中尾駿一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中尾 駿一郎(なかお しゅんいちろう、1918年7月27日1981年12月4日)は、日本の撮影監督、映画カメラマン。

今井正監督『また逢う日まで』(東宝)などの撮影で、4度、日本映画技術賞を受賞、熊井啓監督『日本の熱い日々 謀殺・下山事件』(俳優座映画放送)で、第5回日本アカデミー賞優秀撮影賞。

戦時中は、撮影助手として修業を積んだ。戦後、今井正監督の劇映画作品で多くカメラを回したほか、東宝退社後は、記録映画も撮影した。

経歴[編集]

PCLから東宝へ[編集]

独立プロでの活躍[編集]

今井監督とともに[編集]

  • 1957年、今井正監督『米』(東映東京)、今井正監督『純愛物語』(東映東京)撮影担当。
  • 1958年、今井正監督『夜の鼓』(現代ぷろ)撮影担当。
  • 1959年、今井正監督『キクとイサム』(大東映画)、小林太平監督『陽のあたる家』(平凡映画)、岩城其美夫監督『世界の名物 虹の祭典』(松竹)、『中国歌舞団訪日記録 獅子と蝶と紅い絹』(山王プロ)撮影担当。
  • 1960年、今井正監督『白い崖』(東映東京)、若林栄二郎監督『殺られてたまるか』(第二東映東京)、望月優子監督『海をわたる友情』で撮影担当。
  • 1961年、パラマウント映画『青い目の蝶々さん』撮影担当。
  • 1962年、今井正監督『喜劇 にっぽんのお婆あちゃん』(M・I・Iプロ)撮影担当。
  • 1964年、今井正監督『越後つついし親不知』(東映東京)、今井正監督『仇討』(東映京都)撮影担当。
  • 1965年、『日本の憲法』(京都改憲阻止映画製作委員会)で、竜神孝正とともに撮影担当。
  • 1967年、『カルピスの誕生』(東京シネマ)撮影担当。亀井文夫監督『未来を紡ぐものートーア紡への招待ー』撮影担当。
  • 1969年、今井正監督『橋のない川』(ほるぷ映画)撮影担当。
  • 1970年、『橋のない川第一部』(ほるぷ映画)の撮影で、第23回日本映画技術賞受賞[1]。同年、今井正監督『橋のない川 第二部』(ほるぷ映画)撮影担当。
  • 1971年、今井正監督『婉という女』(ほるぷ映画)撮影担当。
  • 1974年、今井正監督『小林多喜二』(多喜二プロ)、『街道に残る文化財』(制作:東京都映画協会・日本記録映画作家協会、企画:東京都教育庁)小松浩・武井大・谷沢一義とともに、撮影担当。

晩年[編集]

  • 1975年、樋口源一郎監督『東ドイツの旅−ドイツ民主共和国の文化−』撮影担当。
  • 1977年、『映画論講座 3』(合同出版)に、「映画撮映技術入門」を寄稿。
  • 1978年堀川弘通監督の実話に基づいた映画『翼は心につけて』(翼プロ)、『今こそ自由を!金大中氏らを救おう』(製作 川本博康)で、福沢康道とともに、撮影担当。
  • 1980年森川時久監督の実話に基づいた映画『翔べイカロスの翼』(翼プロ)撮影担当。
  • 1981年熊井啓監督『日本の熱い日々 謀殺・下山事件』(俳優座映画放送)、『よみがえる東塔』(TVC山本・フジテレビ)撮影担当。同年12月4日死去。
  • 1982年、橋本忍監督『幻の湖』(橋本プロ)公開。『日本の熱い日々 謀殺・下山事件』の撮影で、第35回日本映画技術賞[1]と第5回日本アカデミー賞優秀撮影賞[2]
  • 1984年、『よみがえる東塔』の撮影で、田中正・木塚誠一・完倉泰一とともに、第37回日本映画技術賞受賞[1]

出典[編集]