瀧口修造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瀧口 修造
(たきぐち しゅうぞう)
誕生 1903年12月7日
日本の旗 日本富山県婦負郡寒江村大塚
死没 (1979-07-01) 1979年7月1日(75歳没)
墓地 龍江寺(富山市)
職業 詩人造形作家画家美術評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 慶應義塾大学英文科
活動期間 1917年 - 1942年
ジャンル 絵画
主題 幻想
文学活動 シュルレアリスムダダイスム前衛芸術
代表作 『超現実主義と絵画』(1930年
『詩と実在』(1931年
『七つの詩』(1936年
『妖精の距離』(1937年
デビュー作 『地球創造説』(1928年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

瀧口 修造(たきぐち しゅうぞう、1903年明治36年)12月7日 - 1979年昭和54年)7月1日)は、近代日本を代表する美術評論家詩人画家戦前戦後の日本における正統シュルレアリスムの理論的支柱であり、近代詩の詩人とは一線を画す存在。

経歴[編集]

出生[編集]

1903年富山県婦負郡寒江村大塚(現富山市)に3人姉弟の長男として生まれる。家は祖父の代から医者であったので長男であった修造は当然家業を継ぐものとして期待されていた。だが、それに反するかのように本人は子供の頃から大の学校嫌いでよく家の大黒柱につかまっていたという。 小学五年生のある日、父の勤めている病院に連れて行ってもらい、実際の手術の現場を見せてもらったところ、あやうく卒倒しかける。その帰りの食堂で、父に医者にはなりたくない、と言うと父は黙って微笑んでいた。その数日後、父は急死した。

1921年富山県立富山中学校(現富山高校)卒業後、受験準備を理由に上京するも、1922年母たき急死。医学部進学を断念。日進英語学校に通う。 1923年4月慶應義塾大学予科に入学するも講義より図書館でウィリアム・ブレイクなどを原書で読むことのほうが多くなる。関東大震災被災後の12月に大学を退学。持っていた文学書等を売り払い、文学を「清算」して姉のいる北海道小樽市に身を寄せる。ブレイクの「無垢なイノセンス」に触発され、そこで小学校教員でもやり一生を過ごそうと思うが、どうしてもなれなかった。姉と一緒に小さな手芸品店を開こうと模索するも、姉や身内の強い説得にあい、1925年、慶應義塾大学文学部に再入学。

シュルレアリスムとの出会い[編集]

1926年、友人永井龍男らのすすめで同人誌『山繭』に参加。同人には小林秀雄などがいた。

イギリスオックスフォード大学から帰国した西脇順三郎に卒業までの間5年間教わる。西脇から瀧口は西洋の最新のモダニズム詩の運動のことを聞き、また西脇の自宅でダダイスムシュルレアリスムを知り、アルチュール・ランボーアンドレ・ブルトンポール・エリュアールなどを原書で読み、次第に影響を受ける。1927年には西脇を中心にシュルレアリスム詩「馥郁タル火夫ヨ」(アンソロジー)刊行。1928年『山繭』に詩編「地球創造説」を発表。同人間に衝撃を与えた。同年、上田敏雄上田保 (英文学者)北園克衛山田一彦冨士原清一三浦幸之助らで『衣裳の太陽』発刊、また詩雑誌『詩と詩論』同人となる。1929年、「シュルレアリスム・アンテルナショナル」を提唱するも一冊のアンソロジーで終わる。

画壇との交渉[編集]

1930年にはアンドレ・ブルトンの『超現実主義と絵画』を翻訳。この本は、日本における本格的なシュルレアリスムの最初の文献である。これにより瀧口は日本におけるシュルレアリスムの権威として美術批評などで徐々に名を広めていく。1931年、慶應義塾大学英文科卒業。翌年、PCL映画製作所(現在の東宝)に入社。日本で初のスクリプター(記録係)となり、数年間一労働者として働く。1935年、妻・綾子と結婚。1936年 には瀧口修造が中心となって難波田龍起末松正樹らとともにアヴァンギャルド芸術家クラブを結成した。1937年 にアンドレ・ブルトンを通じて企画した「海外超現実主義作品展」を東京で開催、[1] 阿部芳文と詩画集『妖精の距離』を発表した。

暗鬱たる時代(戦中~終戦)[編集]

1938年、阿部芳文、永田一脩今井滋田中雅夫らとともに前衛写真協会を結成。『みづゑ』誌上で「マルセル・デュシャン(調革の論理)」を発表。

1941年には、その前衛思想が危険視され、シュルレアリスム系の画家である福沢一郎とともに、治安維持法違反容疑で特高に逮捕され、警視庁杉並警察署に留置を受け、8ヶ月間にわたりシュルレアリスムと国際共産党の関係を糾問される(起訴猶予のまま釈放)。この逮捕により、戦前の日本のシュルレアリスムは終息に向かった。1945年5月25日の東京最後の空襲で自宅を全焼し、戦前の活動をとどめるすべての原稿や文献が失われた。敗戦の日を金沢市の綾子夫人の実家で迎えた。[2]

戦後[編集]

戦後は主に評論家として活躍。実験工房を主催するとともに、美術評論を数多く著し、戦前に引き続き、旺盛な活動を行った。マルセル・デュシャンやアンドレ・ブルトンを始めとする海外の作家とも交流を持った。国際文化振興会の嘱託となる。

1951年から、神田駿河台のタケミヤ画廊にて多くの企画展を開催する。タケミヤ画廊は画材店竹見屋からの提案を受けて会場使用料無料で若手作家の発表の場を設けるものであった。作家のなかには野見山曉治河原温草間彌生らがいた。池田満寿夫加納光於はタケミヤ画廊でデビューを果たした。6年8ヶ月に渡り開催された展覧会は201回にのぼった。

また、読売アンデパンダン展の企画運営にも関与し、当時の新進の芸術家に自由な表現の場を提供する。これらの活動などにより、1950年代から1960年代にかけて、当時の芸術家の卵たちに絶大な信頼を受けることとなる。[3]

晩年[編集]

1952年国立近代美術館運営委員。1959年に欠席した美術評論家連盟の総会で会長に選ばれ2期務める。1960年ごろより、創作活動を再開。デカルコマニーの制作もおこなった。

1966年に日本展開催のために来日したジョアン・ミロと出会い、後に共著詩画集『ミロの星とともに』(1978年、平凡社)を刊行した。

1979年、心筋梗塞のため死去[4]。瀧口の所持していた一万点に及ぶ美術資料は、多摩美術大学にて瀧口修造文庫として保存されている。また作品と遺品の多くは富山県立近代美術館瀧口修造コレクションとして収蔵されている。

関連文献[編集]

  • 『コレクション瀧口修造』 全13巻・別巻1
監修/大岡信武満徹東野芳明鶴岡善久巖谷國士/みすず書房[1]、1991年-1998年
  • 復刻コレクション・日本シュールレアリスム 全14巻 本の友社 1999-2001年
    • 1巻『シュールレアリスムの詩と批評』 和田博文
    • 5巻『滝口修造・ブルトンとの交通』 沢正宏編 ほか
  • 現代の芸術と批評叢書17 ゆまに書房 1995年/厚生閣書店 昭和5(1930)年刊の復刻
『超現実主義と絵画』 アンドレ・ブルトン 滝口修造訳

脚注[編集]

  1. ^ 『越中人譚Ⅲ』チューリップテレビ、2008年、p.85
  2. ^ 『越中人譚Ⅲ』 p.85
  3. ^ 赤瀬川原平『反芸術アンパン』などに詳しい。
  4. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)132頁

関連項目・人物[編集]

外部リンク[編集]