東京新聞社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東京新聞社(とうきょうしんぶんしゃ)は、かつて日本に存在した新聞社。1942年、戦時体制下に東京府(現在の東京都)を拠点とする都新聞社と國民新聞社が合併して誕生した新聞社である。都新聞社の存続会社として発足し『東京新聞』を発行していた。当初は社団法人組織であったが、1961年に株式会社へ改組。

1963年、深刻な経営難に陥り、東京エリアで『東京中日新聞』(現在の『東京中日スポーツ』)を発行していた中部日本新聞社(現在の中日新聞社)より支援を受ける。1967年10月1日、中部日本新聞社に『東京新聞』の営業・発行権を譲渡し、活動を停止した。なお、主力紙であった『東京新聞』は現在も中日新聞東京本社が発行する日刊一般紙として発行されている。『東京新聞』に関する現業の大半は中日新聞東京本社が行っており、中日新聞グループ内に現存する株式会社東京新聞社は単に商号保全を目的として存在するだけで事実上の休眠会社状態となっている点が同じ中日新聞社傘下で中日新聞福井支社が発行する『日刊県民福井』の記事取材を業務として存続している株式会社日刊県民福井とは異なっている。

なお、前身の一つである國民新聞社は、中日新聞の前身紙の一つである『新愛知』の発行元・新愛知新聞社の傘下であった。

在籍した著名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

中日新聞:グループ企業・関連団体:中日新聞社から(CHUNICHI Web)
ここに「東京新聞社」の名がある。