増村保造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ますむら やすぞう
増村 保造
生年月日 1924年8月25日
没年月日 1986年11月23日(満62歳没)
出生地 日本の旗 日本 山梨県甲府市
職業 映画監督演出家
配偶者 あり(眼科医

増村 保造(ますむら やすぞう、1924年8月25日 - 1986年11月23日)は、日本映画監督脚本家である。

来歴・人物[編集]

山梨県甲府市出身。旧制甲府中学から旧制第一高等学校を経て東京大学法学部を卒業。東大法学部時代の知人に三島由紀夫がいる。

1947年大映助監督として入社。東京大学文学部哲学科に再入学。1952年イタリア留学、フェデリコ・フェリーニルキノ・ヴィスコンティらに学ぶ。帰国後、溝口健二市川崑の助監督として参加。1957年、『くちづけ』で監督デビュー。監督第2作『青空娘』より若尾文子とタッグを組み、『妻は告白する』『清作の妻』『女の小箱・より夫が見た』『赤い天使』『』『刺青』などの佳作にして重要な作品群を残す。また『兵隊やくざ』『陸軍中野学校』と、それぞれ勝新太郎市川雷蔵の大ヒットシリーズの第1作を監督して大映絶頂期を支えた。

1958年、雑誌『映画評論』3月号において、「ある弁明」という評論を発表。「自分の映画の方法論は、近代的人間像を日本映画にうちたてるためのものだ」と主張し、当時の巨匠成瀬巳喜男を『日本の社会をそのまま認め、はかなき小市民の「情緒」を描く自然主義的風速映画』と、他に今井正作品を痛烈に批判した[1]

大映倒産後は、映画プロデューサーの藤井浩明、脚本家の白坂依志夫とともに独立プロダクション「行動社」を設立し、『大地の子守歌』『曽根崎心中』などを監督。また、勝新太郎の勝プロと組んで『新兵隊やくざ 火線』といった後期代表作を手がける。

1970年代以降は、大映テレビを中心に『ザ・ガードマン』、『赤い衝撃』などの「赤いシリーズ」、『スチュワーデス物語』などのテレビドラマ演出脚本を手がけ、俗に言う「大映ドラマ」の基礎を作り上げた。1980年、日本とイタリアの合作映画『エデンの園』を監督。

天才脚本家と呼ばれた白坂依志夫は、『青空娘』(1957年)から『曽根崎心中』(1978年)まで13作の脚本を担当し、新藤兼人も『氷壁』(1958年)から『松本清張スペシャル・黒い福音』(1984年)まで10作の脚本を担当し、それぞれ名コンビとして知られた。

1986年11月23日、脳内出血で死去。享年62歳。戒名は、影光院演応保真居士。

生涯で残した全57本の作品は、「強烈な自我を持ち、愛憎のためなら死をも厭わない個人主義」=ヨーロッパ的人間観に貫かれている。モダンで大胆な演出により、これまでにない新しい日本映画を創出した。

監督作品[編集]

映画[編集]

  • くちづけ(1957年、大映東京)原作:川口松太郎、脚本:舟橋和郎
  • 青空娘(1957年、大映東京)原作:源氏鶏太、脚本:白坂依志夫
  • 暖流(1957年、大映東京)原作:岸田國士、脚本:白坂依志夫
  • 氷壁(1958年、大映東京)原作:井上靖、脚本:新藤兼人
  • 巨人と玩具(1958年、大映東京)原作:開高健、脚本:白坂依志夫
  • 不敵な男(1958年、大映東京)脚本:新藤兼人
  • 親不孝通り(1958年、大映東京)原作:川口松太郎、脚本:須崎勝弥
  • 最高殊勲夫人(1959年、大映東京)原作:源氏鶏太、脚本:白坂依志夫
  • 氾濫(1959年、大映東京)原作:伊藤整、脚本:白坂依志夫
  • 美貌に罪あり(1959年、大映東京)原作:川口松太郎、脚本:田中澄江
  • 闇を横切れ(1959年、大映東京)脚本:菊島隆三・増村保造
  • 女経 第一話 耳を噛みたがる女(1960年、大映東京)原作:村松梢風、脚本:八住利雄
  • からっ風野郎(1960年、大映東京)脚本:菊島隆三・安藤日出男、主演:三島由紀夫
  • 足にさわった女(1960年、大映東京)原作:沢田撫松、脚本:和田夏十市川崑
  • 偽大学生(1960年、大映東京)原作:大江健三郎「偽証の時」、脚本:白坂依志夫
  • 恋にいのちを(1961年、大映東京)原作・脚色:川内康範、脚本:下村菊雄
  • 好色一代男(1961年、大映東京)原作:井原西鶴、脚本:白坂依志夫
  • 妻は告白する(1961年、大映東京)原作:円山雅也、脚本:井手雅人
  • うるさい妹たち(1961年、大映東京)原作:五味康祐、脚本:白坂依志夫
  • 爛(1962年、大映東京)原作:徳田秋声、脚本:新藤兼人
  • 黒の試走車(1962年、大映東京)原作:梶山季之、脚本:舟橋和郎・石松愛弘
  • 女の一生(1962年、大映東京)原作:森本薫、脚本:八住利雄
  • 黒の報告書(1963年、大映東京)原作:佐賀潜、脚本:石松愛弘・増村保造
  • 嘘(オムニバス・第1話プレイガール)(1963年、大映東京)脚本:白坂依志夫
  • ぐれん隊純情派(1963年、大映東京)原作:藤原審爾、脚本:小滝光郎・増村保造
  • 現代インチキ物語 騙し屋(1964年、大映東京)原作・脚本:藤本義一・沢村勉
  • 女の小箱・より 夫が見た(1964年、大映東京)原作:黒岩重吾、脚本:高岩肇・野上竜雄
  • (1964年、大映東京)原作:谷崎潤一郎、脚本:新藤兼人
  • 黒の超特急(1964年、大映東京)原作:梶山季之、脚本:白坂依志夫・増村保造
  • 兵隊やくざ(1965年、大映東京)原作:有馬頼義、脚本:菊島隆三
  • 清作の妻(1965年、大映東京)原作:吉田絃二郎、脚本:新藤兼人
  • 刺青(1966年、大映京都)原作:谷崎潤一郎、脚本:新藤兼人
  • 陸軍中野学校(1966年、大映東京)脚本:星川清司
  • 赤い天使(1966年、大映東京)原作:有馬頼義、脚本:笠原良三
  • 妻二人(1967年、大映東京)原作:パトリック・クエンティン「二人の妻をもつ男」、脚本:新藤兼人
  • 痴人の愛(1967年、大映東京)原作:谷崎潤一郎、脚本:池田一朗
  • 華岡青洲の妻(1967年、大映京都)原作:有吉佐和子、脚本:新藤兼人
  • 大悪党(1968年、大映東京)原作:円山雅也、脚本:石松愛弘・増村保造
  • セックス・チェック 第二の性(1968年、大映東京)原作:寺内大吉、脚本:池田一朗
  • 積木の箱(1968年、大映東京)原作:三浦綾子、脚本:池田一朗・増村保造
  • 濡れた二人(1968年、大映東京)原作:笹沢左保、脚本:山田信夫・重森孝子
  • 盲獣(1969年、大映東京)原作:江戸川乱歩、脚本:白坂依志夫
  • 千羽鶴(1969年、大映東京)原作:川端康成、脚本:新藤兼人
  • 女体(1969年、大映東京)脚本:池田一朗・増村保造
  • でんきくらげ(1970年、大映東京)原作:遠山雅之、脚本:石松愛弘・増村保造
  • やくざ絶唱(1970年、大映東京/ダイニチ映配)原作:黒岩重吾、脚本:池田一朗
  • しびれくらげ(1970年、大映東京/ダイニチ映配)脚本:石松愛弘・増村保造
  • 遊び(1971年、大映東京/ダイニチ映配)原作:野坂昭如、脚本:今子正義・伊藤昌洋
  • 新兵隊やくざ 火線(1972年、勝プロ/東宝)脚本:増村保造・東條正年
  • 音楽(1972年、行動社=ATG)原作:三島由紀夫、脚本:増村保造
  • 御用牙 かみそり半蔵地獄責め(1973年、勝プロ/東宝)原作:小池一雄・神田たけ志、脚本:増村保造
  • 悪名 縄張荒らし(1974年、勝プロ/東宝)原作:今東光、脚本:依田義賢
  • 動脈列島(1975年、東京映画/東宝)原作:清水一行、脚本:白坂依志夫・増村保造
  • 大地の子守歌(1976年、行動社=木村プロ/松竹)原作:素九鬼子、脚本:白坂依志夫・増村保造
  • 曽根崎心中(1978年、行動社=木村プロ=ATG)原作:近松門左衛門、脚本:白坂依志夫・増村保造
  • エデンの園 Il giardino dell'Eden(1980年、白信商事=オルソ・オリエンタル・コーポレーション/日本ヘラルド)脚本:レロス・ピットーニ・増村保造
  • この子の七つのお祝いに(1982年、松竹=角川春樹事務所)原作:斎藤澪、脚本:松木ひろし・増村保造

テレビドラマ[編集]

脚本作品[編集]

※監督作品を除く。

映画[編集]

  • 十七才の狼(1964年、大映東京)監督:井上芳夫、脚本:星川清司・増村保造
  • ある殺し屋(1987年、大映京都)原作:藤原審爾、監督:森一生、脚本:増村保造・石松愛弘
  • ある殺し屋の鍵(1967年、大映京都)原作:藤原審爾、監督:森一生、脚本:小滝光郎、構成:増村保造
  • 九尾の狐と飛丸(1968年、日本動画/大映)原作:岡本綺堂、演出:八木晋一、脚本:吉岡道夫、構成:鈴木英夫・増村保造
  • 可愛い悪魔 いいものあげる(1970年、大映東京/ダイニチ映配)監督:井上芳夫、脚本:安本莞二・増村保造
  • 御用牙 鬼の半蔵やわ肌小判(1974年、勝プロ/東宝)原作:小池一雄・神田たけ志、監督:井上芳夫
  • 喜劇・モッキンポット師の三度笠(1974年、東京映画)原作:井上ひさし、脚本:白坂依志夫・増村保造(未映画化作)
  • 斜陽(1974年)原作:太宰治、脚本:白坂依志夫・増村保造(未映画化作)

テレビドラマ[編集]

脚注・文献[編集]

  1. ^ 佐藤忠男岸川真編著『「映画評論」の時代』(カタログハウス、2003年 ISBN 4905943523)P.200。

外部リンク[編集]