とんぼ (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

とんぼ』は、1988年10月7日から同年11月25日まで、TBSで放送されていたテレビドラマである。放送時間は、毎週金曜21:00 - 21:54(JST、第1回のみ、21:00 - 22:24)。全8回。長渕剛の5作目の主演連続テレビドラマ作品。第7回向田邦子賞受賞作品。

後に本作の続編として、1997年フジテレビで『英二ふたたび』がスペシャル番組として放映され、また1999年には映画『英二』が公開された。

本作で実質俳優初挑戦となった哀川翔は、以降本格的に俳優業に乗り出すことになった。

ヤクザを題材としたドラマであり、過激な暴力シーンなどゴールデンタイムにはそぐわない内容だったが、当時長渕剛が人気絶頂だったこともあり、平均約18%と高視聴率を記録した。

概要[編集]

本作は『うさぎの休日』で脚本を務めた黒土三男と長渕が、伊豆のロケ帰りの車の中で「日常生活では頭にくることがいっぱいあるけど、面と向かってはなかなか言えない。ケンカもしたくない。でも言おうよ」といった会話から生まれた作品である。本作の方が先に放映されているが、『うさぎの休日』の撮影自体は1988年初頭には撮影が終わっていた。

英二が本作で乗っていた車、ベンツW126型500SELのナンバーは『品川33 や 893(ヤクザ)』だったことも話題となった。

1989年8月に双葉社より、本作のシナリオ本が出版されたが、一部に放送作品とは異なる場面がある。

あらすじ[編集]

2年の刑期を終え、出所した暴力団八田組の若頭・小川英二。しかし、出迎えに来たのは舎弟分の水戸常吉だけだった。

英二が服役中に、さまざまな問題が起きていた。妹・あずさは勝手に大学を中退して喫茶店で働いていたり、恋人・夏実は英二が刑務所に入ってすぐに他の男と付き合っていた。また英二は刑務所の中で八田組のさまざまな裏事情を握っていた。英二の下克上を恐れた組長・八田昇は英二を始末しようと企んでいた。そんな中、あずさの働く喫茶店のオーナー・波子と出会い、波子は英二に想いをよせていき、また英二も波子のことを気になりかけていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原案:長渕剛
  • 脚本:黒土三男
  • プロデューサー:柳井満
  • 演出:大岡進、竹之下寛次、清弘誠
  • 音楽:城之内ミサ

主題歌[編集]

とんぼ」(歌:長渕剛、作詞・作曲:長渕剛、編曲:瀬尾一三、長渕剛)

サブタイトル[編集]

  1. アニキが帰ってきた街 (10月7日)
  2. いつかの少年 (10月14日)
  3. ふたりの始まり (10月21日)
  4. 東京のバカヤロー! (10月28日)
  5. 遠い記憶 (11月4日)
  6. 闇の中の光 (11月11日)
  7. 明日なき道へ (11月18日)
  8. 海を見た日に (11月25日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 金曜21時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
若奥さまは腕まくり!
(1988.7.8 - 1988.9.23)
とんぼ
(1988.10.7 - 1988.11.25)