キクとイサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キクとイサム
監督 今井正
脚本 水木洋子
製作 伊藤武郎
角正太郎
出演者 高橋恵美子
奥の山ジョージ
北林谷栄
音楽 大木正夫
撮影 中尾駿一郎
編集 河野秋和
製作会社 大東映画
配給 日本の旗 松竹
ポルトガルの旗 シネマテカ・ポルチュゲーザポルトガル語版
公開 日本の旗 1959年3月29日
ポルトガルの旗 1982年7月30日
上映時間 117分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キクとイサム』は、1959年(昭和34年)3月29日公開の日本映画である。大東映画製作、松竹配給。監督は今井正モノクロシネマスコープ、117分。

会津磐梯山麓の農村を舞台に、混血児の姉弟が好奇と差別の中を明るく生きる姿を描いた社会派映画。混血児の姉弟役には、当時一般の小学生だった高橋恵美子奥の山ジョージが起用された[1]。また、当時48歳の北林谷栄が前歯を抜く役作りを行って、倍近い年齢の祖母役を演じ[1]、数々の女優賞を受賞。作品自体も多くの映画賞を獲得した。第33回キネマ旬報ベスト・テン第1位。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『今井正映画読本』、論創社、2012年、p.222-223

外部リンク[編集]