人間の証明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
人間の証明2001から転送)
移動: 案内検索

人間の証明』(にんげんのしょうめい)は、森村誠一の長編推理小説、およびそれを原作とした映画テレビドラマ1975年に『野性時代』(角川書店)で連載された。第3回角川小説賞受賞作品。2010年現在、単行本・各社文庫本計で770万部のベストセラーとなっている。

森村の代表作「棟居刑事シリーズ」の主人公・棟居弘一良の初登場作品。新刊雑誌への連載を前提に角川春樹から依頼されて執筆した作品である。森村は代表作と見なされる本作について「代表作とは読者が決めるものであるが、自分にとって相当に重要な作品である」と語っている。

書誌情報[編集]

あらすじ[編集]

東京赤坂の高層ホテルの、展望レストランのある最上階に到着したエレベーター内で、胸部を刺されたまま乗り込んできた黒人青年が死亡した。事件は殺人事件と断定され、麹町署捜査本部が設置される。捜査を担当することになった麹町署の棟居弘一良刑事らは、被害者の名前がジョニー・ヘイワードであり、彼をホテルまで乗せたタクシー運転手の証言から、車中でジョニーが「ストウハ」と謎の言葉を発していたことを突き止める。さらにタクシーの車内からは、ジョニーが忘れたと思われるボロボロになった『西條八十詩集』が発見された。一方その事件とは裏腹に別の事件が同時に起きていた。ジョニーが殺害された同時刻にある女性が何者かにひき逃げされる事件が起きた。その人物は有名ファッションデザイナー八杉恭子の息子である郡恭平だった。恭平は豪雨の中で運転していた最中に飛び出してきた女性に気づかずにひいてしまったのだ。駆け付けて来た時には既にこと切れていたため、恭平は何もなかったようにするために遺体を東京湾に沈めた。翌日、女性の夫から捜索願が出された事により事件は公になったため恭平は恭子に昨夜の出来事を全て告白した。事情を知った恭子は恭平にアメリカに逃げるように指示し、人目のつかないように恭平は静かに日本を後にした。そのころ警察ではジョニーが残した「ストウハ」という言葉について 調べていた。棟居刑事はジョニーがストローハット(麦わら帽子)と言おうとしたと推理した。実際に事件現場であるホテルのライト部分が麦わら帽子の形であったためジョニーがそれを見てそう思い込んだと解釈した。しかし、なぜ八十詩集を持ち込んでいたのかはわからなかった。

映画[編集]

人間の証明
監督 佐藤純彌
脚本 松山善三
製作 角川春樹
吉田達
サイモン・ツェー
出演者 岡田茉莉子
松田優作
ジョージ・ケネディ
音楽 大野雄二
主題歌 ジョー山中
「人間の証明のテーマ」
撮影 姫田真佐久
編集 鍋島惇
製作会社 角川春樹事務所
配給 東映
公開 日本の旗 1977年10月8日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
英語
興行収入 22.5億円(配給収入)[1]
テンプレートを表示

岡田茉莉子松田優作ジョージ・ケネディがそれぞれ過去に一物を持つ人物を演じ、当時の日本映画では稀なニューヨークロケが行われた。松山善三(プロでありながら、公募に応募して採用された)の脚色により、森村誠一がテーマとした題名「人間の証明」である原作と異なる結末になっている。ラストシーンでは本来無言であったはずの松田が独自に台詞を付けたいとの要望を出し、佐藤純彌も台詞つきのシーンを撮ったが、佐藤の判断で台詞はカットしつつも台詞を言った後の表情がとても良かったため、そちらを採用した。

映画公開時に用いられた有名な台詞「母さん、僕のあの帽子どうしたでせうね ええ、夏、碓氷から霧積へ行くみちで 渓谷へ落としたあの麦藁帽ですよ…」は西條八十の詩がオリジナルであり、劇中でも語られている。ジョー山中が歌う「人間の証明」のテーマソング(「Mama, Do you remember...」と歌詞は西條八十の詩を英訳したもの)もヒットし、ベストテン入りも果たしている。

脚本は最初、長谷川和彦に依頼し、角川春樹が直接長谷川に交渉したが[2]、長谷川が角川に対して無礼な物言いがあって流れたといわれる[3]

その後、賞金500万円を掲げて大々的に脚本を公募した。プロアマ問わずとの条件で最終選考に残ったのは、脚本家・監督の松山善三、脚本家の山浦弘靖、俳優・プロデューサーの岡田裕介(現東映社長)、プロデューサー・脚本家・推理作家の小林久三とプロばかりであった。応募者の名を伏せて角川プロデューサー、佐藤監督らによる選考会は『キネマ旬報』に公開されたが、のっけから「ロクなのがない!」「(公募に頼った)考えが甘かった」とボロクソであり、「いちばん修正しやすい」との消極的理由で入選作を決定した。ふたを開けてみれば、誰にとっても大先輩である松山の脚本だったという気まずい結果となった。なお、角川によれば、予算にまで気を配って小さくまとめた悪しきプロ脚本が多かった中、大胆に海外場面を多用した松山脚本が角川映画に相応しいと判断されたという。

偶然に次ぐ偶然によってクライマックスのお涙頂戴になだれこむ展開は、大映が戦後初期に「三倍泣けます」「ハンカチをご用意ください」のキャッチフレーズでヒットさせた「母物」の再来だと批判されたが、角川春樹は石上三登志との対談で、まさにそれをこそ狙ったと語っている[4]

配給は東映であったが、興行は日比谷映画劇場をメインとした東宝洋画系チェーンが担った。その後、2000年にDVD化され、2009年にBDソフト並びにデジタル・リマスター版DVDがリリースされた。2012年に改めて「角川ブルーレイ・コレクション」の一作品としてブルーレイディスク化された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

テレビドラマ[編集]

1978年版[編集]

森村誠一シリーズの第3作目として放映された。オリジナルの部分が多い(郡陽子のモノローグや扱いに顕著)。

製作は東映であるが、東宝の監督が主に演出している(プロデューサー兼俳優の岡田裕介との縁)。2010年7月21日から8月6日に全4巻のDVDが発売された。各巻3話収録で2巻ずつ同時発売されている。

キャスト[編集]

名前の後ろの※は、原作に登場しない人物。※※は、ドラマ版で著しく登場場面が増えた人物。

映画版でも同じ役で出演している。
TBS 土曜22時台(当時は毎日放送の制作枠。一部地域を除く)
前番組 番組名 次番組
森村誠一シリーズ・暗黒流砂
森村誠一シリーズ・人間の証明

1993年版[編集]

金曜ドラマシアターで1993年1月8日に放送された。

キャスト[編集]

2001年版[編集]

タイトルは「人間の証明2001」、「女と愛とミステリー」で放送された。

BSジャパンでは2001年1月7日21:00 - 23:24に、テレビ東京系列では同年1月10日20:54 - 23:18に放映された。

キャスト[編集]

2004年版[編集]

フジテレビ系連続ドラマとして2004年7月8日から9月9日まで放映された。全10回。初回は15分拡大の22:00 - 23:09に放送。平均視聴率は12.1%だった。

キャスト[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 2004年7月8日 遠い橋・ある異邦人の死 15.9%
第2話 2004年7月15日 謹慎 12.6%
第3話 2004年7月22日 母さんに捧げる詩 11.9%
第4話 2004年7月29日 霧積温泉の変死者 11.7%
第5話 2004年8月5日 母の秘密を知る女 11.0%
第6話 2004年8月12日 輝ける青春の記憶 11.4%
第7話 2004年8月19日 南部アメリカ編(01) 9.8%
第8話 2004年8月26日 米国編(2)犯人の顔 11.3%
第9話 2004年9月2日 郡恭子最後の一日 11.5%
最終話 2004年9月9日 人間たちの明日 13.3%
平均視聴率 12.0%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
  • 初回は15分拡大放送。
フジテレビ 木曜劇場
前番組 番組名 次番組
離婚弁護士
(2004.4.15 - 2004.6.24)
人間の証明(2004年版)
(2004.7.8 - 2004.9.9)
大奥〜第一章〜
(2004.10.7 - 2004.12.16)

脚注[編集]

  1. ^ 雑誌昭和40年男 2014年2月号「前代未聞のアクション巨編で健さんの"野性"が炸裂!」
  2. ^ 「邦画新作情報」、『キネマ旬報』1976年12月下旬号、 184−185頁。
  3. ^ 『月刊シナリオ』 日本シナリオ作家協会、1977年1月号、83頁
  4. ^ 『季刊映画宝庫/日本映画が好き!!!』(芳賀書店、1978年刊)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]