三好十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三好 十郎(みよし じゅうろう、1902年4月23日[1] - 1958年12月16日)は昭和初期から終戦後の復興期にかけて活動した小説家劇作家

佐賀市生まれ。12歳で両親を失う。早稲田大学英文科卒業。早稲田大学在学中から試作を発表し、プロレタリア劇の作家として活動を始めた。その後、左翼的な活動に疑問を覚えたとして組織を離脱。

戦後は、近代の既成文学全般への批判を貫き、無頼派の一人といわれる。

1951年(昭和26年)9月、雑誌『群像』に「炎の人」を発表。

2001年4月23・24日ETVにて「吉本隆明がいま語る・炎の人・三好十郎」放映。詩人・思想家・文芸批評家吉本隆明と京都三月書房宍戸恭一らが三好十郎の生涯と作品を論じた。

関連項目[編集]

著書[編集]

  • 『炭塵』中央公論社 1931
  • 『斬られの仙太 天狗外伝』ナウカ社 1934 
  • 『妻恋行 他三篇 リアリズム文学叢書』文学案内社 1937 
  • 『戯曲三日間』桜井書店 1943
  • 『夢たち 戯曲』桜井書店 1943
  • 『崖 三好十郎戯曲集』桜井書店、1946
  • 『獅子 三好十郎戯曲集』桜井書店 1948
  • 『その人を知らず』中央公論社 1948 
  • 『やまびこ』柊書房 1948 新戯曲文庫
  • 『胎内』世界評論社 1949
  • 『恐怖の季節 現代日本文学への考察』作品社 1950  
  • 『肌の匂い』早川書房 1950
  • 『炎の人 ゴッホ小伝』河出書房・市民文庫 1951 のち講談社文芸文庫、ハヤカワ演劇文庫 
  • 『三好十郎作品集』全4巻 河出書房、1952
第1巻 (浮標) のちハヤカワ演劇文庫
第2巻 (その人を知らず)
第3巻 (炎の人)
第4巻 (冒した者)
  • 『美しい人』ダヴィット社 1953
  • 『日本および日本人 抵抗のよりどころは何か』光文社 1954 考える世代とともに
  • 『破れわらじ』宝文館・ラジオ・ドラマ新書 1954
  • 『樹氷』宝文館・ラジオ・ドラマ新書 1955 
  • 『三好十郎著作集』三好十郎著作刊行会 1961 3巻を刊行
  • 『三好十郎の仕事』全3巻別巻1 学芸書林 1968
  • 『定本三好十郎全詩集』永田書房 1970
  • 『三好十郎日記』五月書房 1974
  • 『三好十郎の手帳』大武正人編集 金沢文庫 1974
  • 『知識人は信頼できるか』東京白川書院 1979
  • 『新劇はどこへ行ったか』東京白川書院 1980

翻訳[編集]

  • ライダー・ハッガード『不死の女王』アルス・ポピュラアー・ライブラリー 1925
  • ニコル『バイロン』新潮社・文豪評伝叢書 1926

[編集]

  1. ^ 誕生日には複数の記述があり、戸籍上は4月21日、自筆の年譜では4月23日、小学校の学籍簿では3月25日となっている。

外部リンク[編集]