川中美幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川中美幸
出生名 川中岐味子
別名 春日はるみ
生誕 (1955-12-05) 1955年12月5日(63歳)
出身地 日本の旗 日本鳥取県米子市
ジャンル 演歌
職業 演歌歌手
担当楽器
活動期間 1973年 -
レーベル テイチクエンタテインメント
公式サイト 川中美幸オフィシャルサイト

川中 美幸(かわなか みゆき、1955年12月5日 - )は日本の演歌歌手。本名:山田 岐味子、旧姓:川中

経歴[編集]

鳥取県米子市出身、幼少の頃に大阪府吹田市に転居。1973年6月、「春日はるみ」の芸名でワーナー・パイオニアより「新宿天使」でデビューするも低迷。1977年4月、「川中美幸」と改名し、テイチク・レコードより「あなたに命がけ」で再デビュー。1980年文化放送の深夜放送「走れ!歌謡曲」のパーソナリティーに局アナ以外で初めて抜擢され、現在でも歌い継がれている有名なヒット曲「ふたり酒」が生まれることになった。

エピソード[編集]

2007年3月末に、世界で唯一レーザーディスクの製造を続けていたメモリーテックが製造を停止し、川中の「金沢の雨」が最後の作品となった。最後にプレスされた盤は記念プレートにされ、テイチクエンタテインメント社長を介して川中本人に贈られた。

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A面
B面
タイトル 作詞 作曲 編曲
1970年代
1 1977年
4月25日
A
あなたに命がけ 石坂まさを 伊藤雪彦 馬場良
B
雨の港町
1980年代
2 1980年
3月25日
A
ふたり酒 たかたかし 弦哲也 斉藤恒夫
B
特急寝台・日本海 木未野奈 北原じゅん 高田弘
3 1981年
2月25日
A
ふたりぐらし たかたかし 弦哲也 斉藤恒夫
B
おまえとならば
4 1981年
8月25日
A
あなたひとすじ たかたかし 弦哲也 斉藤恒夫
B
逢えてよかった
5 1982年
2月25日
A
花咲港 吉岡治 市川昭介 斉藤恒夫
B
ふたりで生きる 白鳥園枝
6 1982年
8月5日
A
越前岬 吉岡治 岸本健介 斉藤恒夫
B
夕焼けふるさと
7 1982年
11月21日
A
酔わせて[1] たかたかし 弦哲也 斉藤恒夫
B
愛ひとつ
8 1983年
2月1日
A
おれとおまえ 西沢爽 叶弦大 斉藤恒夫
B
ふたりの海峡 池田充男 徳久広司
9 1983年
5月21日
A
盛り場渡し舟 荒木とよひさ 浜圭介 斉藤恒夫
B
裏町あかり 伊東セツ 竹田賢
10 1983年
9月21日
A
遣らずの雨 山上路夫 三木たかし 高田弘
B
ひとり花 吉岡治 市川昭介 斉藤恒夫
11 1984年
2月1日
A
ふたりの春 いではく 遠藤実 斉藤恒夫
B
浪花夜曲
12 1984年
8月21日
A
忍ぶ川 吉岡治 市川昭介 斉藤恒夫
B
恋列車
13 1985年
2月21日
A
男じゃないか たかたかし 弦哲也 池多孝春
B
春待ち便り 荒木とよひさ 岸本健介 斉藤恒夫
14 1985年
10月21日
A
忍路海岸わかれ雪 たかたかし 弦哲也 池多孝春
B
浮草の花 浜浩二
15 1986年
2月21日
A
ふたりの絆 鳥井実 聖川湧 池多孝春
B
北国の夕暮れ 薗広昭
16 1986年
8月21日
A
浪花灯り 吉岡治 岸本健介 斉藤恒夫
B
遅い春 池多孝春
17 1987年
11月5日
A
瀬戸の恋歌 星野哲郎 岡千秋 斉藤恒夫
B
なみだの港
18 A
雨の街 恋の街 たかたかし 岡千秋 前田俊明
B
女の雨 星野哲郎 斉藤恒夫
19 1988年
3月21日
A
豊後水道 阿久悠 三木たかし 丸山雅仁
B
雨の降る町
20 1988年
11月5日
A
女 泣き砂 日本海 阿久悠 三木たかし 川口真
B
駅前酒場
21 1989年
7月7日
A
月夜だね たきのえいじ 叶弦大 竜崎孝路
B
雨のラプソディ
1990年代
22 1990年
1月21日
A
蛸焼き人生 瀬戸千秋 河島英五 小谷充
B
あかんたれの唄 もず唱平 上田正樹
23 1990年
5月21日
A
ぐい呑み酒 石本美由起 聖川湧 前田俊明
B
鴎と子猫
24 1991年
3月21日
A
あんたの春 もず唱平 浜圭介 前田俊明
B
25 1991年
4月1日
A
炎情歌 石本美由起 弦哲也 桜庭伸幸
B
花ある人生 もず唱平 浜圭介 前田俊明
26 1992年
2月21日
A
夢追い女 石本美由起 聖川湧 前田俊明
B
夢見酒 水木かおる 四方章人 池多孝春
27 1993年
2月21日
A
月の砂漠 湯川れい子 弦哲也 前田俊明
B
夕焼けの詩
28 1993年
9月22日
A
春花秋灯 星野哲郎 小林亜星 竹村次郎
B
元気でいこうぜ
29 1993年
10月21日
A
昔のように港町 阿久悠 三木たかし 馬飼野俊一
B
らんぷの宿で
30 1994年
10月21日
A
いとしい人へ[2] 帆刈伸子 都志見隆 川村栄二
B
北の想い 原真弓 久保田安紀
31 1995年
1月21日
A
北山しぐれ 水木かおる 岸本健介 前田俊明
B
リラ冷えの宿
32 1996年
1月21日
A
ちょうちんの花 阿久悠 円広志 桜庭伸幸
B
男たちよ
33 1996年
6月21日
A
恋歌ふたたび 阿久悠 藤竜之介 若草恵
B
そしてもう秋ある港町 只野通泰
34 1996年
7月12日
A
とうふ天国 星野哲郎 弦哲也 南郷達也
B
幸福ぐらし 池田充男 伊藤雪彦 馬場良
35 1997年
1月1日
A
二輪草 水木かおる 弦哲也 前田俊明
B
伊豆夜情 馬場良
36 1997年
1月22日
A
麗人麗歌 阿久悠 三木たかし 若草恵
B
37 1997年
3月1日
A
人生賭けてます 広瀬香美 本間昭光
広瀬香美
B
人生賭けてます
(Re-Mixバージョン)
飯田高広
38 1997年
6月21日
A
南へ旅しませんか 広瀬香美 本間昭光
広瀬香美
B
美幸のお願い数え唄 飯田高広
広瀬香美
39 1999年
4月21日
A
君影草
〜すずらん〜
水木かおる 弦哲也 南郷達也
B
菊日和
2000年代
40 2000年
1月21日
A
なにわの女 吉岡治 弦哲也 前田俊明
B
夏銀河
41 2000年
9月1日
A
出張物語[3] 吉幾三 京建輔
B
美幸のお願い数え唄 広瀬香美 飯田高広
広瀬香美
42 2001年
2月15日
A
春ふたり たかたかし 弦哲也 前田俊明
B
ふたりの窓
43 2001年
9月26日
A
大河の流れ 吉岡治 弦哲也 前田俊明
B
渡り鳥とんだ
44 2002年
3月13日
A
宵待しぐれ もず唱平 聖川湧 南郷達也
B
おんな橋
45 2002年
8月21日
A
貴船の宿 吉岡治 弦哲也 前田俊明
B
祭りうた 川村栄二
46 2003年
5月8日
A
おんなの一生
〜汗の花〜
吉岡治 弦哲也 前田俊明
B
風の異邦人 佐野博美
47 2004年
2月25日
A
おもろい女 吉岡治 弦哲也 前田俊明
B
梓川
48 2004年
5月26日
A
母日和 阿久悠 弦哲也 若草恵
B
花の美らさよ 水木かおる 前田俊明
49 2005年
1月1日
A
うすゆき草 たかたかし 弦哲也 前田俊明
B
高千穂旅情
50 2006年
1月1日
A
歌ひとすじ 吉岡治 弦哲也 前田俊明
B
想い出夜汽車
51 2006年
7月1日
A
灯籠流し たかたかし 弦哲也 前田俊明
B
おんな神輿 水木かおる 芳賀邦比庫 竜崎孝路
52 2006年
12月20日
A
金沢の雨 吉岡治 弦哲也 前田俊明
B
思い櫻
53 2007年
11月19日
A
夫婦ちゃんりん かず翼 弦哲也 南郷達也
B
浜しぐれ 志賀大介
54 2008年
8月27日
A
木曽川しぐれ 水木れいじ 弦哲也 南郷達也
B
紅の雪 田久保真見
55 2009年
4月16日
A
艶冶な気分 吉岡治 弦哲也 若草恵
B
花のあとさき 前田俊明
56 2009年
9月2日
A
郡上夢うた 吉岡治 弦哲也 前田俊明
B
魔風恋風 竜崎孝路
2010年代
57 2010年
3月31日
A
ふたり花 たかたかし 弦哲也 前田俊明
B
雨情歌
58 2010年
11月24日
A
仁川エアポート[4] たかたかし 弦哲也 南郷達也
B
夜霧のふたり
59 2011年
1月1日
A
長崎の雨 たかたかし 弦哲也 前田俊明
B
まいどおおきに 伊戸のりお
60 2012年
1月1日
A
花ぼうろ
〜霧氷の宿〜
たかたかし 弦哲也 前田俊明
B
天空のペガサス 建石一 川村栄二
61 2012年
7月4日
A
うたびと 池田充男 都志見隆 若草恵
B
おんなの夢舞台 建石一 徳久広司 池多孝春
62 2012年
8月22日
A
名場面[5] 阿久悠 宇崎竜童 川村栄二
B
射手座のふたり 田久保真見 杉本眞人
63 2013年
1月1日
A
めおと桜 建石一 弦哲也 前田俊明
B
歌手紙 田村武也
64 2013年
10月16日
A
恋する大阪[6] 高田ひろお 聖川湧 丸山雅仁
B
半分こ
65 2014年
1月1日
A
祇園のおんな 高田ひろお 弦哲也 前田俊明
B
お吉情話
66 2014年
11月19日
A
吾亦紅
〜移りゆく日々〜
水木かおる 弦哲也 前田俊明
B
桜桃忌
67 2015年
4月22日
A
一路一生 池田充男 弦哲也 前田俊明
B
きぬぎぬ川 川村栄二
68 2016年
3月2日
A
人生ごよみ たかたかし 弦哲也 前田俊明
B
男の値打ち
69 2017年
2月22日
A
津軽さくら物語 齋藤千恵子 板橋かずゆき 田代修二
B
北の旅人 山口洋子 弦哲也 伊戸のりお
70 2017年
4月19日
A
あなたと生きる 田久保真見 弦哲也 前田俊明
B
涙の海を、渡るよに
71 2018年
1月31日
A
深川浪花物語 もず唱平 聖川湧 伊戸のりお
B
いなか侍
72 2018年
7月4日
A
能登はやさしや 椿れい 梶原茂人 伊戸のりお
B
小樽まで 阿久悠 花岡優平 矢野立美
73 2018年
8月15日
A
明日への伝言[7] 麻こよみ 花岡優平 伊戸のりお
B
たそがれ哀愁
74 2018年
11月7日
A
半分のれん 岸かいせい 左峰捨比古 伊戸のりお
B
ちゃんちき小町 ゆうじ誠 石田光輝

出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

1981年・第32回NHK紅白歌合戦で「ふたり酒」が大ヒットを果たし、念願の紅白初出場となった。その後1988・1989年と1993〜1997年は紅白落選となるも、1998年・第49回に「二輪草」がロングセラーを記録して9年振りに紅白復帰を果たし、2011年・第62回まで14年連続出場した。

川中美幸の紅白出場回数は通算24回で、紅組歌手の中では2011年当時で6位タイ(2017年・68回現在は7位タイ)の記録である。その内2006年・第57回は、「ふたり酒」で川中自身唯一の紅組トリを務めた。

年度/放送回 回数曲目 出演順 対戦相手 備考
1981年(昭和56年)/第32回 ふたり酒 07/22 西城秀樹 紅白初出場
1982年(昭和57年)/第33回 2 あなたひとすじ 16/22 内山田洋とクール・ファイブ
1983年(昭和58年)/第34回 3 遣らずの雨 04/21 大川栄策
1984年(昭和59年)/第35回 4 ふたりの春 06/20 新沼謙治
1985年(昭和60年)/第36回 5 男じゃないか 14/20 大川栄策(2)
1986年(昭和61年)/第37回 6 ふたりの絆 11/20 大川栄策(3)
1987年(昭和62年)/第38回 7 愛は別離(わかれ) 06/20 山本譲二
1990年(平成2年)/第41回 8 ぐい呑み酒 21/29 吉幾三 3年ぶり復帰
1991年(平成3年)/第42回 9 炎情歌 24/28 細川たかし
1992年(平成4年)/第43回 10 遣らずの雨(2回目) 20/28 前川清
1998年(平成10年)/第49回 11 二輪草 15/25 堀内孝雄 6年ぶり復帰
1999年(平成11年)/第50回 12 君影草〜すずらん〜 20/27 美川憲一
2000年(平成12年)/第51回 13 なにわの女 22/28 森進一
2001年(平成13年)/第52回 14 大河の流れ 25/27 さだまさし
2002年(平成14年)/第53回 15 貴船の宿 18/27 前川清(2)
2003年(平成15年)/第54回 16 おんなの一生 〜汗の花〜 29/30 氷川きよし トリ前
2004年(平成16年)/第55回 17 おもろい女 06/28 堀内孝雄(2)
2005年(平成17年)/第56回 18 二輪草(2回目) 01/29 細川たかし(2) トップバッター
2006年(平成18年)/第57回 19 ふたり酒(2回目) 27/27 北島三郎 紅組トリ
2007年(平成19年)/第58回 20 金沢の雨 02/27 鳥羽一郎
2008年(平成20年)/第59回 21 二輪草(3回目) 08/26 前川清(3)
2009年(平成21年)/第60回 22 ふたり酒(3回目) 11/25 森進一(2) 前半トリ
2010年(平成22年)/第61回 23 二輪草(4回目) 08/22 FUNKY MONKEY BABYS
2011年(平成23年)/第62回 24 二輪草(5回目) 05/25 平井堅
  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある()はトリ等を務めた回数を表す。
    • 前半トリとは1990年以降の紅白において、前半戦(ニュース直前まで)における両軍の最後。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

その他テレビ[編集]

CM[編集]

インターネット動画[編集]

ラジオ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 雲海酒造「そば焼酎・雲海」CMソング。
  2. ^ ハウス食品「うまいっしょ」CMソング。
  3. ^ 吉幾三とのデュエット。
  4. ^ 山本譲二とのデュエット。
  5. ^ 松平健とのデュエット。
  6. ^ 水谷千重子とのデュエット。
  7. ^ ベイビー・ブーとのデュエット。

外部リンク[編集]