百瀬朔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ももせ さく
百瀬 朔
生年月日 (1994-07-08) 1994年7月8日(29歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県
身長 166 cm
血液型 A型[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
事務所 ABP inc.
テンプレートを表示

百瀬 朔(ももせ さく、1994年7月8日 - )[1]は、日本俳優

兵庫県出身[1]ホリ・エージェンシーABP inc.所属。身長166cm[1]

人物・略歴[編集]

2017年3月に明治大学を卒業[2]

ホリ・エージェンシーを2021年2月28日で退社[3]。3月1日よりABP inc.に所属[4]

特技はバイオリン剣道(初段)、ダンス[1]。趣味は野球観戦、バイオリン[1]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 鎧武外伝(2015年) - ペコ 役
    • 仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン
    • 仮面ライダーデューク/仮面ライダーナックル

舞台[編集]

ラジオ番組[編集]

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

ゲーム[編集]

玩具[編集]

  • COMPLETE SELECTION MODIFICATION ゲネシスドライバー(2024年3月、バンダイ) - ペコ / 仮面ライダー黒影・真 役

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f “百瀬 朔”. ABP inc.. https://abp-inc.co.jp/member/saku-momose 2021年4月6日閲覧。 
  2. ^ 百瀬朔公式Twitter@Momose_Sakuの2017年3月29日のツイート2018年5月31日閲覧。
  3. ^ 百瀬朔公式Twitter@Momose_Sakuの2020年3月1日のツイート2021年4月6日閲覧。
  4. ^ 百瀬朔公式Twitter@Momose_Sakuの2020年3月1日のツイート2021年4月6日閲覧。
  5. ^ “お知らせ!”. 百瀬朔オフィシャルブログ. (2010年10月6日). https://web.archive.org/web/20121213050008/http://ameblo.jp/ha-momosack87/entry-11372432041.html 2014年6月3日閲覧。 
  6. ^ 百瀬朔公式Twitter@momose_sakuの2018年5月10日のツイート2019年8月18日閲覧。
  7. ^ “沢村一樹主演「刑事ゼロ」初回は静岡で15・4%”. nikkansports.com. (2019年1月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901110000519.html 2019年1月23日閲覧。 
  8. ^ “覚醒剤に溺れた青年と家族を描く「まっ白の闇」 実話だからこそ分かる薬物依存症の終わりなき苦悩と更生/週末エンタメ”. SANSPO.COM. (2019年3月1日). https://www.sanspo.com/article/20190301-6EPQQLBACFMVFJIUW4BMEC7VXE/ 2019年4月12日閲覧。 
  9. ^ キャスト”. 映画『映像研には手を出すな!』公式サイト. 2020年9月25日閲覧。
  10. ^ “佐野岳らの出演で『曇天に笑う』舞台化”. ORICON STYLE. (2014年10月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2043973/full/ 2015年4月1日閲覧。 
  11. ^ “東京マハロが描く被災地の物語に、百瀬朔が挑む”. チケットぴあ. (2015年3月24日). http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201503240005 2015年4月1日閲覧。 
  12. ^ “新キャスト4人迎えた「ペダステ」上演決定!巻島裕介&東堂尽八も登場”. ステージナタリー. (2018年12月27日). https://natalie.mu/stage/news/314012 2018年12月27日閲覧。 
  13. ^ 山本卓卓; 百瀬朔(インタビュアー:五月女菜穂)「山本卓卓と百瀬朔にインタビュー KAATキッズ・プログラム『二分間の冒険』で「冒険」の意義を現代に問う」『SPICE』、2019年8月1日https://spice.eplus.jp/articles/2472802020年6月11日閲覧 
  14. ^ 百瀬朔(インタビュアー:谷中理音)「舞台『血界戦線』百瀬朔 インタビュー」『ローチケ演劇宣言!』、2019年8月15日https://engekisengen.com/genre/2_5d/16778/2019年8月18日閲覧 
  15. ^ 百瀬朔「ヘルサレムズ・ロットを思う存分楽しんで」舞台『血界戦線』Beat Goes Onレポート”. エンタステージ. NANO association (2020年11月24日). 2021年4月6日閲覧。
  16. ^ 舞台「血界戦線」第3弾上演決定!百瀬朔・岩永洋昭・猪野広樹・久保田秀敏ら続投”. ステージナタリー. ナターシャ (2021年4月2日). 2021年4月6日閲覧。
  17. ^ 喜劇と立体音響を追求、オーベロントライアルシリーズ第2弾に百瀬朔・矢島舞美・高木稟”. ステージナタリー. ナターシャ (2023年11月20日). 2023年11月21日閲覧。
  18. ^ “3世代のゲイの人々描く6時間半、熊林弘高演出「インヘリタンス-継承-」に福士誠治ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2023年9月11日). https://natalie.mu/stage/news/540527 2023年9月11日閲覧。 
  19. ^ 砂浜クラブ”. NHK オーディオドラマ. NHK (2019年4月13日). 2019年4月12日閲覧。
  20. ^ NHK FMシアター『包帯クラブ ルック・アット・ミー!』(2023年10月21日・28日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2023年9月20日閲覧。
  21. ^ “CM”. 百瀬朔オフィシャルブログ. (2014年9月20日). https://web.archive.org/web/20141006075746/http://ameblo.jp/ha-momosack87/entry-11927858940.html 2014年10月2日閲覧。 
  22. ^ 百瀬朔公式Twitter@Momose_Sakuの2018年11月17日のツイート2019年1月23日閲覧。

外部リンク[編集]