奥田良三 (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥田 良三(おくだ りょうぞう、1903年6月12日 - 1993年1月27日)は、日本のテノール歌手

経歴[編集]

1903年(明治36年)6月12日に北海道札幌市で生まれる。旧制札幌一中を経て東京音楽学校中退。その後は、ローマサンタ・チェチーリア国立アカデミア[1]ベルリン音楽大学で声楽を学ぶ。帰国後、1934年(昭和9年)ポリドールレコードから映画「狂乱のモンテカルロ」主題歌「モンテカルロの一夜」「これぞマドロスの恋」や、映画「会議は踊る」主題歌「命かけて只一度」を吹き込む。国民歌謡の始まりと共に、「夜明けの唄」や「防人のうた」などをヒットさせている。その後も戦時歌謡中心に「愛国行進曲」、「戦陣訓の歌」、「空の勇士」、「紀元二千六百年」、「出せ一億の底力」などを吹き込む。

戦後は、昭和音楽大学の初代学長を務める。90歳の誕生日にシューベルトの「美しき水車小屋の娘」を歌い引退する予定だったが、その直前、1993年(平成5年)1月27日、心不全で死去。享年89。

略歴[編集]

・1992年 市川東学院 三愛幼稚園園長

  • 死の寸前までステージに立った。
  • 業績を記念する奥田良三賞基金が設立される。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 小野七郎 (1932年6月7日). “ファッショの本国に「軍国日本」大歓迎”. 大阪毎日新聞. http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=10071517&TYPE=HTML_FILE&POS=1 2015年2月21日閲覧。