6・35』スタートのため打ち切り、ANN非加盟局だが1991年4月から1993年3月までは「CNNデイブレイク」とセットでネットしていた。
  4. ^ 四国放送と同様にANN非加盟局にも拘らずネットしていた。
テレビ朝日およびANN系列 朝のANNニュース
前番組 番組名 次番組
ANNニュースフレッシュ
ANNニュース(第2期)