とんぼ (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とんぼ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1988年10月7日 - 11月25日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 大岡進 他
脚本 黒土三男
プロデューサー 柳井満
出演者 長渕剛
オープニング 長渕剛「とんぼ
テンプレートを表示

とんぼ』は、1988年10月7日から同年11月25日まで、TBSで放送されていたテレビドラマである。放送時間は、毎週金曜21:00 - 21:54(JST、第1回のみ、21:00 - 22:24)。全8回。長渕剛の5作目の主演連続テレビドラマ作品。第7回向田邦子賞受賞作品。

後に本作の続編として、1997年フジテレビで『英二ふたたび』がスペシャル番組として放映され、また1999年には映画『英二』が公開された。

本作で実質俳優初挑戦となった哀川翔は、以降本格的に俳優業に乗り出すことになった。

ヤクザを題材としたドラマであり、過激な暴力シーンなどゴールデンタイムにはそぐわない内容だったが、当時長渕剛が人気絶頂だったこともあり、平均約18%と高視聴率を記録した。

概要[編集]

本作は『うさぎの休日』で脚本を務めた黒土三男と長渕が、伊豆のロケ帰りの車の中で「日常生活では頭にくることがいっぱいあるけど、面と向かってはなかなか言えない。ケンカもしたくない。でも言おうよ」といった会話から生まれた作品である。本作の方が先に放映されているが、『うさぎの休日』の撮影自体は1988年初頭に終わっていた。

英二が本作で乗っていた車、メルセデス・ベンツ500SELのナンバーは『品川33 や 893(ヤクザ)』だったことも話題となった。

1989年8月に双葉社より、本作のシナリオ本が出版されたが、一部に放送作品とは異なる場面がある。

2006年にはDVD-BOXの発売が予定されていたが、制作・発売元であるTBSにより発売中止とすることが決定された(理由については不明)[1]

あらすじ[編集]

2年の刑期を終え、出所した暴力団八田組の若頭・小川英二。しかし、出迎えに来たのは舎弟分の水戸常吉だけだった。

英二が服役中に、さまざまな問題が起きていた。妹・あずさは勝手に大学を中退して喫茶店で働いていたり、恋人・夏実は英二が刑務所に入ってすぐに他の男と付き合っていた。また英二は刑務所の中で八田組のさまざまな裏事情を握っていた。英二の下克上を恐れた組長・八田昇は英二を始末しようと企んでいた。そんな中、あずさの働く喫茶店のオーナー・波子と出会い、波子は英二に想いをよせていき、また英二も波子のことを気になりかけていた。

登場人物[編集]

小川 英二

八田興業(八田組)の若頭。3月3日生まれ。[2]

栃木の会長(恐らく敵対している組の会長)の殺人未遂の罪で2年間の服役を終えて出所、しかしそれ自体が組長・昇が英二を嵌める為だった事、そして組に戻っても自分の居場所など無い事等を刑務所で知る。

昔かたぎのヤクザのようで世話になった人間や目上の人間には丁寧な口調でしゃべったり、殺された鉄の息子の怒りを真正面から受け止めてやるなど度量も見られ、とりわけ広島の叔父貴である竹尻からは組に弓を引いた経緯を全て話した上でなお絶大な信頼を寄せられている。[3]

ヤクザなだけあって同業者には粗野で粗暴な言い方はするものの、一般人には声を荒げたりせずに冷静に諭したりする場面も見られ、妹のあずさには口調はきついものの溺愛している様子も見られる。

強面の風貌とは裏腹に酒に弱く、胃に持病があるらしく中国茶を愛飲していたり、漢方の恵命我神散を飲んでいたという描写がある。また、食事をする際に食べ物の匂いを嗅いでから食べる癖がある。

舎弟分の常吉には頭をはたいたり、妹のあずさの件で理不尽にどやしつけたりはするが、組員全員が英二と敵対している中、ただ一人自分に付いてきたということもあり非常に可愛がっており、最初はきつい口調で突き放したように言ってはいたものの涙ながらに常吉にカタギに戻るよう諭したりしている。 最終的に昇を刺殺した動機は約束を反古にした上に常吉が襲われ殺されかけた上、脚が不自由になった事に対する「ケジメ」であった。[4]

昇を刺殺した後、自首する旨を波子に伝えて電話ボックスから出てきたところを八田組の組員数人に短ドスで背中を刺されてしまう。 救急車も呼ばず遠巻きに見ているだけの通行人に対して血だるまになりながらも靴を投げつけ、必死に前に進む英二を俯瞰で撮っている場面で物語は終了する。


水戸 常吉

八田興業の構成員。

英二に憧れを抱いており、舎弟として身の回りの世話をするものの空回りが多く、英二にどやされたり頭をはたかれたりしている。

英二には内緒で妹・あずさと付き合っており、後々英二には認められるもののケジメをつけるために指を詰めようとするなど彼女に対する気持ちは変わることは無かった。

ヤクザとしては非常に優しい性格であり、英二からも「お前にはそんな器ねえんだよ」といわれる。[5]

鉄と常吉以外の組員全員が組長の昇側につく中、最後まで組長側に付かなかった為、足を洗ったにも関わらず広島の叔父貴との約束を反古にした昇と組員に襲われ、命は助かったものの右脚が不自由になってしまう。

学はあまりないが将棋は強いらしく、作中2回ある将棋のシーンで2回とも英二より優位に立っていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原案:長渕剛
  • 脚本:黒土三男
  • プロデューサー:柳井満
  • 演出:大岡進、竹之下寛次、清弘誠
  • 音楽:城之内ミサ

主題歌[編集]

とんぼ」(歌:長渕剛、作詞・作曲:長渕剛、編曲:瀬尾一三、長渕剛)

サブタイトル[編集]

  1. アニキが帰ってきた街 (10月7日)
  2. いつかの少年 (10月14日)
  3. ふたりの始まり (10月21日)
  4. 東京のバカヤロー! (10月28日)
  5. 遠い記憶 (11月4日)
  6. 闇の中の光 (11月11日)
  7. 明日なき道へ (11月18日)
  8. 海を見た日に (11月25日)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「とんぼ」DVD-BOX発売中止 長渕剛 OFFICIAL WEB SITE、2006年8月3日
  2. ^ ただし、1話のルーレットのシーンで3に賭けた事を懇意にしているママから聞かれた際に「俺、3月3日生まれなんすよ」と本当かどうか判別が付かない口調で答えている為冗談の可能性も高い。
  3. ^ 兄弟杯を交わした組の若頭の英二に頭を下げるという異例の行為からも見て取れる。
  4. ^ 続編の英二ふたたびで常吉に「お前をあんな目に遭わせた八田の親分を殺った」と語っている。
  5. ^ ただしこれは常吉の性格のこともさることながら、自分のせいで常吉にも命の危険があったためわざと突き放し自分から遠ざけようとした節もある。

外部リンク[編集]

TBS 金曜21時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
若奥さまは腕まくり!
(1988.7.8 - 1988.9.23)
とんぼ
(1988.10.7 - 1988.11.25)