市川喜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いちかわ きいち
市川 喜一
別名義 黒田潤
生年月日 (1923-06-26) 1923年6月26日
没年月日 (2006-03-31) 2006年3月31日(82歳没)
職業 映画プロデューサー・元俳優
配偶者 市川千恵子(旧姓・関千恵子

市川 喜一(いちかわ きいち、1923年6月26日 - 2006年3月31日[1])は、日本の映画プロデューサー・元俳優である。俳優としての芸名は黒田潤[2]。群馬県高崎市出身[3]。妻は市川千恵子(旧姓・関千恵子、元女優)[4]

人物・来歴[編集]

海軍予備学生として魚雷艇部隊に在籍した[5]。1946年に早稲田大学法学部卒業するとともに、黒田潤名義で、新人スターとして大映入りして、いくつかの作品に出演[6]。 デビュー作『いつの日か花咲かん』で共演した関千恵子と交際、後に結婚。

1952年に大映を退社してフリーとなる[7]。シナリオ作家志望だった市川は、故郷の群馬県高崎市の交響楽団をモデルにした作品を構想して、今井正監督に売り込んで採用される[8]。同構想は水木洋子脚本により1955年に『ここに泉あり』として映画化され、市川は「企画者」として共同製作者にクレジットされた[9]

以降、フリーの映画プロデューサーとして劇映画製作に携わる[10]今井正勅使河原宏山本薩夫篠田正浩らの諸監督と組み、大作や問題作を製作した。1970年の大阪万博では富士グループのパビリオンをプロデュースした[11]。1972年ごろ芸苑社に参加。

主なプロデュース作品に、今井監督「キクとイサム」、勅使河原監督「砂の女」、豊田四郎監督「恍惚の人」、山本監督「華麗なる一族」「不毛地帯」、市川崑監督「犬神家の一族」など。

2006年3月31日、脳幹出血のため東京都新宿区の病院で死去、82歳。

受賞歴[編集]

  • 1956:第10回毎日映画コンクール企画賞=「ここに泉あり」
  • 1959:第33回キネマ旬報ベストテン第1位=「キクとイサム」
  • 1964:第38回キネマ旬報ベストテン第1位=「砂の女」
  • 1965:第18回カンヌ国際映画祭大賞=「砂の女」

フィルモグラフィ[編集]

出演(黒田潤名義)[編集]

  • いつの日か花咲かん 大映 1947
  • 東京の夜 大映 1947

製作・企画[編集]

脚本[編集]

  • クレージーの怪盗ジバコ  東宝=渡辺プロ 1967

[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 久保田圭二『名作映画の構造』(シナリオ作家協会)P.82
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  4. ^ 読売人物データベースより
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  6. ^ 久保田圭二『名作映画の構造』(シナリオ作家協会)P.82
  7. ^ 久保田圭二『名作映画の構造』(シナリオ作家協会)P.83
  8. ^ 久保田圭二『名作映画の構造』(シナリオ作家協会)P.84
  9. ^ 久保田圭二『名作映画の構造』(シナリオ作家協会)P.85
  10. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  11. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より

外部リンク[編集]