北京原人 Who are you?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北京原人 Who are you?
監督 佐藤純彌
脚本 早坂暁
製作 高岩淡
伊藤邦男
山科誠
植村伴次郎
出演者 緒形直人
ジョイ・ウォン
片岡礼子
小松みゆき
本田博太郎
丹波哲郎
北大路欣也
音楽 長谷部徹
主題歌 Favorite Blue
「さよならより永遠の中で」
撮影 浜田毅
編集 只野信也
製作会社 東映テレビ朝日
バンダイ東北新社
配給 東映
公開 日本の旗 1997年12月20日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 20億円
配給収入 4.5億円[1]
テンプレートを表示

北京原人 Who are you?』(ペキンげんじん フーアーユー?)は、1997年12月20日公開の日本映画東映テレビ朝日バンダイ東北新社が共同製作し、東映系で配給された。

概要[編集]

20億円の大予算をかけ、監督に佐藤純彌脚本早坂暁という著名なベテランスタッフを擁しながら、つじつまの合わないストーリーや構成により、ある種の「迷作」「珍作」として知られる。宇宙往還機「HOPE」内の実験室や陸上競技大会など、大がかりなセットやエキストラを動員したシーンも多い。

当初は伴野朗著『五十万年の死角[注 1]をベースに文化遺産をめぐる国際的強奪事件とDNAの面白さを追求する話を映画の企画として出したが、後に東映の会長となる岡田裕介が「そんな話よりも北京原人が生きていたという話のほうが面白い」と言った事から作り手たちの思いとは逆に不可思議な方向へなだれ込んでいった結果となった。

本作で北京原人を演じた本田博太郎は、全身メイクで素顔がわからない姿での出演であったが、『トゥナイト』などの番組キャンペーンにも積極的にそのまま出演し、知名度上昇を果たした。なお、緒形と片岡が扮する研究員が北京原人と最初に接触したシーンでは、当時珍しかった肌色のボディスーツの着用により全裸姿を露わにしていた[注 2]

「Who are you?」というサブタイトルでもあるキャッチコピーには、北京原人を演じた俳優はいったい誰だろうというシークレットの意味も込められている。北京原人役の俳優が誰であるかは映画公開まで秘密とされてきたが、映画に出演している俳優の一人が(公開前に)トーク番組で本田であることを暴露してしまった。後に本田は『笑っていいとも』(フジテレビ系)のテレフォンショッキングに出演したときに「(北京原人の)鳴き声が『ウパー』になったのは監督の一存なんです」としみじみとタモリに語った。

同時期に公開された『タイタニック』、『メン・イン・ブラック』などの強力な競合作の前に、興行成績も芳しいものではなく、採算割れが発生した。当初より上映日数が縮小され、当作品上映期間終了後の2月公開予定だった『極道の妻たち 決着』が1月17日公開に繰り上げになるなどの東映系の上映スケジュール変更が発生した。角川春樹によれば、監督の佐藤純彌が失敗の責任を負わされて、干された状態になったという[2]

地上波では、テレビ朝日系『日曜洋画劇場』で1999年2月14日に初放映され、視聴率は11.5%であった。

公開から8年後の2005年12月9日に本作のDVDが発売された[3]

あらすじ[編集]

2001年、日本の某研究所は北京原人の頭蓋骨の化石から取り出したDNAを元に、北京原人を現代に復元させた。しかし、この事実の公表は人道的問題が解決されていないとして、政府に延期させられる。そこで研究所は、北京原人たちを陸上競技大会に現代人の選手として出場させ、その並外れた身体能力によって世間を驚かせようとする。ところが、北京原人は我が国のものであると主張する中国政府によって、北京原人は連れ去られてしまう。このような現代人の身勝手な対応に、北京原人たちは翻弄されていった。最後に北京原人たちは故郷である中国に戻り、北京原人と心を通じさせた現代人によって解放された。

ロケ地[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

挿入歌[編集]

製作[編集]

企画[編集]

1994年の『超能力者 未知への旅人』製作中か、取り掛かる前の雑談で、佐藤純彌監督が北京原人の話を熱く岡田裕介プロデューサーたちに話し、学究肌の佐藤が『超能力者 未知への旅人』製作中も一人で北京原人の調査を始めた[4]、佐藤はそれにのめり込んでしまい、「北京原人の謎解きを映画でやってみたい」と岡田に強く訴えた[4]。それを映像で提示するとなると莫大な費用もかかるし、岡田は逃げていたが、岡田としては『ジュラシック・パーク』や『スピード』のようなアメリカの大作映画に比べて、見るに耐えんという感覚を若い人は持っているが、キチンと取り組めば日本映画でもアメリカの大作映画と遜色のない物は出来るんだということを、何処かで一回証明したいという気持ちもあり[4]、だんだんこれはチャンスだと考えるようになった[4]クローン羊鹿児島大学農学部の後藤和文教授による「マンモス復活プロジェクト」が第一歩を踏み出したという新聞記事等に触発され[4]、1996年春、映画の製作を決めた[4]

高額な製作費が予想されることから、岡田がテレビ朝日の伊藤邦男社長、バンダイ山科誠社長、東北新社植村伴次郎社長に協力を仰ぎ[4]、東映と併せ、4社提携の下で推進という強力な製作体制を整えた[4]

製作会見[編集]

1997年7月23日に東京プリンスホテルで製作発表会見の後、1997年9月18日に東映東京撮影所で、10分のラッシュが披露され、全国の新聞・週刊誌60社と興行者20人が参集[4]。終了後、会見を開き、マスメディアとの質疑応答が活発に行われた[4]

製作費[編集]

直接製作費10億円[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 内容は、北京原人の骨が太平洋戦争開戦の日に紛失するというミステリー。
  2. ^ 本作から9年後の2006年DJ OZMA『第57回NHK紅白歌合戦』でのパフォーマンスで露わにしたものと雰囲気は同じである。

出典[編集]

  1. ^ 「1998年日本映画配給収入」『キネマ旬報』1999年(平成11年)2月下旬号、キネマ旬報社、1999年、 175頁。
  2. ^ 角川春樹氏、故佐藤純彌監督を語る「潔く真面目。職人監督だった」”. SANSPO.COM(サンスポ). 産経デジタル (2019年2月18日). 2022年10月5日閲覧。
  3. ^ 世紀の名作『北京原人 Who are you?』DVD化!”. CDJournal.comニュース (2005年9月8日). 2022年10月5日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k AVジャーナル 1997年9月号, pp. 24–28, 東映・岡田裕介映像企画エグゼクティブ・Pインタビュー 『日頃の無念の想いを晴らしたい』

参考文献[編集]

  • 佐藤純彌 『映画監督 佐藤純彌 映画(シネマ)よ憤怒の河を渉れ』聞き手:野村正昭、増當竜也、DU BOOKS、2018年11月23日。ISBN 978-4-8664-7076-4 [要ページ番号]
  • 「東映・岡田裕介映像企画エグゼクティブ・Pインタビュー 『日頃の無念の想いを晴らしたい』」『AVジャーナル』1997年9月号、文化通信社、 24-28頁。

外部リンク[編集]