典子は、今

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
典子は、今
監督 松山善三
脚本 松山善三
製作 高橋松男
柴田輝二
出演者 辻典子
音楽 森岡賢一郎
撮影 石原興
編集 園井弘一
製作会社 キネマ東京
シバタフィルムプロモーション
配給 東宝
公開 日本の旗 1981年10月17日
上映時間 117分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 14.6億円[1][3]
テンプレートを表示

典子は、今』(のりこは、いま)は、1981年制作の日本映画。実在のサリドマイド病患者である辻典子(現:白井のり子)の半生を描いたセミ・ドキュメンタリー的な映画で、辻が本人役で主演している。身体障害者の社会参加を力強く訴えた作品として注目された。

監督は松山善三。松山の妻で元・女優の高峰秀子が辻の演技指導担当の助監督として参加している。

2007年11月22日、DVD化された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』 キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、400頁。ISBN 978-4873767550
  2. ^ 1981年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  3. ^ 日本映画製作者連盟の発表では配給収入は13億円となっている[2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]