あゝ野麦峠 (1979年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あゝ野麦峠
Oh! The Nomugi Pass
監督 山本薩夫
脚本 服部佳
製作 持丸寛二
伊藤武郎
宮古とく子
出演者 大竹しのぶ
原田美枝子
友里千賀子
古手川祐子
三國連太郎
音楽 佐藤勝
撮影 小林節雄
編集 鍋島淳
製作会社 新日本映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1979年6月30日[1]
上映時間 154分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 14億円[2]
次作 あゝ野麦峠 新緑篇
テンプレートを表示

あゝ野麦峠』(ああのむぎとうげ)は、1979年製作の日本映画。原作は山本茂実のノンフィクション『あゝ野麦峠』。

14億円の配給収入を記録、1979年(昭和54年)の邦画配給収入ランキングの第2位となった[2]。同年キネマ旬報ベストテン9位。

概要[編集]

1968年(昭和43年)に出版された山本茂実のルポルタージュ『あゝ野麦峠』の映画化作品である[3]

『あゝ野麦峠』の映画化の計画は1969年(昭和44年)に一度出ており、内田吐夢監督、吉永小百合主演(政井みね役)の予定であった[3]。しかし、映画化には莫大な資金が必要で興行的にも懸念されたため映画化は断念された[3]。現地を何回か訪れていた吉永は野麦峠に「政井みねの碑」を寄贈している[3]

その後、仙台市の電子関係事業の会社の社長が、野麦峠を取り上げた本作の映画化のため4億円を出資[3]。新日本映画が設立され東宝が配給することになり、東宝から大道具や小道具、衣装などのスタッフの協力を得た[3]

山本薩夫監督、大竹しのぶ主演(政井みね役)で1978年(昭和43年)11月にクランクインし、11月と翌年2月に1週間ずつ野麦峠で撮影が行われた[3]。1979年(昭和54年)6月に全国一斉に公開された[3]。若い人気女優たちの共演や抒情的な主題曲などで人気を集め、社会派映画としては突出したヒットとなった。

あらすじ[編集]

20世紀初頭。「野麦峠」は岐阜県と長野県の境に位置する地名でヒロインの政井みね(大竹しのぶ)は13歳の少女、みねの実家は父母と2人の兄に加えてまだ小さい4人の弟妹を抱えており、みねは苦しい家計を助けるため岐阜県飛騨地方の寒村から長野県岡谷市の製糸工場に行く。
みねの仕事は、繭を煮て生糸を取る「糸取り」という作業。労働は「過酷」という言葉では形容できないレベルだった。朝4時半に起床、洗顔、トイレを慌ただしく済ませた後に朝の労働。7時に朝食を10分で摂り、また労働。昼食も立ち食いで10分、再び夕方まで労働。15時間近く働いた。職場環境は劣悪で、気温40度に達する工場は締め切られており、日光も風も入らない蒸し風呂状態。結核菌が繁殖するには絶好の条件だった。

やがて、みね自身も結核に感染して重度の髄膜炎を発症する。しかし十分に医療を受けられず、隔離小屋で寝かされた後、工場を訪れた兄の辰次郎(地井武男)に背負われ、郷里の飛騨に戻るところでみねは息を引き取る。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

  • 第34回毎日映画コンクール:日本映画大賞/音楽賞(佐藤勝)/撮影賞(小林節雄)/美術賞(間野重雄)
  • 第33回日本映画技術賞:撮影賞(小林節雄)/美術賞(間野重雄)/録音賞(渡会伸)/照明賞(下村一夫)

ビデオソフト化・テレビ放送[編集]

反響[編集]

映画に登場する岐阜県飛騨地方の工女たちに共感し、全国で岐阜東宝だけが6週間上映という前代未聞のロングランヒットになった[5]

一方で野麦峠の資料館「野麦峠の館」には皆が政井みねのような境遇だったというイメージをもつ来館者も多かったため、資料館ではより多面的に、勤続10年で長野県生糸同業組合連合会から表彰を受けた労働者への感謝状、岡谷の写真館での集合写真、青年が工女に宛てて書いた恋文等も展示された[3]。資料館「野麦峠の館」は老朽化等により2022年3月末に閉館することになり、資料の一部は隣接する観光施設「お助け小屋」に移して展示されることになった[6]

2011年岐阜新聞創刊130年記念事業として映画上映と飛騨の工女行列が行われた[7]

出典・参考文献[編集]

  • 『東宝特撮映画全史』東宝、1983年。ISBN 4-92460-900-5 
  • 『映画の賞辞典』日外アソシエーツ、2009年。ISBN 4816922237 
  • 『映画賞受賞作品事典 邦画編』日外アソシエーツ、2011年。ISBN 4816923128 

脚注[編集]

  1. ^ 有楽座にて特別先行上映。東宝邦画系での全国(一般)公開は6月30日から。
  2. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』キネマ旬報社、2003年、238-239頁。ISBN 4-87376-595-1 
  3. ^ a b c d e f g h i 堀野徹. “野麦峠”. 高山市デジタルアーカイブ. 2022年2月22日閲覧。
  4. ^ 映画高世帯視聴率番組 ビデオリサーチ
  5. ^ “第3章 柳ヶ瀬・移ろい編 銀幕の街、人情映す 最盛期には13館、スター来演に熱狂”. 岐阜新聞. (2011年2月24日). http://www.gifu-np.co.jp/tokusyu/2011/tonneru/3/3_4.shtml 
  6. ^ 「工女の本当の姿 伝えられた」高山・野麦峠の館来月で閉館”. 中日新聞. 2022年2月22日閲覧。
  7. ^ “「飛騨の工女行列」柳ヶ瀬練る 「あゝ野麦峠」上映”. 岐阜新聞. (2011年5月22日). https://www.gifu-np.co.jp/tokusyu/entertainment/entame20110522_1.shtml 

外部リンク[編集]