伊藤武郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いとう たけろう
伊藤 武郎
伊藤 武郎
1955年
本名 伊藤 武男 いとう たけお
生年月日 (1910-07-17) 1910年7月17日
没年月日 (2001-11-29) 2001年11月29日(91歳没)
出生地 日本の旗 日本 福井県
死没地 日本の旗 日本 東京都
職業 映画プロデューサー労働運動家
ジャンル 映画
著名な家族 伊藤昌洋 子息
主な作品
戦争と平和
人間の壁
どっこい生きてる
ひめゆりの塔
忍びの者

伊藤 武郎(いとう たけろう、1910年7月17日 - 2001年11月29日[1])は、日本の 映画プロデューサー労働運動家である。日本映画演劇労働組合の初代委員長として、東宝争議を指揮した。本名伊藤 武男(いとう たけお)[1]

人物・来歴[編集]

1910年(明治43年)7月17日福井県に「伊藤武男」として生まれる[1]

東京に移り、早稲田大学に入学[1]、同学を卒業後の1937年(昭和12年)、東宝映画(現在の東宝)に入社する[1]。東宝映画東京撮影所(現在の東宝スタジオ)で、1942年(昭和17年)、渡辺邦男監督の『武蔵坊弁慶』で伊藤基彦とともに初めて「製作」に名を連ね、映画プロデューサーとなる。

第二次世界大戦終結の翌年、1946年(昭和21年)2月に東宝撮影所で東宝争議が起きる[2]。同年4月28日、映画・演劇の産業別労働組合である日本映画演劇労働組合(日映演)を1万人を超える組織人員で結成、初代委員長に就任する[3]。1947年(昭和22年)には、山本薩夫亀井文夫共同監督、宮島義勇撮影による映画『戦争と平和』をプロデュースし[1]、同年7月22日に東宝が配給して公開される[4]。1948年(昭和23年)4月8日、伊藤は、東宝から他の270名とともに解雇を通告され、第3次争議が勃発する[2]。伊藤は会社側と折衝し、自らを含む争議指導者20人の解雇と引き換えに、一方的な大量解雇を撤回、要求を貫徹した[1][2][5]

東宝退社後、1950年(昭和25年)、新星映画を設立し、映画をプロデュースしつづけた[1][5]。1953年(昭和28年)には新世紀映画を設立、1954年(昭和29年)には独立系配給会社北星映画が破綻し、独立映画となったので、同社の代表に就任した[5]。同年、新星映画、キヌタプロダクションのスタッフを結集して中央映画を設立、調布市中央映画撮影所を建設・オープンした[5]。同撮影所は1957年(昭和32年)ころまでは稼働したが、調布映画撮影所と社名を変更し、レンタルスタジオになったあと、1960年(昭和35年)には取り壊された[5]

2001年(平成13年)11月29日肺炎のため死去した[1][6]。満91歳没。『戦争と平和』、『人間の壁』、『どっこい生きてる』、『ひめゆりの塔』がおもな代表作である[1]。1976年、日本映画テレビプロデューサー協会よりエランドール賞が贈与。

おもなフィルモグラフィ[編集]

戦争と平和』、1947年。
どっこい生きてる』、1951年。

参考書籍[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 伊藤武郎、『講談社 日本人名大辞典』、講談社コトバンク、2009年12月23日閲覧。
  2. ^ a b c 日映演大原デジタルライブラリー法政大学大原社会問題研究所、2009年12月23日閲覧。
  3. ^ 日本映画演劇労働組合、法政大学大原社会問題研究所、2009年12月23日閲覧。
  4. ^ 戦争と平和日本映画データベース、2009年12月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e 中央映画撮影所調布市立図書館、2009年12月23日閲覧。
  6. ^ 逝去2001日刊スポーツ、2009年12月23日閲覧。
  7. ^ 昭和史探訪 5国立国会図書館、2009年12月23日閲覧。

外部リンク[編集]