山本陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまもと ようこ
山本 陽子
生年月日 1942年3月17日(74歳)
出生地 日本の旗 日本東京都中野区
身長 155cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビ・映画・舞台
活動期間 1964年 -
主な作品
テレビドラマ
付き馬屋おえん事件帳
備考
体重:47kg

山本 陽子(やまもと ようこ、1942年3月17日 - )は、日本女優東京都中野区出身。左きき。株式会社三陽企画 所属。

来歴・人物[編集]

4人兄弟(兄、姉、弟)で、4人年子國學院高等学校卒業後、野村證券に勤務していたが、1963年に知人が日活ニューフェイスに山本の応募書類を送ったところ合格し、第7期日活ニューフェイスとして芸能界入り。同期に、西尾三枝子谷隼人沖田峻一郎などがいる。

映画では、同じ日活の吉永小百合松原智恵子和泉雅子の人気に押され、もう一つ作品に恵まれなかったが、テレビドラマに進出してからは、その日本的で清楚な美貌で人気を集め、『しろばんば』『七人の孫』『白い影』『白い滑走路』『となりの芝生』など話題作に立て続けに出演。

清楚な役から悪女まで幅広い役柄をこなす高視聴率女優として、揺るぎない地位を確立。

1980年、『花埋み』で舞台初主演。以来、舞台女優としても精力的に活躍しており、1994年の舞台『おはん』の演技で第19回菊田一夫演劇賞を受賞。2006年には舞台『いろどり橋』の演技にて名古屋演劇ペンクラブ賞を受賞。

姪に、女優の山本亜希子がいる。

趣味は日本画制作、ゴルフ、麻雀、韓国ドラマ鑑賞、車の運転。特に外車好きは有名で日本人女性として初めてポルシェ911を所有した。

デビュー前に勤めていた野村證券の同僚達とは、40年以上経った現在でも仲が良く、会うことが多いという。愛称は「がめちゃん」(がめつい性格から)。

山本海苔店のイメージモデルを長年務めており、2010年に42年という、専属タレント契約の世界最長記録として、『ギネス・ワールド・レコーズ』に認定された[1]

主な出演[編集]

映画[編集]

  • 赤いハンカチ日活、1964年1月3日) - 石塚家の女中 役
  • 花と怒濤(日活、1964年2月8日)
  • 抜き射ちの竜 拳銃の歌(日活、1964年4月4日)
  • 帝銀事件 死刑囚(日活、1964年4月12日)
  • 猟人日記(日活、1964年4月19日)
  • 間諜中野学校 国籍のない男たち(日活、1964年5月31日)
  • 風と樹と空と(日活、1964年7月12日)
  • 新・男の紋章 度胸一番(日活、1964年8月1日)
  • 東京五輪音頭(日活、1964年9月9日)
  • 殺られてたまるか(日活、1964年11月11日)
  • 大日本コソ泥伝(日活、1964年12月6日)
  • 現代悪党仁義(日活、1965年2月3日) - 桜満由子 役
  • 青春の裁き(日活、1965年4月14日)
  • 涙をありがとう(日活、1965年4月29日)
  • 夜霧の脱出(日活、1965年6月9日)
  • 明日は咲こう花咲こう(日活、1965年8月14日) - 田中美代子 役
  • 大日本殺し屋伝(日活、1965年8月25日)
  • 東京は恋する(日活、1965年9月18日)
  • 怪盗X 首のない男(日活、1965年10月23日)
  • ぼくどうして涙がでるの(日活、1965年10月30日) - 太田正子 役
  • 結婚相談(日活、1965年11月23日) - 鶴川美津子 役
  • 源氏物語(日活、1966年1月14日)
  • この虹の消える時にも(日活、1966年1月27日)
  • 愛して愛して愛しちゃったのよ(日活、1966年2月5日)
  • 鉄火場仁義(日活、1966年2月12日)
  • 賭場の牝猫 捨身の勝負(日活、1966年3月12日)
  • 哀愁の夜(日活、1966年3月27日) - 浅沼町子
  • 涙になりたい(日活、1966年5月18日)
  • 私、違っているかしら(日活、1966年7月30日)
  • 仁侠八方破れ(日活、1966年10月22日)
  • 夢は夜ひらく(日活、1967年1月14日)
  • 新・男の紋章 若親分誕生(日活、1967年2月4日)
  • 恋のハイウェイ(日活、1967年3月11日) - 浜野節子
  • 秩父水滸伝 影を斬る剣(日活、1967年4月8日)
  • 大巨獣ガッパ(日活、1967年4月22日)
  • 花と果実(日活、1967年8月26日)
  • みな殺しの拳銃(日活、1967年9月6日)
  • 錆びたペンダント(日活、1967年9月14日)
  • 君は恋人(日活、1967年11月3日) - 山本葉子 役
  • 赤木圭一郎は生きている 激流に生きる男(日活、1967年11月3日)
  • 愛は惜しみなく(日活、1967年12月3日)
  • 関東刑務所帰り(日活、1967年12月3日)
  • 花の恋人たち(日活、1968年1月3日) - 伊吹万千子 役
  • 藤猛物語 ヤマト魂(創映プロ、1968年2月13日)
  • 青春の風(日活、1968年3月30日) - 小林峰子 役
  • 残侠無情(日活、1968年4月20日)
  • 嵐の果し状(日活、1968年8月1日)
  • 鮮血の賭場(日活、1968年8月14日)
  • だれの椅子?(日活、1968年8月28日) - 後藤光子 役
  • 青春の鐘(日活、1969年1月11日)
  • ドリフターズですよ!特訓特訓また特訓東宝、1969年1月15日)
  • 恋のつむじ風(日活、1969年3月12日)
  • 昇り竜 鉄火肌(日活、1969年3月29日)
  • 野蛮人のネクタイ(日活、1969年5月1日)
  • 博徒百人(日活、1969年5月14日)
  • 日本残侠伝(日活、1969年8月9日)
  • 夜をひらく(女)の市場(日活、1969年9月3日) - 平野梅子 役
  • やくざ番外地(日活、1969年9月13日)
  • 涙でいいの(ピロ企画、1969年11月1日)
  • 朱鞘仁義 お命頂戴(日活、1969年12月17日)
  • 嵐の勇者たち(日活、1969年12月31日)
  • 盛り場流し唄 新宿の女(日活、1970年5月30日)
  • 三人の女 夜の蝶(日活、1971年4月24日)
  • 女の意地(日活、1971年5月5日)
  • 華麗なる一族(東宝、1974年1月26日) - 万俵早苗 役
  • 怒れ毒蛇 目撃者を消せ(松竹、1974年2月16日)
  • 撃たれる前に撃て!(松竹、1976年6月26日)
  • 八つ墓村(松竹、1977年10月29日) - 多治見春代 役
  • 必殺!5 黄金の血(松竹、1991年12月23日)
  • デンデラ(東映2011年6月25日)- 浅見ヒカリ 役
  • フローレンスは眠る(2016年3月5日) - 牧羽早苗 役[2]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

TBS系[編集]

日本テレビ系[編集]

  • 娘の結婚 #14(1964年)
  • 特ダネ記者(1966年)
  • おやじはおやじ(1967年)
  • 見合い恋愛(1969年)
  • 坊ちゃん(1972年)
  • 赤ちゃん差し上げます(1972年)
  • やってきたおばあちゃん(1972年)
  • 愛よ永遠に(1973年)
  • 人妻だから(1973年)
  • 花の生涯(1974年) - 村山高たか 役
  • 亜紀子(1975年、読売テレビ
  • 女の橋(1976年、読売テレビ)
  • 喜びも悲しみも幾歳月(1976年)
  • 重婚秘書(1979年、読売テレビ)
  • お初天神(1980年、読売テレビ)
  • 木曜ゴールデンドラマ(読売テレビ)
    • 「丼池、色・欲・女のたたかい大阪物語」(1980年)
    • 「女だけの冬」(1985年)
    • 「家族それぞれの叛乱」(1987年)
    • 「女優時代」(1988年)
    • 「家族の理由」(1991年)
  • 三年待った女(1981年)
  • 火曜サスペンス劇場
    • 「家族の中の他人」(1982年)
    • 「暗い落日」(1983年)
    • 「二度目のさよなら」(1985年、PDS)
    • 「不運な女」(1985年)
    • 「青い沼の女」(1986年)
    • サラ金業者の妻」(1987年)
    • 「熱帯夜」(1991年10月、ホリプロ
    • 「切り裂かれた絵」(1992年、磯田事務所)
    • 「救命救急センター4」(2002年)
    • 警部補 佃次郎(17) 妻の立場」(2003年、テレパック) - 宇津見千代 役
  • 父子鷹(1994年1月 - 3月、松竹)

フジテレビ系[編集]

  • ライオン奥様劇場 永遠に答えず(1967年)
  • きんらんどんす(1969年)
  • 吉田松陰(1969年、関西テレビ
  • 大坂城の女(1970年、関西テレビ)
  • 口紅と鏡(1971年)
  • 女人武蔵(1971年) - 世津 役
  • ボクの花嫁(1971年)
  • 徳川おんな絵巻(1971年、関西テレビ) - 小夜 役
  • 一姫ニ太郎(1972年)
  • 眠狂四郎(1972年、関西テレビ) - 美保代 役
  • 忍法かげろう斬り 第14話「ぎやまん地獄の美女」(1972年、関西テレビ) - 千代香 役
  • 木曽街道いそぎ旅(1973年)
  • 逢えるかも知れない(1976年)
  • 女がふりむくとき(1977年、関西テレビ)
  • 女の家庭(1978年)
  • 江戸紫の女(1979年)
  • 日蔭の女(1979年)
  • 彩の女(1980年)
  • 沓掛時次郎(1981年4月17日) - おきぬ 役
  • 女たちの海峡(1981年)
  • 花の影(1982年)
  • 妻たちは…(1982年)
  • 花ホテル(1983年)
  • 春雷(1983年)
  • 闇の中に薫る(1983年、関西テレビ)
  • 冬化粧の女たち(1983年)
  • オレゴンから愛(1984年)
  • 私が拾った女(1985年)
  • 三爺い!と結婚詐欺師(1985年、関西テレビ)
  • 山村美紗サスペンス「虹への疾走」(1986年、関西テレビ放送・東映)
  • その年の冬(1986年)
  • 妻が狙われるとき(1987年)
  • 蛇苺(1987年)
  • 曼珠沙華の夜(1988年)
  • 鍵(1988年)
  • 直木賞作家サスペンス「賀茂の蜩」(1989年2月、関西テレビ放送・東映)
  • 母と名乗れない夜(1989年)
  • 虚飾の醜聞(1990年)
  • 忠臣蔵 風の巻・雲の巻(1991年12月13日) - りく 役
  • 裸の大将58(1993年、関西テレビ)
  • 金曜エンタテイメント
    • 「悪夢の封印」(1993年)
  • 白衣のなみだ 第一部「余命」(2013年、東海テレビ) - 安藤ミツ子 役
  • 癒し屋キリコの約束 第30・31話(2015年、東海テレビ) - 高田蔦江 役

テレビ朝日系[編集]

テレビ東京系[編集]

吹き替え[編集]

舞台[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • マイセン 三百年の時間旅行〜欧州の名窯に秘められた歴史ミステリー〜(2013年11月2日、BS日テレ) - ナビゲーター

CM[編集]

関連項目[編集]

  • 西尾三枝子:第7期 日活ニューフェイス同期
  • 谷隼人:第7期 日活ニューフェイス同期
  • 沖田峻一郎:第7期 日活ニューフェイス同期
  • 田宮二郎:テレビでの共演がきっかけとなり、不倫関係となった。当時二人の関係は「公然の秘密」とされた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 山本陽子にギネス認定、山本海苔CM42年”. 日刊スポーツ (2010年1月16日). 2013年8月30日閲覧。
  2. ^ 作品情報『フローレンスは眠る』”. 映画.com. 2016年1月22日閲覧。
  3. ^ 梨元勝「芸能事件40年」田宮二郎の巻