ザ・ベストテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ベストテン
ジャンル 音楽番組
放送時間 木曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1978年1月19日 - 1989年9月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 鬼沢慶一(企画協力)
演出 山田修爾
プロデューサー 弟子丸千一郎
山田修爾
スタッフを参照
出演者 黒柳徹子
久米宏
生島ヒロシ
小西博之
松下賢次
渡辺正行
音声 ステレオ放送
オープニング 作曲:服部克久
エンディング 同上
テンプレートを表示

ザ・ベストテン』(英称:The Best Ten)は、1978年1月19日から1989年9月28日までTBS系列局で、毎週木曜日の21:00 - 21:54 (JST) に生放送されていたTBS製作の音楽番組。全603回放送。

1976年から1977年にかけて放送された『トップスターショー・歌ある限り』の後番組としてスタート。最高視聴率41.9%[1]を記録した。愛称は『ベストテン』『ベッテン』。第11回テレビ大賞優秀番組賞受賞[2]

目次

概要[編集]

毎週生放送で独自の邦楽ランキング上位10曲をカウントダウン形式で発表し、ランキングされた曲を歌手が披露する音楽番組である。番組名はその趣旨からそのまま付けられた。

総合週刊誌の『サンデー毎日』に本番組のランキングが掲載されていた時期がある(1978年4月〜1983年1月)。

ランキングの決定方法[編集]

レコード売り上げ(オリコンミュージック・ラボミュージック・リサーチの3社のランキングを使用)・有線放送リクエスト(全国有線音楽放送協会のデータを使用)、ラジオ放送のリクエストチャート(当番組のネット局25局のうち、ラジオ兼営局20局でのラジオ歌謡曲ベストテン番組の独自のチャートの総合ランキング)・番組に寄せられたはがきのリクエスト(番組冒頭で発表)を合わせたポイント制で決定。

番組開始時の配点比率は「レコード30:有線10:ラジオリクエスト20:はがきリクエスト40」とはがきのポイントが高く、レコードや有線で20位以内に入らない曲がベストテンに入ることもあった。だが、1979年2月に配点比率を「レコード30:有線10:ラジオ30:はがき30」に改めることがTBSから番組の中でなく週刊誌などを通じて周知された。これは「ハガキの筆跡が明らかに同じなのに名前が異なるハガキが多数見つかり、中には他人の名義を無断で借用するなど、一部ファンの組織票が目に余る状態になった」ことが理由とされている[3]

配点比率はその後も見直され、1981年頃から「レコード45:有線10:ラジオ21.9:リクエスト23.1」になり、1986年からは「レコード60:有線10:ラジオ10:リクエスト20」となったが、配点見直しの公式通知は無かった。TV番組の音楽ランキングにおけるレコード・CD売上重視の傾向は『ザ・ベストテン』終了以降も続き、『ミュージックステーション』のシングルランキングに至ってはランキングの内容はCD売上が100%もしくはほとんど100%となっている。

得点の計算方法は、各要素のランキング上位30曲に対し1位30点、2位29点…30位1点という形で得点を振った上で、前記の配点比率に従い合計が300点満点になるように倍率をかけ、最終的にその得点を加算してランキングを決定。番組では演出上の理由で33.33倍し9999点を満点として表示[4]。 公式な発表はないものの全盛期にはTBSに全国から毎週8万枚のリクエスト葉書が届いた。

番組構成・セット[編集]

ランキングは、当時世界各国の国際空港で出発・到着案内として用いられていた反転フラップ式案内表示機(正式英名ソラリーボード。通称:パタパタ、現在は撤去、後に『火曜曲!』で保管されている)をヒントに考案された「ランキングボード」を使って発表された。左側に前週の総合ベストテンの順位(オレンジ色で表示)、右側に今週の総合ベストテンの順位を表示(白色)し、10位から順番に発表する。「今週の第○位」という司会者の掛け声にあわせ、ティンパニーロールと同時に曲名と歌手名部分が回転、数秒遅れて得点部分が回転する。このランキングボードは、プロデューサー・演出の山田修爾が実際に羽田空港で見た案内表示板をヒントにして作製された[5]

歌手が登場する際は、オーケストラの演奏(10 - 2位と1位では登場音色が多少異なる)をバックに「ミラーゲート」を通って登場。1位の歌手がスタジオに出演した際、くす玉割りや様々なプレゼントをスタッフが用意することもあった。くす玉割りの紐は当初は司会者が引っ張っていたが、後期は1位を獲得した歌手が直接引っ張り、大量の紙吹雪風船紙テープの舞う中祝福した。

スタジオでの歌の演奏は、基本的にオーケストラによる生演奏であったが、末期はカラオケになることが多かった。セットは『ザ・ベストテン』ならではの独特の演出で、まれに意図がよく分からないものや歌とは全く関係のないものが登場したり、長渕剛など、歌手によってはセットは不要という歌手もいた。スタジオの構成は、『大きなスタジオの真ん中にランキングボード』(司会者とソファーが配置されたスペース)、『オーケストラセット』、『大掛かりなセット』というものであった。人気を二分した音楽番組、夜のヒットスタジオと比べて「カメラ」と「演出」の夜ヒット「オケ」と「セット」のベストテン、と呼ばれた[誰によって?]

第4位までの発表が終わると週によりランキング外の1・2曲をピックアップして「今週のスポットライト」というコーナーで紹介した。11 - 20位の曲もVTRで紹介され、出演者が少ない時には30位や50位からの発表もあった。

1980年代後半にはグループのメンバーの一部が別行動している際には、そのメンバーを他のメンバーがいる中継先の映像にビデオ合成するということも行われた。この時期になると歌手がミュージック・ビデオを作成しプロモーションに使うことが一般的になってきたが本番組では「木曜9時の放送時間に歌ってもらう」ということが番組のコンセプト(そのための追っかけ中継)であったため出演できない歌手のミュージック・ビデオを放送するという代替措置は原則としてなかったが、複数回ランキング入りした曲では欠席した際に過去の週の出演映像を流すことがあり、VTRには放送日のテロップを入れていた。

番組の最後には、出演者全員で集合写真を撮影し、その写真(番組中期以降は写真をジグソーパズルにしたもの)を番組宛てにリクエストはがきを送った視聴者に毎週抽選でプレゼントしたり、番組内でリクエストはがきが採用された視聴者には無条件でプレゼントするのが恒例だった。「ハイポーズ」の掛け声は主に第1位を獲得した歌手に振る事が多かった。なお、番組終了時にこれらの集合写真を本にまとめ、国立国会図書館および各都道府県立の図書館に寄贈した。ネットした各放送局も所蔵しているが、開局記念イベント等以外は非公開となっている。

年間ベストテン[編集]

番組が終了した1989年を除く毎年末に「年間ベストテン」、1981年からは6月に「上半期年間ベストテン」[注釈 1]を発表し、1988年には「月間ベストテン」も放送。1978年から1980年までは、年間ランキングでは得点は発表されなかった。年間ランキングの回が3時間の「豪華版」となって「年間ベストテン」を発表したのは1982年からでそれ以前は通常放送と同じく1時間枠内でその週のベストテンの後で放送しており、1978年は1位のみ、1979年は3位と1位、1980年は3位・2位・1位、1981年は2位と1位がスタジオで歌われた。

1986年1月には、1985年の歌手別年間ランキングが発表された。テロップと字幕での発表でランキングボードは使われなかった。なお、歌手別ランキングが発表されたのはこの年だけだった。

公開生放送[編集]

1983年11月10日は放送300回を記念して長崎からの生放送を行った。その後も節目の50回ごとにJNN系列のある全国各地を回る公開生放送を行った。放送地では地元をあげた盛り上がりで市長が登場するなどお祭り騒ぎとなる。

  • 1983年11月10日 - 300回記念 ザ・ベストテンin長崎
  • 1984年10月25日 - 350回記念 ザ・ベストテンin岡山
  • 1985年10月17日 - 400回記念 ザ・ベストテンin静岡
  • 1986年10月9日 - 450回記念 ザ・ベストテンin松本
  • 1987年10月1日 - 500回記念 ザ・ベストテンin仙台
  • 1988年10月6日 - ザ・ベストテン大移動・鹿児島編
※550回ではなく552回目に行われた。600回目である1989年9月7日は公開生放送は行われず、この回が最後となった。

歴代司会者[編集]

黒柳徹子は初回から最終回まで担当

1978年1月19日 - 1985年4月25日(第1回 - 第375回)
1985年5月2日 - 1985年9月26日(第376回 - 第397回)
1985年10月3日 - 1986年9月25日(第398回 - 第448回)
1986年10月2日 - 1989年1月5日(第449回 - 第565回)
1989年1月12日 - 1989年9月28日(第566回 - 第603回)

初回放送の前週に放送された『ザ・ベストテン前夜祭』(1978年1月12日)が黒柳・久米コンビの司会スタート。正式の最終回(1989年10月5日)は4代目の黒柳・渡辺・柄沢トリオが主に司会を担当した。

なお、上記の放送回数はランキング紹介を行ったレギュラー放送回についての通算回数を表記しており、この前夜祭と正規最終回の回数は含まれていない(これらを含むと通算放送回数は605回)。また、初代男性司会者の久米については前番組に当たる『トップスターショー・歌ある限り』のサブ司会を担当しており、それを含めたTBS木曜21時枠での通算司会期間は計9年7か月となる。

歴史[編集]

前史[編集]

当時のTBSでは、前番組である『トップスターショー・歌ある限り』の視聴率が振るわなかったことから、新しい音楽番組の制作を企画することとなった。当時TBSプロデューサーだった田中敦が当時の制作局長に「いい歌番組のアイデアがないのか」と聞かれ、その時「毎週、一番売れている人気曲を10曲並べてベストテン番組を作れば面白いかも。出来っこないですが…」と提案をし、制作局長も「そのアイデアいただき、やってよ!」と一発で快諾した[6]

当時のスタッフ内部では、「(当時流行し始めた)ニューミュージックの歌手はテレビ出演を拒否する者が多いため、客観性を持ったデータによるランキング方式では番組が成り立たない恐れがある」との理由から、番組スタッフの主観で出演者を選ぶ「キャスティング方式」を継続すべきとの意見が主にベテランスタッフを中心に根強く、「キャスティング方式ではニューミュージックの歌手などが取り上げられない」との理由でランキング方式を支持する若手スタッフとの間で意見が真っ二つに分かれた。結局当時の制作局長の裁定でランキング方式による番組の制作が決定したが、この対立のために当初1977年10月に放送を開始する予定であった新番組は3か月スタートが遅れ、1978年1月にスタートがずれ込んだ[7]。当時マネージャーであったプロモーターの大里洋吉は『ザ・ベストテン』のスタートは、キャンディーズの解散が密接に関係していると話している[8]

初代司会者の決定の経緯については、資料によって内容が異なっている。山田修爾の著書『ザ・ベストテン』によれば、最初にTBSの局アナウンサーだった久米が前番組から続投することが決まり、次に相方を女性とすることとなって黒柳がキャスティングされた。制作サイドでは西田敏行を加えた3人体制での司会を予定していたが、西田がスケジュールの都合がつかず、結局2人体制で番組がスタートすることとなった[9]。久米は当初『トップスターショー』を最後に音楽番組の司会から足を洗うつもりだったが、黒柳とのコンビが決まったことで音楽番組を担当し続ける気になったという[10]。しかし2013年9月27日放送の『中居正広の金曜日のスマたちへ』で紹介されたものでは、先に黒柳の起用が決まり、久米が中継リポーターを務めるTBSラジオの番組にゲスト出演していた黒柳が、もう1人の司会が決まっていない状況を知り、気に入っていた久米[注釈 2]の起用をスタッフに打診したとのものだった。なお、黒柳と久米は、番組開始前の1977年暮れに同じTBSの番組「第19回日本レコード大賞」で司会を担当し共演している。

前夜祭[編集]

初回放送の前週(1978年1月12日)に『ザ・ベストテン前夜祭』を放送。前半は、昭和43年 - 昭和51年の年間オリコン1位の楽曲を出演した歌手が持ち回りで歌唱。

後半は、レコード売り上げと有線放送のデータのみに基づいた1977年の年間ランキングを発表。テーマ曲はレギュラー放送と異なるアレンジで生演奏。

石川さゆりとさだまさしは欠席。8曲がスタジオで歌われた。

またゲストとして山口百恵桜田淳子殿さまキングス八代亜紀郷ひろみなど合計15組が出演した。「スポットライト」のコーナーもあり、日野てる子が「夏の日の思い出」を歌った。前夜祭ということもあり、番組は会場のTBSテレビ「Gスタジオ」にいくつかのテーブル席が設けられたお披露目パーティーのようなものであった。歌のセットは作られず、バンド前に全歌手が椅子に座っていた。ランキングボードは、本放送でのパタパタパネルではなく、手書きにより左側にオレンジ色の文字で過去の年間1位曲、右側に白文字で1977年の年間ベストテンが表示され、その前に置かれたソファーには黒柳・久米の司会者コンビが時々座っていた。歌手以外にも福田一郎などの音楽評論家・プロダクション関係者も出席していた。オープニングのテーマもおなじみの音楽ではなく全く違うものが使用された。視聴率は24%(21.4%とする資料もある[11])。

第1回放送[編集]

1978年1月19日に放送開始。放送時間は21:00 - 21:55。ここから週間ランキングを発表。

当時人気絶頂だった山口百恵の「赤い絆 (レッド・センセーション)」が惜しくも第11位・「秋桜」も第12位でのランキングにより登場出来ず、また4位にランク入りした「わかれうた」の中島みゆきはレコーディングを理由に生出演を拒否するなど、初回から順風満帆とはいかなかった。それでも視聴者からは正直なランキングの発表に評価があった。これは、黒柳が司会を引き受けるに当たり「番組の演出で順位を動かすことはしないで、正直な形で順位を発表してほしい」という条件を付けたことを守るためだったと言われている。実際黒柳は、後に対談で「ランキングが不正操作されていないかどうかを確認するため、総合ランキングの集計結果を毎週100位までチェックしていた」と語っている[12]

初回の「今週のスポットライト」はランキングとは無関係に懐メロとしてフランク永井松尾和子の「東京ナイトクラブ」。初回は1 - 10位は曲名と点数、11 - 20位は曲名のみの発表だったが、2003年12月31日放送の『ザ・ベストテン2003』でこの週の11 - 20位の点数、21位 - 30位の曲名と点数が初めて明らかにされた。

1978年 - 1984年[編集]

  • 1978年1月26日、放送第2回目で初の生中継。梅田コマから山口百恵が初登場。
  • 1978年9月7日の放送で7位にランクインした研ナオコの「窓ガラス」のバックバンドとして、アルフィーが出演(中継)。アルフィーの初登場は1983年9月8日なので、自身より5年早い出演となった[13]
  • 1978年9月28日は渋沢栄一を題材とした西田敏行と武田鉄矢主演の時代劇ドラマスペシャル『雲を翔びこせ』を放送したため休止したが、冒頭の5分間(21:00 - 21:05)を使い、ベストテンのランキングのみ発表された。
  • 1979年3月22日、視聴率が35.8%を記録。
  • 1979年4月5日、テレビ山口(当時TYS)への初ネットで防府市公会堂からの中継もされた。そこでライブを開催していたゴダイゴが「ガンダーラ」と「モンキー・マジック」を歌った。
  • 1979年4月5日と12日の放送で、西城秀樹の「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」が計算上の週間得点の最高である9999点を獲得。番組史上満点を獲得したのはこの曲のみである。
  • 1979年8月9日、パリからの衛星生中継。
  • 1979年10月25日、松坂慶子が「愛の水中花」で初ランクイン。初登場の歌手がサイン帳にサインを記す、その第1号となった。
  • 1979年12月20日、放送100回を達成。登場してくる歌手から黒柳は花束を贈られた。これまでで中継221回、TBSに寄せられたリクエストはがきが14万通以上などのデータが紹介された。
  • 1979年12月27日の「年間ベストテン」では、通常のベストテンではベスト3に入らなかった渥美二郎小林幸子がロングヒットにより年間ベスト3に入り(渥美は年間第3位「夢追い酒」、小林は年間第1位「おもいで酒」)、両者がスタジオで歌唱。渥美は通常のベストテンでは3週のランクイン、すべて10位であったが、8か月間ベスト30に入り、年間の高得点に繋がったことを久米が解説。第2位はサザンオールスターズの「いとしのエリー」。通常のベストテンでも7週連続1位獲得。
  • 1980年2月14日、「今週のスポットライト」に『3年B組金八先生』の主題歌である海援隊の「贈る言葉」が登場するのに合わせて、3年B組の生徒役一同がスタジオに応援に駆け付けた。
  • 1980年3月27日、竹内まりやが「不思議なピーチパイ」で10位で初登場した際、コンサートを行っていた大阪のフェスティバルホールより生中継された。また竹内がベストテンランクイン1000組目となり、その際スタッフより「初登場の記念に、何か贈り物をしたい」と竹内に提案したところ、「会場においてある公衆電話に、自分の写真を飾って欲しい」と答えた。本人の写真入りの公衆電話は、初登場した日に会場に贈呈され、数年間会場に置かれ、多くの人が利用した。視聴率が36.3%を記録。
  • 1980年9月25日、「青い珊瑚礁」がこの日2週連続の第1位となった松田聖子が、「さよならの向う側」で10位にランクされた山口百恵と、同番組では最初で最後の共演となった。さらに同日、「How many いい顔」が5位だった郷ひろみも出演、松田は郷と握手を交わしていた[14]
  • 1981年1月1日、『全国歌謡曲大調査、明治から昭和この百年!史上最大のベストテン』と称する特番が放送された[15]。本番組との関係は番組中うたわれず、番組の雰囲気も懐メロ大賞風と本番組とはかなり異なったが、通常の本番組と同じ時間帯(の拡大版)で放送され、番組の最後には翌週の本番組の予告が流れたことから、本番組のスピンオフ番組とみられる。
  • 1981年3月26日放送分より、TBSと一部のネット局でステレオ放送を開始。他局では1978年より『NTV紅白歌のベストテン』や『夜のヒットスタジオ』がステレオ放送に移行していたが、本番組は大変遅かった。これはTBSが、『8時だョ!全員集合』や『クイズダービー』などのバラエティ番組からステレオ化を行っていたためである。
  • 1981年6月18日放送で、寺尾聰が歌った「ルビーの指環」が、それまでの番組記録だった世良公則&ツイストの「銃爪」が記録した10週連続1位を更新する11週連続1位を達成。記念として寺尾には1位を記念した番組オリジナルの「ハイライト (タバコ)」がプレゼントされ、歌と当週出演者のお祝いメッセージを収録したゴールドディスクが作成された。記録は12週連続となる翌週まで続いた。
  • 1981年9月17日の放送で、最高視聴率41.9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録。久米宏が休養明けで司会に復帰したこの週の1位はイモ欽トリオの「ハイスクールララバイ」。また、この週に3位だった田原俊彦悲しみ2(TOO)ヤング」が、2位の松田聖子「白いパラソル」と相合傘をする演出があった。
  • 1981年11月19日、山本譲二の「みちのくひとり旅」が5週連続6位という珍事に、「1位記録よりも難しいでしょう」と本人も苦笑い。
  • 1981年12月3日、200回記念をパーティー形式で行い、これまでにランク入りした歌手が集合した。
  • 1982年1月21日、視聴率が36.5%を記録。
  • 1982年10月7日より、放送時間が21:00 - 21:54に変更(直後の天気予報枠の1分拡大に伴う[注釈 3])。
  • 1982年12月30日、「さよなら1982 ザ・ベストテン豪華版」を3時間に渡って生放送。その後年末の恒例となる。今週のベストテンの発表の他、視聴者からのリクエストによる出演歌手全員参加の「年忘れリクエスト企画」、1年間の番組を振り返る総集編「思い出の名迷場面集」、そして1年間にベストテンにランクインした曲の中から、総得点の高い100曲を発表する「年間ベストテン」を発表。特に上位10位内にランク入りした歌手には、歌手にゆかりの深い有名人や著名人がお祝いのゲストとして出演した。
  • 1983年11月10日 放送300回記念「ザ・ベストテンin長崎」中継を含めると8組の歌手が出演し、そのうち4組が特設ステージで歌を披露した。この週は杏里の「CAT'S EYE」がテレビアニメの主題歌として初めての1位となった週でもある。視聴率29.9%。
  • 1983年12月29日、「さよなら1983 ザ・ベストテン豪華版」を放送。視聴率39.7%。
  • 1984年8月23日、ミュンヘンからの衛星生中継。
  • 1984年10月18日放送では「秋のザ・ベスト展」と題してランクインした歌手による芸術作品が披露された。
  • 1984年10月25日、「ザ・ベストテンin岡山」を県営プールから生放送。
  • 1984年12月27日、「さよなら1984 ザ・ベストテン豪華版」を放送。視聴率34.4%。

1985年 - 1987年[編集]

  • 1985年1月10日、この回のみオープニングを生演奏しオーケストラ・コーラス・指揮者を紹介。オープニングが生演奏されたのは、この回と前夜祭の2回だけであった。
  • 1985年4月18日、司会の久米宏が翌週で『ザ・ベストテン』を降板すると発表。半年後の同年10月からテレビ朝日で『ニュースステーション』を担当するための降板だった。
    • 奇しくも同日に「天使のウインク」で8位にランクインで登場の松田聖子も、神田正輝との結婚と同時に本番組への出演を含めた一切の歌手活動を、しばらく休止することを発表していた。
  • 1985年4月25日、久米が番組を降板。視聴率は31.9%。
  • 1985年9月26日エンディングにて小西博之が2代目司会者となることを発表、翌10月3日より就任。エンディング時に紹介されていた。
  • 1985年10月17日、静岡日本平から「400回記念 ザ・ベストテンin静岡」を放送。静岡放送はラジオでも同時放送された。
  • 1986年春頃からテレビ番組出演を必要としないアーティスト系も常時ランキングされるようになり、出演拒否する歌手が毎回半数近くにのぼり、当初は「レコーディング中」「コンサート中」を理由にしていたが、松下が司会になって数週間後には「各方面との折り合いがつかず」という理由が使われるようになる。『ザ・ベストテン』はこの頃から徐々に視聴率を下げていった。
  • 1986年2月20日と、5月8日は10位から4位まで7曲とも女性一色の曲。
  • 1986年4月10日、第1位だった少年隊の「デカメロン伝説」の歌唱終了後、通常回ではエンディングで行う記念写真を先に繰り上げ、黒柳が「この後ちょっと皆様にお話が有りますのでそのままご覧下さい」と一旦CMに。CM明け、放送2日前の4月8日に自殺した岡田有希子の訃報に関し、黒柳は「18歳の有希子さんに、悩みを私達分かってあげられなくて本当に申し訳ないし、また残念に思っています。有希子さんの明るい笑顔と美しいお顔が、永久に皆さんの心に残る事を祈ってます」と、視聴者に対して涙ながらのコメントを述べる。ほか同日スタジオ出演の中森明菜・南野陽子西村知美らも悲痛な表情を浮かべていた。
  • 1986年8月21日、第10位にランクインした中山美穂を追いかけて新幹線から中継。米原駅では音声が聞こえないため歌えずそのまま列車は出発してしまい、その後名古屋駅での2分間の停車のうちに歌唱した。歌の後半には発車時刻となってしまったが発車後も音声をつなぎどうにか歌い切った。
  • 1986年8月28日、黒柳が水中ヨガを披露。当日KUWATA BANDで第1位にランクインした桑田佳祐に「成仏して下さい」と言われてしまう。
  • 1986年9月25日、小西博之が1年を区切りに司会を卒業すると発表。この日黒柳はアフリカに行っており、VTRで小西にメッセージを伝えた。数日後が小西の誕生日であったため、ケーキが用意され菊池桃子からプレゼントをもらった。
  • 1986年10月2日、3代目男性司会者の松下賢次が初登場。正式な司会初日にもかかわらず5組も欠席。
  • 1986年10月9日、長野県松本市あがたの森公園から、6000人の観客と共に「450回記念 ザ・ベストテンin松本」を放送。ランクインした中山美穂は放送終了30分前に到着の特急あずさで松本入りし、特設ステージで歌を披露した。
  • 1986年12月4日の1位、杉山清貴の「最後のHoly Night」は、ザ・ベストテン史上最低得点での1位(7559点)。
  • 1987年4月2日に通常より放送枠を30分拡大した「ザ・ベストテン延長戦」を放送。これはランキングを1位から順番に発表し、時間が許すまで11位以下もランキングを発表していくが、歌手が番組に関するクイズに正解しないと歌えない、という内容。この時西村知美(「シンフォニーの風」、16位)がクイズに連続して間違え(他の出演者は一発正解)、進行が止まってしまったため司会の松下賢次がわざわざ「マルか、バツか?」と正解を強調して言ったのにもかかわらず西村は「バツ?」と答えた。松下は、次の問題で「マルと言って下さい!!」と答えを教えていた。この日の19位は森川美穂おんなになあれ」。時間がギリギリまで迫っており、歌うことはできたが1番だけであった。20位の曲のみランキングボードが回らなかった。
  • 1987年4月16日、初ランクインした立花理佐は、黒柳の年齢の出題で「70歳くらい?」と発言したため、黒柳が困惑しつつ苦笑いするシーンがあった(当時黒柳の実年齢は53歳)。このことは、翌年3月最後の放送日の延長戦にてクイズ出題の題材として取り上げられた。
  • 1987年4月23日、ザ・ベストテン史上2回目の10組フル登場にも関わらず、TBSがストライキに突入したため、司会の当時TBSアナウンサー松下賢次は登場せず、代わりに彼を模した人形と事前に録音された音声がランキング発表を行った。
    • 同日、神田正輝との結婚後神田沙也加の出産・育児専念により歌手活動を休止していた松田聖子が、約2年ぶりのシングル発売となる「Strawberry Time」で、「今週のスポットライト」コーナーにて久々復帰出演を果たした。
  • 1987年5月7日、どうしても1位が獲れないとんねるずが5回目(3曲目)の2位獲得。5回とも1位の歌手が違うという珍記録。
  • この頃、黒柳が1987年10月から開始した22時台のニュース番組『ニュース22プライムタイム』のキャスター就任の打診を受けるも、共に生放送であるがゆえにベストテンの司会を降板しなければならず、「ベストテンの司会を続けたい」として断った[16]
  • 1987年7月23日、猛暑のため「少しでも涼しいところから放送したい」ということで芝ゴルフプールから生中継。司会の松下はプールに潜ってランキングを読み上げていた。
  • 1987年10月1日、宮城県仙台市勾当台公園より、500回記念「ザ・ベストテンin仙台」を放送。それまで労働基準法の関係からメンバー7人揃っての生出演が困難だった光GENJIが初めてフルメンバーで生出演、番組内では「都民の日のため出演が可能になった」と説明されたが、翌週以降もフルメンバーでの生出演は続いた。とんねるずがこの公開放送の回に出たさに、チャート初登場がこの回になるようにシングルの発売日を合わせたというエピソードも残っており、チャートインしなければもう歌わない、と『オールナイトニッポン』などでリスナーに脅しを入れていた。
  • 1987年10月8日、この週が10組フル出場した最後の回になった。またこの回と翌週15日は黒柳が番組を欠席、代わりに全国のJNN各局の人気女子アナウンサーがTBSに集合し、松下アナのアシスタントを務めた。当時独身だった松下の番組内でのお見合いも兼ねた。
  • 1987年12月24日、『さよなら1987 ザ・ベストテン豪華版』を放送。視聴率は26.7%。
  • 1987年12月31日、『10年間感謝ザ・ベストテン電リク祭り』を開催。過去の「ザ・ベストテン豪華版」のハプニング集・5周年記念に放送されたベストテンフェスティバルからの映像が多く使用された。スタジオにはC-C-Bクリスタルキング・桜田淳子・島田奈美・光GENJI・西村知美・寺尾聰らが集まった。また、『NHK紅白歌合戦』に出場できなかった南野陽子や酒井法子らも駆けつけた。中継先は、翌年3月で廃止される青函連絡船青森駅ビートたけしがテレビ朝日の生番組で草野球をしていた神宮球場などから。なお、VTR出演だが、ベストテンに2年7か月ぶりに登場した久米宏が『ニュースステーション』のセットからコメントを出した。この日、生歌を披露したのは光GENJI・寺尾聰・森川由加里・クリスタルキングの4組。放送時間の関係で光GENJIの歌唱中に終了。視聴率12.9%。
  • 番組の出演回数が200回を超え当時の番組出演最多記録を誇った田原俊彦に対して、寺尾聰の赤いソファーになぞらえた名前入りの青いソファーが贈られ、スタジオに置かれることになった。最終回まで246回と出演最多記録を伸ばした。

1988年 - 番組の終了[編集]

  • 1988年から各月の最終週に「月間ベストテン」開始。月間ベストテンに限り、歌われる曲すべてに歌詞のテロップが出た。ところが、1988年2月25日に池田政典の「FORMULA WIND」が通常のウイークリーで10位で初登場したものの、当日は月間ベストテンだったため事前にファンを招いてのスタジオ収録が10秒程度流れるも生歌唱ができず、翌週には圏外落ちしてしまった。その後は、月間ベストテン放送回で週間ランキングに初登場した歌手がいればトップバッターで歌わせる処置がとられた。
  • ランキングボードが老朽化のため制作費数千万円をかけてランプが円から星型になった新しいものに変更。得点の表示が4桁から6桁に増え、年間ベストテンの得点表示が可能になった。4桁時代のランキングボードは、1987年の豪華版終了後に視聴者プレゼントされた。実際に6桁全てを使用したのは計16回。
  • 1988年1月7日放送分から、オープニングの映像[注釈 4]と番組テーマ曲を新しいアレンジのものに変更された[注釈 5]。また、ゲスト席や上記のランキングボードなどメインセットがリニューアルされ、ランキングボードの隣にある中継映像を映すテレビモニターの上部に日付のテロップ(デジタル表示)が設置されるようになる。
  • 1988年3月31日、2回目の「ザ・ベストテン延長戦」を放送。この日は月間ベストテンという形での延長戦になった。しかし、クイズまでの映像が長すぎたこと、光GENJI諸星和己が黒柳を茶化して司会の邪魔をしたこと、出演しない歌手のクイズに黒柳が代理で答えるなど前年度より段取りの悪い内容のため、ランキング紹介が途中(17位)で終わる。17位は酒井法子の「GUANBARE」だったが、わずか20秒前後しか出演せず、歌唱披露すらできないまま放送終了となってしまった。そのため代替として、酒井は翌週の冒頭に中継出演で「GUANBARE」を歌唱した。この回で延長戦は廃止されたが、視聴率が初めて8%台にダウンとなった。
  • 1988年6月16日・23日の2週に限り、「私は黒柳」というテーマで黒柳のまねをした女性が松下と司会を進行。サザンオールスターズが3年ぶりに出演。
  • 1988年8月4日は、光GENJI・薬師丸ひろ子を迎えて箱根からの生中継。それ以外の歌手は、コンサート会場などからの中継。
  • 1988年10月6日、公開生放送は550回目ではなく、期首改編に合わせ552回目に「ザ・ベストテン大移動・鹿児島編」を放送。視聴率は鹿児島地区では70.5%を記録したが、関東地方では初の1ケタ(9.8%)。この年が最後の公開生放送になった。
  • 1988年11月11日の一部新聞で、1989年3月に「ザ・ベストテン打ち切り」という記事が掲載されたが、当時は一旦否定していた。
  • 1988年11月24日は、月間ベストテンの週で月間にランクインした歌手9組と、週間ベストテンで初登場1組の10組出場した。その為、司会の黒柳は喋る時間を限定されてしまっていた。
  • 1988年12月29日は、『さよなら1988 ザ・ベストテン豪華版』を放送。最後の豪華版放送となった。視聴率は16.1%で前年より10%以上下げてしまう。
  • 1989年1月5日には、オープニングから8位発表まで、久米宏が司会で登場。その後、生島ヒロシ・小西博之・草野仁チャック・ウィルソン・松下賢次が登場。この日が松下の最後の出演で、エンディングでは松下がくす玉を割り、全員で長渕剛の「乾杯」を歌唱。元号昭和の時代としては最後の放送となった。
  • 1989年になるとオーケストラ演奏を必要としないバンド系の歌手の増加で、オープニングにバンドが毎週いることがなくなり、オープニング時は歌手席のところに集合する形をとるようになった。
  • 1989年1月12日、4代目司会者としてコント赤信号のリーダー・渡辺正行と柄沢晃弘が登場。柄沢は基本的にデータの読み上げなどの補佐に回った。元号が平成になってからの最初の放送となった。
  • 1989年2月23日から毎回歌詞テロップ表示するようになる(それまで初登場時のみ)。
  • 1989年4月6日、ゲスト席がリニューアルされる。前週(3月30日)の放送分が特別番組で中止になったため、先週のランキングも発表した。4月のみ「春の秘蔵映像豪華版」と題して、歌手や視聴者のリクエストに答えて昔の映像を流すようになった。同じ頃、『夜のヒットスタジオ』でも総集編などの形式で過去の映像を流す機会が増えており、両番組でのこの措置は生歌だけでは視聴率が取れない時代に突入していたことを象徴する出来事でもあった。
  • 1989年6月29日 上半期年間ベストテンを放送。しかし今週のベストテンを含めてもスタジオには工藤静香、荻野目洋子、中継でWinkと3組しか出演しなかった。
  • 1989年7月6日放送の終了直前に黒柳徹子が、9月末をもって「ザ・ベストテン」を番組終了することを発表。終了理由としては、「番組開始当初は2分30秒の歌も、現在は平均3分30秒になり長いものは5分近くなっていき、10組フル出場してもらっても満足なインタビューをすることが困難なために、この番組も役目を果たした」との説明がなされる。この日スタジオ出演の田原俊彦・TUBE・少年隊・斉藤由貴・南野陽子・工藤静香らは神妙な面持ちで黒柳のコメントを聞いていた。次週から最終回まで、同番組のテレビ欄には「あと○週!」と表示されるようになる。

この時期になると少ない週ではランクインした歌手の出演が3 - 4組ということが多くなっていた。初登場の週のみ出演しその後辞退する歌手も増えたためフルで歌唱し時間を延ばしたり、3位発表前の20位から11位だった発表を50位から放送したり、スポットライトの歌手が毎週出演(多いときは2組)するようになった。全盛期のスピード感ある進行や番組出演者の一体感などの面影はほとんどなくなっていた。

  • 1989年8月24日、黒柳が欠席。渡辺が豪華に登場したいと希望したため、派手に登場。また、この回よりTBS初のクリアビジョン放送を開始、ただし、ネット局では通常放送。
  • 1989年8月31日、当番組の前に放送されていた木曜ナイター阪神vs巨人MBS制作)が長引いたため、番組最初にして最後の放送開始時間繰り下げとなる。[注釈 6]
  • 1989年9月7日の600回目には公開生放送は行われず、スタジオから12年間のベストテンを発表。1位は五木ひろしの「長良川艶歌」。
  • 1989年9月14日、「スポットライト」の最終回はC-C-Bが登場。解散直前でシングルメドレーだった。ZIGGYが最初で最後の出演。
  • 1989年9月21日、第1回目の映像を画面右下で小さく再放送。主音声では通常の生放送を、副音声では第1回目の音声を放送する方式がとられた。なお、歌手が歌っている時やCM中は再放送は流されず、その部分はステレオ放送。
  • 1989年9月28日、最終回を迎える。10組中5組がスタジオに登場、1組が中継、4組が欠席。欠席の竹内まりやからは電話があった。最終回の1位は工藤静香の「黄砂に吹かれて」。その後「ごくろうさま黒柳徹子さん」という文字と得点999,999点がランキングボードに表示され、12年間の感謝を込めて全員で黒柳を盛り上げた。最終回視聴率は20.4%だった。
  • 1989年10月5日に『さよならザ・ベストテン』を放送。歴代の司会者・登場歌手などが昔の映像を見返す。番組途中からは松山千春が初めてGスタジオに登場。また全国各地から出演した歌手からのメッセージも放送された。エンディングには、高田純次が翌週からの新番組の宣伝に登場。番組のテーマ曲に秋元康作の歌詞が付けられたスペシャル・ソングが発表された。

ハプニング・放送事故[編集]

毎年最初の放送の前にスタッフが「今年こそ迷場面集で笑いものにならないように誓います」と宣言するものの、生放送が故、うっかり裏方のスタッフが横切ったり、あるいは画面に堂々登場するといったトラブルやハプニングは多かった。下記に主なハプニングや放送事故を列記するが、「放送事故」に関してはその旨該当項目冒頭に記述する。

  • 1978年、世良公則&ツイストが「銃爪」の9週連続1位の際、「もう楽屋に誰もいないから」と、発表・コールされる前にスタジオに出てきてしまった。この時彼らは世良を乗せた神輿を担ぎ、「銃爪大明神」と大書した幟を押し立てての登場であった。
  • 1978年11月16日、松山千春が『季節の中で』で初出演した際に旭川市民文化会館からの生中継を行ったが、当初3分間の予定だったスピーチが長引き8分間に及んだため、その後に出演した山口百恵が歌う時間が無くなってしまい、記念撮影だけ参加した。ほかの出演歌手はこの措置に対し不快感を示したが、当時のプロデューサーである弟子丸千一郎が、テレビ出演もせず地道な活動でここまできた松山と、テレビの力で人気になった他の歌手との努力の差を示した上で、松山に対する特別措置に理解を示すよう訴え、事態を収めたという[17]
  • 1980年、長渕剛が中継先で「順子」の歌唱中に、そばにいた歌手仲間たち(桑名正博アン・ルイスら)に「あのー、済みませんが失恋の歌なので手拍子はやめてくださいませんか?」と言って演奏を最初からやり直した。
  • 1980年6月12日、スタジオの出演歌手に地方各地の視聴者が中継先から質問を受け付けるコーナーで、シャネルズ(後のラッツ&スター)に対し、ある青年が「黒人のくせに何でシャネルズ(フランスの高級ブランド名)なのか」と質問をした。メンバーの鈴木雅之はとまどいつつも「ブランド名が元になったのではない」と答えたが、その後CM明けに黒柳は「皮膚の色や国籍で“◯◯のくせに”と言うのは人種差別にもつながるので、そういう、人を見下すような言い方は絶対にやめて欲しい」と、涙ながらに注意を喚起した。またラッツ&スターになり、初の1位を獲得したあまりにその感激で、登場時に勢いよく飛び出そうとしてミラーゲートの回転ドアの中心部を強く押しすぎてドアが外れて前に飛んだこともあった。久米曰く「ちゃんと弁償していただいた」そうである。
  • 1983年1月13日、中森明菜がこの日「セカンド・ラブ」が5週連続で1位にランクイン。作曲者の来生たかおより祝福の電話が入り、来生から「今日は風邪で喉を痛めていると聞きましたが?」と心配されるも、中森は「大丈夫です」とコメント。しかし「セカンド・ラブ」の歌唱中、やはり風邪の影響からか急に声が出にくくなり、歌唱終了後に中森は涙を流した(当初スタッフは口パクでの歌唱を勧めたが、中森本人が「TVを見ている人に対して失礼だから」と拒否したとの事)。エンディングでの中森は、電話相手の来生や同番組の出演者らに気丈に笑顔を見せようとしながらも、悔し涙は止まらないままだった。番組終了後に黒柳は、中森に対して「良いお医者さんがいるの。(松田)聖子ちゃんにも教えているから、是非聞いてみて」と気遣ったという。
  • 1982年の豪華版で、スタッフの手違いで本来はスタジオの最上部に吊るされるはずの1位のくす玉が誤ってスタジオの下部に落ちてしまった。この週の1位歌手・中森明菜はくす玉を割って紙テープ・紙ふぶきをかぶるためにわざわざしゃがみこみくす玉に顔を突っ込んだらしく(このとき、くす玉は画面正面ではなく横向きであった)、翌年の年末豪華版でゲストコメンテーターをしていたビートたけしは「女便所をのぞいてるんじゃないんだから…」とコメントした。
  • 【放送事故?】1983年9月8日、アルフィーが南紀白浜ワールドサファリより生中継(曲はメリーアン)。しかし国内であるにもかかわらず衛星中継を行ったため、バックのカラオケと歌がずれた状態でオンエアされた。なおその際、オリの中で歌っていた(毎日放送千里丘放送センターの送出。追っかけマンは青木和雄)。
  • 1984年、杏里が「悲しみがとまらない」の歌唱中、側に座っていたチンパンジーに手を引っ掻かれ、その態度に吹き出した杏里はその後、笑いを堪えきれず歌えなくなってしまった。
  • 1984年12月13日、アルフィーが愛知県犬山市のファンの家に突然押しかけ「恋人達のペイヴメント」を歌うドッキリ企画を行ったが、当のファンは留守で、アポ無し企画ゆえにリハーサルでは使用できなかった撮影用ライトを点灯させた影響で機材の電圧が落ち、バンドセットが組めないために持ってきたカラオケテープが止まりそうになったために中継スタッフが指で回して再生、安定しない音質のまま曲の終了まで放送し散々な中継になってしまった。DVD『THE ALFEE ザ・ベストテン&ある日ィ突然! Complete edition 2000』にも収録されている(CBCからの中継。追っかけマンは小堀勝啓)。
  • 【放送事故】1985年に「夏ざかりほの字組」(田原俊彦と研ナオコ)の歌唱時、音楽が歌い手に聞こえなくなり、順番を後に回された。
  • 1985年、吉幾三が「俺ら東京さ行ぐだ」で「今週のスポットライト」に登場した際、1番の途中で歌詞をど忘れし、スタジオは大爆笑。初めからやり直した。ベストテンにランクインした週には、歌の前「景気づけに」と黒柳からすすめられた日本酒を飲んだところ、故郷の青森を思い出し涙ぐんでしまった。
  • 【放送事故】1985年9月19日、カール・ルイスがゲスト出演した回において番組進行が押してしまい、本来流すべきCMが放送できないという事態が発生した。この際、1分間の番組内CMを1回カットするべきところで、TBSマスター担当者のミスから番組内CMを2回分カットしてしまい、番組最後のCMにおいて、本来関東ローカルで流すべきCM4本を全国放送してしまった。
  • 1985年10月17日、「ザ・ベストテンin静岡」において、2位で登場したとんねるずに対して客席は総立ちに。とんねるずは客席から大井川の川越用の輿にのって登場するはずだったが、警備の不備なども重なり観客によって衣装がもみくちゃにされた。激怒した石橋貴明は生放送中にもかかわらず、ステージ上で観客に対して「ふざけんじゃねぇぞ!この野郎!!」「てめぇら最低だ!」などと罵声を浴びせ、身に着けている物を投げつけたりし、木梨憲武のフォローも構わず、「雨の西麻布」を怒鳴り声で歌った[18]。その態度に対し、番組宛に抗議が殺到し、翌週の放送で石橋が謝罪した。このシーンは2009年10月27日放送の「大日本名作ドラマ主題歌とくばんスペシャル」でも放送されている。その際の石橋の話によれば、当日は『夕やけニャンニャン』の収録後に静岡に向かい、時間の都合上、細かい打ち合わせやリハーサル無しに本番に突入してしまい、客席の中を渡る演出について不安を感じていたようである。
  • 1988年11月3日、南野陽子は3位にランクされた「秋からも、そばにいて」の歌唱の途中、歌詞の一部を忘れ出てこなくなってしまった。秋真っ直中を思わせる沢山の枯葉を敷いたセットで、南野はロングスカートの衣装で歩きながら歌っていたが、本人曰く「スタッフから『スカートで枯葉を散らさないように歩いて下さい』と言われ、無事ステージに辿り着いた途端、歌詞が飛んでしまった」との事。なお黒柳はその直後南野に、歌詞が掲載された台本を見せるため駆け寄ろうとしたが、スタッフに止められたという。その黒柳の行動を見た南野は思わず手を震わせ、歌い終えた後「どうもすみませんでした。ごめんなさい!」と涙ぐみながら頭を下げて謝った。この歌詞忘れのハプニングに、南野自身「あの瞬間に歌手生命が終わったと思った」と後に語っている。翌週の登場時、ファンから「失恋したのですか?」「体調が悪かったのですか?」等という南野を心配するはがきが届いたが、南野は「いえ違います、ただのど忘れです。済みませんでした」と笑顔でコメントした。
  • 番組スポンサーの1社が日立製作所だったにもかかわらず、シャネルズの「ランナウェイ」(パイオニアのラジカセ『ランナウェイ』CMソング)や徳永英明の「風のエオリア」(松下電器産業=現・パナソニックのエアコン『エオリア』CMソング)、Winkの「淋しい熱帯魚」(パナソニック[注釈 7]のヘッドホン・ステレオ『Sタイプ』CMソング)といったライバルメーカーのタイアップ曲がランクインしても、タイトルや歌詞を差し替えたりすることはなかった。しかしやはりスポンサーであるキリンビールに配慮し矢沢永吉の「THIS IS A SONG FOR COCA-COLA」(当時のコカ・コーラ社のCMソング)に限っては、ライバル社の社名を含むタイトルを表記できず、レコード売り上げランキングでは「(C.M.SONG)」と紹介された。「今週の20位から11位まで」のコーナー自体しばらく休止となった。また、番組スポンサーではない企業のCMソング(特に資生堂カネボウなどのような化粧品メーカーのCMソングが多かった)も番組内でランクインされていた。
  • C-C-Bは解散の際に、ベストテンの「スポットライト」に出演し解散についてのコメント及びヒットメドレーを披露しているが、1994年3月29日の同窓会IIで登場した時の黒柳の第一声は「解散した事知らなかったの〜」。

後日談[編集]

雑誌『REBOOT』(ソニー・マガジンズ)Vol.4(2007年12月号)「ザ・ベストテンの時代。」放送30周年目前特別対談[注釈 8]時に黒柳徹子が着用した衣装は第1回と最終回と同じだったことを明かされ、それを見た山田修爾は「不覚にも全く気付きませんでした。」と述べている。

2013年7月27日に放送された「久米宏 ラジオなんですけど」の冒頭のトークで久米はこの番組を「ノンフィクションの音楽番組である」と述べている[要出典]

これは番組をNHK連続テレビ小説あまちゃん』でパロディーにされたことに関連して述べたもので、久米をまねた司会者役で登場した糸井重里が、台本のようなものを持ち進行している様子を見て「私は台本を見て『ザ・ベストテン』をやったことが1回もない」と述べたうえで、「これまでの歌番組はあらかじめ台本が用意されており、台本通りの質問に、台本通りにゲストが答えるという体裁だった。これでは面白みがないので、スタッフや司会者(久米・黒柳)らの意見として、台本のないノンフィクションの要素を取り入れた番組にしたい」といっていた[要出典]

ランキング第1位[編集]

  • 1位最多獲得歌手は中森明菜で計69回。「ベストテンの女王」の異名がある。2位最多獲得歌手も中森である。
  • 先述のとおり、1位の歌手がスタジオに出演した場合には天井からくす玉が下ろされ、当初は司会者が、後期は1位の歌手が紐を引っ張ってくす玉を割り、大量の紙テープ・紙吹雪・風船が舞う中祝福した。
    • くす玉の紙テープや外観は基本的には金色一色が多く、グループでの場合はその人数分のくす玉が用意されたこともあった。光GENJIや少年隊といったジャニーズ事務所系列などのグループユニットのアーティストが1位になるとくす玉の数も多くなり、スタジオの天井が紙テープで埋め尽くされたこともある。
    • 少年隊が「仮面舞踏会」で1位に輝いた時はくす玉の外観が銀色、紙テープは五色のメタリックテープを使ったり、松田聖子が1位になった時には、中身はピンク色一色の紙テープのハート型のものや、割れたくす玉の中にもう一つ小さいくす玉が用意され2つとも割れるようになっている親子くす玉といったものもあった。
    • 中森明菜もくす玉には先述のしゃがんで割ったという例以外にも、特徴的なものが多い。
      • 禁区」で4週目の1位になった時、3週目の時に被った紙吹雪の量があまりにも多く顔に直撃したことで、視聴者から「あまりにもかわいそうだ」とする意見があり、そのことを踏まえて紙吹雪の量を減らしたことがあった。別の週の「北ウイング」で1位になった時、久米が欠席しおすぎとピーコが司会代役を務めた週には、ハート形のくす玉にサルの人形を添えたものがつるされたが、この時は紙テープだけ降らせて、紙吹雪は散らさなかったことがあった。
      • DESIRE -情熱-」で1位になった時には、和洋折衷という曲のイメージから、和紙折鶴を紙テープ代わり、さらに風船も紙風船で作った「和風くす玉」、あるいはこの曲が通算44週目の第1位の時に小さめのくす玉を44個割って、その垂れ幕に1位になった楽曲を書き記したもの
      • ジプシー・クイーン」での1位の時は梅雨の時期にちなみアジサイの造花を紙テープと共に吊るした。
      • fin」で通算50回目の1位の時には外観がジャケット写真のコピーと中森の名前が書かれた千社札を貼り付けて、「おめでとう!1位獲得50回」と書かれた垂れ幕(紙テープ無し)が掲げられた。
      • TANGO NOIR」では曲のイメージに合わせて、先述のジャケット写真コピーと千社札の張り付いたくす玉に赤と黒の紙テープや風船が入ったもの。
      • BLONDE」で1位になった時には、メロンの出荷シーズンにあわせて、外観がメロン、紙テープも黄緑色のものを割ったり、七夕に近い時期の放送では星型のくす玉なるもの(その前後に誕生日があり「誕生日おめでとう!!」と書かれた垂れ幕がつるされたものもある)が用意された。
    • 第1位ではなかったが、小泉今日子が「常夏娘」で第7位に初めてランク入りした1985年4月の放送では、歌を歌う時の演出でくす玉が多数割られた。
  • アルフィーには「星空のディスタンス」にちなんで「星型のタンス」がプレゼントされた。のちに探したものの、紛失していたらしい(後述のDVDにて発言あり)。
  • 1978年11月16日の放送では「季節の中で」で1位を獲得した松山千春が初めて番組に中継で出演し、歌う前にテレビに出演しない理由を語った後、「テレビで歌うのはこれが最初で最後」と言い、生ギターで歌を熱唱した。しかし3年後の1981年に「長い夜」がランクインし、コンサートビデオ映像を流す形で再び出演している(スタジオ出演、生中継は無し)。松山の1位獲得曲はこの2曲のみだが、「ルビーの指環」の12週・「銃爪」の10週という連続1位記録のNo.1・No.2を止めたのは、いずれも松山である。
  • 1981年6月18日、寺尾聰の「ルビーの指環」が11週連続1位新記録を記念して、前出の赤いソファー・タバコに加えて、出演者のお祝いの言葉を吹き込んだゴールドディスクがその場で制作されプレゼントされた。この時は通常の1位ファンファーレは使わず、特別なファンファーレを演奏し、またミラーゲートの入場口には「新記録11」と書かれた特別門が掲げられ、寺尾はその門からテープカットを行って登場した。この時はくす玉割りは行わず、天井から紙吹雪を散らし、出演歌手がクラッカーを鳴らして祝福した。この年、1981年度年間ベストテンでも第1位に輝き、この時は石原裕次郎が電話で祝福のコメントを寄せた
  • 1984年11月22日、小泉今日子の「ヤマトナデシコ七変化」が初の第1位にランクインし、小泉は翌年1月8日から始まるドラマ「少女に何が起ったか」の記者会見場から出演した。ところがそこへコント赤信号らが「あんみつ姫」の扮装で乱入し、歌と共に奇妙な踊りを踊ったため、小泉は笑いを堪えきれずに歌えなくなってしまう(因みにそれ以前でも「あんみつ姫」収録現場でやった事が有った)。曲が終わってから「バカヤロー!!」と小泉本人が発言した。たちまち同曲のリクエストを兼ねた抗議の葉書が届いたため、翌週の11月29日には第5位にランクダウンしてしまったが同曲を歌うべく出演した小泉の元へ赤信号らが現れて謝罪したが、またしても曲の最中に赤信号らが踊り出して小泉は歌えなくなった。このため翌週の12月7日にはさらに抗議の葉書が届いたが、結局この回には小泉が出演しなかったため、そのままなし崩しとなった。
  • 1985年4月4日、C-C-Bの「Romanticが止まらない」が通算100曲目の1位獲得曲になったのを記念して、100度数の記念テレホンカードがこれまでに1位を獲得した歌手全員(バンド・ユニットは人数分)に1位獲得曲の数だけプレゼントされた。
  • 1986年、年間チャート1位を記録したKUWATA BANDの「BAN BAN BAN」では、年間ベストテンにて出場した際のスタジオでの演奏を演奏前の司会者の「KUWATA BAND、年間ベストテン1位おめでとう!」とのメッセージ入りでゴールドディスクにライブ録音し、プレゼントされた。
  • 1988年2月、光GENJIの『ガラスの十代』が連続1位新記録を獲得するかどうかに注目が集まるムードとなっていたが、8週で止まり、翌9週目は中森明菜の『AL-MAUJ(アルマージ)』に1位を譲った。その際の出演時に諸星が『ちくしょう。こんばんは』と半ば笑みを浮かべながら登場した。その後くす玉を割る際に中森は『ごめんなさいね』と小声で言っていた。

番組終了後(特番など)[編集]

  • 1989年秋の放送終了後しばらくは、末期に提供していたスポンサーが夜10時枠に移行し、音楽番組『音楽派トゥギャザー』が放送されたが、同年12月に打ち切りとなった。
  • 1991年3月から1992年3月ごろまで、不定期で『思い出のベストテン』という30分番組を放送。ベストテンゆかりの歌手が毎回1組ゲスト出演し思い出を語る番組で、ゲストの「思い出の1曲」(自分以外のランクイン曲の中から挙げてもらっていた)[注釈 9]を含めたランクイン曲のVTRを見るほか、エンディングにはゲストが最新曲1曲を熱唱。司会は追っかけマンだった生島ヒロシ、2代目司会者の小西博之、元フジテレビアナウンサーの長野智子。15回あった放送のうち、長野はすべての回で司会を担当。ゲストには山本譲二、中森明菜、早見優、西村知美、原田真二本田美奈子チェッカーズWink関口誠人(元C-C-B)、アルフィーほかが出演した。基本的に関東地区のみの放送であったが、関東地区以外の一部の地域でも放送されていた。
  • 1991年10月2日には山田邦子と、フジテレビの『オレたちひょうきん族』のコーナーでパロディ版の「ひょうきんベストテン」の司会を務めていた長野智子が、司会の『今夜だけ!ご本家復活ザ・ベストテンスペシャル』を放送。田原俊彦・松田聖子・細川たかし・中森明菜・小泉今日子・工藤静香・中山美穂など豪華ゲストがスタジオで昔の映像を見ながらトークしたり、新曲を披露した。久米や黒柳からのVTRでの参加もあった。久米が「山口百恵のお尻を本当に触ったりお尻の肉もつかんだ」とのコメントもあった。
  • 1993年12月26日には『ザ・ベストテン同窓会』として2時間の生放送で復活。ゲストに中森明菜・五木ひろし・西城秀樹・河合奈保子柏原芳恵近藤真彦・光GENJI・少年隊らを迎えた。
  • 1994年3月29日にも『ザ・ベストテン同窓会II』を開催。ゲストに南野陽子・八神純子・世良公則・寺尾聰・C-C-B・荻野目洋子ゴダイゴを迎えた。また、1979年12月13日放送分の映像がダイジェストで放送された。
  • 1994年、『テレビの王様』の「ザ・ベストテン」特集で『ザ・ベストテン』のランキング集計は今(1994年当時)も行われていることが明らかになる。1993年11月25日放送分と思われるランキングも映され1位は長渕剛の「RUN」。
  • 1995年4月4日には『ザ・ベストテン復活版』を放送。司会は黒柳徹子・中山秀征。松下賢次も進行役で登場。杉山清貴西原俊次高島信二(現・Being)らオメガトライブの元メンバーの面々およびWinkなどが出演。スポットライトに内田有紀SMAP(中継で登場)。この回をもって指揮者の長洲忠彦は、復活版への参加を辞退。
  • 1997年12月28日には『ザ・ベストテン今夜だけの豪華版'97』を放送。司会は黒柳徹子・KinKi Kids。1997年の年間ランキングも1位から3位までではあるが発表された。1997年の年間3位はLe Coupleの「ひだまりの詩」、2位はKinKi Kidsの「硝子の少年」、年間の1位は安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」だった。
  • 1998年7月31日には『金曜テレビの星!サザン20周年緊急特番 バカさわぎの腰つき!!』にて、『ザ・ベストテン』を放送(サザンオールスターズは、スポットライトとして出演)。司会は、久米宏と黒柳徹子、ゲスト(サザンファン)は、爆笑問題スガシカオ森雪之丞岡本麗出川哲朗。コーナーは、名迷場面集・ライブ(「PARADISE」)・トーク。
  • 1998年12月30日には、『21世紀プロジェクト 年越し30時間生放送!!テレビのちから』の「とっておき映像永久保存版 20世紀名番組ベスト200」にて『ザ・ベストオブザ・ベストテン全12年栄光の奇跡』という1コーナーで放送され、1978年 - 1989年の主な曲紹介をした。20世紀名番組ベスト200では、番組最高視聴率の週に1位だったイモ欽トリオの映像が使われた。ナレーションは追っかけマンだった松宮一彦。
  • 2000年から2004年までは、12月30日に復刻版スペシャルを放送。ゲストがベストテン放映年の1978年 - 1989年および最近のヒット曲を歌うほか、ベストテンにまつわる秘密を検証する企画などで構成。司会は黒柳徹子と安住紳一郎。2000年は38時間特別番組『SAMBA・TV』で放送され、以後2001年より4年間、大型スペシャル番組『ザ・ベストテン(年度)』として放送。2003年までは午後7時からの4時間、2004年は午後9時からの2時間30分放送。復活版では久米もVTR出演していたが、2000年の中森明菜登場の時の激励の電話を最後に出演が無くなってしまった。
  • 2005年9月30日に、『ザ・ベストテン』特番のプロデュースをしている阿部龍二郎が手がけている番組『中居正広の金曜日のスマたちへ』の波瀾万丈スペシャルで、『ザ・ベストテン』番組を手がけていたプロデューサーの山田修爾(この日に定年退職)と『ザ・ベストテン』の歴史を振り返った。ゲストに黒柳徹子が出演し、安住の対談で久米宏もVTRで登場。この日の『金スマ』は特別にステレオ放送が実施された。
  • 2006年7月12日に、水曜日20時台に放送されていた『ドリーム・プレス社』で「復活!ザ・ベストテン!」として復活。CM前にも提供クレジットテロップで「ザ・ベストテン」と「ドリーム・プレス社」のタイトルロゴを併記して表示し、放送当時の流れを忠実に再現。
  • 2009年2月15日・2月22日に、TBSラジオ新井麻希 プレシャスサンデー』にて、「青春のザ・ベストテン リクエストスペシャル!」を放送。プロデューサーの山田修爾が出演(2月22日)。
  • 2009年3月11日に、『特バン!久米宏のテレビってヤツばっかり!?スペシャル』にて、旧Gスタジオがあった赤坂サカスACTシアター前で、1989年10月5日の『さよならザ・ベストテン』以来20年ぶりに、オープニングシーン(ザ・ベストテンコール)を行なった。
  • 2009年3月30日から9月24日まで放送された『サカスさん』にて、毎週木曜日に『サカス・ザ・ベストテン』としてコーナー復活した。司会は田中裕二西川史子。『ザ・ベストテン』を放送した1978年 - 1989年の中から毎週ある年代を振り返る。その中から毎週1組のゲストを当時使用していたミラーゲートで登場し、懐かしの歌をサカス広場の特設ステージで披露した。プロデューサーの山田修爾がセット監修。
  • 2009年4月18日に、TBSラジオ『久米宏ラジオなんですけど』に、黒柳徹子がゲストで生出演。番組冒頭から最後まで「全編黒柳徹子スペシャル」として放送。また、14時台後半には『ザ・ベストテン』の最多ランキング記録を持つ田原俊彦が飛び入り出演し、当時の『ザ・ベストテン』を振り返った。
  • 2009年4月23日に、『ひるおび!』にて『甦るザ・ベストテン 秘蔵映像公開』で、ひるおびセレクションとして、1984年までの曲を紹介した。また、「ザ・ベストテン伝説」として3つのデータ(連続1位曲/ルビーの指環、最多1位歌手/中森明菜、最多出演歌手/田原俊彦)をフリップで紹介した。
  • 2009年4月26日に、TBSラジオの特番『ラジオでザ・ベストテン!放送30周年!みんなの『ザ・ベストテン』大検証』を放送。進行役はTBSアナウンサーの小林豊。黒柳徹子、プロデューサーの山田修爾をスペシャルコメンテーターに、ファン代表として『サカスさん』木曜日司会の田中裕二(仕事スケジュールにより途中まで)、出演歌手の南野陽子が出演。また、新潟放送の追っかけウーマンの小原三永子、出演歌手の山本譲二、世良公則、岩崎宏美、杉村尚美、柏原芳恵、THE ALFEEの坂崎幸之助が電話出演。
  • 2009年7月20日の『はなまるマーケット』のコーナー、「クイズデイリーママダス」2009にて、ザ・ベストテンをテーマとして出題。
  • 2010年9月21日、21:00から放送した『爆!爆!爆笑問題大同窓会!伝説の人気番組からアノ大スター登場SP』にて、「ザ・ベストテン大同窓会」として、当時の思い出などのトークをした。出演は、浅香唯、国生さゆり、新田恵利、早見優、堀ちえみ、諸星和己 ほか。
  • 2013年6月23日、21:00からCSのTBSチャンネル1で放送した『タマネギ頭〜徹子さん初体験バラエティー〜』に、スペシャルゲストに久米宏が出演。黒柳徹子とのテレビ共演は、2009年3月以来約4年ぶりにゴールデンコンビが復活。この回のテーマは「結婚」。その中で、1982年3月11日放送の秘蔵映像が流れた。シュガーの「ウェディング・ベル」をバックに、久米と黒柳が新郎新婦で結婚式を行なうという設定だった。歌の最後の部分で結婚式に突然乱入し、花嫁を奪っていく役に沢田研二が演じた。久米と黒柳はその当時のことは記憶になく、覚えていないと証言した。
  • 2013年9月27日、『中居正広の金曜日のスマたちへスペシャル』で、黒柳徹子と久米宏をゲストに「ザ・ベストテンの真実」を放送した。
  • 2013年11月6日、TBSラジオ『たまむすび』第1水曜日コーナー『週刊ニッキ』にて、「ザ・ベストテン特集」を放送(ポッドキャストでは権利上の都合により割愛)。
  • 2014年5月29日、NHK教育テレビ『ミュージック・ポートレイト 黒柳徹子×加山雄三第2夜』にて、黒柳徹子が「ザ・ベストテン 心に残る1曲」として近藤真彦の「ギンギラギンにさりげなく」を選んだ。
  • 2015年4月4日、『TBSテレビ60周年特別企画 オールスター大感謝祭'15春』内で「ザ・ベストテンピリオド」と銘打ち、過去の名場面を放送したり、それにまつわるクイズを出題。番組には黒柳徹子がピリオドMCとしてゲスト出演[注釈 10]した。スタジオにはランキングボードやミラーゲートといった当時のセットを再現され、途中で「スポットライト」のコーナーも復活しAKB48がスタジオで新曲を生披露した。

『中居正広の金曜日のスマたちへ』でのベストテン[編集]

2005年9月30日の『中居正広の金曜日のスマたちへ』の「ザ・ベストテンの真相」でのランキング。

  • 第1位 西城秀樹「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)
    • 9999点を獲得
  • 第2位 ピンク・レディー「UFO
    • 同番組のスタジオに出演したことは覚えているが、あまりに忙しすぎたため「久米さん・黒柳さんに会ったことは覚えていない」と語った。
  • 第3位 キャンディーズ「微笑がえし
    • 解散した後であるにもかかわらずベスト10内にランクイン、メンバーの旅先である外国から国際電話で出演していた。なお当時は国際電話の通信事情が悪かったため、通話を確保するために出演するまでの間、番組スタッフが24時間を通して電話を切らずに話し続け、その電話代が数十万円もかかったという。
  • 第4位 シャネルズ「ランナウェイ」
  • 第5位 松山千春季節の中で
    • それまでテレビ出演を拒否していたが、視聴者からのリクエストが殺到して1位になったことと、プロデューサーの山田からの必死の説得で出演を承諾してくれた。
  • 第6位 小泉今日子「夜明けのMEW
  • 第7位 松坂慶子愛の水中花
  • 第8位 郷ひろみ「マイレディー
    • 5週連続1位であったが同曲のランキング発表直後の郷は、隣のスタジオでドラマ(家路〜ママ・ドント・クライ)の撮影中であったためにすぐに出演できなかった。数分後にようやく郷はスタジオに登場し、この時は通常の1.5倍ほどテンポを速くして、ぎりぎりワンコーラスを歌いきった。
  • 第9位 大川栄策さざんかの宿
    • 『ザ・ベストテン』出演時は、実家が家具屋を営んでいるのにちなんで毎回タンスかつぎをしていた。
  • 第10位 松田聖子「青い珊瑚礁
    • 羽田空港に到着した全日空機のタラップ上から中継する際に、8位のランキング発表に時間を合わせるため、全日空や空港の管制室に直接電話して談判し協力を得て、滑走路を遠回りするなどして時間調整に苦労した[5]
  • 番外編1位 中居正広ガラスの十代」※点数は0点
    • デビュー前の下積み時代に、光GENJIの「ガラスの十代」のバックダンサーとして中居が出演していた映像が披露された。

中継[編集]

歌手が地方や海外に行っていてスタジオに来られない場合でも、“追いかけます、お出かけならばどこまでも”を売りに、当時TBSアナウンサーだった松宮一彦生島ヒロシJNN各局のアナウンサーが「追っかけマン」「追っかけウーマン」として登場し、TBS系列各局の協力を得て、現地からの歌唱を中継披露するのも恒例行事であった。

初登場の松田聖子は羽田空港に到着後すぐランプエリアで歌い、その後甲子園から梅田へ向けて走る阪神電車の車内で歌ったり、『スチュワーデス物語』撮影中の堀ちえみが、日本航空スチュワーデスの服装で(すなわち、撮影用の衣装のまま)成田空港のハンガー内に駐機しているボーイング747の機内で歌ったり、郷ひろみが熊本駅に停車中で出発間際の特急おおよど肥薩線経由、宮崎行きで現在廃止)に乗車し乗降デッキで歌っている途中でドアが閉まり発車した事、近藤真彦と田原俊彦が原宿表参道のど真ん中を走るオープンカーの上から中継したり(これは後日、「ひょうきんベストテン」において片岡鶴太郎松本竜介によって真似されることになる)、斉藤由貴がNHK連続テレビ小説はね駒』出演中、収録の合間を縫ってNHKの駐車場に簡易セットを組み立てて歌ってもらうなど、変わったシチュエーションでの中継も多かった。

新幹線での移動途中の中継は番組でよく行われ、静岡駅名古屋駅新大阪駅での停車時間帯を狙った中継も多かった。特に静岡駅や名古屋駅では停車時間が短いこともあり、歌の途中でドアが閉まり、そのまま発車してしまうことも幾度かあった。移動途中での中継は「新幹線から下車してホームで歌う」「停車時間に合わせてデッキから歌う」というパターンが多かったが、「駅周辺のビルから新幹線の車中で歌う歌手を撮影」という今では考えられないような中継もあった。田原俊彦(「ピエロ」1983年3月31日放送、名古屋駅停車中)や小泉今日子(「迷宮のアンドローラ」1984年8月16日放送、静岡駅停車中)、中森明菜(「十戒-1984-」1984年8月23日放送、姫路駅停車中)などがこのパターンだったが、田原のケースでは唄っている途中に列車が出発してしまい、小泉のケースでは本人はどこから撮影しているか最後まで分からないようであった。

コンサートで地方に行っている歌手が、終了後に近くの名所から中継することも多く、沢田研二グラバー園から、松田聖子松本城などからの中継もあった。名所だけでなく、渥美二郎営業先である山形キャバレーのステージから、また欧陽菲菲中山美穂は郵便局の中といった、変わった場所からの中継もあった。

国内中継での珍しいパターンとしては、東名高速道路を車で西に移動中だった田原俊彦と中森明菜が、いったん高速を降り、静岡インターチェンジ至近にあったSBS本社から中継で歌うというものもあった。しかし田原の方は番組放送時間中にSBS本社へ到着できず、放送終了後何とか到着したところで、SBS本社に見物に来たファンへのサービスおよび翌週放送分の素材として収録を始めたが、マイクロ回線の使用予約時間を過ぎてしまい、曲の1番を歌い終えたところで回線は途絶えてしまうというハプニングもあった。田原の中継では温泉の男湯から行ったものもあった。これは直前にジャニーズ系タレントのイベントで将棋倒し事故が起こったことから、「女の子のいないところから中継しよう」と言う判断に基づいたものであった。

海外からの中継も多く、杏里のホノルルのレコーディングスタジオからの中継、近藤真彦のハワイ沖の豪華客船からの中継、徳永英明ニューヨークからの中継、一風堂ロンドンリヴァプールからの中継(イギリスのロックバンド・JAPANとの共演)、灼熱のアリゾナ州の砂漠の真ん中でパラシュートを背負った沢田研二が「TOKIO」を熱唱した一件などがある。当時政情が不安定だったカンボジアでロケ中だった南野陽子を追いかけてソ連の支援で建てられたプノンペンの放送局から中継したこともある。

司会の黒柳が夏休みを取り海外に行っている場合は音声や映像でスタジオと繋いで司会をした。出演歌手がスタジオに来れない場合はスタジオ、黒柳、歌手と3次元中継も行われた。1984年8月23日の放送では黒柳と久米が休暇でドイツに行っていたため、二人がミュンヘンから衛星中継で司会を行った。

少年隊はオーストラリアアデレードから生中継を行ったが「ABC」(1988年1月28日放送・同年1月月間ベストテン4位、週間10位)を歌唱中に、現地のテレビ局の電波と中継用の衛星回線が混線したのが原因で、突然現地のドラマの映像が流れ出す、といったハプニングがあった。この時の司会の松下は、少年隊が歌っていた時にソファーで横になっていたが、すぐさまオーストラリアのドラマの映像(中年の男性が映っていた)に対して「この方はオーストラリアの大変有名な俳優さんでございまして、日本の森繁久彌さんのような非常に重厚な演技で知られております」とアドリブで解説を入れた[要出典]

追っかけの対象は歌手だけでなく司会である黒柳にも及んだ。これは番組開始時に、黒柳が司会に就任する条件の一つとして「毎年海外旅行に行くので2 - 3週間の夏季休暇が取れること」を挙げ、番組側がこれを受諾したことが遠因。しかし番組制作側としては要の一人である黒柳を3週間も欠くことは大きな痛手であると考えたため、結局黒柳の旅行先である海外までスタッフを派遣し衛星生中継で黒柳を出演させた[19]。黒柳を追いかけての衛星生中継は1978年のニューヨークに始まり[20]オスロパリなど毎年夏の恒例となり、1984年には久米も一緒に海外に飛び出してミュンヘンからの生中継を行った。

当番組が始まる以前には、『TBS歌のグランプリ』でも不定期に全国各地からの中継を行っていた。

追っかけマン・追っかけウーマン(中継リポーター)[編集]

代役司会[編集]

代役司会として多くのタレント・文化人が様々な形で登板した。特に1985年の久米降板から小西博之決定までの間は、黒柳のパートナー不在のため代打司会を多く起用している。久米宏は、2代目の司会に番組初期からいた松宮一彦の起用を望んでいたが、久米の後釜というプレッシャーから松宮が辞退したため、1985年5月から9月までなかなか正式な司会が決まらなかった。

松下賢次はTBSの労働組合ストライキのため番組を欠席したことがあるが、このときは代理司会を置かず、スタジオには頭に鉢巻、肩に襷をかけ、右手にマイクを持ったタキシード姿の松下の等身大の人形が置かれた(1987年4月23日放送)。

一貫して司会を務めた黒柳も、1984年にユニセフ国際親善大使に任命されてから会議や視察のため年に1 - 2回ほど番組を欠席しており、その際は男性司会者が単独で司会をすることが多かったが、特別に代理司会を立てることもあった。

  • 代役司会の最初とも言うべきはタモリで、1981年2月5日に久米宏の代打として登場。久米明とのコンビ登場(1983年8月25日)などその後もさまざまな形でベストテンに登場した。
  • 1984年2月16日、久米の代役でおすぎピーコが登場した。(放送時間内に314通の苦情、励まし、質問が寄せられた)
  • 1984年8月16日、黒柳が夏休みのため所ジョージが登場。1位の中森明菜に自作の「お祝いの歌」を贈っていた。所は1998年から2000年までフジテレビ系列局で放送された『MUSIC HAMMER』でも同様に1位の歌手に「お祝いの歌」を贈っていた。
  • 1984年8月30日、久米の休みのため桂文珍が登場。この日、石川秀美が「熱風」(第9位)を横浜のレストラン「ドルフィン」から、田原俊彦が「顔に書いた恋愛小説」(第3位)を東京都内から、松田聖子が「ピンクのモーツァルト」(第2位)を長崎NBC長崎放送社内から、それぞれ中継で歌った。
  • 1985年5月16日、久米退任後のお助け司会者として武田鉄矢が登場。サポートは松下賢次。
  • 1985年5月30日、渡辺徹が登場。
  • 1985年6月13日、近藤真彦が登場。
  • 1985年6月20日、木内みどりが登場。サポートは松下賢次。
  • 1985年7月25日、草野仁・森本毅郎といった当時TBS(JNN)系列の平日朝の顔となった2人も黒柳と3人体制で司会を勤めたことがあった。後に草野・黒柳は1986年から放送されている『世界・ふしぎ発見!』でも共演している。サポートは生島ヒロシ。
  • 1985年8月8日、中村雅俊が登場。
  • 1985年8月15日には終戦の日にちなんで小沢昭一が登場。スポットライトに歌手としても登場し「ハーモニカ ブルース」を披露。
  • 1985年9月19日、カール・ルイスの「スポットライト」登場時にケント・ギルバートチャック・ウィルソンが登場。両名は当時直前番組『世界まるごとHOWマッチ』(毎日放送制作)の隔週交代によるレギュラー解答者だった。
  • 1987年6月11日、黒柳がソビエト連邦出張のため田中裕子が登場。
  • 1987年12月10日、松下が読売ジャイアンツの優勝旅行に同行取材のため板東英二が登場。
  • 1988年4月7日、松下がマスターズゴルフ実況による海外出張のため高田純次が登場。その後黒柳・高田コンビは後番組『音楽派トゥギャザー』でコンビを組む。1位の歌の後に兵藤ゆきと「CHANCE!心ときめいて」を披露。スポットライトが、1位の後に歌う異例な措置。
  • 1988年9月1日、松下が出張のため森末慎二が登場。なおこの回の「3位」・「2位」・「1位」は、金メダリストの森末に因んで、「銅メダル」・「銀メダル」・「金メダル」と言っていた。
  • 1988年9月8日、松下が全米オープンテニスのため井上順が登場。井上は、1973年3月から1974年9月まで同局で放送された歌謡番組『火曜歌謡ビッグマッチ』以来の黒柳との共演だった。
  • 1988年12月1日、黒柳がユニセフ会議のため楠田枝里子諸星和己が司会を担当し、松下が補助に回った。この回がタレントや歌手が代理司会した実質最後の回である。

1989年からは、柄沢晃弘が欠席の時には、ベストテン特派員の吉本多江が代理出席する程度。1月5日放送のみ歴代の司会者の一部が登場した以外は通常の司会者が務めた。最終回直前になると、黒柳・渡辺・柄沢・吉本の4人で司会進行する回がしばしばあった。

番組担当の歴代オーケストラ[編集]

オーケストラのセットは開始から中心が「10」の文字となっておりその「0」の中にギターとピアノ演奏者の2名を配置していたが、1981年3月26日の放送からステレオ放送対応とともに円形になり4名に増員された。この時にランクイン曲の多様な伴奏に対応するためシンセサイザーが導入された。

この「0」と同じデザインが歌手の足元にも配置されておりソロ歌手はその中心で歌っていたが、オケ前でもセットや多彩な照明演出が行われるようになったため、使用は番組開始すぐの司会者のトーク時のみで1987年ごろから歌唱シーンには使用しないようになった。

夜のヒットスタジオ(1985年4月のリニューアルから管楽器7名削減)、ミュージックステーション(1987年10月から廃止)など1980年代後半になるとオーケストラの生演奏を必要としない歌手が増えたことを理由にオーケストラの人数を縮小、または廃止したにもかかわらず、本番組では設置されない週が増えたものの縮小や廃止されることはなかった。これは、音楽監督の判断で削減という処置は一切とられなかった。

基本は35名編成(管楽器13名、弦楽器14名、ピアノ1名、ドラム1名、シンセサイザー1名、ベース1名、パーカッション1名、コーラス女性3名)

オーケストラメンバーは基本的に白のジャケット、黒のパンツで女性は白のドレス姿だった。曲のイメージによって中森明菜が「SAND BEIGE -砂漠へ-」でランクインした際は全員がアラビア風のクーフィーヤをつけたり、南野陽子が「話しかけたかった」でランクインした際は詰襟学生服を着て演奏したりと、番組に花を添えていた。

  • 原信夫とシャープス&フラッツ - 1978年のみ数回担当。
  • 宮間利之&ニューハード - 前夜祭・初回から演奏を担当。1993年・1994年ベストテン同窓会も担当。
  • 高橋達也と東京ユニオン - 1984年6月28日・1986年よりニューハードと隔週で交互に担当
  • 岡本章生とゲイスターズ - 1984年7月5日・2006年の復活版担当。
  • GTサウンド - 弦楽器担当
  • クリエイトサウンド - 弦楽器担当
  • 指揮:長洲忠彦 前夜祭から最終回まで担当、またスペシャル版、1995年の同窓会「春の豪華版スペシャル」でタクトを振る。
    • 長洲忠彦欠席時は、高橋達也・宮間利之が担当
    • 2000年からの恒例のザ・ベストテンからは小野寺忠和に交代
    • 2006年の復活版は岡本章生が担当
    • 2013年の金スマでは、作曲者の服部克久が担当

番組専属のオーケストラが設置されなかった回[編集]

300回目(IN長崎)・350回目(IN岡山)・400回目(IN静岡)・450回目(IN松本)・500回目(IN仙台)・1988年4月21日・1988年6月23日・1988年7月28日・1988年8月4日・1988年8月18日・552回目(IN鹿児島)・1989年1月5日・1989年2月23日・1989年4月20日・5月4日・5月18日・6月8日・6月15日・7月20日・1989年8月3日・1989年8月10日・1989年8月17日・1989年9月14日

ランキング・出演データ[編集]

年間ベストテン第1位獲得曲[編集]

年度 曲名 歌手名
1978年(昭和53年) 銃爪(ひきがね) 世良公則&ツイスト
1979年(昭和54年) おもいで酒 小林幸子
1980年(昭和55年) 倖せさがして 五木ひろし
1981年(昭和56年) ルビーの指環 寺尾聰
1982年(昭和57年) 北酒場 細川たかし
1983年(昭和58年) 矢切の渡し 細川たかし
1984年(昭和59年) 長良川艶歌 五木ひろし
1985年(昭和60年) 悲しみにさよなら 安全地帯
1986年(昭和61年) BAN BAN BAN KUWATA BAND
1987年(昭和62年) 追憶 五木ひろし
1988年(昭和63年) 抱きしめてTONIGHT 田原俊彦

第1位に関するデータ[編集]

1988年の月間ベストテンで第1位になった曲[編集]

  • 1月 - ガラスの十代光GENJI
  • 2月 - ガラスの十代(光GENJI)
  • 3月 - 乾杯長渕剛
  • 4月 - パラダイス銀河(光GENJI)
  • 5月 - パラダイス銀河(光GENJI)
  • 6月 - 抱きしめてTONIGHT(田原俊彦
  • 7月 - Diamondハリケーン(光GENJI)
  • 8月 - Diamondハリケーン(光GENJI)
  • 9月 - 人魚姫中山美穂
  • 10月 - MUGO・ん…色っぽい(工藤静香)
  • 11月 - 剣の舞(光GENJI)
  • 12月 - とんぼ(長渕剛)

16週以上ベストテン入りした曲[編集]

8週以上第1位を獲得した曲[編集]

9800点以上で第1位を獲得した曲[編集]

100週以上ベストテン入りした歌手[編集]

同週2曲以上のランクインの場合1曲=1週とカウント(公式本:別冊ザ・テレビジョン ザ・ベストテンの「ランクイン総週数ランキング」データに準拠)

10曲以上ベストテン入りした歌手[編集]

10週以上第1位を獲得した歌手[編集]

3曲以上第1位を獲得した歌手[編集]

初登場で第1位を獲得した歌手[編集]

ベストテン入りしながらも一度も出演しなかった歌手[編集]

レベッカ山下久美子は『夜のヒットスタジオ』には1度も出演しなかったが、この番組には数度出演した。

出演状況に変化のあった歌手[編集]

番組初期によく出演したが、後半になると出演拒否に近かった歌手。1980年代後半になると出演拒否が目立つようになる。この番組だけに限らず、同じランキング形式の番組である『ザ・トップテン』やその他歌番組などでも似た現象が見られた。

山口百恵
1980年2月21日の「愛染橋」まではランクインすればほぼ毎回登場していた。しかし、1980年3月7日に三浦友和との婚約と同時に芸能界引退を発表、次の「謝肉祭」のランクイン辺りから、休暇や映画ロケ等の理由で出演辞退が多くなる(欠席時にはVTR放送の対応などもあった)。その後「ロックンロール・ウィドウ」の時は中継で数回出演しただけで、スタジオ入りはしなかった。そして最後のランクイン曲となる「さよならの向う側」では、10位だった1980年9月25日の一度のみスタジオ出演してフルコーラスを歌ったが、これが山口の最後の『ザ・ベストテン』登場となった(その同日の1位は当時「ポスト百恵」と言われた松田聖子の『青い珊瑚礁』)。それから山口は同番組に一切出演せず、1980年10月15日をもって完全引退。なお、1980年11月19日リリースの「一恵」は最高位13位に留まり、ベストテン入りは成らなかった。
郷ひろみ
1982年「哀愁のカサブランカ」が10週連続『ザ・ベストテン』入りしたが、郷自ら「愛する自分の曲に順位付けをされたくない」という理由でランキング番組への出演辞退を宣言。この曲以降の1982年「哀しみの黒い瞳」、1983年「素敵にシンデレラ・コンプレックス」、1984年の「2億4千万の瞳」の3曲がオリコンではベストテン入りしたものの、『ザ・ベストテン』には3曲共10位以内にランキングされなかった。 この出演辞退の件については、後日放送された『中居正広の金曜日のスマたちへ』でのベストテン企画における郷本人への直接インタビューにおいて、本人の口から語られた。ただし郷は後年の復活特番には出演している。
出演拒否を表明した当時、郷が所属するバーニングプロダクション関係者や同事務所と関連の深いフジテレビ系の『夜のヒットスタジオ』のスタッフの意向に従って出演拒否を表明したとする説も囁かれていたが、同じ系列の『8時だョ!全員集合』や『ミュージックフェア』(フジテレビ)など他の非ランキング形式の音楽番組では、いかにバラエティーの色が強い番組であっても率先して出演し、新曲を披露し続けていることから、純粋に郷自身や彼に近い関係者らの音楽に対する考え方の変化の現われとして出た発言と見る向きが現在では一般的となっている。郷の出演拒否は1980年代前半のことで、当時は大きな話題になった。
竹内まりや
1980年に「不思議なピーチパイ」が「今週のスポットライト」で初出演、その後も同曲がランクインされた時には、毎回ベストテンのスタジオに出演していた。しかし、1982年に山下達郎との結婚後は、家庭と育児に専念するという本人の意向により、ベストテン以外の音楽番組も含めて、テレビ出演は一切行なっていなかった。同番組の最終回放送となった1989年9月28日、竹内自身9年ぶりに「シングル・アゲイン」で8位にランキングされた際も、スタジオへの生出演はしなかった。但し黒柳徹子との電話インタビューには応じており、自身の近況を報告している。
サザンオールスターズ
1978年から1984年まではランクインすればほぼ毎回出演していたが(1980年から1981年まではランクイン無し)、1985年頃からランクインされても徐々に出演回数は少なくなった(約3回程度披露したらあとは登場無し)。KUWATA BAND時代も同様であったが、「スキップ・ビート」「MERRY X'MAS IN SUMMER」を同時期にヒットさせた時には、ツアー時期と重なった事からスタジオ出演こそ1週のみだったが、中継には積極的に出演し計6週出演した。また、年末の豪華版(年間ランキング発表時)にもスタジオ出演している。 1989年にランキングされた最後のランクイン曲「さよならベイビー」は1度も披露されず、1988年8月25日にランクインした「みんなのうた」のVTR出演が最後になった。なお、最後の出演より約10年後となる1998年7月31日に『金曜テレビの星!サザン20周年緊急特番 バカさわぎの腰つき!!』にてサザンオールスターズのみが出演する「ザ・ベストテン」を再現。司会は久米宏と黒柳徹子を起用し、番組出演時の名迷場面集やトーク、当時を再現した番組セットをバックに「PARADISE」を披露した。また、サザンファンを公言するミュージシャン・お笑い芸人・タレントもひな壇ゲストに登場(岡本麗スガシカオ出川哲朗爆笑問題森雪之丞)。
松田聖子
1985年4月18日の「天使のウィンク」まではほぼ毎回出演していたが、その後「ボーイの季節」のランクイン時は、神田正輝との結婚を機に歌手活動を休業しており、一度も登場しなかった。歌手活動を復帰してからも、家庭やコンサートを優先したために出演拒否に近い状態となる。1987年4月、結婚・出産後初のシングルとなる「Strawberry Time」では『今週のスポットライト』で約2年ぶりに同番組のスタジオへ登場し、また同曲が1位獲得した際など数回出演していた。だが、それ以降は1988年4月28日に「Marrakech〜マラケッシュ〜」で4位に初ランクイン時の1回のみ登場したのが、レギュラー放送のラスト出演になった。但し、1989年10月5日放送の『さよならザ・ベストテン』に久々の生出演を果たし、その場で松田自ら同番組の放送終了を惜しむコメントを述べている。また後年の復活特番にもほぼ毎年出演しており、実娘のSAYAKA(神田沙也加)と登場したこともあった。
おニャン子クラブ
1986年春頃から当時ブームのおニャン子クラブやそのメンバーは毎回3組ほどランキングされていたが、徐々に出演辞退(拒否)が増え、1986年7月31日から1987年4月2日まではメンバー(グループ卒業後の出身者も含む)が一切出演しなくなった。一方で、同じランキング番組の『歌のトップテン』にはスケジュールが許すかぎり、積極的に出演していた。
これは『ザ・ベストテン』側とおニャン子クラブを抱えるフジテレビ側とのランキングに関しての見解の相違が原因。おニャン子クラブと『夕やけニャンニャン』が重視していたオリコンチャートでは、1986年にシングル1位を獲得した計46曲中、おニャン子クラブ関係が計30曲・全52週中の36週にも及んでいたが、同年中の番組では新田恵利冬のオペラグラスが1986年1月30日に2位(8699点)「恋のロープをほどかないで」が二週連続で最高位3位を獲得した以外は4位からその下のランキングがほとんどであった(『歌のトップテン』では2位まで行った曲が多く、全般的にベストテンよりも上位の傾向)。
一方、『ザ・ベストテン』では、順位を決定する点数計算が前述の通り、レコードの売り上げ枚数やオンエア回数、リクエスト数に比例した点数ではなく、各項目の順位を基に点数をつけていたため、特にレコード売り上げのみに特化して他の項目で下位に甘んじることが多かったおニャン子クラブは、この点数計算方法によりレコード売り上げ枚数で他に差をつけて点数を稼ぐといったことができず不利であった。当時、おニャン子クラブのマネージメントはフジテレビの番組スタッフが行なっていたが、このような不利な状況で他局の番組にわざわざ出演させるのはスタッフの負担・コスト面から見ても馬鹿馬鹿しいとフジテレビプロデューサー・石田弘が判断したことから、このような事態になった。
『ザ・ベストテン』では「今日も河田町変なマークの陰謀で、おニャン子は出演できません」と揶揄したが、対するフジテレビも『夕やけニャンニャン』の中で、TBSのプロデューサーは東大出身、石田は日大出身だったことから「東大・日大戦争勃発!」と笑いを取っていた。また、松下賢次が「フジテレビのニュースは大嫌い!」と発言し、週刊誌に書かれるほどの反響を集めた。
一切の出演辞退が解禁された1987年4月2日以降もたびたび出演辞退は起こり、1987年5月28日にうしろ髪ひかれ隊の「時の河を越えて」が第9位にランクインされたときに出演が決定し、歌に合わせたセットやダンサーも用意されていたが、放送2日前に土壇場でキャンセルという事態が起こった。仕方なく、ザ・ベストテン側は、若手女性スタッフたちによる代役(番組内では「ベストテンリハーサルガールズ」と呼称)による歌唱という異常な措置を敢行し、松下は憤慨したコメントを出した。
しかし、おニャン子クラブの看板番組だったフジテレビ『夕やけニャンニャン』が1987年8月で番組終了、おニャン子クラブも同年9月をもって解散。その後元おニャン子クラブの女性歌手達はザ・ベストテンへ通常出演。なお元おニャン子クラブの関連の曲が1位になるのは、グループ解散から一年後の1988年9月に工藤静香によって達成され、同番組最終回の1位も工藤だった。
長渕剛
1987年「ろくなもんじゃねえ」以降は、1988年2月18日に「乾杯」が第8位に初ランクインしたときに登場し3月3日にも出演したがそれ以降は1988年12月1日の「とんぼ」まで出演拒否を続けた。この間に1曲ランクインしたが1度も披露されることはなく、最後のランクイン曲「激愛」も披露されなかった。長渕側は「乾杯」以降は、「ランキングされた曲が1位になったら、一度だけ出演する」という意向を示していたため、1位を獲得した「とんぼ」の時は、最初の一回だけ出演した(長渕が主演したTBSのドラマ『とんぼ』の主題歌でもあった)。その後復活特番には一切出演していない。
杉山清貴、1986オメガトライブ、菊池桃子
1987年の半ばに当時の所属事務所(トライアングルプロダクション)が提携関係だったバップ日本テレビとの関係を優先したため、この時期は全く出演が無かった(同時期の日本テレビ『歌のトップテン』には出演していた)。1988年になると杉山は出演するようになり、菊池はラ・ムー1986オメガトライブは改名したカルロス・トシキ&オメガトライブとして出演した。

ベストテンで1位を獲得しながらも番組では一度も歌われなかった曲[編集]

他界後に初のベストテン入り[編集]

ベストテン入りし出演が一度のみの歌手[編集]

  • 清水健太郎(1978年1月26日、「泣き虫」)
  • 甲斐バンド(1979年3月15日、「HERO」)※NHK-FMで当時甲斐よしひろが担当していた『サウンドストリート』の公開収録会場(東芝EMI第1スタジオ)からの生中継。インタビューは行われず、ランキングされた順位(3位)の放送時間に合わせ、会場から「HERO」が歌われた。なお、会場では生中継されていることは告知されなかったが、曲に入る前に甲斐が観衆に向かって「TBSの連中が〜」という旨の発言をしている。
  • 南佳孝(1981年4月2日、「スローなブギにしてくれ」)
  • 松任谷由実(1981年10月8日、「守ってあげたい」)
  • 忌野清志郎+坂本龍一(1982年3月25日、「い・け・な・いルージュマジック」)
  • RCサクセション(1982年8月5日、「サマーツアー」)
  • 一世風靡セピア(1985年8月22日、「風の唄」)※ランクインしていた時期はすべて欠席。
  • 池田政典(1986年9月25日、「ハートブレイカーは踊れない」)※「FORMULA WIND」で初のランクインも「月間ベストテン」の日で生出演できず(先述)
  • 渡辺満里奈(1987年4月23日、「マリーナの夏」)
  • 守谷香(1987年6月18日、「予告編」)
  • 久保田利伸(1988年4月28日、「You Were Mine」)※スタジオでの出演ではなく、コンサートをビデオ収録したものを放送した。尚、初登場のサインは行なっている。
  • 小川範子(1989年3月23日、「桜桃記(ひとひら)」)※「永遠のうたたね」では"スポットライト"で出演している
  • BE∀T BOYS(1989年6月15日、「誰よりもLady Jane」)※THE ALFEEとしては頻繁に出演している。

オリコンで1位を獲得しながらもベストテンでは10位以内に入らなかった曲[編集]

オリコンで10位以内(1位除く)を獲得しながらもベストテンでは10位以内に入らなかった曲[編集]

オリコンで5位以内に入らなかったがベストテンでは1位を獲得した曲[編集]

オリコンで10位以内に入らなかったがベストテンでは10位以内に入った曲[編集]

オリコンで20位以内に入らなかったがベストテンでは10位以内に入った曲[編集]

ベストテンで10位以内に入らなかったが、年間ベストテンでは10位以内に入って初めて披露された曲[編集]

ベスト3から翌週圏外へ[編集]

2週以上ランクインしたが、1度しか披露されなかった曲[編集]

スポットライトでの披露は除く。

2週以上ランクインしたが、1度も披露されなかった曲[編集]

CD・レコードが発売されていないのにスポットライト出演した曲[編集]

いずれもジャニーズ事務所所属タレントで、レコードデビューはしていないが、ビデオという形で楽曲が発表されていたため、「スポットライト」として出演。『ザ・ベストテン』ではレコードデビューしていなくてもランクインできたため、少年隊が出演した翌週、少年隊の楽曲がはがきのランキングで10位になったことがある。

フルコーラスで披露された曲[編集]

「10位から1位まで発表し、ランク入りした出演歌手はすべて歌を披露」という大前提があったため、フルコーラスを披露させるという措置はなかなか行われなかった(歌唱時間は原則2分30秒 - 3分であった)。

10組フル出場した回[編集]

1982年3月11日(これ以前に複数回あり)・1982年6月10日・1982年6月17日・1982年7月1日・1982年7月22日・1982年12月9日・1983年1月6日・1983年1月13日・1983年3月24日・1983年4月21日・1983年7月7日・1983年9月15日・1983年9月29日・1983年10月6日・1983年12月15日・1983年12月22日・1984年3月15日・1986年2月20日・1987年2月26日・1987年4月9日・1987年4月23日・1987年10月8日(これ以後はなし)

ネット及び中継担当局[編集]

※系列は放送当時のもの

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 東京放送 TBS系列 制作局
現:TBSテレビ
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ
岩手県 岩手放送 現:IBC岩手放送
宮城県 東北放送 放送当時TBS系列局の無かった山形県の中継も担当
福島県 福島テレビ フジテレビ系列 1983年9月29日打ち切り
1983年3月まではTBS系列とのクロスネット局[注釈 14]
テレビユー福島 TBS系列 1983年12月8日よりネット開始
山梨県 テレビ山梨
長野県 信越放送
新潟県 新潟放送
静岡県 静岡放送
中京広域圏 中部日本放送 現:CBCテレビ
石川県 北陸放送 放送当時TBS系列局の無かった富山県と現在も系列局の無い福井県の一部の中継も担当
近畿広域圏 毎日放送 現在もTBS系列局の無い福井県の一部と徳島県の中継も担当
岡山県
→岡山県
香川県
山陽放送 1979年3月までの放送エリアは岡山県のみ
1979年4月より相互乗り入れに伴い香川県でも放送
鳥取県
島根県
山陰放送
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口 1979年4月5日からネット開始
1987年9月まではフジテレビ系列とのクロスネット局
高知県 テレビ高知
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送

スタッフ[編集]

同時期に放送された他局の音楽番組[編集]

  • 全国歌謡ベストテン(文化放送) - 1962年から35年間にわたって放送された邦楽専門音楽番組。電話リクエスト、はがきリクエスト、レコード売上、選定委員会順位の4要素で決定されるランキング形式は、『ザ・ベストテン』に大きな影響を与えた。
  • トップテンシリーズ(日本テレビ) - 1969年から1990年まで日本テレビの月曜20時枠で放送された音楽番組シリーズ。
    • NTV紅白歌のベストテン - 『NHK紅白歌合戦』の雰囲気をそのまま毎週茶の間に届けるとのコンセプトでスタート。日本テレビでその後続く『トップテン』シリーズの礎を築いた。
    • ザ・トップテン - 1969年より12年近く続いた『紅白歌のベストテン』が『ザ・ベストテン』人気を背景として完全チャート形式番組にリニューアルする形で1981年にスタート。5年間続いた後、1986年春に『歌のトップテン』に改称。『ザ・ベストテン』とはランキング決定方式が若干異なる。
    • 歌のトップテン - 『ザ・トップテン』に続き放送。『ザ・ベストテン』終了から半年後に終了し、これによりトップテンシリーズの歴史は幕を閉じた。
  • 夜のヒットスタジオ(フジテレビ) - 1970年代末から1980年代にかけて『ザ・ベストテン』と共に音楽番組の「両雄」として君臨。ランキング形式ではなく、歌や歌手の個性に焦点を当て、海外アーティストや女優・男優などをも網羅する総合音楽番組としてベストテン番組主流の中でも異なるカラーを打ち出した。歌の無いインストルメンタルのFUSIONバンドも出演している。
  • ビッグベストテン(フジテレビ) - 『夜のヒットスタジオ』のスタッフを中心として金曜20時枠で放送。しかし、二番煎じの線が否めず半年で終了した。
  • 夢のビッグスタジオ(テレビ朝日) - 『ザ・ベストテン』後の木曜22時枠で放送した、『夜のヒットスタジオ』形式の歌番組。司会は、『ザ・ベストテン』で久米の代理司会を担当した事が有るタモリ西田敏行となった。ところが、第1回終了直後に西田が「スケジュールが合わない」のを理由に降板を表明(西田は過去、『ザ・ベストテン』の代理司会を「スケジュール」を理由に辞退したことがある)。仕方なく西田のコーナーは別撮りとし、2・3週女優を西田の代理にした後、当時局アナウンサーだった古舘伊知郎を後任にさせたが、かえって視聴率を悪くさせてしまい、遂に6回でプロデューサーの皇達也が降板し、タモリ・古舘・西田も後追い降板して、番組は8回で打ち切りとなってしまった(ラスト2回は、佐々木正洋南美希子が代行した)。皮肉にもその後、古舘はフリー後に『夜のヒットスタジオ』の司会を担当、タモリも『ミュージックステーション』の司会を担当し、双方とも人気となる。また、西田はしばらく歌番組の司会をしなかったが、2008年に『誰も知らない泣ける歌』の司会を担当した。
  • ザ・ベストヒット'83(テレビ朝日) - 『ビッグベストテン』と同じく模倣番組の一つ。ホテルの広間を会場とした公開生中継で、全体の雰囲気をディナーショー風に仕立てていた。
  • ザ・ヤングベストテン(テレビ東京) - アイドル系の楽曲のみランクインした。

パロディ[編集]

12年間の番組データ[編集]

その他[編集]

当時の人気やゴシップなどの影響から、松田聖子田原俊彦の関係には非常に注意が払われ、番組セットの待機席でも二人が隣り合わないように席を決めたほか、新聞でも二人の名前を並べて掲載しないよう配慮が行われていた[24][注釈 17]

ランキング形式のため、演歌や年配の歌手はランクインすることが少ない傾向があったが、スポットライトのコーナーには淡谷のり子、美空ひばり、島倉千代子、北島三郎などの大御所も出演していた。

番組制作費は年間で約1億円の赤字だった。番組自体は非常に高視聴率であり、スタッフの間では社長賞を期待する意見も多かったが、当時の社長から「年間いくら赤字を出しているのか考えてから言え」と一喝されてしまったという。結局社長賞は番組10周年の際に「10年間お疲れ様」の名目で出されたのみであったとのこと[25]

黒柳が1980年 - 1983年までNHKNHK紅白歌合戦』の紅組司会に起用されたのは、本番組の影響も大きかったとされる[26]

2013年、スタッフとして番組を支えてきた山田修爾が8月28日に、弟子丸千一郎が10月27日に相次いで他界した。

注釈[編集]

  1. ^ 「上半期ベストテン」が意味としては正しいが、番組ではこのように表現
  2. ^ 黒柳は当初、久米の顔を知らず、声の印象から太ったコメディアンのような人物だと思い込んでいた。ある日、偶然からスタジオのすぐ外の(ガラス越しに見える)部屋へと入ってきた久米を、ラジオ番組のメインMCを務めていた永六輔がゲストの黒柳に紹介したことにより、黒柳は久米の外見を知ることとなった。
  3. ^ TBSを除く在京キー局では、1975年10月よりゴールデンプライム両タイムのスポット枠を5分から6分に拡大したが、TBSは引き続き5分を継続、そして7年後の1982年10月にスポットタイムを6分に拡大した。
  4. ^ それまで、番組開始から使用されていたオープニング映像は、ピンクレディー日本武道館コンサートから使用(1988年1月7日放送 オープニングでの松下の発言から)。
  5. ^ 変更当日である1988年1月7日放送では、新しいオープニング映像と番組テーマ曲の紹介、さらには司会者(黒柳・松下)の新年の挨拶を兼ねて、珍しくアバンタイトルで放送された。
  6. ^ 当時のTBS系列のナイター中継は水・金・日曜日が主で、木曜日にナイター中継を行うのは非常に稀だったが、水曜・日曜の放送権が腸捻転の名残で原則としてABC(テレビ朝日系列)にあること、木曜日20時台がMBS制作枠だったこと、木曜日に中継機会の多い読売テレビ(日本テレビ系列)の編成の都合等を考慮した措置である。これ以前に木曜ナイターを直前枠で放送した際には、番組内で速報を伝えていた。
  7. ^ ちなみに1989年当時は松下電器産業の国内向け音響・映像機器ブランド、および白物家電を含む海外市場向け家電製品の総合ブランドとして展開していた。なお、松下電器産業がパナソニックに社名変更したのは2008年10月1日である。
  8. ^ この対談のノーカット版は、山田修爾・著『ザ・ベストテン』に収録(単行本・文庫版とも)。
  9. ^ 一例として、山本譲二の場合「自分の「みちのくひとり旅」と同時期にランクインしており、思い出深い」という事から、石川ひとみの「まちぶせ」を挙げていた。
  10. ^ 黒柳自身は『感謝祭』に、『日立 世界・ふしぎ発見!』からの参加者として出場した事がある。また2013年春にもピリオドMCと出演した。
  11. ^ 1983年12月8日に、開局を記念して「今週のスポットライト」がTUF本社前からの中継にて行われ、小柳ルミ子が「お久しぶりね」を歌唱した。追っかけウーマン担当は桑折久子。
  12. ^ ただし、田沢湖からのチェッカーズの中継は岩手放送が中継し、アナの水越かおるが中継リポーターを担当した。
  13. ^ 石田が関与しない部分では良好な関係を維持し、特に石田との関係が良くなかった横澤彪の班は収録中に中継部隊の立ち入りを許可する等本番組に協力的な姿勢を取っていた。また、同様に石田と距離があった王東順も特に本番組を敬遠していなかった。
  14. ^ 1983年4月に福島テレビはフジテレビ単独系列になったが、1983年4月 - 9月の間は視聴者保護のため番販扱いで放送した。1983年10月 - 11月の間は福島県では未放送だったが、1983年12月1日にテレビユー福島の開局に伴うサービス放送開始により福島県での放送が再開した(正式には開局後の12月8日)。
  15. ^ 服部自身による、CX系放映ドラマ『兄弟刑事』のメインテーマをアレンジしたものである。
  16. ^ これがのちに大人気特番になる『歌がうまい王座決定戦』の元祖になる。
  17. ^ また黒柳も番組内で新聞片手に言及したことがある。

出典[編集]

  1. ^ http://www.videor.co.jp/data/ratedata/junre/02music.htm
  2. ^ 公開トークショー 第9回 人気番組メモリー「ザ・ベストテン」レポート”. イベント案内. 放送番組センター. 2015年7月2日閲覧。
  3. ^ 山田修爾 『ザ・ベストテン』 ソニー・マガジンズ、2008年、21-22頁。ISBN 9784789733724
  4. ^ 山田 2008, pp. 18-19
  5. ^ a b Pen阪急コミュニケーションズ)2016年5月15日号 p.68 - 71「一世風靡したザ・ベストテンとザ・トップテン」
  6. ^ 田中敦 『こんなテレビ界を知っているか』 ベストセラーズ1983年1月ISBN 9784584004913
  7. ^ 山田 2008, pp. 13-16
  8. ^ 大里洋吉 (2006年3月20日). 【大里洋吉・アミューズ会長】日本は映画、演劇文化の振興に鼻くそ程度のカネしか出さない. インタビュアー:日経ビジネス編集部. 日経ビジネス, 日経BP社.. http://business.nikkeibp.co.jp/free/tvwars/interview/20060317005439_print.shtml 2010年8月5日閲覧。 
  9. ^ 山田 2008, pp. 46-47
  10. ^ 山田 2008, p. 239
  11. ^ 山田 2008, p. 12
  12. ^ 山田 2008, p. 235
  13. ^ 火曜曲!. TBS. 2012年12月4日放送.
  14. ^ ザ・ベストテン2003. TBS. 2003年12月30日放送. "番組を振り返るVTRより(松田聖子と山口百恵の共演シーンのみ)"
  15. ^ [1] 番組は放送ライブラリーで視聴できる。また、調査結果は『歌謡曲ベスト1000の研究』という本にまとめられている。
  16. ^ 山田 2008, pp. 205-208
  17. ^ 山田 2008, pp. 116-120
  18. ^ なお『雨の西麻布』は、3日前(1985年10月14日)に日本テレビ系で放送された『ザ・トップテン』でもランクインしている。
  19. ^ 山田 2008, pp. 52-56
  20. ^ 山田 2008, pp. 85-94
  21. ^ 山田 2008, pp. 165-166
  22. ^ オレたちひょうきん族』のベストテンパロディ「ひょうきんベストテン」には第1位獲得時に出演している
  23. ^ 山田 2008, pp. 172-174
  24. ^ 山田 2008, pp. 103, 255
  25. ^ 山田 2008, pp. 183-184
  26. ^ 合田道人 『紅白歌合戦の舞台裏』 全音楽譜出版社、2012年12月3日

関連項目[編集]

ラジオ総合ベスト10にデータを提供していた番組(記事化されているもののみ)[編集]

○印は、担当DJが追っかけマンも兼任していた番組。

関連書籍・CD・DVD[編集]

書籍

  • ザ・ベストテン A photographic record of our days(東京放送、1989年発行)
  • 別冊ザテレビジョン ザ・ベストテン〜蘇る!80'sポップスHITヒストリー〜(角川インタラクティブ・メディア、2004年発行、980円。ISBN 4048944533
  • 山田修爾『ザ・ベストテン』(ソニー・マガジンズ、2008年発行、1,680円。ISBN 9784789733724)、(新潮文庫、2012年 ISBN 978-4-10-136341-7

CDザ・ベストテン (コンピレーションCD)も参照のこと)

  • ザ・ベストテン 1978-79(ソニー・ミュージックダイレクト 2009年4月22日発売 2,500円 MHCL 1500)
  • ザ・ベストテン 1980-81(ユニバーサル ミュージック 2009年4月22日発売 2,500円 UICZ-8052)
  • ザ・ベストテン 1982-83(ビクターエンタテインメント 2009年4月22日発売 2,500円 VICL-63297)
  • ザ・ベストテン 1984-85(ポニーキャニオン 2009年4月22日発売 2,500円 POCA-02894)
  • ザ・ベストテン 1986-87(ポニーキャニオン 2010年6月23日発売 2,500円 POCA-03049)
  • ザ・ベストテン 1988-89(ユニバーサル ミュージック 2010年6月23日発売 2,500円 UICZ-8071)
  • ザ・ベストテン 歌謡曲編 1978-85(コロムビアミュージックエンタテインメント 2009年4月22日発売 2,500円 COCP-35547)
  • ザ・ベストテン 歌謡曲編2 1978-89(コロムビアミュージックエンタテインメント 2010年6月23日発売 2,500円 COCP-36227)
  • ザ・ベストテン スポットライト編(ソニー・ミュージックダイレクト 2009年4月22日発売 2,500円 MHCL 1501)
  • ザ・ベストテン スポットライト編2(ソニー・ミュージックダイレクト 2010年6月23日発売 2,500円 MHCL 1619)
  • ザ・ベストテン リクエスト編(ビクターエンタテインメント 2010年6月23日発売 2,500円 VICL-63405)
  • ザ・ベストテンレゲエ(OCTAVE 2011年11月2日発売 2,200円)※週間ランキング第1位獲得曲の中から選曲された、レゲエ・アレンジによるカバー・アルバム。

DVD

  • ザ・ベストテン&「ある日ィ突然」complete edition 2000(THE ALFEE、2000年12月21日発売)
    • アルフィーの出演した映像を収録。VHSもある。
  • ザ・ベストテン 山口百恵 完全保存版 DVD BOX(山口百恵、2009年12月16日発売)
    • 山口百恵のランクイン・出演した全122回からミラーゲートの登場シーン、トーク、歌の映像を7時間収録。
  • ザ・ベストテン チェッカーズ -永久保存版-(チェッカーズ、2011年3月16日発売)
    • 1984年から1989年にランクインした全20曲、トーク等を収録した5枚組。
  • ザ・ベストテン 中森明菜 プレミアムBOX中森明菜、2012年3月28日発売)
    • 1982年から1989年にランクインした22曲の映像をまとめたDVD-BOX5枚組。
  • キャンディーズ メモリーズ FOR FREEDOM(キャンディーズ、2015年11月4日発売)
    • 1978年にランクインした2曲を収録。

参考文献[編集]

  • 『ザ・ベストテン A photographic record of our days』 東京放送、1989年 
  • 『別冊ザテレビジョン ザ・ベストテン〜蘇る!80'sポップスHITヒストリー〜』 角川インタラクティブ・メディア、2004年ISBN 4048944533 
  • 山田修爾 『ザ・ベストテン』 ソニー・マガジンズ、2008年12月25日ISBN 9784789733724

外部リンク[編集]

TBS系列 木曜21時台
前番組 番組名 次番組
ザ・ベストテン
(1978年1月 - 1989年9月)
愛し方がわからない
(ここからドラマ再開)
TBS 木曜21:54 - 21:55枠
トップスターショー・歌ある限り
(21:00 - 21:55)
ザ・ベストテン
(1978年1月 - 1982年9月)
【1分縮小して継続】
日本列島あしたのお天気
(21:54 - 22:00)
【天気予報枠1分拡大】