華麗なる一族 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
華麗なる一族
監督 山本薩夫
脚本 山田信夫
原作 山崎豊子
製作 佐藤一郎
市川喜一
森岡道夫
出演者 佐分利信
仲代達矢
目黒祐樹
月丘夢路
香川京子
山本陽子
北大路欣也
小沢栄太郎
二谷英明
田宮二郎
京マチ子
音楽 佐藤勝
撮影 岡崎宏三
編集 鍋島淳
製作会社 芸苑社
配給 東宝
公開 日本の旗 1974年1月26日
上映時間 211分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4億2000万円[1]
テンプレートを表示

華麗なる一族』(かれいなるいちぞく)は、1974年(昭和49年)1月26日公開の日本映画である。芸苑社製作、東宝配給。監督は山本薩夫、主演は佐分利信カラースタンダード、211分。

山崎豊子の長編小説『華麗なる一族』の映画化で、山本監督にとっては『白い巨塔』に続く山崎豊子作品の映画化である。山本は元々東宝の監督だったが、レッドパージ以後は独立プロで活動していた。本作はそんな山本の24年ぶりの東宝作品となった。出演者は豪華な顔ぶれとなり、作品は大ヒット。配給収入は4億2000万円を記録し、1974年度の邦画配給収入ランキング第4位となった[1]。第48回キネマ旬報ベスト・テン第3位。

映画版の特徴[編集]

仲代達矢が万俵敬介と鉄平の一人二役を演じている。小説に描かれた妻妾同衾は、万俵大介の私室において3つ並んだ豪華な洋風のベッドで描かれている。また女優陣のラブシーンでは、当時としては体当たりといえる演技が見られる。小説版では3人が寝室を共にした時に寧子が銀平と鉢合わせになるシーンは割愛されている。
小説では万俵家の晩餐の席ではフランス語と英語で会話するという設定だが、映画では一貫して日本語が使われている。 万俵家の内装はシャンデリアや絨毯など華美な装飾で演出されており、家族の中に渦巻く愛憎劇の舞台となっている。また万俵家で3匹のグレート・デーンを飼っている部分は忠実に再現されている。 阪神特殊鋼の舞台として実際の鉄工所を、阪神銀行は金融街を使っている。

なお本作で一之瀬四々彦を演じる北大路欣也は、のちにドラマ版では万俵大介を演じることになる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.322
  2. ^ 日本映画技術賞 受賞一覧、日本映画テレビ技術協会、2015年7月26日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]