松村雄基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつむら ゆうき
松村 雄基
本名 松村 憲幸(まつむら のりゆき)
生年月日 (1963-11-07) 1963年11月7日(56歳)
出生地 日本の旗 日本東京都文京区
身長 178cm
血液型 B型
職業 俳優歌手書家
ジャンル テレビドラマ映画オリジナルビデオ
活動期間 1980年 -
事務所 オールスターズ・カンパニー
公式サイト 松村雄基オフィシャルサイト
主な作品
テレビドラマ
不良少女と呼ばれて
スクール☆ウォーズ
乳姉妹
ポニーテールは振り向かない
信濃のコロンボ事件ファイル』(中村梅雀版)
テンプレートを表示

松村 雄基(まつむら ゆうき、1963年11月7日 - )は、日本俳優である。身長178cm、体重63kg。オールスターズ・カンパニー所属。

来歴[編集]

東京都文京区出身。「どこか遠くの世界のようだった」と思って元々俳優にはあまり興味がなかったが[1]、中学生時代、同級生の母親から旧知の芸能事務所社長を紹介されたことが縁で芸能界入り[1]。中学3年から高校1年の2年間「劇団俳小」のタレント育成コースで演技の基礎を学んだ後[1]東京都立板橋高校在学中に、テレビドラマ『生徒諸君!』の沖田成利役でデビュー。

1984年放送の『少女が大人になる時 その細き道』で大映テレビドラマの初レギュラー[2]。以後『不良少女とよばれて』『スクール☆ウォーズ』とレギュラー出演が続き、1980年代には大映ドラマの常連男優として活躍した。松村を自分のドラマに起用した大映テレビプロデューサーの春日千春はその起用理由について「目が気に入ったとしか言いようがない」と話している[2]TBS土曜9時枠の連続ドラマでは『スクール☆ウォーズ』の他、『ポニーテールはふり向かない』、TBS火曜20時台の『不良少女とよばれて』『乳姉妹』、フジテレビ水曜20時台の『花嫁衣裳は誰が着る』が代表作で、大映ドラマの三つ全ての枠に出演していた。

1993年頃(当時30歳)から舞台出演のオファーが来るようになり、その後毎年平均4本のペースで出演するようになる[3]

1981年CBS・ソニーからレコードデビュー。しばらく歌手活動を休止してたが、2006年に歌手(ライブ)活動を再開。2013年に26年ぶりのオリジナルアルバムをリリース。2014年現在、東京と大阪を中心に精力的なライブ活動を続けている。

剣舞家であり、書家でもある。30歳の頃書店でたまたま書家・大溪洗耳の著書を手にしたことがきっかけで書道に興味を持ち、五月女玉環に弟子入りし、書を始めた[4]。第17回東京書作展(東京新聞社主催)にて内閣総理大臣賞受賞。

2015年にはデビュー35周年を迎える。

2019年に日本でラグビーW杯が開催され、過去に高校ラグビー部を舞台にしたドラマ「スクール・ウォーズ」で人気を博した松村はこの年単独の仕事の他、同ドラマでラグビー部顧問を演じた山下真司との共演[5]が一時的に増え「W杯特需でした」と喜んだ[3]

人物[編集]

デビューまで[編集]

家庭の事情で小さい頃から祖母と2人暮らしだった[4](後述)。

小学生の頃までは運動音痴だった[3]

芸能界に入る前の中学生の頃の将来の夢は、「中国語の通訳や外交官になること」だった。中学2年から3年生まで生徒会長を務めていたが、当時の性格は大人しくて人見知りだった[3]

芸能入りのきっかけをくれた同級生に事務所を紹介してくれた理由を尋ねると、「(生徒会長として喋る松村の姿を見て)あんたは芸能界で生きていけそうな気がした」と言われたとのこと[4]

祖母との生活について[編集]

松村は母親代わりの祖母に育てられ、彼の学生時代まで祖母は詩吟の先生をしており自宅に生徒を集めて教えていた[3]

松村によると祖母は士族の生まれで「一度決めたらトコトンやる」という人で[3]、礼儀や敬語に関しては厳しく育てられた[4]

中学生の頃に芸能界入りを決めたのは、社長と直々に会って話した祖母の「社長さんが良さそうな人だし、嫌になったら辞めればいい」との助言を受けたことから[3][4]

しかし松村が俳優デビューした翌年18歳の頃に祖母が脳梗塞で倒れ、会話はできるが後遺症で体の自由がきかない状態となる[4]。それ以来松村は仕事と並行して叔母・叔父の手も借りながら自宅で介護し、さらに祖母に認知症の症状が現れるも倒れてから10年間介護生活を続ける[6]。その後認知症が進行し家族だけの介護に限界を感じ、特別養護老人ホームに入ることになった祖母は10年間そこで暮らした後87歳で亡くなっている[4]

その他エピソード[編集]

特に印象に残っている先輩俳優としてドラマ「雨の慕情」で松村の母役を演じた加賀まりこを挙げている[7]

お酒を飲むのは、気の置けない人たちとたまに飲む程度。元々は喫煙者だったが舞台を始めた30歳頃にタバコをやめている[3]。またその頃から体力維持のため公演期間中は毎朝4時に起きた後、ジョギング、ストレッチ、筋トレをするようになった[4]

茶道を嗜んでおり、1999年前後に自分で調べて茶道教室に通い始め、それ以来「この上なくエネルギーがチャージされる」として楽しんでいる[3]

2016年頃にソワレというシャンソン歌手に出会ったことがきっかけで松村もシャンソンを歌うようになり、ライブで披露しているという[3]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビその他[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 虎狼の群れ1・2(2017年、コンセプトフィルム、オールインエンタテインメント)[9]

舞台[編集]

  • 元禄 花の恋侍(1993年 民音全国縦断公演)
  • スーパミュージカル 源氏物語(1996年 全国39か所公演)
  • 楽劇 リコリス(1997年 リリアホール)
  • 手の中の林檎(1998年 大阪 扇町ミュージアムスクエア・新宿 THEATER TOPS)
  • 花の情(1998年 明治座 11月公演)
  • ミュージカル 南太平洋(1999年 青山劇場
  • 上を向いて歩こう(1999年 新橋演舞場
  • 妻たちの鹿鳴館(2000年 明治座 2月公演、2002年 明治座)
  • 宮本武蔵(2000年 全国)
  • 青木さん家の奥さん(2000年 三鷹市芸術文化センター、2008年 関東学院大学ベンネットホール)
  • 道頓堀ものがたり(2000年 大阪松竹座・新橋演舞場]、2003年 博多座
  • 空のかあさま(2001年 芸術座
  • 雪国(2003年 名鉄ホール
  • ふるあめりかに袖はぬらさじ(2003年 大阪松竹座・新橋演舞場)
  • 喜劇お江戸でござる〜日本橋長崎屋オランダ屋敷(2004年 新橋演舞場)
  • 虹の橋(2004年 御園座
  • あぢさゐ(2005年 THEATRE1010)
  • イブラヒムおじさんとコーランの花たち(2005年 博品館
  • 仲道郁代のゴメン!遊ばせクラシック(2005年 全国)
  • ふりだした雪(2006年 THEATRE1010)
  • 和宮様御留(2006年 新橋演舞場)
  • 江戸みやげ 狐狸狐狸ばなし(2006年 THEATRE1010、2008年 三越劇場、2010年 全国)
  • 女たちの忠臣蔵(2006年 明治座)
  • あかね空(2007年 中日劇場
  • 忠臣蔵 いのち燃ゆるとき(2007年 明治座)
  • 蝉しぐれ(2007年 大阪松竹座])
  • エドの舞踏会(2008年 明治座 2月公演)
  • GOD DOCTOR(2008年 新国立劇場) - 本能の枝さん 役
  • 大川わたり(2008年 明治座、2009年 中日劇場)
  • 華々しき一族(2008年 ル テアトル銀座ほか全国、2010年 天王洲 銀河劇場ほか全国) - 須貝三郎 役
  • キャスト3人による劇的朗読劇 苦情の手紙(2009年 博品館劇場
  • 川中美幸公演(御園座)
    • 川中美幸特別公演・お登勢〜龍馬が慕う蛍火の女(2009年) - 坂本龍馬
    • 川中美幸主演・たか女爛漫(2011年) - 長野主膳 役
  • おんなの家(2009年 新橋演舞場)
  • 香華(2010年 三越劇場ほか全国) - 江崎文武 役 → 桑田八郎 役
    • 共演者の佐藤B作が体調不良で途中降板したため、公演途中より代役を務めた[10]
  • 女の人さし指(2011年、三越劇場) - 折口 役
  • 女たちの忠臣蔵(2012年、明治座)
  • MACBETH(2012年、ラフォーレミュージアム原宿)
  • 早乙女太一公演・神州天馬侠(2013年、明治座・中日劇場)
  • 40カラット(2013年、東京芸術劇場プレイハウス・大阪松竹座)
  • 歳末明治座 る・フェア 年末だよ!みんな集合!!(2013年12月21日 - 24日、明治座) - 金売吉次 役
  • ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭(2017年12月、明治座 / 2018年1月、梅田芸術劇場) - 上杉景勝
  • 笑う門には福来たる〜女興行師 吉本せい〜 (2019年5月3日 - 26日、大阪松竹座 / 7月3日 - 27日、新橋演舞場)


音楽作品[編集]

シングル・レコード[編集]

  • セクシーNo.1/レイニー (81.06.01 CBSソニー)
  • ロンリー・デイ/踊れ!恋人 (81. CBSソニー)
  • 横を向くな、ためらうな/誘惑星 (82. CBSソニー)
  • 夏のナイフ/帰りな (85.05.22 CBSソニー)
  • Only You/さまよう世代 (Stray Age) (85.09.21 CBSソニー)
  • 気になるHEY GIRL/我武者羅 (86.03.21 CBSソニー)
  • Night Game/君との日々 (86.09.21 CBSソニー)
  • Dance & Dance/Tokyo Night (87.07.22 CBSソニー)

アルバム[編集]

  • Turn Loose (1985.07.01 CBSソニー)
  • STRAY AGE (1985.11.01 CBSソニー) ※未CD化
  • SUCCESS (1986.03.21 CBSソニー)
  • Champ (1987.07.22 CBSソニー)
  • BEST OF YUKI MATSUMURA (1988.07.01)
  • GOLDEN J-POP THE BEST (1999.09.22)
  • GOLDEN☆BEST (2008.01.23)
  • 武雄傳 (2013.11.06 SPACE SHOWER MUSIC)

VIDEO & LD[編集]

  • 松村雄基「SUCCESS 松村雄基ファーストライブ」(1986.07.21)

DVD[編集]

  • 松村雄基 Christmas Dinner Show (2006〜2010)
  • 松村雄基 Christmas Dinner Live (2011〜2013)

題字[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同シリーズ第13作『日本海殺人ルート』のリメイク版。
  2. ^ モーサテ』内コーナー[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c “涙が止まらず…松村雄基が明かすスクールウォーズ撮影秘話”. 日刊ゲンダイ. (2018年6月8日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/230717 2019年7月14日閲覧。 
  2. ^ a b 山中伊知郎『『スクール★ウォーズ』を作った男』洋泉社、2004年、110頁。ISBN 4-89691-792-8
  3. ^ a b c d e f g h i j 【連載 ズバリ!近況】ラグビーW杯で再注目の松村雄基さんがイケメンでも独身貫くワケ”. ENCOUNTのTREND記事 (2019年11月18日). 2020年2月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 撮影後、おんぶして銭湯まで…松村雄基、脳梗塞で倒れた祖母との日々を振り返る”. テレ朝ポスト (2018年7月24日). 2020年2月14日閲覧。
  5. ^ 松村によるとこれまで数年に1回のペースで共演してきたが、2019年だけで4,5回共演したとのこと。
  6. ^ 俳優・松村雄基 大映ドラマ全盛期から20年間も介護を続けていた!”. AERA dot. (2014年6月30日). 2020年2月14日閲覧。
  7. ^ 「失うものはない」松村雄基が語る今の思い”. Yahoo!ニュース (2019年5月18日). 2020年2月14日閲覧。
  8. ^ ビジネスドラマ”. モーサテ. テレビ東京. 2019年7月14日閲覧。
  9. ^ 虎狼の群れ|オールイン エンタテインメント”. www.all-in-ent.com. 2018年7月16日閲覧。
  10. ^ 佐藤B作、「肉芽」判明で舞台降板「とても残念であり悔しい」 代役発表は後日”. ORICON STYLE (2010年8月16日). 2016年10月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]