順子/涙のセレナーデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
順子/涙のセレナーデ
長渕剛シングル
初出アルバム『逆流
A面 順子
涙のセレナーデ
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル ポピュラー
フォークソング
歌謡曲
時間
レーベル 東芝EMI/エキスプレス
作詞・作曲 長渕剛
チャート最高順位
長渕剛 シングル 年表
春待気流
1980年
順子/涙のセレナーデ」
(1980年)
ヒロイン
(1980年)
逆流 収録曲
テンプレートを表示

順子/涙のセレナーデ」(じゅんこ/なみだのセレナーデ)は、日本のミュージシャンである長渕剛の5枚目のシングル曲である。

アルバム『逆流』(1979年)からのシングルカットであり、全国各地の有線ランキングにおいて1位を獲得し、リクエストに応える形でシングル化された。オリコンチャートでは8週連続で1位を獲得しミリオンセラーとなった。

初期ライブでのみ演奏され、後にライブで演奏される事は全くなかったが、1992年5月15日の東京ドーム公演で久しぶりに演奏され、さらに2004年8月21日の桜島オールナイトライブにて演奏された後は、ライブでも頻繁に演奏されるようになった。

背景[編集]

元々はアルバム『逆流』(1979年)に収録されていた曲だったが、有線放送で人気に火が付き、福岡市の有線リクエストでベストテン入り、続いて高知市福島県白河市にて連続1位を獲得、その後ほぼ全国の有線でベストテン入りする事となった[1]。また、レコード会社に「シングルにしてほしい」という要望が多数寄せられたため、後にストリングス等のリミックスが施された形でシングルカットされた[1]。長渕本人にとってはあくまでアルバム中の1曲であり、自らの代表曲として捉えられたくないためシングルカットを半年遅らせた経緯がある。これは、「半年間で全国をツアーで回り、その間に自身の存在と音楽性を確立してからリリースすべきだ」との本人の考えがあったからである[1]

音楽性[編集]

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「大胆にもタイトルに女性の名前をそのまま当てはめたことからも、絶大なインパクトのあるバラード。どうしようもない絶望感が滲み出た直情的な詞も、つぶらな切ないメロディも、すべてが悲しい」と表記されている[2]

文芸雑誌『文藝別冊 長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌』にて、ライターの松村正人は「恋人に裏切られたこの歌は『木綿のハンカチーフ』の男の側の心情の吐露ともとれ、『風は南から』『逆流』のタイトルに顕わな非東京人のアイデンティティを裏書きしている気がしてならない」[3]と述べており、さらにライターの二木信は「ファンク・アレンジの効いた少々泥臭いシティ・ポップと聴くこともできる」と述べている[4]

リリース[編集]

1980年6月5日東芝EMI/エキスプレスより7インチレコードでリリースされた。

形式上は「涙のセレナーデ」との両A面シングルとして発売されている。「涙のセレナーデ」は、「順子」とは違い女性から男性への失恋の楽曲。1999年にセルフカバー版がシングルA面としてリリースされている。

プロモーション[編集]

当時大ヒットしたことにより、テレビの音楽番組から出演依頼が殺到したが、長渕はテレビ出演に否定的だったため、出演を断っていた。しかし、身体障害者のファンから送られた「ライブ会場に行くことができない」というファンレターを読み、出演を決意[5]。1980年7月31日TBS系音楽番組『ザ・ベストテン』(1978年 - 1989年)にて初出演を果たした。その際、なるべく普段のライブに近い形で演奏するため、1分間MCを行い、アコースティックギター1本で演奏した[5]。また翌週の8月7日には本人も出演する「HOT JAM'80」の会場(静岡の日本平)からの中継で出演し、集まっていた他の出演歌手が演奏に合わせて手拍子を始めたとたん、長渕は演奏を途中でやめ「これは失恋の歌なんで、手拍子は勘弁願いたい」とたしなめ、もう一度初めから演奏し直すという一幕もあった[6]。生放送でオンエアされたこの流れは、当時のコンサートでもたびたび会場の客と行われていた、一種のネタでもある。しかし、これらの言動が周囲の誤解を招き、また「生意気だ」と陰口を叩かれる事となった[6]

批評[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
CDジャーナル肯定的[2][7]

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「絶妙な切り口の恋歌[2]」、「『俺らの家まで』では男は浮気くらいするとタカをくくっていたのが、ここでは他の男と比べるなんてずるいと恨み節。キリキリと胸を締め付けられるようなセンチメンタルな旋律と悲しげな歌唱が耳に残る[7]」と評されている。

チャート成績[編集]

オリコンチャートでは8週連続で1位を獲得、登場回数25回となり、売り上げ枚数は94.2万枚となった[1]。また、文献によってはミリオンセラーを記録したと記しているものも存在する[8]

ライブ・パフォーマンス[編集]

本作でのテレビ出演は、前述の『ザ・ベストテン』にて1980年7月31日、8月7日放送分に出演したのみである。

当時のライブではテレビ出演時と同様にギター1本のみで演奏された。また、当時石野真子と交際していた長渕は、観客の中にいた石野を意識し「順子」の部分を「真子」に置き換えて歌ったことがある[1]

しかし、後にこの曲はライブでは一切演奏されなくなっていく。その理由として、後にベストアルバム『FROM T.N.』(1983年)の中で、自分の曲が自身から切り離されていくという複雑な心境を語っている。 『ザ・ベストテン』に「SUPER STAR」(1986年)で出演した際も、「ヒット曲は一生その人を苦しめる」という植木等の言葉を借り、「順子」に関して「今のステージングからは外れている」と語っている。また、ベストアルバム『いつかの少年』(1994年)においても、「順子の長渕」というレッテルを貼られ、克服するまでには10年掛かったと当時の苦しい心境を語っている。

そのため、ライブにおいても長らく演奏されていなかったが、'90-'91「JEEPツアーの中で久しぶりに披露され、1992年5月15日東京ドーム公演で再び披露。同公演がビデオ化されて始めて映像収録された。その後、2004年8月21日の桜島オールナイトライブでは初めてスタジオ音源と同じアレンジで演奏され、その音源はライブアルバム『長渕剛 ALL NIGHT LIVE IN 桜島 04.8.21』(2004年)に収録された。以後はライブでの演奏頻度が高くなっていき、2007年のライブツアー「LADY'S NIGHT 2007 -Acoustic-」、2009年のライブツアー「Tsuyoshi Nagabuchi Acoustic Live 30th Anniversary」、2010年のライブツアー「TSUYOSHI NAGABUCHI ARENA TOUR 2010 - 2011 "TRY AGAIN"」、2014年のライブツアー「TSUYOSHI NAGABUCHI ARENA TOUR 2014 ALL TIME BEST」にて演奏されている[9]

カバー[編集]

シングル収録曲[編集]

全作詞・作曲: 長渕剛、全編曲: 瀬尾一三
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.順子長渕剛長渕剛
2.涙のセレナーデ長渕剛長渕剛
合計時間:

収録作品[編集]

スタジオ音源
ライブ音源
ライブ映像
  • 『LIVE'92 "JAPAN" IN TOKYO DOME』(1992年)
  • 『SAKURAJIMA』(2004年)
  • 『30th Anniversary BOX from TSUYOSHI NAGABUCHI PREMIUM』(2010年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 矢吹光「第2章 対決!両雄黄金の経歴」『長渕剛 VS 桑田佳祐』三一書房、1995年3月31日、100 - 102頁。ISBN 9784380952227
  2. ^ a b c 長渕剛 / シングルスvol.1(1978~1982) [2CD]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2019年1月20日閲覧。
  3. ^ 松村正人「論考 東京の合唱」『文藝別冊 長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌』、河出書房新社、2015年11月30日、 147 - 159頁、 ISBN 9784309978765
  4. ^ 二木信「ディスコグラフィー 一九七九→二〇一五 富士の国への軌跡」『文藝別冊 長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌』、河出書房新社、2015年11月30日、 224 - 255頁、 ISBN 9784309978765
  5. ^ a b 長渕剛「レコードとコンサート・・・・・・日本中を走り続けた日々」『俺らの旅はハイウェイ』八曜社、1981年、247 - 250頁。ISBN 9784827000573
  6. ^ a b 藤井徹貫「スピリチュアル・メッセージ長渕剛 第一章「ギターさえあれば、すべてぶち壊せる。絶対に離さねえ」」『別冊カドカワ 総力特集 長渕剛』第363号、角川マーケティング、2010年12月17日、 26 - 44頁、 ISBN 9784048950572
  7. ^ a b 長渕 剛 / Tsuyoshi Nagabuchi All Time Best 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。 [4CD]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2019年1月14日閲覧。
  8. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、572 - 573頁。ISBN 9784636825480
  9. ^ 順子/長渕剛の演奏されたライブ・コンサート”. LiveFans. SKIYAKI APPS. 2019年2月9日閲覧。
  10. ^ 平井堅「Ken's Bar III」インタビュー”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2019年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]