そして僕は途方に暮れる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
そして僕は途方に暮れる
大沢誉志幸シングル
収録アルバム CONFUSION
B面 FREE WAYまで泣くのはやめろ
リリース
規格 シングル
録音 アルファスタジオ
パワー・ステーション
ジャンル ポップス
時間
レーベル EPICソニー
作詞・作曲 銀色夏生、大沢誉志幸
プロデュース 木崎賢治小林和之
チャート最高順位
大沢誉志幸 シングル 年表
その気×××(mistake)
(1984年)
そして僕は途方に暮れる
(1984年)
彼女はfuture-rhythm
(1985年)
テンプレートを表示

そして僕は途方に暮れる」(そしてぼくはとほうにくれる)は、大沢誉志幸の楽曲で、5枚目のシングル。1984年(昭和59年)9月21日EPICソニーよりレコード盤でリリースされた。数多くのアーティストにカバーされたヒット曲である。

解説[ソースを編集]

同年発売のアルバム『CONFUSION』からの2番目のシングルカット曲。大沢の話によると、元々この曲は鈴木雅之に提供する目的で作られたものだった[2]。大沢と鈴木のお互いのマネージャーが懇意であるつながりから作られた曲だったが、鈴木がこの曲を歌う気配が一向に無かったため、一度大沢の元に曲が戻され、後にプロデューサーに「今空いている曲は無いか」と尋ねられたことから、この曲を引き出して大沢自身が歌うことになった[2]。大沢自身、この曲についてとても好きな曲だと述べていた[2]。シングル版とアルバム版は若干異なる。さらに、2008年(平成20年)にはデビュー25周年を記念して、新たにアコースティックアレンジでセルフカバーもされ、「そして僕は途方に暮れる(25th ver.)」のシングルが発売された。

1984年(昭和59年)発売のシングル版は当時、日清カップヌードルCMソングに起用され、現在はカップヌードルCMソングを集めたアルバムである「CUP NOODLE CM SONGS COLLECTION」の3曲目にも収録されている。

収録曲[ソースを編集]

  1. そして僕は途方に暮れる (4分15秒)
  2. FREE WAYまで泣くのはやめろ  (3分41秒)

バージョン[ソースを編集]

「そして僕は途方に暮れる」にはいくつかのバージョンが存在し、各アルバム・シングルに収録されている。

  • シングルバージョン (4分15秒) - 編曲:大村雅朗
    • 『そして僕は途方に暮れる』シングル
    • THE LEGEND
    • 『TraXX -Yoshiyuki Ohsawa Single Collection-』
  • オリジナルバージョン(アルバムバージョン) (4分55秒) - 編曲:大村雅朗
  • Special Mixed Blend ―12 inch バージョン (6分39秒) - 編曲:大村雅朗
  • 1992 "naive" version (4分44秒) - 編曲:大村雅朗
  • 25th ver.(セルフカバー) (4分35秒) - 編曲:URU/ストリングスアレンジ:弦一徹
    • 「そして僕は途方に暮れる(25th ver.)」シングル
    • 『Season's greetings〜春〜』
  • 水月鏡花版セルフカバー (4分18秒) - 編曲:伊藤隆博
    • 『水月鏡花』

主なカバー[ソースを編集]

そして僕は途方に暮れる

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「大沢誉志幸20000字インタヴュー」(聞き手:渋谷陽一)『ロッキング・オン・ジャパン ロッキング・オン』VOL.8(1988年1月増刊号に掲載)
  2. ^ a b c 『昭和40年男』2016年6月号(クレタパブリッシング)p.101 より。
  3. ^ 古内東子、デュエットカバーアルバム発売が決定!” (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  4. ^ “柴咲コウ「続こううたう」で星野源、GAO、マイラバ、陽水ら名曲カバー”. 音楽ナタリー. (2016年6月10日). http://natalie.mu/music/news/190333 2016年6月10日閲覧。 

参考資料[ソースを編集]