忍びの者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

忍びの者』(しのびのもの)は、村山知義の歴史・時代小説。

戦国時代を舞台に、権力者たちに利用される下忍たちの悲哀と反抗を描いた作品。1960年11月から1962年5月まで『赤旗』の日曜版に連載され、後に映画化、戯曲化、テレビドラマ化もされた。

概要[編集]

単行本[編集]

続編
  • 『五右衛門釜煎り 続・忍びの者』理論社(小説国民文庫)、1965年、のち光文社時代小説文庫、岩波現代文庫、理論社オン・デマンド版
  • 『真田忍者群 忍びの者 第3部』理論社(小説国民文庫)、1967年、のち光文社時代小説文庫、岩波現代文庫、理論社オン・デマンド版
  • 『忍びの陣 忍びの者 第4部』理論社(小説国民文庫)、1968年、のち光文社時代小説文庫、岩波現代文庫、理論社オン・デマンド版
  • 『忍びの者 忍び砦のたたかい』光文社時代小説文庫、1990年、のち岩波現代文庫、理論社オン・デマンド版

映画[編集]

忍びの者
監督 山本薩夫
脚本 高岩肇
原作 村山知義
製作 永田雅一
出演者 市川雷蔵
伊藤雄之助
藤村志保
城健三朗
音楽 渡辺宙明
撮影 竹村康和
編集 宮田味津三
製作会社 大映京都
配給 大映
公開 日本の旗 1962年12月1日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 続・忍びの者
テンプレートを表示

1962年に主演:市川雷蔵、監督:山本薩夫で映画化された。リアリズムと醜い権力争いの犠牲者という視点を持ち込んだ作品で、ヒットにより後にシリーズ化された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

シリーズ[編集]

本作の大ヒットにより、市川雷蔵主演でシリーズ化された。主人公は第3作までが石川五右衛門。第4・5作が霧隠才蔵、第6作がその子である才蔵二世、第7作が再び霧隠才蔵、第8作がオリジナルの架空忍者・霞小次郎。

戯曲[編集]

1963年に初演された。主演は保科三良

テレビドラマ[編集]

忍びの者
ジャンル 時代劇
放送時間 金曜20:00 - 20:56(56分)
放送期間 1964年7月24日 - 1965年7月30日(52回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NET東映京都テレビプロ
監督 河野寿一 ほか
脚本 結束信二高田宏治鳥居元宏
プロデューサー 上月信二(NET)
出演者 品川隆二
テンプレートを表示

NETテレビ系列にて1964年7月24日から1965年7月30日まで毎週金曜夜8時からの1時間枠で放映された。主演は品川隆二。全52話[1]。モノクロ作品。当初は半年間の放映予定だったが、高視聴率だったために半年間延長された。主人公は東映東千代之介を当てるよう希望してきたが、プロデューサーの上月は役に合っているという理由で、第二東映にいた品川を引っ張ってきた[2]明智光秀には仲谷昇をキャスティングするつもりだったが、出演料の問題で仲谷にそっくりで新人の栗塚旭を抜擢している[3]

東映チャンネルやCS等でもこれまでに第1話の放送もされていない為、本作のフィルムの現存は不明である。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

NET 金曜20時枠
前番組 番組名 次番組
ゴールデンボクシング
(20:00 - 20:45)
オリンピックハイライト
(20:45 - 21:00)
忍びの者
(テレビドラマ版)
【当番組よりドラマ枠

脚注[編集]

  1. ^ 放送期間は54週あるが、1964年10月16日と23日は東京五輪中継のため休止されたので放送回数は52回となる。出展:朝日新聞縮刷版1964年10月号447ページ&679ページ
  2. ^ 「時代劇は死なず」、春日太一、39ページ。
  3. ^ 「時代劇は死なず」、春日太一、41~42ページ。

外部リンク[編集]