田宮二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たみや じろう
田宮 二郎
田宮 二郎
デビュー当時(1960年頃)
本名 柴田 吾郎
(しばた ごろう)
生年月日 1935年8月25日
没年月日 1978年12月28日(満43歳没)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市北区
死没地 日本の旗 日本東京都港区
国籍 日本の旗 日本
身長 180cm
血液型 B型
職業 俳優司会者
ジャンル 映画テレビドラマ
教養娯楽番組
活動期間 1957年 - 1978年
活動内容 1955年:大映入社
1957年:デビュー
1968年:大映を解雇され追放
1969年:俳優業復帰
1969年:テレビ界進出
配偶者 藤由紀子1965年 - )
著名な家族 長男(柴田光太郎
次男(田宮五郎
事務所 大映→フリー→田宮企画
主な作品
映画
女の勲章』/『悪名』シリーズ
白い巨塔(映画版)』/『不信のとき
教養・娯楽番組
クイズタイムショック
テレビドラマ
白い巨塔(ドラマ版)

田宮 二郎(たみや じろう、1935年(昭和10年)8月25日 - 1978年(昭和53年)12月28日)は、日本俳優司会者。本名、柴田 吾郎(しばた ごろう)。

1960年代から1970年代にかけて活躍し、代表作は映画悪名』シリーズ、映画『白い巨塔』、クイズ番組クイズタイムショック』の名司会、テレビドラマ白い巨塔』など。

身長180cm血液型B型

妻は元女優の藤由紀子。長男は俳優・テレビレポーター柴田光太郎。次男は俳優の田宮五郎。俳優の南川直は父方の従兄。

没後30年以上経つが、近年になり田宮主演の映画やドラマが相次いでDVD化され、ドラマのリメイクも行われている。


生涯・来歴[編集]

出生からデビューと名声[編集]

大阪府大阪市北区出身。生後4日で住友財閥の大番頭だった父を失い、戦後まもなく母とも死別。そのため幼少から高校時代にかけては京都にて親族に育てられる。京都府立鴨沂高等学校を経て学習院大学政経学部経済学科卒業。学生時代は、シェイクスピア劇研究会に所属し、外交官志望だったが、大学在学中の1955年(昭和30年)、スポーツニッポン社主催の「ミスターニッポンコンテスト」で優勝したことがきっかけで、大映演技研究所10期生として入社。同期には叶順子市田ひろみがいた。1956年(昭和31年)、「ミスタースマートコンテスト」で空手を披露し優勝[1]、ファッション雑誌『男子専科』の専属モデルに応募し合格、以後数年間は俳優業を兼ね活動する。1957年(昭和32年)に本名の「柴田吾郎」でデビュー。1959年(昭和34年)、大映社長の永田雅一がオーナーを兼務する大毎オリオンズの強打者・田宮謙次郎にあやかりたいという永田の意思に強制される形で「田宮二郎」と改名。長らく端役が多かったが、1961年(昭和36年)に『女の勲章』(吉村公三郎監督、山崎豊子原作)の演技で注目を集めた。同年秋に勝新太郎と共演した『悪名』(田中徳三監督、今東光原作)にて勝の相棒「モートルの貞」役に抜擢され、人気スターの仲間入りを果たす。「モートルの貞」は『続悪名』(田中徳三監督、今東光原作)で絶命するが、その後シリーズ化が決定、田宮は3作目から貞の弟「清次」を演じ「勝-田宮」コンビが復活、長きにわたる人気シリーズとなった。またこれらの演技が評価され、1961年(昭和36年)のエランドール新人賞を獲得した。

端整なルックスと、身長180cmでスリムでありながら筋肉質であることに加え、甘い二枚目から冷酷なエリート、ユーモラスな拳銃使い、ヤクザ、欲望のためなら手段を選ばない悪役までもこなす演技力から犬シリーズ黒シリーズなどにも主演、大映の看板俳優として活躍した。また若尾文子の相手役として名画を多く残した。1965年(昭和40年)に『黒の爆走』『黒の超特急』などで共演した藤由紀子と結婚。1966年(昭和41年)、『白い巨塔』(山本薩夫監督、山崎豊子原作、大映作品)で財前五郎役を演じたことで、その名声は決定的なものになり、「昭和のクールガイ」と呼ばれた。同じ大映に所属していたビッグスター市川雷蔵とは一度も共演していない。理由は社長・永田雅一の方針によるものと言われている。

映画界追放[編集]

1968年(昭和43年)、映画『不信のとき』(今井正監督、有吉佐和子原作、大映作品)の宣伝ポスター(原案)において、主役(130シーン中94シーンに出演)の田宮の名が4番手扱いになっていた。その序列は、若尾文子(大映の看板女優)がアタマ、2番目が加賀まりこ松竹専属の女優、田宮より年下でありキャリアも後輩)、トメ(最後)が岡田茉莉子東宝や松竹で活躍後、当時は独立系の映画を中心に出演)で、田宮はトメ前となっていた。いくつもの主演シリーズを持っていた田宮は誰が見ても大映現代劇のトップ男優であり、彼にとってこの序列は譲れない大問題であった。

田宮は撮影所長に抗議したが、「この作品は女性映画として売りたいからこうなった。私の首にかけてもこの序列を変えることはない」と断られ、その場で副社長の永田秀雅(永田雅一の息子)に電話。すると「役者ごときが注文をつけることではない」と叱責され再び却下されたことからフィクサーとさえ言われる永田雅一に対抗するためか、右翼許斐氏利を伴い、永田雅一と直談判する。すると「主役のお前がアタマに書かれるのが当たり前や」となった。しかし「首をかけてもと撮影所長に言われたのだから、俳優の私が辞める(か所長が辞める)しかない」と田宮が言うに及び、雅一は「おい、思い上がるのもいい加減にしろ。お前は横綱大関クラスの役者だと思っているんだろうが、まだ三役クラスの役者だ。人事に口を出すな」と憤慨。結果的に刷り直したポスターの序列は希望通り田宮がトップとなったが、雅一は田宮を一方的に解雇。ただでさえスター不足で経営難の大映はますます屋台骨が傾くことになった。記者会見では記者から「田宮を辞めさせて興行的に困らないか」との声が社長に飛んだ。しかし永田は「失礼な、それほどの大物じゃない」と反論、さらに五社協定を持ち出し、他社の映画にもテレビドラマにも田宮を使わないように通達した。

テレビ界進出と復活[編集]

映画界から完全に干されてしまった田宮は、家族を養うために舞台俳優・司会者・歌手として活動し、片やナイトクラブキャバレー回りなどの地方巡業もしていた。1969年(昭和44年)1月9日からは、NET(現・テレビ朝日)系列で放送が始まったクイズ番組『クイズタイムショック』の初代司会を務め、映画でのクールな雰囲気から一転したソフトなキャラクター、加えて軽快で巧みな話術と的確な番組進行が視聴者の好感を呼んだ。また同年、東京12チャンネルの音楽番組『田宮二郎ショー』の司会も務めた。映画俳優としての仕事ができず、このようなテレビの仕事をすることは、この時代の映画人にとって不本意とされていた。一方、当時のテレビの家庭普及率はすでにほぼ100%に近く、カラーテレビの普及も進んでいた頃で、他の映画俳優たちのテレビへの出演も珍しくなくなる時期でもあり、田宮の司会姿は視聴者たちの記憶に長く残ることとなり、結果として田宮の名声を保つことにつながった。

1969年(昭和44年)6月で大映との契約が切れたことにより、映画『日本暗殺秘録』に出演して、映画界へもカムバックを果たした。苦境を乗り越えたことで自信を付けた田宮は、永田雅一に啖呵を切るまでになっていた。そこで、1971年(昭和46年)に夫人を社長に据え立ち上げた自身の個人プロダクション「田宮企画」で『3000キロの罠』を製作・主演をしたが、ヒット作とはならなかった。一方の大映は1971年(昭和46年)に倒産。それをきっかけにすでに斜陽であった日本映画の観客動員数はさらに大きく落ち込み、今に続くテレビ時代となる。

1972年(昭和47年)にはTBS系ドラマ『知らない同志』でテレビドラマへ本格進出。その後も『白い影』『白い滑走路』などの白いシリーズや、山田太一脚本『高原へいらっしゃい』などの話題のドラマに主演して、立て続けにヒットを飛ばし、ドラマ界でも花形スターの座を獲得。その頃になると、自身を「日本のハワード・ヒューズになる」と公言しはじめ、ビジネスに強い興味を持ち、政財界とも接触を持つようになって、ゴルフ場やマンションの経営を行ったが失敗。1977年(昭和52年)には日英合作映画『イエロー・ドッグ』(松竹)の製作・主演も行ったが不入りに終わり、多額の借金を抱えてしまう。大映時代も過労で結核を再発させてしまい、ペニシリン注射を打ちながら撮影を続けたこともあった田宮だが、大映退社後は更に休む間がなくなっていたために次第に精神を病み、同年3月には精神科医の斎藤茂太から躁鬱病と診断された。しかし、田宮自身は病気を認めようとせず、治療の薬も拒否したため夫人は飲んでもらおうと必死になったという[2]。また、付き人に段ボールの箱ごと育毛剤を買いに行かせたり、ドラマの撮影シーンで髪の毛が濡れることを嫌がるなど、頭髪についても悩んでいたという。

『白い巨塔』[編集]

1977年(昭和52年)冬、TBSより田宮のキャスティング権を得たフジテレビから企画を求められた田宮は、原作の途中までしか映画化されていなかった小説『白い巨塔』のドラマ化を強く希望した。これは3度目の提案であった(1度目は1969年(昭和44年)、2度目はその数年後にドラマ化の企画をテレビ局に持ち込んだ経緯があったが、最初は五社協定により、2度目はスポンサーの了承が出なかったために実現しなかった)。映画『白い巨塔』で主演として財前五郎を演じて以来、田宮は常に高みを目指す財前の姿に自分を重ね、自身の本名と同じ「ごろう」であったこともあり、財前五郎を演じるのは自分しかいない、原作のラスト・財前の死までを演じ切りたいと思い続けていた。かつて映画化の際には原作の財前の年齢設定よりずっと若かった田宮も、この時にはほぼ同じ年齢であり、機も熟していた。田宮は原作者・山崎豊子に直接願い入れ、快諾を得て1977年(昭和52年)11月にはドラマ化が決定した。

撮影のさなかに多額の債務・躁鬱病との闘い[編集]

1977年(昭和52年)12月に入ると、躁状態に入った田宮はあれほど入れ込んでいたドラマ化への関心が薄れ、いかがわしいビジネスに熱中し始める。田宮の事業熱が収まらないまま、ドラマ『白い巨塔』1978年(昭和53年)3月26日撮影開始。ロケーション現場の病院を自ら手配するなど、高いテンションで撮影に臨み、6月3日には第1話の放送が視聴率18.6%と好調にスタートした。一方で私生活は荒れ、執拗な債権取立ての中で、妻に不動産などの書類の引渡しを求めて激しく言い争うようになっていた。ドラマ撮影現場でも次第に彼の不遜な態度に対して不安が広がり、スタッフがその火消しに躍起になったという。さらには「ウラン(一説には石油だとも言われている)の採掘権を取得した」と主張して突如トンガへと一週間出かけ、あわや撮影中止になりかけることもあった。また、撮影開始の辺りから田宮企画に会社ゴロから頻繁に金品要求があり、「金を払わないと山本陽子との不倫関係をマスコミに漏らす」「新ドラマの宣伝をしてやる」という脅迫電話がかかるようになり、6月には田宮から相談を受けていた警視庁が捜査に乗り出す展開にまで発展した(捜査の結果、立件には至らなかった)[3]

第18話まで撮影したところで撮影は1カ月の休暇に入り、田宮は7月29日ロンドンへ旅行に出発。戻って来ないのではないかという周囲の心配をよそに9月8日に帰国したが、その時に田宮は鬱状態に入っていた。9月17日から後半の収録が始まったが、テンションが高かった旅行前とは一転し、田宮は泣き崩れてばかりでセリフが頭に入らなくなっていた。妻やスタッフが必死に彼を励まし続け、共演者の協力もあって撮影は11月15日に無事終了。財前五郎の死のシーンに際して、田宮は3日間絶食してすっかり癌患者になりきり、財前の遺書も自らが書き、それを台本に加えさせた。さらに、全身に白布を掛けられストレッチャーに横たわる遺体役をスタッフの代役ではなく自分自身でやると主張してストレッチャーに乗った。収録後には「うまく死ねた」とラストシーンを自賛したという[4]

この時期の田宮に関しての奇行記事が女性週刊誌などに都市伝説として複数掲載されていた。一つはいわゆるM資金詐欺に騙され、巨額の借金を負ったことがその後の自殺の一つの要因であるという説。もう一つは、現実と役柄の境界が不明瞭となり、航空機にて急病人が出て乗務員が医師を捜すと、たまたま同乗していた田宮が「医師の財前だが」と名乗り出たというもの。また、友人に電話で「12チャンネルを買い取った」と発言したり、自宅を訪れた芸能記者に対し、電話機を指差しながら「この電話はCIAと直に繋がっているのですよ」と述べたという話もある。息子の柴田光太郎は2009年(平成21年)、『スーパーモーニング』(テレビ朝日)に出演した際に金銭問題を含めた醜聞の内容の大半を否定しているが、2013年(平成25年)に週刊現代の企画で行われた山本學生田悦子・柴田光太郎の三者対談で、『白い巨塔』収録中に田宮が頻繁にM資金取引の電話をしていた事を、財前五郎の妻役で出演していた生田が証言している。生田によると、田宮は撮影の合間によくフジテレビの食堂で電話をかけていたが、使用していたのは10円玉しか入れられないピンク公衆電話であり、生田は田宮からの要請で通話中は両替に走っては傍で通話用の10円玉を手のひらに載せて立っていたため、通話内容がはっきりと聞こえたという。これに見かねて田宮にM資金の支払いを諦めるよう説得すると、「できない。来年(1979年(昭和54年))になったらどうにかなるよ。でも、来年はないかな」と死を仄めかす返答をしたため、生田は怖くなってプロデューサーの小林俊一に相談したという[5]

ドラマの終わりと共に[編集]

ドラマ撮影の間、9年に渡って司会を務めてきた『クイズタイムショック』を1978年(昭和53年)9月28日放送分をもって降板。病状が改善されないこともあり、自ら申し出たもので、司会者は山口崇へ引き継がれた。『白い巨塔』撮影終了後の田宮はすっかり虚脱状態になり、「財前五郎の後に、どんな役を演じたらいいかわからない」とプロデューサーの小林俊一に漏らすようになっていた。しかし、自殺3日前の12月25日には同ドラマの仕事仲間3人(田宮と花森ケイ子を演じた太地喜和子、プロデューサーの小林俊一)で食事をしており、太地と小林はこの時の田宮の様子について、「かなりの上機嫌で、自殺する気配など全く感じられなかった」と語っている。また、同ドラマで柳原弘を演じた高橋長英も12月下旬に田宮と六本木へ飲みに行っているが、高橋によると、その時も田宮は機嫌が良く、自殺の兆候など全く見られなかったという。

衝撃の死[編集]

ドラマ『白い巨塔』の放映が残り2話となっていた1978年(昭和53年)12月28日の午前中、南青山のマンションに住む田宮夫人から連絡があり、田宮の付き人は体調を崩した田宮夫人の母親を病院に連れて行き、港区元麻布の田宮邸に戻ってから、そのことを田宮に報告する。お昼近くになっていたこともあり「お腹が空いた」と言う田宮の為に、赤坂の洋食店に弁当を買いに行ったのが、生前の田宮と交わした最後の言葉だった。1階のキッチンでお茶を入れ、弁当と梅干しを載せたお盆を持って2階に上がり、寝室の前で声を掛けたが応答がなく、しばらくしてドアを開けると、彼はベッドの上に仰向けで横たわり猟銃自殺を遂げていた。43歳没。

付き人が発見した時、田宮は苦悶の表情を浮かべほとんど息もしておらず、股関節のあたりまで掛け布団が掛かっていて、布団の下から銃口がのぞいていた。「部屋は血の海になっていた」と言う報道もあったが、実際はそこまで血は流れておらず、田宮の体の左側に血が散っているという感じだったと言う。付き人は慌てて119番通報を、そして六本木にあった田宮企画の事務所に電話をした。寝室の隣の書籍から遺書も見付かり警察は自殺と断定。田宮の死亡が確認されたのは13時50分頃で、マスコミには14時過ぎに田宮猟銃自殺の一報が入った。奇遇にもこの日は14時から日本テレビ関東ローカル)で田宮が出演した映画『花と龍・第一部』(1973年公開、松竹)が放送されていたため、この映画の放送中に田宮自殺のニュース速報が流れる事となった。また、関西地区で14時から放送していた『スタジオ2時』(毎日放送制作、一部TBS系列局にもネット[6])では鴨沂高校の同級生である森乃福郎(初代)の口から直接田宮の猟銃自殺が速報として伝えられたが、森乃はその場で悔しさのあまり原稿を叩きつけて号泣した。

その夜に仮通夜をすませ、翌29日の午前中に遺体の検視、その夜に通夜、そして30日に密葬を行い、年明けの1979年(昭和54年)1月12日に告別式を行った。

散弾銃の引き金を足の指で引いたとされているが、その当時、付き人いわく田宮の手元には銃はなかったはずだと言う。田宮は「銃は妻に取り上げられてどこにあるか分からない」と言ったことをもらしていて、自宅に置いてあった銃のケースに、中身が入っている形跡もなかったと言う。葬儀数日後に形見分けがあり、付き人が田宮邸に手伝いに行った時、クローゼットの中から散弾が入った箱が見つかった。葬儀後しばらくして、田宮夫人から付き人宛ての遺書だという物が手渡された。ごく普通の便箋に書いてあり、日付も田宮のサインもなく彼の筆跡かどうかも分からないが、《僕のセーターで気に入ったものがあったら、持っていって使ってください》と書かれていたという。

残された遺書は妻・息子達・二児の家庭教師・2人の弁護士・田宮企画顧問・奈良岡朋子鬼沢慶一宛の8通あったとされている。そのうち妻へ宛てた遺書には、感謝の言葉と共に、生きることの苦しみと死への恐怖が綴られ、「病気で倒れたと思って諦めて欲しい」と書かれていた[7]。次男の田宮五郎へは、当時から俳優を志していた彼に「俳優になるなら人間を知ってから」との言葉を生前に遺していた。

この田宮の自殺は、大きな衝撃をもって報道された。田宮も映画化された際に出演した小説『華麗なる一族』(山崎豊子原作)において万俵鉄平が猟銃自殺をする場面があり、山崎は田宮の死を電話で知るとすぐに「猟銃でしょう」と悟ったという。映画『華麗なる一族』では田宮が望んだ万俵鉄平役がかなわず、試写会の後で「僕ならもっとうまく猟銃自殺をやれるのに」と話していた。また、生前より自宅の居間で妻を前に「こうすれば死ねるんだ」と猟銃を抱き抱え足の指を引き金に掛けるまねをしていたことがあった。

この報道渦中での放映となったドラマ『白い巨塔』残り2話は皮肉にもさらなる注目を集めることとなり、視聴率は上昇して最終話は31.4%を記録。結果多くの人々の記憶に残り、視聴率的にも大成功を収めることとなった。

マスコミの報道の中、弔問には大映時代の同僚で親交のあった宇津井健藤巻潤、勝新太郎・中村玉緒夫妻、藤村志保松坂慶子若尾文子三條美紀らに加え、伴淳三郎美輪明宏萬屋錦之介森光子久保菜穂子岩下志麻草笛光子淡路恵子児玉清・山本學・高橋長英・加藤嘉小沢栄太郎中村伸郎渡辺文雄金子信雄清水章吾北村和夫島田陽子北林谷栄加山雄三森繁久彌菅原文太田村高廣三田佳子八千草薫中村メイコ梅宮辰夫西城秀樹夏樹陽子中野良子竹下景子片平なぎさ松原智恵子丘みつ子石浜朗なかにし礼佐藤文生糸山英太郎ピンクレディーらが駆けつけた。葬儀委員長は曽我廼家明蝶が務め、勝と明蝶の2人が弔辞を読み上げた。また、ドラマ『白い巨塔』で花森ケイ子を演じて田宮と共演した太地喜和子は田宮の遺影に向かって「あんた、ばかねえ」と言い自殺を嘆き、勝はマスコミに対し「さぞ背伸びして、どれほど苦しんだか」と田宮の胸の内を代弁した。

大映時代の同僚だった丸井太郎大辻伺郎も過去に自殺しており、1935年度生まれの大映出身俳優は、田宮も含め3人が自殺する結果となった。

戒名は「清光院法誉顕映究吾居士」。墓地の所在は柴田家代々の墓地。生まれ故郷である京都の法然院にある。

田宮は自殺の10ヶ月前に生命保険に加入したが、加入から1年以内の死亡は保険金支払いの対象外であったため、本来なら支払われないはずの保険金が躁鬱病による自殺と判断され、特例で3億円が遺族に支払われた。この一件は物議を醸す事になり、国会でも議題に取り上げられるほどの騒ぎとなった[8][9]

自殺場所となった田宮の自宅は後に解体され、跡地は現在、妻の藤由紀子がオーナー経営する外国人向け賃貸住宅となっている。

逸話[編集]

  • 『悪名』の配役決定後、田中監督は田宮と連絡がつかなかった。実は、田宮は端役ばかりの役どころに悩み、映画界を引退し実業の道に進むつもりでいた。クランク・イン1週間前になってようやく大映京都撮影所へやって来た田宮は、出演を断るつもりでその旨を伝えたという。しかし、スタッフの説得で田宮は思い直し、映画の完成に至った[10]
  • テレビドラマ『白い巨塔』の放送が回を重ねるにつれ、財前五郎よりも人情味のある里見脩二の方が視聴者に支持されるようになったため、この事を不満に思った田宮は原作者の山崎豊子に「僕の役(財前五郎)がみんなから好かれるようにならないものですか・・・・・・」と直談判していた。田宮のこの要望に山崎は「困るわよね」と苦笑していたという[5]
  • 俳優としてはクールでアクの強い役を演じることが多かったが、『クイズタイムショック』をはじめとするテレビ番組の司会では、明るく軽妙で親しみやすいトーク、なおかつ折り目正しく理知的な司会ぶりが多くの視聴者から支持された。特に『タイムショック』では、番組冒頭とクイズ出題の際の決め台詞「ターイムショック!!」とカメラを指さすポーズが広く知られ、収録では極度の緊張状態にある一般出場者にリラックスしてクイズに臨んでもらえるよう、司会者として常に細やかな気配りと思いやりを忘れなかったという。
  • TBS系『8時だョ!全員集合』(1977年2月26日・第361回放送分)の学校コント内で頭がいい生徒役としてゲスト出演をした際、いかりや長介に「クイズタイムショック」風で「英語で25は?」「フランス語で25は?」「ロシア語で25は?」「中国語で25は?」「スペイン語で25は?」とタイムショック張りに連続して出題された問題に次々と正解した後、「ターイムショック!!」という決めセリフを発したり、志村けんの「○○いかがっすかぁ〜」のネタを用いて、志村と共に「タイムショックいかがですかぁ〜」のギャグを披露したりと、タイムショックを意識したネタを連発した。
  • 来日したマーロン・ブランドに会っている[11]
  • 日本酒「大関」のCMに永く出演していたが、田宮本人は酒がほとんど飲めなかった為、収録では水を飲んでの演技だった。
  • 趣味は麻雀クレー射撃。愛用の銃が自殺に使用された。
  • 空手初段、また英語が堪能。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

大映専属時代[編集]

独立以後[編集]

テレビドラマ[編集]

教養・バラエティ番組[編集]

舞台・ミュージカル[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

音楽作品[編集]

シングルレコード[編集]

  • 青い犬のブルース(1967年) - 大映レコード・・・『勝負犬』主題歌
  • パパの子守唄/レッツ・ゴー・トゥ・ダンス・マイ・ペイビー(1969年) - ビクター
  • 弱気だぜ/愛して別れたあとで(1971年5月)
  • 落葉の別れ/深夜のRoute 246(1975年) - ビクター
  • パパの子守唄/男の扉(1975年8月) - コロムビア
  • たそがれの都会(まち)/「白い巨塔」メインテーマ(インスト)(1978年) - ポリドール・・・「白い巨塔」テーマ曲(番組内では使用されず)

脚注・出典[編集]

  1. ^ この模様が当時「NHK週間ニュース」(土、22:25 - 22:45)で放映されNHKアーカイブスに保存されている。また、爆笑問題の探検バクモン2012年6月6日放送分にてその映像が流された。
  2. ^ 田宮二郎の妻“没後38年目の初激白”(7)「家族に“貧乏”という思いだけはさせたくない」アサヒ芸能
  3. ^ 毎日新聞東京版(1978年6月4日朝刊)
  4. ^ 田宮は白布の下で泣いていたと伝える人もいる。壮絶! いざ帰りなん P392より。
  5. ^ a b 『週刊現代』2013年2月9日号・週現『熱討スタジアム』(第47回)「ドラマ『白い巨塔』で財前五郎を演じた田宮二郎を語ろう」山本學×生田悦子×柴田光太郎
  6. ^ 関東地区(TBS)では放送なし。
  7. ^ 田宮二郎 邦画礼賛 山田風太郎著作、人間臨終図鑑が基となっている。
  8. ^ 1979年6月21日に衆議院の大蔵委員会金融及び証券に関する小委員会にて取り上げられた。議事録の4ページ目3段目より田宮が取り上げられている。大蔵委員会金融及び証券に関する小委員会 議録 (PDF)”. 衆議院. 2015年4月8日閲覧。
  9. ^ 週刊現代1979年6月7日号「田宮二郎の生命保険"三億円"支払いの怪」(講談社刊)
  10. ^ 『日本映画監督列伝 田中徳三』(衛星劇場)より。
  11. ^ 「スタアの40年 平凡 週刊平凡 秘蔵写真集」(マガジンハウス刊)より。
  12. ^ 田宮の突然の自殺により、CMはそのまま終了となった。
  13. ^ TBSラジオ1968年10月番組表 ラジオ東京スピリッツ参照

関連書籍[編集]

  • 回想伝記に、升本喜年『田宮二郎、壮絶! いざ帰りなん、映画黄金の刻へ』(清流出版2007年(平成19年)。著者は仕事仲間であった(かつて松竹で映画・テレビプロデューサーを務め、1972年(昭和47年)の映画『人生劇場』、1976年(昭和51年)のテレビドラマ『白い秘密』ほか、田宮出演作品の企画・製作を通じ深い親交があった)。

関連人物・項目[編集]

  • 児玉清 - 学習院大学の同期であり、ドラマ『白い巨塔』で共演。俳優でありテレビ司会者としても活躍するなど田宮との共通点も多い。
  • 藤巻潤 - 大映時代の同僚で同級生。田宮とは互いに下積み時代から数多くの映画で共演しており、共に人気俳優になった後はW主演(『やくざの勲章』『轢き逃げ族』など)も果たしている。
  • 山本陽子
  • 森乃福郎(初代) - 鴨沂高校の同級生。司会を務めていた『スタジオ2時』のオンエアー中に田宮自殺の速報が入り、人目憚らず号泣した。
  • 木枯し紋次郎 - 作者の笹沢左保は田宮をイメージして原作を書いたという。
  • 藤島泰輔 - 学習院大学の先輩。美輪明宏を紹介される。
  • 三菱銀行人質事件 - 田宮の自殺から1ヵ月後に発生した、猟銃を使用した人質事件。
  • うつ病を患った人物の一覧

外部リンク[編集]