音楽喜劇 ほろよひ人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
音楽喜劇 ほろよひ人生
Ongaku kigeki horoyoi jinsei.jpg
監督 木村荘十二
脚本 構成 森岩雄
台本 松崎啓次
台本協力 瀧口修造
出演者 徳川夢声
音楽 兼常清佐
紙恭輔
奥田良三
主題歌 浅草〆香
撮影 鈴木博
編集 立花幹也
製作会社 P.C.L.映画製作所
配給 日本の旗 東和商事映画部
公開 日本の旗 1933年8月10日
上映時間 77分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

音楽喜劇 ほろよひ人生』(おんがくきげき ほろよひじんせい)は、1933年(昭和8年)製作・公開、木村荘十二監督の日本の長篇劇映画である。第二次世界大戦前の日本における初期のミュージカル・コメディである。

略歴・概要[編集]

写真化学研究所の第1回作品である[1]。同社の経営者である植村澄三郎が経営するビール会社・大日本麦酒の取締役も兼務していたことから、タイアップによる広告映画でもあった[1]

写真化学研究所、P.C.L.映画製作所ともに1937年(昭和12年)には合併して東宝映画となる会社であり、同社も1943年(昭和18年)にはさらに合併して現在の東宝となる。P.C.L.映画製作所は現在の東宝スタジオなので、本作は、東宝スタジオの存在する場所で製作された最初の映画にあたる。⇒ 東宝スタジオ#おもなフィルモグラフィ

完全な35ミリプリントを東京国立近代美術館フィルムセンター(現・国立映画アーカイブ)が所有しており[2]、上映機会さえあれば容易に見ることが可能である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

[編集]

  1. ^ a b 音楽喜劇 ほろよひ人生東京国立近代美術館フィルムセンター、2009年11月17日閲覧。
  2. ^ 所蔵映画フィルム検索システム、検索結果、東京国立近代美術館フィルムセンター、2009年11月17日閲覧。
  3. ^ Ongaku kigeki horoyoi jinsei - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2009年11月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]