河向ふの青春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
河向ふの青春
Kawamukô no seishun.jpg
監督 木村荘十二
出演者 菊池のり子
滝沢修
信欣三
宇野重吉
撮影 立花幹也
配給 東和商事
公開 日本の旗 1933年6月1日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

河向ふの青春』(かわむこうのせいしゅん)は、音画芸術研究所1933年に製作し、東和商事が配給した日本映画である。

音画芸術研究所大村英之助の従兄でもある植村泰二が経営するPCL映画製作所のスタジオで製作された[1]。 初期のトーキー映画の実験的作品である。

内容[編集]

借金を抱えた農家出身の身売りされる娘と都会の工場で働く青年労働者が主役という異色作。検閲では、工場の争議なども描かれたことで、台本の本文96ページのうち18ページが削除された[2]

日本プロレタリア映画同盟のメンバーでありながら京都で脚本家として活躍していた松崎啓次が原作を書き、同盟非公然メンバーの映画監督木村荘十二が演出。日本プロレタリア映画同盟と縁のある左翼劇場出身の滝沢修信欣三宇野重吉が出演した。

日本プロレタリア映画同盟のアマチュアのメンバーや松崎啓次の知人であった瀧口修造が製作に協力し、そのままPCL映画製作所に入社した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 「瀧口修造と映画 --- いくつかの接点」 西嶋憲生
  2. ^ 資料探訪 vol.3 川喜多記念映画文化財団

外部リンク[編集]