あゝ野麦峠 (1979年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あゝ野麦峠
Oh! The Nomugi Pass
監督 山本薩夫
脚本 服部佳
製作 持丸寛二
伊藤武郎
宮古とく子
出演者 大竹しのぶ
原田美枝子
友里千賀子
古手川祐子
三國連太郎
音楽 佐藤勝
撮影 小林節雄
編集 鍋島淳
製作会社 新日本映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1979年6月30日[1]
上映時間 154分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 14億円[2]
次作 あゝ野麦峠 新緑篇
テンプレートを表示

あゝ野麦峠』(ああのむぎとうげ)は、1979年製作の日本映画。原作は山本茂実のノンフィクション『あゝ野麦峠』。

14億円の配給収入を記録、1979年(昭和54年)の邦画配給収入ランキングの第2位となった[2]。同年キネマ旬報ベストテン9位。

シリアスな題材に対して製糸工場の再現などに巨額な予算が必要なこともあり、1969年に宇野重吉製作・内田吐夢監督・吉永小百合主演も映画化を断念した[3]原作だったが、新たに設立された新日本映画の出資によって実現。若い人気女優たちの共演や抒情的な主題曲などで人気を集め、社会派映画としては突出したヒットとなった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

  • 第34回毎日映画コンクール:日本映画大賞/音楽賞(佐藤勝)/撮影賞(小林節雄)/美術賞(間野重雄)
  • 第33回日本映画技術賞:撮影賞(小林節雄)/美術賞(間野重雄)/録音賞(渡会伸)/照明賞(下村一夫)

ビデオソフト化・テレビ放送[編集]

その他[編集]

映画に登場する岐阜県飛騨地方の工女たちに共感し、全国で岐阜東宝だけが6週間上映という前代未聞のロングランヒットになった[5]2011年岐阜新聞創刊130年記念事業として映画上映と飛騨の工女行列が行われた[6]

出典・参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 有楽座にて特別先行上映。東宝邦画系での全国(一般)公開は6月30日から。
  2. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』 キネマ旬報社、2003年、238-239頁。ISBN 4-87376-595-1
  3. ^ たそがれの品川宿
  4. ^ 映画高世帯視聴率番組 ビデオリサーチ
  5. ^ “第3章 柳ヶ瀬・移ろい編 銀幕の街、人情映す 最盛期には13館、スター来演に熱狂”. 岐阜新聞. (2011年2月24日). http://www.gifu-np.co.jp/tokusyu/2011/tonneru/3/3_4.shtml 
  6. ^ “「飛騨の工女行列」柳ヶ瀬練る 「あゝ野麦峠」上映”. 岐阜新聞. (2011年5月22日). https://www.gifu-np.co.jp/tokusyu/entertainment/entame20110522_1.shtml 

外部リンク[編集]