地球をさがして

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地球をさがして
光GENJIシングル
初出アルバム『ふりかえって…Tomorrow
B面 NEW! 青春にはまだ早い
リリース
規格 EPレコード
8cmCD
シングルカセット
ジャンル アイドル歌謡
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 吉澤久美子都志見隆
チャート最高順位
光GENJI シングル 年表
剣の舞
(1988年)
地球をさがして
(1989年)
太陽がいっぱい
(1989年)
テンプレートを表示

地球をさがして」(ちきゅうをさがして)は光GENJIの6枚目のシングル。

解説[編集]

セーラー服をモチーフにした衣装や手旗信号を取り入れた振付が話題になり、テレビ出演ではワンコーラス後の間奏で毎回違う言葉を手旗信号で振る演出がなされた。

シングル音源とTVで披露されていた音源はアレンジ歌詞が異なる。TV版のアレンジは後に『ふりかえって…Tomorrow』に収録された。

軍艦行進曲クワイ河マーチとのモチーフが入っているとされる。

収録曲[編集]

  1. 地球をさがして
    作詞: 吉澤久美子、作曲: 都志見隆
  2. NEW! 青春にはまだ早い
    作詞: 高柳恋、作曲: 佐藤準
    • 当楽曲は、アルバム『Hey! Say!』の1曲目に収録され、同じく11曲目にはアルバムのエピローグとして「青春にはまだ早い〜翼〜」を収録。本シングル収録時のタイトルに「NEW!」とついているのは、そのためである。

補足[編集]

  • ポニーキャニオンが発行するレコード店向けの発注用資料などによると、当初本作のシングルA面を「青春にはまだ早い」としていた。1988年12月に「笑っていいとも!」の「テレフォンショッキング」に出演した作編曲者の佐藤準は、自身の楽曲が光GENJIの次のシングルに採用されたことの喜びを語り、発売前に「ミュージックステーション」にても複数回披露されていた。しかし、1989年に入ってA面曲が別の曲であることが発表され、「青春にはまだ早い」はB面に収録されることとなった。
  • サビでは各曜日の英語が歌われているが、なぜか「Saturday」(土曜日)がない。その理由についてメンバーの諸星和己は、コンサートのMCで「わかりませ〜ん!」と答えていた。「歌のトップテン」では、レコード制作スタッフの話として「土曜日は日曜日を翌日にひかえて、いちばん楽しい日。毎日が楽しい日であるように願ってあえて歌詞に入れなかった」との説明がなされた。

関連項目[編集]