渡辺美佐子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
わたなべ みさこ
渡辺 美佐子
渡辺 美佐子
『毎日グラフ』1956年1月15日号
生年月日 (1932-10-23) 1932年10月23日(89歳)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市麻布区
(現・東京都港区
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1953年 -
活動内容 1953年:デビュー
配偶者 大山勝美(1965年 - 2014年死別)
主な作品
テレビドラマ
ムー (テレビドラマ)
ムー一族
虹子の冒険
春よ、来い
渡る世間は鬼ばかり』(第7シリーズと第8シリーズのみの出演)

映画
ひめゆりの塔
果しなき欲望
武士道残酷物語
つぐみ
 
受賞
ブルーリボン賞
助演女優賞
1958年果しなき欲望
その他の賞
第14回紀伊国屋演劇賞・個人賞(1979年
第33回芸術選奨文部大臣賞1983年
紫綬褒章1997年
第8回読売演劇大賞 優秀女優賞(2000年
旭日小綬章2004年
第35回放送文化基金賞・演技賞(2009年
第32回松尾芸能賞・特別賞(2011年
第40回菊田一夫演劇賞・特別賞(2014年
第16回坪内逍遙大賞2016年
テンプレートを表示

渡辺 美佐子(わたなべ みさこ、1932年10月23日 - )は、日本女優東京市麻布区(現・東京都港区麻布)出身。

略歴[編集]

  • 実践女子学園高等学校卒業後、俳優座養成所第3期生となり、卒業後は劇団新人会に入団。同期に愛川欽也杉田弘子穂積隆信安井昌二がいる。ブレヒトの『家庭教師』で初舞台を踏む。
  • 1953年、『ひめゆりの塔』で映画デビュー。その後、日活と契約。
  • 1958年、『果しなき欲望』で、ブルーリボン賞の助演女優賞を受賞する。
  • 1969年、新人会を退団後、自身が中心となって新人会の元団員たちと演劇集団「兆」を結成したが後に解散。
  • テレビドラマでは橋田壽賀子脚本作品にたびたび起用されている。
  • 1982年7月に井上ひさし作による一人芝居『化粧』に出演する。一幕劇であったが、上演成果を見た井上がもう一幕を書き加えて、同年12月の再演以降は『化粧 二幕』となった。以後、ライフワークとして長年に渡って全国で上演され続け、フランス、アメリカなどで海外公演も行われたが、2010年5月9日の座・高円寺での公演をもって演じ納めとなった。通算の上演回数は648回。
  • 太平洋戦争で被災した子供たちの手記を朗読する女優らによる公演「夏の会」のメンバーの一人だが、その会はメンバーの多くが80歳以上となったため、2019年夏季の公演を最後に活動を終了すると宣言した。
  • 私生活では1965年、TBS大山勝美プロデューサーと結婚(一男あり)[1]
  • 『ひとり旅一人芝居』で第35回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

エピソード[編集]

出演[編集]

映画[編集]

  • ひめゆりの塔(1953年、東映) - 安富良子
  • 健児の塔(1953年、東映)
  • 逆光線(1956年、日活) - 佐山元子
  • 肉体の密輸(1956年、日活)
  • 泣け!日本国民 最後の戦闘機(1956年、日活)
  • 飢える魂(1956年、日活) - 泉谷のり子
  • 続・飢える魂(1956年、日活) - 泉谷のり子
  • 哀愁の園(1957年、日活)
  • 女子寮祭(1957年、日活)
  • 街燈(1957年、日活)
  • 今日のいのち(1957年、日活) - お園
  • 殺したのは誰だ(1957年、日活) - 克子
  • 素足の娘(1957年、日活)
  • 誘惑(1957年、日活) - 竹山順子
  • 美徳のよろめき(1957年、日活) - マダム秋子
  • 峠(1957年、日活)
  • 十代の罠(1957年、日活)
  • 果しなき欲望(1958年、日活) - 志麻 ※監督:今村昌平ブルーリボン助演女優賞を受賞
  • 白い悪魔(1958年、日活) - 小沢邦子
  • 佳人(1958年、日活) - 時江
  • 陽のあたる坂道(1958年、日活) - 川上ゆり子
  • 四季の愛欲(1958年、日活) - 百合子
  • 運河(1958年、日活)
  • 風速40米(1958年、日活) - 根津踏絵
  • 青い乳房(1958年、日活)
  • 危険な群像(1958年、日活)
  • 獣のいる街(1958年、日活)
  • ギターを持った渡り鳥(1959年、日活) - リエ
  • 傷痕の掟(1959年、日活)
  • 第三の死角(1959年、日活)
  • 実いまだ青し(1959年、日活)
  • 仮面の女(1959年、日活)
  • 才女気質(1959年、日活) - 辰江
  • 絞首台の下(1959年、日活) - 小山久美子
  • 若い豹のむれ(1959年、日活) - 滝馨子
  • その壁を砕け(1959年、日活)
  • 0番街の狼(1959年、日活)
  • 人形の歌(1959年、日活)
  • 硫黄島 (1959年、日活)
  • われらの時代(1959年、日活)
  • 銀座旋風児(ぎんざマイトガイ)(1959年、日活)
  • 危険な女(1959年、日活) - 潮田芳子
  • 口笛が流れる港町(1960年、日活) - 君江
  • 13号待避線より その護送車を狙え(1960年、日活)
  • 邪魔者は消せ(1960年、日活)
  • 静かな脱獄者(1960年、日活)
  • 男の怒りをぶちまけろ(1960年、日活)
  • 十六歳(1960年、日活)
  • あした晴れるか(1960年、日活) - 矢巻しのぶ
  • 武器なき斗い(1960年、大東映画)
  • 大出世物語(1961年、日活)
  • 破れかぶれ(1961年、日活)
  • あいつと私(1961年、日活) - 松本みち子
  • 百万弗を叩き出せ(1961年、日活)
  • 私は二歳(1962年、大映
  • 男と男の生きる街(1962年、日活)
  • 人間(1962年、近代映画協会
  • 人間狩り(1962年、日活)
  • 気まぐれ渡世(1962年、日活)
  • からみ合い(1962年、松竹
  • しろばんば(1962年、日活)
  • 若者たちの夜と昼(1962年、東映)
  • 雲に向かって起つ(1962年、日活)
  • 目をつぶって突っ走れ(1962年、日活)
  • 零戦黒雲一家(1962年、日活)
  • 東京アンタッチャブル(1962年、東映)
  • あの橋の畔で 第1部、第2部(1962年、松竹)
  • 武士道残酷物語(1963年、東映)
  • 真田風雲録(1963年、東映) - むささびの霧
  • 一心太助 男一匹道中記(1963年、東映)
  • 競輪上人行状記(1963年、日活)
  • 野獣の青春(1963年、日活)
  • 残酷の河(1963年、松竹)
  • アリバイ(1963年、日活)
  • 夜霧のブルース(1963年、日活)
  • 丘は花ざかり(1963年、日活)
  • 第三の忍者(1964年、東映)
  • 紫右京之介 逆一文字斬り(1964年、東映)
  • 帰郷(1964年、日活)
  • 人間に賭けるな(1964年、日活)
  • 怪談(1964年、東宝) - 第二の妻
  • 美しさと哀しみと(1965年、松竹)
  • 冷飯とおさんとちゃん(1965年、東映) - お蝶
  • 夜の勲章(1965年、大映)
  • 異聞猿飛佐助(1965年、松竹)
  • 大奥㊙物語(1967年、東映) - ナレーション
  • 解散式(1967年、東映) - 三枝
  • 華岡青洲の妻(1967年、大映) - 小陸
  • おさな妻(1970年、大映)
  • 忍ぶ糸(1973年、東宝)
  • 悪魔の手毬唄(1977年、東宝) - 別所春江
  • 典子は、今(1981年、東宝) - 松原春江
  • TATTOO<刺青>あり(1982年、ATG) - 竹田貞子
  • 開港風雲録 YOUNG JAPAN(1989年、東宝) - ふさ
  • つぐみ(1990年、松竹) - つぐみ(牧瀬里穂)の母・政子
  • 月光の夏(1993年、ヘラルド・エース) - 吉岡公子
  • (2000年、松竹) - 吉村常子
  • アカシアの道(2001年、ユーロスペース) - 木島かな子
  • さよなら、クロ(2003年、シネカノン) - 牧野校長
  • いつか読書する日(2005年、スローラーナー) - 皆川敏子
  • 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(2007年、松竹)
  • 凍える鏡(2008年、「凍える鏡」製作事務所) - 矢崎香澄 ※100本目の映画出演作
  • 歓喜の歌(2008年、シネカノン)
  • ウルトラミラクルラブストーリー(2009年、リトルモア)-柴田もつ
  • しあわせのパン(2012年、アスミック・エース) - 阪本アヤ
  • 果てぬ村のミナ(2012年、ソウルボートプロダクション) - 守屋ハル
  • 舟を編む(2013年、松竹・アスミック・エース) - タケ
  • 続・深夜食堂(2016年、東映) - 小川夕起子
  • 誰がために憲法はある (2019年、ドッグシュガー) - 憲法くん
  • いのちスケッチ (2019年) - 田中和子

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

舞台[編集]

吹き替え[編集]

  • マリア・シェル - 映画『縛り首の木』(1959年、アメリカ)
  • リー・レミック
    • TVミニシリーズ 『将軍アイク』(1978年、アメリカ)
    • TVミニシリーズ『自動車』(1978年、アメリカ) - エリカ・トレントン
    • 手紙 (1982年、アメリカ)

著書[編集]

  • 『ひとり旅 一人芝居』講談社 1987/4

共著[編集]

  • 『ステラMOOK ラジオ深夜便 女優が語る私の人生』NHKサービスセンター (編さん)共著 2012/10/
  • 『人生の気品』共著 新日本出版社 2017/11

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ケアノート [渡辺美佐子さん]仕事人間の夫に伴走…最後までドラマ作りに意欲”. yomiDr.(ヨミドクター). コラム. 讀賣新聞社 (2016年1月24日). 2021年5月3日閲覧。
  2. ^ “瑛太主演「家族」がテーマのドラマ今秋放送”. ウォーカープラス. (2015年4月14日). https://thetv.jp/news/detail/57652/ 2015年4月17日閲覧。 
  3. ^ “石原さとみ、戦艦武蔵を題材にしたドラマに主演「何度も涙しました」”. ORICON STYLE. (2016年6月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2074197/full/ 2016年6月29日閲覧。 

外部リンク[編集]