そして僕は途方に暮れる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
そして僕は途方に暮れる
大沢誉志幸シングル
初出アルバム『CONFUSION
B面 FREE WAYまで泣くのはやめろ
リリース
規格 シングル
録音 アルファスタジオ
パワー・ステーション
ジャンル ポップス
時間
レーベル EPICソニー 
作詞・作曲 銀色夏生、大沢誉志幸
プロデュース 木崎賢治小林和之
チャート最高順位
大沢誉志幸 シングル 年表
その気×××(mistake)
(1984年)
そして僕は途方に暮れる
(1984年)
彼女はfuture-rhythm
(1985年)
テンプレートを表示

そして僕は途方に暮れる」(そしてぼくはとほうにくれる)は、大沢誉志幸の楽曲で、5枚目のシングル。1984年(昭和59年)9月21日EPICソニーよりレコード盤でリリースされた。数多くのアーティストにカバーされたヒット曲である。

解説[編集]

同年発売のアルバム『CONFUSION』からの2番目のシングルカット曲。シングル版とアルバム版はアレンジが若干異なる。

大沢の話によると、元々この曲は「凍てついたラリー」[3]という他の歌手への提供する目的で作られた曲だった[4]。最初鈴木ヒロミツ[5]、その後鈴木雅之[4]山下久美子にそれぞれこの曲が提供されている[5]。鈴木雅之の場合は大沢とお互いのマネージャーが懇意であるつながりから作られた曲だったが、いずれもこの曲を歌う気配が一向に無かったため、その度に大沢の元へこの曲が戻され、後にプロデューサーに「今空いている曲は無いか」と尋ねられたことから、この曲を引き出してきて銀色夏生の詞と組み合わせ、大沢自身が歌うことになった[4]。尚、大サビの詞は詞先であり、後からメロディーが出来たという[3]。大沢自身、この曲についてとても好きな曲だと述べている[4]

オリコンチャートの最高順位は週間6位、累計28.2万枚のセールスを記録した[1]

1984年(昭和59年)発売のシングル版は当時、日清カップヌードルCMソングに起用され、その後、カップヌードルCMソングを集めたアルバム「CUP NOODLE CM SONGS COLLECTION」の3曲目にも収録された。

さらに、2008年(平成20年)にはデビュー25周年を記念して、新たにアコースティックアレンジでセルフカバーもされ、「そして僕は途方に暮れる(25th ver.)」のシングルが発売された。


収録曲[編集]

  1. そして僕は途方に暮れる (4分15秒)
  2. FREE WAYまで泣くのはやめろ  (3分41秒)

演奏者[編集]

収録作品[編集]

バージョン[編集]

「そして僕は途方に暮れる」にはいくつかのバージョンが存在し、各アルバム・シングルに収録されている。

  • シングルバージョン (4分15秒) - 編曲:大村雅朗
    • 『そして僕は途方に暮れる』シングル
    • THE LEGEND
    • 『TraXX -Yoshiyuki Ohsawa Single Collection-』
  • オリジナルバージョン(アルバムバージョン) (4分55秒) - 編曲:大村雅朗
  • Special Mixed Blend ―12 inch バージョン (6分39秒) - 編曲:大村雅朗
  • 1992 "naive" version (4分44秒) - 編曲:大村雅朗
  • 25th ver.(セルフカバー) (4分35秒) - 編曲:URU/ストリングスアレンジ:弦一徹
    • 「そして僕は途方に暮れる(25th ver.)」シングル
    • 『Season's greetings〜春〜』
  • 水月鏡花版セルフカバー (4分18秒) - 編曲:伊藤隆博
    • 『水月鏡花』

主なカバー[編集]

そして僕は途方に暮れる

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c スージー鈴木 2017, p. 165.
  2. ^ 「大沢誉志幸20000字インタヴュー」(聞き手:渋谷陽一)『ロッキング・オン・ジャパン ロッキング・オン』VOL.8(1988年1月増刊号)掲載。
  3. ^ a b 第103回 木崎 賢治 氏 音楽プロデューサー/ブリッジ代表」musician.net 2012/04/05
  4. ^ a b c d 『昭和40年男』2016年6月号(クレタパブリッシング)p.101 より。
  5. ^ a b 大澤誉志幸が明かす、あの名曲の数奇な運命、そして曲作りの流儀”. エンタメステーション (2017年3月24日). 2017年8月21日閲覧。
  6. ^ 古内東子、デュエットカバーアルバム発売が決定!” (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  7. ^ “柴咲コウ「続こううたう」で星野源、GAO、マイラバ、陽水ら名曲カバー”. 音楽ナタリー. (2016年6月10日). http://natalie.mu/music/news/190333 2016年6月10日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]