伊原六花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いはら りっか
伊原 六花
伊原 六花
本名 林 沙耶(はやし さや)[1][2][3]
生年月日 (1999-06-02) 1999年6月2日(24歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪狭山市
身長 160 cm[4]
血液型 A型[4]
職業 女優歌手
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2017年[5] -
事務所 フォスター
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
明治東亰恋伽
映画
明治東亰恋伽
リゾートバイト
備考
大阪府立登美丘高等学校ダンス部キャプテン
テンプレートを表示

伊原 六花(いはら りっか、1999年〈平成11年〉6月2日 - )は、日本女優[6]歌手[7]大阪府大阪狭山市出身[8]フォスター所属。

略歴[編集]

4歳から習い始めたバレエを通じて体で表現する楽しさを知り[9][10]、小学2年生の時に観た友だちの友だちが出演する舞台をきっかけにミュージカルに興味を持って、2008年から2012年にかけて「子どもミュージカル」でコーラスとダンスのレッスンを受けるなど演劇の習い事に従事する[11][12]

2012年、劇団アークス主催のミュージカル『ズボン船長〜Fifi & the Seven Seas〜』のオーディションに合格。2013年から2年間劇団アークスに所属して同作品でジョジョ姉役を演じる[9][11]。2015年から2017年にかけては、沖縄発祥の舞台芸能「現代版組踊[13]」にも取り組む[14]

2015年4月、大阪府立登美丘高等学校普通科に入学し、振付師のakaneが指導する同校ダンス部に所属。キャプテンとして数々の大会で優勝を飾り、2017年8月に「日本高校ダンス部選手権」で発表した自身がセンターを務める「バブリーダンス」が注目を集めて、様々なメディアで取り上げられる[11][15][16]

高校卒業後は東京の大学に進学してオーディションを受けたいと考えていたところ[11]、高校在学中に芸能事務所のフォスターによりスカウトされ[17]2017年10月1日より同事務所に所属。

2017年10月1日、「伊原六花」の芸名で本格的に芸能活動を開始[5][18][19]。2018年2月にはオーディションを経てセンチュリー21の新イメージキャラクター・初代「センチュリー21ガール」に起用され、7月より放送のCMへの出演が決定[5][19]。同年3月に大阪府立登美丘高等学校普通科を卒業の後、同月末に上京し本格的に女優として活動を開始する[11][20][21]。3月31日には「マイナビ presents 第26回 東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER」に出演し、ランウェイデビュー[21][22]。4月より初の冠ラジオ番組『センチュリー21 presents 伊原六花とブカツ☆ダンス』(TBSラジオ)が放送開始[23]。6月には初の写真集となる伊原六花1st写真集『rikka』を発売する[24]。7月期放送の『チア☆ダン』(TBSテレビ)でドラマデビュー[25]

2019年1月に「センチュリー21」のCMソングで大沢伸一プロデュースによる楽曲「Wingbeats」をavex traxより配信リリースし、歌手デビュー[26]。歌うことはもともと好きだったものの人前で歌うのは初めてだったことから、歌手デビューに向けてボイストレーニングに通った[7][27]。また、同年1月より放送のテレビアニメ『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(毎日放送TOKYO MX)の主題歌で、同年2月発売の鈴木雅之のシングル「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」にゲストボーカルとして楽曲参加している[28]

2019年4月期に放送ならびに同年6月公開の『明治東亰恋伽』で連続ドラマと映画に初主演を務め[29][30]、同年度前期放送の『なつぞら』でNHK連続テレビ小説に初出演する[31][32]。また、同年4月より通信カラオケDAM」にて配信される音楽情報番組『DAM CHANNEL』の16代目MCを務める[33][34]

2020年4月にブロードウェイミュージカルウエスト・サイド・ストーリー Season3』のオーディションに合格してヒロイン・マリア役[注 1]として幼いころからの夢だったミュージカルの舞台に初めて立つ予定だったが[35]新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い全公演中止となった[36]。12月19日に公式YouTubeチャンネル「伊原六花ちゃんねる」を開設[37]

略年譜[編集]

  • 1999年6月2日、大阪府大阪狭山市に生まれる。
  • 2008年 - 2012年、子供ミュージカルにてコーラスとダンスのレッスンを受ける。子供ミュージカルに出演。
  • 2012年、劇団アークス主催のミュージカル『ズボン船長』のオーディションに合格し、生徒役で出演。
  • 2013年 - 2015年、同『ズボン船長』に出演し、ジョジョ姉役を3年連続で演じる。
  • 2015年 - 2017年、大阪狭山市の現代版組踊キジムナーの会「表現倶楽部うどぃ」に所属。
  • 2022年 - 咲くやこの花賞演劇・舞踊部門受賞[38]

人物[編集]

身長160cm[4]スリーサイズはB85cm、W56cm、H85cm[39]

趣味は料理、読書、観葉植物盆栽トカゲ飼育(ヒョウモントカゲモドキというヤモリの一種)、南部鉄器[40]。好きな作品は『星の王子さま[18]。特技はダンス[18]。幼い頃からの夢はミュージカル女優で、映画『グレイテスト・ショーマン』のヒュー・ジャックマンのような歌って踊るエンターテイナーを目指し、23歳くらいまでのミュージカル出演を目標にダンスや歌のレッスンを積む[41]。目標とする女優は宮﨑あおいで、「どんな役でも演じられる女優さんになりたい」と語る[18]

大阪府立登美丘高等学校ではダンス部キャプテンを務めていた[42]ソウルフードとして、部活時代によく食べていた大阪B級グルメかすうどん」を挙げる[43]。 さつまいも好きで知られ、芋女としても活動の幅を広げている。

出演[編集]

バラエティ番組[編集]

  • ちちんぷいぷい毎日放送
    • 「もう興奮させんといて〜」(2017年12月 - 2018年3月) - 2017年12月から、「大阪府立登美丘高等学校ダンス部元主将」として、「もう興奮させんといて~」(角淳一による発案・進行で毎週金曜日の17時台に放送されていたコーナー)へ随時出演。
    • 「六花&石原の大阪にないもん見つけました」(2018年4月 - 9月) - 卒業・上京およびコーナー終了後の同年4月からは、チキチキジョニーの石原祐美子と共に、「六花&石原の大阪にないもん探し」(金曜日の17時台で月に1回放送されるロケコーナー)のリポーターを務めた。
  • ラヴィット!(TBSテレビ)
    2022年2月10日よりロケを中心に不定期出演。同年10月24日にはロケグランドスラム(月 - 金の全曜日出演)を達成[44]
  • 朝だ!生です旅サラダ朝日放送テレビ
    • 「ロコレコ」リポーター。(2022年11月26日 - ) - 不定期出演。
  • ごきげんライフスタイル よ〜いドン!関西テレビ
    • 「となりの人間国宝さん」(2023年4月5日 - ) - 水曜放送分のロケを山之内すずと2週交代で担当、担当ロケ放送日にスタジオ出演する。初回出演となった2023年4月5日の放送では、スタジオで山之内と共演した[注 2][45][46]
  • プレバト!!(2023年9月14日 - 、毎日放送) - 水彩画査定(不定期出演)初挑戦で特待生に昇格[47]
  • 第23回わが心の大阪メロディー(2023年10月31日、NHK総合) - 司会[48]

教育番組[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • NHKスペシャル「東京ブラックホールIII 1989-1990 魅惑と罪のバブルの宮殿」(2022年5月1日、NHK総合) - ひふみ 役[52]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

公演中止[編集]

ラジオ番組[編集]

  • センチュリー21 presents 伊原六花とブカツ☆ダンス(2018年4月8日 - 、TBSラジオ) - パーソナリティ[23]

配信番組[編集]

配信ドラマ[編集]

CM・広告[編集]

  • LINE LINE みんなのものがたり「キャンパラダイス〜イマドキの大学4年間を4分でまとめてみた〜」(2018年4月2日 - )[81]
  • センチュリー21(2018年7月21日 - 2021年3月31日) - イメージキャラクター「初代センチュリー21ガール」[82]
    • 「新人の決意」篇 [83]
    • 「はじめての独り暮らし」篇 [84]
    • 「新時代の旗揚げ」篇(2019年1月21日 - )[85]
  • プロトコーポレーション グーネット(2018年8月24日 - 2020年) - イメージキャラクター[86]
  • ABCマートNIKE CLASSIC SNEAKER」(2018年9月6日 - )[87]
  • ウィザス ファロス個別指導学院(2018年11月14日 - ) - イメージキャラクター[88]
  • ナリスアップコスメティックス Parasola(パラソーラ)(2018年12月10日 - ) - イメージキャラクター[89]
  • キャリアフィールド ココキャリ WEB動画シリーズ「ココキャリ presents 伊原六花の1日保育士体験!六花せんせ〜い♡」(2019年2月1日 - )[90]
  • 不二家 ルック「自分をLOOK」篇(2019年9月10日 - )[91]
  • スルッとKANSAI PiTaPa「ポストペイって、なんだっペイ?」篇(2019年9月26日 - )
  • マルサンアイ - CMキャラクター[92]
    • 豆乳グルト「豆乳グルトダンス」編(2019年11月17日 - )
    • 豆乳「ソイダンス」編
    • 鮮度みそ「鮮度みそだから」編
  • 学情 Re就活「もう1回、出会おう。」篇(2020年7月1日 - )[93]
  • チヨダ - イメージキャラクター[94]
    • 「人気商品新価格」篇(2021年3月18日 - )

ミュージック・ビデオ[編集]

イベント[編集]

作品[編集]

写真集[編集]

  1. rikka(2018年6月1日、東京ニュース通信社、撮影:佐藤佑一ISBN 978-4-86336-769-2[24]
  2. sáu hoa(2019年6月1日、東京ニュース通信社、撮影:佐藤佑一)ISBN 978-4-86336-921-4[97][98][99]
  3. R22(2022年3月22日、ワニブックス、撮影:中山雅文ISBN 978-4847084164

カレンダー[編集]

  • 伊原六花スクールカレンダー2020(2020年1月31日、東京ニュース通信社)[100]
  • 伊原六花カレンダーブック2021(2020年10月30日、東京ニュース通信社)[101]
  • 伊原六花 2022年カレンダー(2021年10月23日、トライエックス)[102]

ディスコグラフィ[編集]

配信シングル[編集]

参加楽曲[編集]

  • 鈴木雅之「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」(2019年2月27日、エピックレコードジャパン、 ESCL-5203/5204) - ゲストボーカル[28]
  • OCEANS「RUNWAY with 伊原六花」 - 2022年8月17日発売のアルバム『OCEANS with love』収録[103]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 桜井玲香とのダブルキャスト。
  2. ^ 基本は水曜のみの出演だが、2023年4月21日の放送にもスタジオ出演した。
  3. ^ U-NEXTで同時配信。

出典[編集]

  1. ^ 登美丘高ダンス部 伊原六花の芸能界入りはバブルか実力か 日刊ゲンダイ2018年1月4日
  2. ^ 「ダンスク!」第14号 DSK、2017年11月15日
  3. ^ ラストアイドルは究極のアイドルになるか? “バブリーダンス”akane投入でMステ圧巻パフォーマンスTechinsight「エンタがビタミン」2019年9月6日
  4. ^ a b c 伊原六花 FOSTER Management Office. 2019年5月20日閲覧。
  5. ^ a b c “登美丘高校ダンス部キャプテンの伊原六花、初CM出演が決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2105650/full/ 2020年2月21日閲覧。 
  6. ^ 伊原 六花”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2019年1月4日閲覧。
  7. ^ a b c “登美丘高校ダンス部元キャプテン伊原六花、歌手デビュー決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年12月25日). https://mdpr.jp/news/detail/1812294 2019年1月4日閲覧。 
  8. ^ 伊原六花(インタビュアー:石原久佳)「インタビュー★登美丘高校キャプテンが「伊原六花」として芸能界デビュー決定!ダンス部界初のスーパーヒロインに独占インタビュー!」『ダンストリート』、ディーエスケイ、2017年12月19日。 オリジナルの2019年2月14日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190214093053/https://www.danstreet.jp/highschool/30825/2021年12月2日閲覧 
  9. ^ a b “ダンス部キャプテンから女優へ 大阪府立登美丘高を卒業、伊原六花さん”. 産経新聞. (2018年4月6日). オリジナルの2018年4月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180406123205/https://www.sankei.com/west/news/180406/wst1804060053-n1.html 2019年1月22日閲覧。 
  10. ^ “あのダンス部キャプテン・伊原六花が女優デビュー! 今の目標は…”. ananニュース (マガジンハウス). (2018年3月13日). https://ananweb.jp/news/161460/ 2019年1月22日閲覧。 
  11. ^ a b c d e 伊原六花(インタビュアー:modelpress編集部)「登美丘高校ダンス部元キャプテン伊原六花、1年で環境が“激変” 芸能界1本に決めた理由とは<モデルプレスインタビュー>」『モデルプレス』、ネットネイティブ、2018年4月5日https://mdpr.jp/interview/detail/17580072019年1月4日閲覧 
  12. ^ 伊原六花(インタビュアー:斉藤貴志)「FRESH ACTRESS 伊原六花」『HUSTLE PRESS』、2018年7月14日https://hustlepress.co.jp/ihara_20180714_interview/2019年1月22日閲覧 
  13. ^ 現代版組踊とは/現代版組踊推進協議会
  14. ^ 伊原六花(インタビュアー:西中賢治)「“バブリーダンス”で紅白も出場、登美丘高校ダンス部のセンターが芸能界デビュー「いつか連ドラに出たいです!」」『週プレNEWS』、集英社、2018年1月9日https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2018/01/09/97690/2019年1月22日閲覧 
  15. ^ “「バブリー」女子高生、キレキレダンス 衣装は祖母の…”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年9月17日). https://www.asahi.com/articles/ASK9J354GK9JPTIL001.html 2019年6月5日閲覧。 
  16. ^ “【高校ダンス部選手権・動画】同志社香里が4年ぶり奪還、登美丘は3連覇ならず”. 産経WEST (産経デジタル). (2017年8月18日). https://www.sankei.com/article/20170818-YAP3ROFBQZLDTDRGDYGD3XWXCY/2/ 2019年6月5日閲覧。 
  17. ^ “登美丘高ダンス部キャプテン大ブレーク!伊原六花が女優デビューへ”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 2. (2017年12月29日). https://www.sanspo.com/article/20171229-KVZQGYGMXBOJXEUHUTRDJ4GEOM/2/ 2019年1月5日閲覧。 
  18. ^ a b c d “登美丘高ダンス部キャプテン大ブレーク!伊原六花が女優デビューへ”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 3. (2017年12月29日). https://www.sanspo.com/article/20171229-KVZQGYGMXBOJXEUHUTRDJ4GEOM/3/ 2019年1月5日閲覧。 
  19. ^ a b “登美丘高ダンス部キャプテンの伊原六花、おったまげCMデビュー!”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 2. (2018年2月23日). https://www.sanspo.com/article/20180213-DF5X67W335MQJAUNSBUQ6PONIM/2/ 2019年1月4日閲覧。 
  20. ^ “登美丘高ダンス部キャプテンの伊原六花、おったまげCMデビュー!”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 3. (2018年2月23日). https://www.sanspo.com/article/20180213-DF5X67W335MQJAUNSBUQ6PONIM/3/ 2019年1月4日閲覧。 
  21. ^ a b “伊原六花:登美丘高ダンス部元キャプテン 東京で“一人暮らし”スタート「竹下通りへ…」”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年4月2日). https://mantan-web.jp/article/20180402dog00m200039000c.html 2019年1月5日閲覧。 
  22. ^ a b “登美丘高校ダンス部元キャプテン伊原六花、ランウェイで堂々ダンス バブリーとのギャップにキュン<TGC2018S/S>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年3月31日). https://mdpr.jp/news/detail/1756959 2018年4月9日閲覧。 
  23. ^ a b “登美丘高ダンス部元主将・伊原六花、冠ラジオ番組に喜び「きいてください」”. マイナビニュース (マイナビ). (2018年4月7日). https://news.mynavi.jp/article/20180407-612842/ 2019年4月9日閲覧。 
  24. ^ a b “登美丘高校ダンス部元キャプテン伊原六花、水着で美ボディ大胆披露 初の写真集発売決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年5月18日). https://mdpr.jp/news/detail/1767288 2019年1月4日閲覧。 
  25. ^ a b “登美丘高ダンス部伊原六花「チア☆ダン」で初ドラマ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年3月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803130000027.html 2018年4月9日閲覧。 
  26. ^ a b バブリーダンスの登美丘高校元ダンス部キャプテン、伊原六花がフラッグダンスを踊るデビュー曲「Wingbeats」が本日配信リリース。 今夜21:00より、初めての “LINE LIVE & インスタLIVE” 同時生配信も!”. エイベックス・ポータル. ニュース (2019年1月30日). 2019年2月3日閲覧。
  27. ^ “伊原六花:登美丘高校ダンス部の元キャプテンが、大沢伸一プロデュースで歌手デビュー”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年12月25日). https://mantan-web.jp/article/20181225dog00m200028000c.html 2019年1月22日閲覧。 
  28. ^ a b “鈴木雅之、伊原六花とバブリーコラボ!いきものがかり・水野が作詞作曲「ラブ・ドラマティック-」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年1月4日). https://www.sanspo.com/article/20190104-5X3XZS6WD5MHLFCB6W74C7FFBE/ 2019年1月4日閲覧。 
  29. ^ a b c 2019年 実写ドラマシリーズ放送開始&映画公開決定!”. 明治東亰恋伽ポータルサイト (2018年9月10日). 2018年9月10日閲覧。
  30. ^ a b c “伊原六花の連続ドラマ&映画初主演が決定!「明治東亰恋伽」が実写化”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年9月10日). https://thetv.jp/news/detail/161510/ 2018年9月11日閲覧。 
  31. ^ a b “伊原六花:登美丘高校ダンス部元キャプテンが初の朝ドラ 「なつぞら」出演で「本当に幸せ」”. MANTANWEB (MANTAN). (2019年3月1日). https://mantan-web.jp/article/20190301dog00m200038000c.html 2019年3月1日閲覧。 
  32. ^ a b “なつぞら:“モモッチ”は登美丘高校ダンス部元キャプテン 伊原六花が朝ドラデビュー!”. MANTANWEB (MANTAN). (2019年6月3日). https://mantan-web.jp/article/20190603dog00m200033000c.html 2019年6月3日閲覧。 
  33. ^ a b 「DAM CHANNEL」16代目MCに女優・伊原六花さんが就任 通信カラオケDAMで4月7日よりスタート』(プレスリリース)第一興商、2019年3月19日https://www.dkkaraoke.co.jp/news/190319.html2019年3月23日閲覧 
  34. ^ 伊原六花(インタビュアー:山本弘子)「【インタビュー】伊原六花、DAM CHANNEL第16代目MC就任「アーティストの人間的な魅力を引き出したい」」『BARKS』、ジャパンミュージックネットワーク、2019年3月19日https://www.barks.jp/news/?id=10001654702019年3月23日閲覧 
  35. ^ a b “伊原六花、ミュージカルデビュー!“バブリーダンス”ブレーク前からの夢”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年12月18日). https://www.sanspo.com/article/20191218-7MUG24QO5BN7DJ7AKRLWM32YF4/ 2020年1月29日閲覧。 
  36. ^ a b “浦井健治・柿澤勇人ら出演「WSS」Season3、全公演中止が決定”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年5月8日). https://natalie.mu/stage/news/378257 2020年8月18日閲覧。 
  37. ^ “伊原六花、YouTubeチャンネルを開設!19日に初回動画が公開に”. RBB TODAY (イード). (2020年12月18日). https://www.rbbtoday.com/article/2020/12/18/184794.html 2020年12月19日閲覧。 
  38. ^ 咲くやこの花賞”. www.sakuya-konohana.com. 2022年3月3日閲覧。
  39. ^ 伊原六花、写真集ナビ[信頼性要検証]
  40. ^ “伊原六花がモーニングルーティンを公開、22歳のリアルなすっぴん寝起き姿を配信”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年4月8日). https://news.mynavi.jp/article/20220408-2317297/ 2022年4月14日閲覧。 
  41. ^ 石井隼人 (2019年4月19日). “伊原六花「脱バブリーダンス」宣言 令和に向けて10代最後の決意表明”. デイリースポーツ online. https://www.daily.co.jp/society/life/2019/04/19/0012256787.shtml 2019年5月4日閲覧。 
  42. ^ 伊原六花「キャストの熱量で新しい発見があった」ミュージカル初出演”. 日刊スポーツ (2021年6月14日). 2021年6月14日閲覧。
  43. ^ 石井隼人 (2019年4月12日). “バブリーダンスの伊原六花、上京後の禁断症状…忘れられない“浪花の味”とは?”. デイリースポーツ online. https://www.daily.co.jp/society/life/2019/04/12/0012235528.shtml 2019年5月4日閲覧。 
  44. ^ TBS『ラヴィット!』 [@tbs_loveit] (2022年10月24日). "OA直後の#ぼる塾と#伊原六花さんを直撃🎤". X(旧Twitter)より2022年10月24日閲覧
  45. ^ 伊原六花&山之内すずが『よ~いドン!』新レギュラーに!「関西人として誇りに思います!」”. カンテレTIMES. 関西テレビ (2023年3月29日). 2023年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月21日閲覧。
  46. ^ 伊原六花&山之内すず『よ~いドン!』新レギュラー就任に「夢見心地です」円広志「新しい歴史が始まる」”. カンテレTIMES. 関西テレビ (2023年4月5日). 2023年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月21日閲覧。
  47. ^ 「田中道子&光宗薫レベル目指せる」と先生も太鼓判!水彩画初挑戦で特待生昇格を決めた挑戦者は?”. MBSコラム. もう一度楽しむプレバト. 毎日放送 (2023年9月19日). 2023年10月21日閲覧。
  48. ^ わが心の大阪メロディー”. NHK. 2023年11月7日閲覧。
  49. ^ “今年のEテレ語学番組は「いつか旅する日のために」JOY、伊原六花ら出演者発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年8月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2169205/full/ 2020年8月11日閲覧。 
  50. ^ “旅するためのゴガク” 出演者決定!”. NHK (2020年8月11日). 2020年11月18日閲覧。
  51. ^ 旅するためのスペイン語”. NHK. 2020年11月18日閲覧。
  52. ^ “堀伊原六花、バブル時代の女性役に喜び 当時の髪型&メイク「懐かしい」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年4月27日). https://news.mynavi.jp/article/20220427-rikka_ihara/ 2022年4月27日閲覧。 
  53. ^ 大誘拐 2018(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年1月3日閲覧。
  54. ^ “早くも発表!正月時代劇「家康、江戸を建てる」で市村正親が“ドリーマー”な徳川家康に”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年6月6日). https://thetv.jp/news/detail/149602/ 2018年9月4日閲覧。 
  55. ^ “馬場ふみか・中村ゆりか・秋山ゆずき・伊原六花、“国民的アイドルグループ”結成<スキャンダル専門弁護士 QUEEN>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年12月27日). https://mdpr.jp/news/detail/1812644 2019年1月4日閲覧。 
  56. ^ 《2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」》アニメーション編の出演者が決定!”. NHKオンライン (2019年3月1日). 2019年3月1日閲覧。
  57. ^ “バブリーダンスの美少女!「なつぞら」伊原六花に「可愛い」の声続出”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2019年6月3日). https://www.cinematoday.jp/news/N0109049 2019年6月3日閲覧。 
  58. ^ “朝ドラ「ブギウギ」ヒロインの両親に水川あさみと柳葉敏郎、ライバル歌手は菊地凛子”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年2月2日). https://natalie.mu/eiga/news/511316 2023年2月2日閲覧。 
  59. ^ “草なぎ剛が「ブギウギ」で朝ドラ初出演、服部良一がモデルの作曲家役”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年7月4日). https://natalie.mu/eiga/news/531312 2023年7月4日閲覧。 
  60. ^ “伊原六花主演でマンガ「どんぶり委員長」連続ドラマ化、共演に小西詠斗”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年8月18日). https://natalie.mu/eiga/news/392417 2020年8月18日閲覧。 
  61. ^ “七人の秘書:第7話 伊原六花が“影の軍団”に助けを求める女子大生に 姿を消したサランは?”. まんたんウェブ (MANTAN). (2020年12月3日). https://mantan-web.jp/article/20201202dog00m200073000c.html 2020年12月5日閲覧。 
  62. ^ “七人の秘書:第7話視聴率13.9%で好調維持 “影の軍団”が伊原六花救うべく動く 次週最終回”. まんたんウェブ (MANTAN). (2020年12月4日). https://mantan-web.jp/article/20201204dog00m200008000c.html 2020年12月5日閲覧。 
  63. ^ “福士蒼汰主演「神様のカルテ」新キャスト解禁、第1夜のゲスト情報も”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年1月21日). https://natalie.mu/eiga/news/413242 2021年1月21日閲覧。 
  64. ^ “広瀬すず主演のSPドラマ『エアガール』に山崎紘菜、藤野涼子、中田クルミ、伊原六花が出演”. Real Sound (blueprint). (2021年2月7日). https://realsound.jp/movie/2021/02/post-703450.html 2021年2月7日閲覧。 
  65. ^ “『捜査一課長』初回ゲストに伊原六花 初日はせりふなしで10シーン以上走る 鈴木仁はシリーズ最年少で刑事役”. ORICON NEWS. (2021年3月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2188319/full/ 2021年4月16日閲覧。 
  66. ^ “「夕暮れに、手をつなぐ」広瀬すず、永瀬廉を取り巻くキャストに松本若菜、田辺桃子ら”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年12月7日). https://natalie.mu/eiga/news/504057 2022年12月7日閲覧。 
  67. ^ ““サグラダファミリ家”メンバーに伊原六花&飯沼愛&水沢林太郎&箭内夢菜&濱尾ノリタカ 広瀬アリス&道枝駿佑とキャンパスライフ【コメント全文】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年8月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2292711/full/ 2023年8月29日閲覧。 
  68. ^ 伊原六花が地上波連ドラ初主演、webtoon原作の「肝臓を奪われた妻」で夫に復讐を誓う”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年2月28日). 2024年2月28日閲覧。
  69. ^ バカリズム流「ヤンキー系バトル漫画」の異色作!? 『地獄の花園』に施された周到な仕掛け”. Real Sound (2021年10月29日). 2022年1月3日閲覧。
  70. ^ 鈴鹿央士主演「星空のむこうの国」全キャスト発表、秋田汐梨、佐藤友祐、有森也実ら”. 映画ナタリー (2021年5月24日). 2021年5月24日閲覧。
  71. ^ “伊原六花がホラー映画「リゾートバイト」で主演、監督は永江二朗”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2023年4月10日). https://natalie.mu/eiga/news/520137 2023年5月15日閲覧。 
  72. ^ “伊原六花、映画「リゾートバイト」でホラー初主演も「怖いものが本当に苦手」オファーには「ドキーン」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2023年4月10日). https://hochi.news/articles/20230409-OHT1T51225.html?page=1 2023年4月10日閲覧。 
  73. ^ “「きさらぎ駅」監督の新作ホラー「リゾートバイト」特報、伊原六花が民宿でアルバイト”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年7月20日). https://natalie.mu/eiga/news/533631 2023年7月21日閲覧。 
  74. ^ “現代に“生きる”ことの意味を問いかける 三島由紀夫没後50周年企画『MISHIMA2020』が開幕 初日挨拶&公開舞台稽古レポート”. SPICE (株式会社イープラス). (2020年9月21日). https://spice.eplus.jp/articles/275961 2021年3月6日閲覧。 
  75. ^ “ジュリエット役に伊原六花&天翔愛!5・21開幕の舞台「ロミジュリ」にフレッシュ顔ぶれ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2021年2月25日). https://www.sanspo.com/article/20210225-3SE74Y2CHFK2FDCBWNG5LWAE6E/ 2021年2月26日閲覧。 
  76. ^ “安部公房「友達」を加藤拓也が立ち上げる、出演に鈴木浩介・有村架純・林遣都・浅野和之ら”. ステージナタリー. (2021年5月19日). https://natalie.mu/stage/news/428694 2021年9月3日閲覧。 
  77. ^ “【公演 / 会見レポート】山田裕貴らが“奥の奥、隅の隅”まで感情を伝える、音楽劇「海王星」開幕”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年12月6日). https://natalie.mu/stage/news/456503 2021年12月13日閲覧。 
  78. ^ 江口のりこ、前田敦子らが出演 溝口健二監督映画『夜の女たち』を初舞台化 長塚圭史が挑む初ミュージカル『夜の女たち』出演者が決定(コメントあり)”. SPICE. 株式会社イープラス (2022年3月30日). 2022年3月30日閲覧。
  79. ^ “葉山奨之&伊原六花、まわしを締めてドラマ『シコふんじゃった!』ダブル主演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年7月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2240709/full/ 2022年7月1日閲覧。 
  80. ^ “クロちゃんの人生をドラマ化「クロちゃんずラブ」Paraviで配信、主演は野村周平”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年3月20日). https://natalie.mu/eiga/news/517208 2023年3月20日閲覧。 
  81. ^ 【LINE】大学生活の鍵となる“情報戦”攻略を描いたWEB動画『キャンパラダイス〜イマドキの大学4年間を4分でまとめてみた〜』を本日公開 登美丘高校ダンス部元キャプテン 伊原六花さん、高校卒業後、初めての演技に挑戦!』(プレスリリース)LINE、2018年4月2日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001030.000001594.html2019年1月5日閲覧 
  82. ^ 登美丘高校ダンス部元キャプテン伊原六花、芸能界デビュー後初のテレビCM公開!センチュリー21新CM「はじめての独り暮らし」篇7月21日(土)より放映開始』(プレスリリース)株式会社センチュリー21・ジャパン、2018年7月11日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000031691.html2018年9月4日閲覧 
  83. ^ センチュリー21CM「新人の決意」篇/15秒”. センチュリー21. 2018年8月25日閲覧。
  84. ^ センチュリー21CM「はじめての独り暮らし」篇/15秒”. センチュリー21. 2018年8月25日閲覧。
  85. ^ センチュリー21 新 CM「新時代の旗揚げ」篇 1月21日(月)より全国放映開始 伊原六花の透明感ある歌声とフラッグダンスに注目!』(PDF)(プレスリリース)センチュリー21・ジャパン、2019年1月21日https://www.century21japan.co.jp/news/pdf/19011902.pdf2019年2月4日閲覧 
  86. ^ グーネット、“バブリーダンス”伊原 六花を起用した新CMを公開!』(プレスリリース)プロトコーポレーション、2018年8月24日https://www.proto-g.co.jp/IR/news/release508.html2020年2月1日閲覧 
  87. ^ 伊原六花 吉田凜音 出演 ABC-MART新TV-CM 『NIKE CLASSIC SNEAKER』』(プレスリリース)ABCマート、2018年9月6日https://www.abc-mart.net/shop/pages/press-180905-nike.aspx2019年1月5日閲覧 
  88. ^ 大阪府立高校ダンス部元キャプテン伊原六花さん スペシャルインタビューサイトを11月14日にオープン! 〜受験生をはじめ夢や目標に向かって頑張る中・高生を応援!〜』(プレスリリース)ウィザス、2018年11月15日https://www.atpress.ne.jp/news/1707312019年2月4日閲覧 
  89. ^ 女の子を可愛くするUV/メイクブランド 『Parasola(パラソーラ)』のイメージキャラクターに 女優の伊原六花さんが初就任! 2018年12月10日(月)よりWEB特設ページ公開・ 12月15日より全国のロフトにて先行発売開始。』(プレスリリース)ナリスアップコスメティックス、2018年12月8日https://www.atpress.ne.jp/news/1722302019年1月5日閲覧 
  90. ^ “バブリーダンス”でおなじみの伊原六花さんが、1日保育士体験!保育士の魅力をPRするWEB動画シリーズ公開! 「ココキャリ presents 伊原六花の1日保育士体験!六花せんせ〜い♡」2月1日(金)より、「ココキャリ」webサイト上で毎週更新!!』(プレスリリース)キャリアフィールド、2019年1月31日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000041454.html2019年2月4日閲覧 
  91. ^ LOOKの世界観をダンスで表現! 不二家「ルック」シリーズ新CMに伊原六花さんを起用 2019年9月10日(火)全国一斉オンエア ルック定番品も、同日リニューアル発売』(PDF)(プレスリリース)不二家、2019年8月27日https://www.fujiya-peko.co.jp/assets/pdf/press20190827_1.pdf2019年10月10日閲覧 
  92. ^ キレキレな“『豆乳グルト』ダンス”に大注目! 伊原六花さんがマルサンアイ新CMキャラクターに就任 11月17日(日)より首都圏エリアでオンエア』(プレスリリース)マルサンアイ、2019年10月10日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000048770.html2019年10月10日閲覧 
  93. ^ 20代が選ぶ20代向け転職サイト2年連続No.1「Re就活」新CMがいよいよ7月1日よりスタート!』(プレスリリース)株式会社学情、2020年6月26日https://company.gakujo.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2020/06/2020年8月11日閲覧 
  94. ^ 新TVCM「人気商品新価格篇」を、照英さんと、2021新イメージキャラクター伊原六花さんを起用して、3月18日(木)より全国で放映。』(プレスリリース)チヨダ、2021年3月18日https://www.chiyodagrp.co.jp/press_release/2021/031802/2021年3月18日閲覧 
  95. ^ “井上陽水、新曲「care」MVに“バブリーダンス”の伊原六花”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年6月22日). https://natalie.mu/music/news/287866 2019年1月4日閲覧。 
  96. ^ ““ラブソングの王様”鈴木雅之からのバレンタインプレゼント!あのアニメ話題曲のスピンオフムービーが公開”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2019年2月14日). https://music-book.jp/music/news/news/219483 2019年2月17日閲覧。 
  97. ^ 伊原六花の2nd写真集発売決定! 20歳”オトナ”直前の魅力が詰まった美しぎるカットが満載!! 伊原六花2nd写真集(仮)6月1日(土)発売決定!』(プレスリリース)東京ニュース通信社、2019年4月9日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000704.000006568.html2019年4月10日閲覧 
  98. ^ “伊原六花10代最後の写真集は「6つの花を探す旅」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年4月9日). https://thetv.jp/news/detail/186055/ 2019年4月10日閲覧。 
  99. ^ “伊原六花:20歳の誕生日にセカンド写真集発売 「いい20代のスタートを切れたら」”. MANTANWEB (MANTAN). (2019年6月2日). https://mantan-web.jp/article/20190602dog00m200006000c.html 2019年6月3日閲覧。 
  100. ^ 伊原六花の2020年スクールカレンダーが発売決定!! テーマは”色とりどりっか”「お気に入りは真っ白な衣装です」』(プレスリリース)東京ニュース通信社、2019年12月9日https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_8081750/2019年12月10日閲覧 
  101. ^ “伊原六花、来年カレンダー見どころは「全部!」 ダンスや水着など魅惑の8変化”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年10月15日). https://www.sanspo.com/article/20201015-Y7WQCAYTFNMPPFA3MLSQAE5MYU/ 2020年10月15日閲覧。 
  102. ^ “伊原六花、来年カレンダー出来栄えは「300点満点」ダンスシーンなど力作”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年11月7日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202111070000477.html 2021年12月11日閲覧。 
  103. ^ “クレイ勇輝率いる“音楽集合体バンド”OCEANS、1stアルバム発表し本格始動”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2022年6月17日). https://natalie.mu/music/news/481983 2023年10月21日閲覧。 

外部リンク[編集]