ロミオとジュリエット (2001年のミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロミオとジュリエット』(フランス語Roméo et Juliette: de la Haine à l'Amour)は、シェイクスピア戯曲ロミオとジュリエット』を基にしたフランス発のミュージカルである。作詞・作曲はジェラール・プレスギュルヴィック、初演は2001年1月19日、パリのパレ・デ・コングレ劇場。

概要[編集]

初演時のサブタイトルは "de la Haine à l'Amour"(憎しみから愛へ)。フランス語ミュージカルとしては、『ノートルダム・ド・パリ』と並ぶ人気作品である。

原作との違いは、登場人物のほとんどが主人公2人の秘密婚儀を知っていることである。また言語や上演地によって、歌や筋立て、特に主人公2人の死に方に違いがある。

これまでにモントリオールロンドン英語)、アムステルダムブダペストハンガリー語)、モスクワロシア語)、ウィーンドイツ語)、メキシコスペイン語)などで上演された。アジアでは2007年、フランス語によりソウル釜山台北などで巡回上演された。

2010年2月から4月に、パリのパレ・デ・コングレ劇場で "Les enfants de Vérone" (ヴェローナの子供たち)というサブタイトルで再演された。ロミオ役は初演及びアジアツアーで同役を演じたダミアン・サルグ、ジュリエットはアジアツアーのジョイ・エステル。

日本での初演は、宝塚歌劇団星組によって、2010年7月に梅田芸術劇場、8月に博多座で上演された。以降の再演については後述する。

登場人物[編集]

  • ロミオ - モンタギュー家の一人息子。
  • ジュリエット - キャピュレット家の一人娘。
  • ティボルト - キャピュレット夫人の甥。ジュリエットに片思いしている。
  • ベンヴォーリオ - モンタギューの甥でありロミオの友人。
  • マキューシオ - ヴェローナ公の甥でありロミオの友人。
  • ロレンス神父 - 街の教会の神父。ロミオとジュリエットの秘密婚儀を取りなす。
  • ジュリエットの乳母 -
  • モンタギュー卿 - モンタギュー家の家長。
  • モンタギュー夫人 - モンタギューの妻。キャピュレット夫人と対立している。
  • キャピュレット卿 - キャピュレット家の家長。
  • キャピュレット夫人 - キャピュレットの妻。モンタギュー夫人と対立している。
  • ヴェローナ公 - ヴェローナの領主。モンタギュー家とキャピュレット家の対立に頭を悩ませている。
  • ピーター - ジュリエットの乳母の従者。
  • パリス - ジュリエットの婚約者。
  • 愛(宝塚版オリジナル)

あらすじ[編集]

劇的効果を得るために、死(フランス、ベルギー、日本、オランダ、モスクワ作品のみ)や詩人(フランス作品のみ)などの原作には登場しない登場人物が登場する。さらに、キャピュレット夫人の出番は大幅に増え、ハンガリー版では使用人と浮気をしている。ティボルトの役柄はわずかに変わった。憎悪、そしてジュリエットへの報われない想いを抱きながら暗い幼年時代を過ごしたという設定が加わり、原作での単に敵意に満ちたものから、より哀れなものになっている。

第一幕[編集]

ヴェローナの町の二つの名家、モンタギュー家とキャピュレット家の間の長年に渡る確執は、頻繁に街路での暴動を引き起こす。腹を立て、ヴェローナの大公は違反したら死刑に処すという条件で市内での闘争を絶対的に禁止する法令を発する("Vérone")。キャピュレット夫人とモンタギュー夫人が両一族の暴行を公然と非難する間("La haine")、ロミオ(モンタギュー家の唯一の後継者)とジュリエット(キャピュレット家の娘)はどうしようもないほどに愛を探し求めている("Un jour")。

キャピュレット家では、ジュリエットがパリス伯爵と出会うことができるように舞踏会が開催されている。そして、パリス伯爵はキャピュレットにジュリエットとの婚約を申し込んでいた("La demande en mariage", "Tu dois te marier")。ヴェローナでは、ロミオと彼の友人であるベンヴォーリオとマキューシオが道をぶらついている("Les rois du monde", "La folie")。ロミオはなんともいえぬ恐れを感じていた("J'ai peur")。ロミオに気晴らしをさせることを望み、ベンヴォ―リオとマキューシオはロミオを説得し変装させて、キャピュレット家で開かれている舞踏会へ同行させる("Le bal")。キャピュレットの娘であるジュリエットを見た瞬間、ロミオはその相手を誰だかわからないままジュリエットに心を奪われる("L'amour heureux")。ティボルトはロミオに気づき、ジュリエットの両親に知らせる。ロミオとジュリエットは乳母から互いが誰であるかを聞く("Le bal 2")。ティボルトは失恋し(密かにジュリエットを愛していた)、自分が憎悪と侮辱の息子であると歌う("C'est pas ma faute")。

舞踏会の後、ジュリエットは自室に逃げ込み、ロミオのことを夢想する。そしてロミオは自身を大きな危険に晒してキャピュレット家の庭でジュリエットに求婚する。二人は愛の誓いを交わし、結婚できるようできるだけ早く密かに計画をたてる("Le balcon")。家族が決して二人の結婚に賛成しないとわかっていたため、ロミオはローレンス修道士に会い、二人の結婚式を執り行うように頼む。ローレンス修道士は、この結婚により両家が和解するであろうと望んで快く受け入れる("Par amour")。

朝、ロミオは友達に会い、乳母に会ったがみんなにからかわれる("Les beaux, les laids")。ロミオは、ローレンス修道士が次の午後にロミオとジュリエットの結婚式を執り行うということを乳母に伝える。ジュリエットを自らの娘のように深く愛している乳母は、ジュリエットにその朗報を伝える("Et voilà qu'elle aime")。ついにロミオとジュリエットは結婚する("Aimer")。

第二幕[編集]

次の日、ベンヴォーリオとマキューシオはロミオに会う。そして彼らはロミオを裏切り者だと非難する("On dit dans la rue")。ヴェローナの街頭では、ロミオとの新しい血の繋がりに気づいていないティボルトはロミオを探しており("C'est le jour")、ロミオを見つけて戦いを挑む。そしてロミオはそれを拒む("Le duel")。マキューシオはその挑戦を受け、致命傷を負う。 罪悪感、復讐心、青年特有の短気に取りつかれ、ロミオはティボルトを殺す("Mort de Mercutio")。両家は喪に服し、大公に報復を要求する("La vengeance")。最終的に大公はロミオをヴェローナから追放することにし、政治権力について思いを巡らせる("Le pouvoir")。寝室で、ジュリエットは乳母から悲報を聞く。ジュリエットは従兄弟への愛と夫への愛との間で悩まされる。ロミオはローレンス修道士のもとへ行く。ロミオは追放は死よりもひどいものであると考えている("Duo du désespoir")。

ロミオとジュリエットは結婚初夜を二人で過ごし、 ロミオはマントバへ逃亡する("Le chant de l'alouette")。ジュリエットの夫が去ったすぐ後、ジュリエットはパリス伯爵と結婚する予定だと両親から告げられる。ジュリエットが拒否すると両親はジュリエットと縁を切ると脅す("Demain")。取り乱して、キャピュレットは自分の娘に対する愛を歌う("Avoir une fille")。自室でジュリエットは、なぜ自分が従わなければならないのか問う("Pourquoi")。マントバでは、ロミオはジュリエットのことを考えている。絶望の中でジュリエットはローレンス修道士を頼りにする。そして、ローレンス修道士は巧妙な計画を考案する。ローレンス修道士は、その計画がついに恋人たちと彼らの一族の両方に幸せな結末をもたらすことを望んでいる("Sans elle")。

ジュリエットは結婚の計画に従っていると思われたが、結婚の前夜、ローレンス修道士によって用意された彼女を仮死状態にする薬を服用する("Le poison")。ジュリエットは目が覚めて自分を待つロミオを見つけることを期待しながら、キャピュレット家の地下納体所に安置される。不運なことに、修道士が書いたロミオへ計画を伝える便りがどういうわけか紛失し、その代わりにロミオはベンヴォーリオから妻であるジュリエットが死んだことのみを聞く("Comment lui dire")。

悲嘆に暮れ、ロミオはキャピュレット家の地下納体所に押し入り、最愛の人の遺体だと信じているものを見つける。そして、死んでジュリエットに再会するために服毒する("Mort de Roméo")。そのすぐ後、ジュリエットは目を覚まし自分の夫が死んでいることに気づき、ロミオの短剣で自分自身を突き刺す("La mort de Juliette")。ローレンス修道士は地下納体所に入り、二人の恋人たちの死に気づく。ローレンス修道士は神に愚痴をこぼす("J'sais plus")。一部始終が話されているとき、打ちひしがれた両家は今後は平和に暮らすことに同意する("Coupables")。

初演時の配役[編集]

フランス初演
  • ロミオ: ダミアン・サルグ/ヴァンサン・ニコレ
  • ジュリエット: セシリア・カラ、後にジョイ・エステル
  • ベンヴォーリオ: グレゴリー・バケ
  • マキューシオ: フィリップ・ダヴィラ、後にジョン・アイゼン
  • ティボルト: トム・ロス
  • モンタギュー夫人: エレノア・ボーリュー
  • キャピュレット夫人: イザベル・フェロン/カロリーヌ・ブランダン
  • 乳母: レジャーヌ・ペリー
  • キャピュレット: セバスティアン・エル・シャト
  • ローレンス修道士: ジャン・クロード=エディダ
  • 大公: フレドリック・シャルテル
  • パリス: エッセ
  • 詩人: セルジュ・ル・ボーニュ
  • : アンヌ・マノ
ウィーン初演(ドイツ語初演)

楽曲[編集]

略号
  • R:ロミオ
  • J:ジュリエット
  • B:ベンヴォーリオ
  • M:マキューシオ
  • T:ティボルト
  • LM:モンタギュー夫人
  • LC:キャピュレット夫人
  • CC:キャピュレット伯
  • LN:ジュリエットの乳母
  • PV:ベローナ大公
  • FL:ロレンス修道僧
  • LP:詩人
  • P:パリス
  • LaM:死神
  • GP:プレスギュルヴィック
  • LT:全員
Acte 1 Acte 2
Ouverture (GP) "On dit dans la rue" (R, M & B)
"Vérone" (PV) "Cest le jour" (T)
"La Haine" (LC & LM) "Le Duel" (M, T, & R)
"Un Jour" (R & J) "Mort de Mercutio" (M & R)
"La Demande en mariage" (P & CC) "La Vengeance" (CC, LM, PV & R)
"Tu dois te marier" (LC & LN) "Le Pouvoir" (PV)
"Les Rois du monde" (R, B & M) "Duo du désespoir" (LN & FL)
"La Folie" (M, R & B) "Le Chant de l'alouette" (R & J)
"J'ai peur" (R) "Demain" (CC, LC, J & LN)
"Le Bal" (instrumental) "Avoir une fille" (CC)
"L'Amour heureux" (R & J) "Pourquoi" (J)
"Le Bal 2" (instrumental) "Sans Elle" (R & J)
"C'est pas ma faute" (T) "Le Poison" (J)
"Le Poète" (LP & J) "Comment lui dire" (B)
"Le Balcon" (R & J) "Mort de Roméo" (R)
"Par amour" (FL, R & J) "La Mort de Juliette" (J)
"Les Beaux, les Laids" (LN, B & M) "J'sais plus" (FL)
"Et voilà qu'elle aime" (LN) "Coupables" (final) (LC, LM, LN & LT)
"Aimer" (R & J) --

日本での上演[編集]

宝塚歌劇団[編集]

その他[編集]

タイトル表記は、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
潤色・演出は小池修一郎が担当。企画・制作は、TBSホリプロ梅田芸術劇場
2011年
2011年9月 7日 - 10月 2日 赤坂ACTシアター
2011年10月8日 - 10月20日 梅田芸術劇場メインホール
キャストとダンサーはオーディションで決定。[1]
2013年[2]
2013年 9月13日 - 10月 5日 東急シアターオーブ
2013年10月12日 - 10月27日 梅田芸術劇場メインホール
城田優がロミオ役とティボルト役の両方を日替わりで務めた。
柿澤勇人は東京公演のみの出演。
2017年[3]
2017年1月15日 - 2月14日 TBS赤坂ACTシアター
2017年2月22日 - 3月 5日 梅田芸術劇場メインホール
キャスト
  2011年 2013年 2017年
ロミオ 城田優
山崎育三郎 
城田優[注 1]
古川雄大
柿澤勇人 [注 2]
古川雄大
大野拓朗
ジュリエット 昆夏美
フランク莉奈
フランク莉奈
清水くるみ
生田絵梨花
木下晴香
ティボルト 上原理生
平方元基
城田優[注 3]
加藤和樹
渡辺大輔
広瀬友祐
ベンヴォーリオ 浦井健治 尾上松也
平方元基
馬場徹
矢崎広
マーキューシオ 良知真次
石井一彰
東山光明
水田航生
平間壮一
小野賢章
ロレンス神父 安崎求 坂元健児
ジュリエットの乳母 未来優希 シルビア・グラブ
キャピュレット卿 石川禅 岡幸二郎
キャピュレット夫人 涼風真世 香寿たつき
モンタギュー卿 ひのあらた 阿部裕
モンタギュー夫人 大鳥れい 鈴木結加里 秋園美緒
ヴェローナ大公 中山昇 岸祐二
パリス 岡田亮輔 岡田亮輔
加藤潤一
川久保拓司
中島周
大貫勇輔
中島周
大貫勇輔
宮尾俊太郎
大貫勇輔
宮尾俊太郎

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ティボルト役との役替わり
  2. ^ 東京のみ出演
  3. ^ 役替わり

出典[編集]

  1. ^ 小池修一郎演出のミュージカル『ロミオ&ジュリエット』今秋上演決定 キャスト&ダンサーはオーディションで決定(シアターガイド、2011年3月4日)
  2. ^ ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』日本版が来年秋に再演 ダンサー・オーディションを実施(シアターガイド、2012年9月3日
  3. ^ “大野拓郎×生田絵梨花「ロミオ&ジュリエット」新キャスト発表、馬場徹、矢崎広ら”. ステージナタリー. (2016年4月7日). http://natalie.mu/stage/news/182426 2016年4月7日閲覧。 

外部リンク[編集]