高原駿雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たかはら としお
高原 駿雄
本名 高瀬 勲
生年月日 (1923-05-01) 1923年5月1日
没年月日 (2000-02-26) 2000年2月26日(76歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市
死没地 日本の旗 日本・東京都
職業 俳優
活動期間 1943年 - 2000年
活動内容 映画テレビドラマ演劇
所属劇団 文学座
主な作品
映画
七人の侍
二十四の瞳
華麗なる一族
テレビドラマ
日真名氏飛び出す
秘密戦隊ゴレンジャー
テンプレートを表示

高原 駿雄(たかはら としお、1923年5月1日[1][2] - 2000年2月26日)は、日本俳優。本名、高瀬 勲(たかせ いさお)[1][2][3]

東京府東京市(現:東京都区部)出身[1][2]明治大学専門部文科(文芸科)卒業[1][2]文学座に所属していた[1]

来歴・人物[編集]

明大在学中の1941年文学座研究所に入所し[2][4]1943年の舞台『田園』でデビュー[2]。1966年のプロフィールでは、両親の知り合いである漫談家で俳優の徳川夢声に弟子入りし、徳川の勧めで文学座入りしたと紹介されている[3]。また、芸名の高原 駿雄は、徳川の本名である福原 駿雄から採ったものである[3]

1953年に文学座を退座すると、岡田英次木村功らと共に劇団青俳を結成[2][3]1957年、自ら主宰する「劇団もず」を結成するがその後はフリーで活動して1965年、文学座に準座員として復座する[2][4]

1955年より開始された『日真名氏飛び出す』では久松保夫演ずる日真名進介の相棒である泡手大作役を演じて幅広い人気を獲得する[2][3]。1956年より日活と契約し、映画では真面目な人物を多く演じ、テレビドラマでは脇役専門に活動していた[2]

2000年2月26日、東京都内の病院にて心不全のため76歳で没した。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 田園(1943年)
  • 桜の園(1945年) - パーティーの客
  • ゴールデン・ボーイ(1946年)
  • 河(1946年)
  • 二十六番館(1946年) - 山下良一
  • 女の一生(1946年、森本薫追悼公演) - 刑事
  • ストリップ(1966年)
  • シラノ・ド・ベルジュラック(1967年) - ラグノオ
  • 戦争で死ねなかったお父さんのために(1974年) - 岡山八太郎
  • 天才バカボンのパパなのだ(1978年) - バカボンのパパ[5]
  • 黄昏のメルヘン(1982年) - 新内流し源之助
  • 怪談 牡丹燈籠(1986年)
  • 青ひげと最後の花嫁(1989年)
  • 鼻(1994年)
  • 雛(1995年)
  • 野分立つ(1995年) - 詞宗―

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、123頁。 
  2. ^ a b c d e f g h i j 『日本映画人名事典』 男優編 下巻、キネマ旬報社、1996年、62頁。ISBN 978-4873761893 
  3. ^ a b c d e 福島民報』1966年10月21日付朝刊、12面。
  4. ^ a b 秘密戦隊ゴレンジャー大全集 1988, p. 200, 「スタッフキャストインタビュー 高原駿雄」
  5. ^ 日刊スポーツ』1978年10月14日付、16面。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]