陣内孝則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
じんない たかのり
陣内 孝則
陣内 孝則
 第74回桜花賞表彰式にて(2014年4月13日)
本名 陣内 孝則
生年月日 (1958-08-12) 1958年8月12日(58歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県大川市
身長 176cm[1]
血液型 B型[1]
職業 俳優歌手タレント映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1980年 -
活動内容 1980年 - 1982年:音楽活動
1982年:俳優デビュー
配偶者 陣内恵理子
事務所 ジェイ・オフィス
公式サイト 【j-office】陣内孝則 立花裕大 所属事務所 公式サイト
主な作品
テレビドラマ
ライスカレー
君の瞳をタイホする!
愛しあってるかい!
青春家族
ストーカー・誘う女
菊次郎とさき』シリーズ
1リットルの涙
映画
ちょうちん
さらば愛しのやくざ

陣内 孝則(じんない たかのり、1958年8月12日 - )は、日本俳優歌手タレント映画監督。本名同じ。福岡県大川市出身。ジェイ・オフィス所属(2013年12月よりオスカープロモーションと業務提携)。佐賀大学教育学部附属中学校西南学院高等学校卒業。妻は陣内恵理子

人物・来歴[編集]

上野義美に博多でスカウトされ、ザ・ロッカーズのボーカルとしてデビューする。当時は桑名正博の前座としても活動していた。

バンド解散後、役者に転向。転向後は浅野ゆう子らとともにトレンディドラマに出演して顔が知られる。その後は途切れることなく多くの映画テレビドラマに出演し続けている。

上京のきっかけは『ザ・ベストテン』で同郷の先輩である大川栄策がタンスを担いで出演したのを見て「俺も何かせんといかん」と決意したから(父親には「そんなもので食っていけるのか?」と言われ「俺は夢を食って生きていく!」と言い返した)[2]

「音楽で食っていけるんなら音楽を続けていたかったが、そういうわけにも行かなかったので俳優をやっている」とも発言している。ロッカーズ時代にルースターズ大江慎也池畑潤二らも出演した『爆裂都市 BURST CITY』が俳優デビュー作で、それ以降、音楽活動はほとんど行なっていない[3]

三上博史柳葉敏郎からは「ボス」と呼ばれており、いつの間にか一般的に広まりボスの愛称が定着。

コミカルな役から重厚な役まで様々な役を演じるが、実際はひょうきんな性格で、バラエティー番組にも積極的に出演。お笑い芸人並に喋るチャンスを窺っており、笑いに非常に貪欲である(特にダウンタウン (お笑いコンビ)からは毎度のようにツッコまれている)。

妻は資生堂キャンペーンアイドルグループのシャワーの元メンバーで、現在はファッション雑誌のモデルとして活動している。

荒井由実(当時)の「卒業写真」が嫌い。これは喫茶店で高校生の時に付き合っていた彼女が、東京の大学へ進学するため付き合うのをお仕舞いにしようと言われ、陣内が必死に説得し、彼女が納得しようとしたその時「卒業写真」が流れ、彼女が「卒業写真」の歌詞と自分の今の状態と投影してしまい、結局陣内はその彼女と別れてしまったのが原因[2]

競馬には非常に強い関心があり、日本中央競馬会に登録の馬主として、自身も競走馬を所有している。所有馬キクジロウ(名前の由来は自身が主演したテレビ朝日系テレビドラマ『菊次郎とさき』で演じたビートたけしの父:北野菊次郎から)が、2008年5月4日の第2回東京競馬第4日の第3競走の3歳未勝利戦(ダート1600m)で初勝利を挙げた。表彰式では『菊次郎とさき』で着用したハッピを着て愛馬の口取りを行った。また、当日京都競馬場で開催された第137回天皇賞に優勝したアドマイヤジュピタの母:ジェイズジュエリーも所有馬であったため、陣内に取っては嬉しい一日となった。

陣内貴美子とは遠戚であることが、関西テレビの単発番組『陣内家』で共演を果たした際に判明した(このとき共演した陣内智則とは遠縁でも何でもないことが判明した。が、兄の名前は「隆則」と、字は違えど同音異字であることも判明した)。

エピソード[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

  • 陣内の自動車ショー歌/(b/w)D.D ROCK'N' ROLL(1982年10月21日)※ソロデビュー作品
  • ハートブレイクCrossin'/サヨナラを言わないでくれ(1984年)フジテレビアニメふたり鷹』主題歌
  • SUPER SUPERSTAR(1984年)ジャッキー・チェン主演『五福星』主題歌
  • 悲しき狙撃者(スナイパー)/ONE NIGHT HONEYMOON(1985年)横山やすし主演『ビッグマグナム黒岩先生』主題歌、挿入歌
  • 現在人 (Imagine)(1987年)
  • 涙のモーターウェイ(1988年)※ザ・ロッカーズ楽曲のセルフカヴァー
  • 辛口(1988年)
  • ワイルド・ジャンボ・ロック(2002年1月19日)※小西康陽プロデュース

アルバム[編集]

  • 旋風児(1982年11月、1995年にCD選書シリーズとして再発売)
  • ALL THROUGH THE NIGHT(1984年)
  • Rendez-Vous(1985年)
  • BALLAD OF T.J.(1986年)
  • Kir(1987年)
  • 陣内孝則ベスト(1987年)
  • 陣内孝則BEST HITS 16 "PRESENTS"(1988年)
  • B・BLUES(1994年)※PLATINUM SAX(陣内孝則、花田裕之窪田晴男らによるバンド)名義

参加作品[編集]

提供作品[編集]

出演作品[編集]

※主演は太字

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

MV[編集]

バラエティ[編集]

ナレーション[編集]

ナビゲーター[編集]

CM[編集]

監督作品[編集]

映画[編集]

受賞[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)
  2. ^ a b 週刊現代 2012年11月17日号 p.76-78「私の地図 : あの場所へ帰りたい(第122回)俳優 陣内孝則」
  3. ^ 2005年の「HAKATA BEAT CLUB」に参加している。(Maru 『博多とロック:12人のミュージシャンに見るロックな生き方』、2006年、50頁。ISBN 4902108380
  4. ^ “陣内孝則の28歳息子は「とくダネ!」ディレクター”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2016年11月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1742015.html 2016年11月23日閲覧。 
  5. ^ プレミアムドラマ 宮崎局発地域ドラマ 命のあしあと - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  6. ^ “WOWOW『沈まぬ太陽』第2部 長塚京三、陣内孝則ら豪華俳優陣が出演”. ORICON STYLE. (2016年5月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2071301/full/ 2016年5月8日閲覧。 
  7. ^ 陣内孝則、ネットの批判にボウイ風メイクで対抗”. シネマトゥデイ (2016年6月16日). 2016年9月16日閲覧。
  8. ^ “ダークヒーロー信長描いた「Honganji」再演決定、新たに壮一帆迎え”. ステージナタリー. (2016年5月30日). http://natalie.mu/stage/news/189000 2016年5月31日閲覧。 
  9. ^ “ミュージカル「プリシラ」陣内孝則、超新星ユナク、Lead古屋がドラァグクィーンに”. ステージナタリー. (2016年4月11日). http://natalie.mu/stage/news/183112 2016年4月12日閲覧。 
  10. ^ 「スーパーヒーロージェネレーション」,強敵が集結するEXステージの情報を公開。仮面ライダーバースやスサノオなどの参戦も判明”. 4Gamer.com (2014年8月22日). 2014年8月23日閲覧。
  11. ^ “陣内孝則が9年ぶり監督作で喜安浩平とタッグ、テーマは冠婚葬祭”. 映画ナタリー. (2016年5月25日). http://natalie.mu/eiga/news/188449 2016年5月25日閲覧。 
  12. ^ 吉瀬美智子、ロングドレスで美脚披露 陣内孝則と『ベストフォーマリスト』受賞”. ORICON STYLE (2015年10月28日). 2015年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]