田中幸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たなか さちこ
田中 幸子
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 脚本家
ジャンル 映画映画ノベライズ
活動期間 2007年 -
活動内容 2007年 第33回城戸賞受賞
2008年 商業映画デビュー

田中 幸子(たなか さちこ)は、日本脚本家

人物・来歴[編集]

東京都出身。東京藝術大学卒。大学院に新設された映像研究科に入学、映画専攻脚本領域一期生。脚本家の田中陽造、映画監督の黒沢清教授に師事する。

2008年(平成20年)、黒沢清監督の映画『トウキョウソナタ』の脚本を黒沢、マックス・マニックスとともに共同執筆[1]第61回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で上映され審査員賞を受賞した[2]。同年、アジア・パシフィック・スクリーン・アワード脚本賞に黒沢、マニックスとともにノミネートされ、アジア・フィルム・アワード最優秀脚本賞を受賞[1]

フィルモグラフィ[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b Sachiko Tanaka, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2010年11月2日閲覧。
  2. ^ Un Certain Regard, Awards 2008, 第61回カンヌ国際映画祭 (英語), 2010年11月2日閲覧。

外部リンク[編集]