木村荘十二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きむら そとじ
木村 荘十二
本名 木村 荘十二
生年月日 (1903-09-04) 1903年9月4日
没年月日 (1988-08-10) 1988年8月10日(満84歳没)
出生地 東京府東京市芝区三田四国町(現・東京都港区芝)
職業 映画監督・脚本家
著名な家族 木村荘平(父)
木村曙(姉)
木村荘太(兄)
木村マリニー(兄)
木村荘八(兄)
木村荘十(兄)

木村 荘十二(きむら そとじ、1903年9月4日 - 1988年8月10日)は東京府出身の映画監督

牛鍋チェーン店"いろは"経営者木村荘平の正妻の十二男として、東京市芝区三田四国町(現在の東京都港区芝)の"いろは"本店に生まれる。幼くして父を亡くし、4歳から二代目木村荘平夫妻に育てられる。小学校卒業後、奉公に出されたが、異母兄木村荘五に引き取られて教育を受け、荘五と共に新しき村に参加。

1924年に映画界入りを果たし、1930年『百姓万歳』で映画監督デビュー1932年新興キネマストライキで解雇される。

1933年、自らの独立プロダクション音画芸術研究所ピー・シー・エル映画製作所東宝の前身)の提携で、社会派映画『河向ふの青春』を作る。

『音楽喜劇 ほろよひ人生』(1933年)の千葉早智子藤原釜足

以後はPCLに所属。軽喜劇『音楽喜劇 ほろよひ人生』(1933年)などを経て、1936年室生犀星原作の『兄いもうと』や三好十郎原作の『彦六大いに笑ふ』で進境を示し、PCLの代表的監督と目されるに至った。

1941年満洲映画協会に移り、当地で敗戦を迎える。戦後も大陸に残って中華人民共和国の文化工作に協力。1953年に帰国してからは、『森は生きている』(1956年)など児童映画や反核映画を作り、日本共産党に入党した。

1986年日本映画復興会議から特別功労賞を受ける。

異母姉木村曙や異母兄木村荘太、異母弟木村荘十はいずれも作家。異母兄木村荘八画家

妻は木村静江。1970年代以降は東京都江東区大島在住。地域の子供向けに、定期的に映画上映会を開催した。

監督作品[編集]

外部リンク[編集]