いつかギラギラする日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いつかギラギラする日
The Triple Cross
監督 深作欣二
脚本 丸山昇一
製作 奥山和由
出演者 萩原健一
木村一八
多岐川裕美
荻野目慶子
石橋蓮司
千葉真一
音楽 菱田吉美
小川尚子
長谷川智樹
撮影 浜田毅
編集 川島章正
製作会社 日本テレビ放送網
バンダイ
松竹第一興行
配給 松竹
公開 日本の旗 1992年9月12日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4.3億円[1]
テンプレートを表示

いつかギラギラする日』 は、1992年平成4年)9月に公開された、日本のアクション映画である。深作欣二監督。


概要[編集]

1980年代は主に女性映画や文芸映画を撮ってきた深作欣二が、当時映画界の有力プロデューサーだった松竹奥山和由と組んで、久しぶりにアクション映画に挑戦した作品である[2][3]。製作は、日本テレビ放送網バンダイ、松竹第一興行。配給は松竹。当初の予算は3億円ほどだったが、大量の車破壊、火薬の大量使用、銃撃シーンの多さから、予算は「11億円」まで膨張してしまった。また興行成績もふるわなかった。キャッチコピーは「頭蓋骨まで熱くなる。」。

萩原健一石橋蓮司千葉真一らのベテランギャングと、強盗ネタを持ち込む野心家の木村一八、裏切り者の荻野目慶子との間で現金争奪戦が展開される。

北海道を舞台に爆破・カーチェイスを思う存分行った。北海道が舞台になっているが撮影当時、時期はずれの台風に襲われ、北海道のほかに神奈川県三崎漁港木更津市でも撮影されている。

ヒロインを演じた荻野目慶子は愛人の河合義隆監督が自殺したスキャンダルから1年ぶりに本格復帰[4]、それまで清純派で売ってきた荻野目と木村のベッドシーンも話題になった。本作で荻野目は日本アカデミー賞助演女優賞を受賞[5]。そして、本作の撮影を機に、監督の深作欣二と不倫関係に陥った[4]

当初は3億円の予算だったのが深作の粘りで4億8000万円となり、さらにパトカーを何十台も並べて壊すシーンのため車輌を買い取ることになり[6]、最終的に約11億円の製作費になった[7]。しかし興行的には当たらず、インタビュー本を作っていた映画評論家山根貞男によると、深作はショックを受けたようだったという[2]。さらに本作のために制作会社も1社倒産した[7]

1993年に「いつかギラギラする日2」として松竹から『非合法大陸』の製作が発表された。主演は岩城滉一又野誠治だったが、発表の半年後に制作中止となった[8]。北海道を舞台とした「マッドマックス」ばりのバイオレンスアクションであり、オートバイ専門誌「ミスターバイク」にてエキストラ募集の記事が掲載された。

函館市でライブハウスシーンの撮影(実際は横浜の関内に会ったCLUB24yokohamaで撮影)に参加し、同名のまま劇中にも登場する実在のヘヴィメタルバンド「JACKS'N'JOKER」の恩田快人は、ファンである友人の付き添いでエキストラをしていたYUKIと知り合い、後にロックバンド「JUDY AND MARY」を結成した。

企画経緯[編集]

1980年代後半、松竹の奥山和由が深作にアクション映画の企画を持ち込み、佐木隆三原作の『旅人たちの南十字星』、『その男、凶暴につき』の原型である『灼熱』、『怪人二十面相』などが企画されるも実現しなかった[6]。そんな中で「どういうタイトルなら、いまの映画らしいか」という深作の問いかけに奥山が『いつかギラギラする日』を提案。奥山が角川と交渉してタイトルを譲渡してもらったのが本作となる[9]

本作の台本を受け取った主演俳優萩原健一は、深作欣二監督に「これ、Vシネマみたいだよ」と不満を述べたが、尊敬する深作監督との映画初仕事のため引受けることにしたという[10]

ストーリー[編集]

観光シーズンの洞爺湖。リゾートホテルの週末の売上金を札幌の銀行へ運ぶ現金輸送車が壮瞥町の郊外で襲われた。仕事に成功した犯人たちだが仲間割れに。鼻を潰された強盗<タタキ>のプロ、無軌道なロック青年とその恋人、ヤクザ組織に雇われたシャブ中の死神が絡んで悪党同士が殺し合うが、警察の圧倒的な機動力により包囲される。

仕事の度に手を組んでは、銀行強盗などを繰り返すギャングチームの神崎、井村、柴。ある日神崎と井村は柴から仕事を受け、北海道へ向かう。それは角町が持ち込んだ企画の現金輸送車強奪計画だった。4人は大胆な計画、暴走バイクを追いかける偽装白バイと偽装覆面パトカーを使って強奪に成功する。しかし肝心の現金は5千万しか入っていない。井村と角町はどうしても、緊急に5千万の現金を要していて、我が物にしようと仲間割れが……。

メインキャスト[編集]

神崎:萩原健一
ギャングボス
角町:木村一八
函館ライブハウス刹那館のオーナー
美里:多岐川裕美
神崎の女。
麻衣:荻野目慶子
柴の女。
井村:石橋蓮司
ギャングの一員。在日韓国人
柴:千葉真一
ギャングの一員。

その他のキャスト[編集]

西沢正浩(vo)、篠崎辰也(g)、恩田快人(b)、梅澤康博(dr)

メディア[編集]

CD『いつかギラギラする日 ミュージック・ファイル』 1994年12月21日発売
発売元:バップ VPCD-81082 廃盤
DVD『いつかギラギラする日』 2001年6月25日発売
発売元:バンダイビジュアル ASIN:B00005L82C
特典映像:特報・劇場予告編収録
VHS『いつかギラギラする日』 1993年5月20日発売
発売元:バンダイビジュアル ASIN:B00005EFAB

挿入歌[編集]

ジャクスン・ジョーカー
「WANDERER」 「DO OR DIE」 
(アルバム『SHUFFLE AND DEAL』 インディーズレーベル(ACID HEAD) 1990年7月15日発売 AH-001 廃盤)
※「DO OR DIE」はアルバム『JACKS'N'JOKER』(発売元:BMGビクター 1990年12月5日発売 BVCR-24 廃盤)にも収録
「BAD FRIENDS」
(アルバム『INSIDE OUTLAW』 発売元:BMGビクター 1991年9月21日発売 BVCR-52 廃盤)
「FREEDOM LAND」
(シングル 発売元:BMGビクター 1990年11月21発売 BVDR-23 廃盤)
※上記アルバム『JACKS'N'JOKER』にも収録
萩原健一
ラストダンスは私に徳間ジャパンコミュニケーションズ 廃盤)
※上記CD『いつかギラギラする日 ミュージック・ファイル』にも収録

スタッフ[編集]

カーチェイス[編集]

萩原健一運転の国産車・日産テラノと、木村一八の真っ赤なアメ車ポンティアック・ファイヤーバード・コーベルの派手なバトルが物語の後半を盛り上げる。撮影のため、テラノ2台、新車のファイヤーバード・コーベル2台(価格は1台約380万円)が用意されたが、全て全損壊させるなど、カーアクションにかなり力を入れている。また八名信夫演じるヤクザの事務所の車や、大量のパトカーがカー・アクションに使用され、修学旅行生が乗った三菱製観光バスまで横転させている。クラウンがアクションに大量使用されているのが特徴であり、比較的新しい現金輸送車も追突破壊されている。車の大量破壊、火薬の大量消費、多数の銃撃シーン、および季節外れの台風による撮影遅延などで、予算は「11億円」に達してしまった。

ラスト、夜の港でのテラノVSパトカー20台のバトルで、路面を濡らしパトカーのヘッドライトやパトライトを路面にキラキラと反射させて、倍の台数がいるように見せるというアイデアは深作監督による演出である。せっかく並べたパトカーの並べ直しや面倒な水撒き作業に、最初は渋々動いていた若手スタッフ達も、出来あがった映像を見て、その演出効果の高さに仰天したそうである。

この作品でカー・アクションを担当したカースタントTA・KAの話によると、一番難しかった所はラスト、テラノで夜の海へ飛び込むシーンだったという(千葉県木更津港でのロケ)。通常、車は水の中へ飛び込んでも窓さえ閉まっていれば数分は浮かんでいる。しかし映画では、銃撃戦によってほとんどの窓が割られている設定のため、海中へ飛び込んだと同時に、一気に沈める方針だった。結果はカメラワーク、照明を含め成功であった。スタントマンは窓から脱出するため小柄な人が担当したが、実際には飛び込んだと同時に猛烈な水圧で酸素ボンベは外れてしまった。

同タイトルの別企画[編集]

この「いつかギラギラする日」というタイトルは、本来は全く内容の異なる内容の作品だった[9]

仁義なき戦いシリーズ」によって、いわゆる「実録路線」が幕を開けた直後の1974年東映社長の岡田茂(当時)により『実録・共産党』の企画が立ち上がる[9][11][12][13]。岡田は「実録路線」という鉱脈を得たこと、東宝1973年池田大作原作の『人間革命』を創価学会の大量動員でヒットさせたのを見て[13]同じように組織的動員が見込めるのは共産党ではないかと考え[13][14]笠原和夫に共産党を題材にした脚本を書かせた[13][14]。戦前の共産党ならアクション映画になると見込んでいた[13]丹野セツ役は吉永小百合で決まり[15]共産党関係者の組織動員を見込んだものの、渡辺政之輔の描き方などを巡って共産党側と意見が割れ、窓口となる東映京都撮影所の労働組合の共産党員の委員長の了解が得られずに企画倒れとなった[9][11][12]山城新伍はおおかた宮本顕治共産党委員長(当時)からのクレームかと思い、(山城は、『独占!男の時間』は、宮本の影響で打ち切られたことに対し宮本と日本共産党を恨んでいた。)岡田社長に「どうして止めるのか?」と聞いたら「代々木(共産党本部)が思ったよりキップ(前売り券)買わんのや」と言われたと話している[16][17]。この笠原による脚本は、笠原と深作が相次いで没した直後の『映画芸術』2003年春号にて両名の追悼企画として初めて公刊された他、扶桑社刊『en-taxi』誌2005年秋号にも付録として収録された。

その後1976年川口晶が「どうしても丹野セツ役をやりたい」と角川春樹に頼み込み深作と笠原に角川が接近する[9][12][15]。『犬神家の一族』に続く角川映画の第2弾として1977年に公開予定とされていた。脚本の笠原がノベライズして小説版も出し、東映が下請けで制作して東映洋画系での上映予定で、主演候補として川口晶や川谷拓三の名前も挙がっていた[18][19]。角川は『実録・共産党』はやりたいが亀戸事件を省き、明るく出来ないかと深作に提案した[9]。脚本担当の笠原は亀戸事件をなくすのでは単なるアクション映画になると抵抗し紛糾し降板[12]。笠原が降板した後、深作が神波史男に声を掛け、後を継いだ神波は「どうにもならん」と、高見順の『いやな感じ』を元にした大正時代のアナーキストを描く話を提案する[12]。この時点で、日本共産党の実録作品という本来の路線は消失した。またタイトルをどうするんだという話になり、角川春樹が内容的には全く無関係の河野典生の小説『いつか、ギラギラする日々』のタイトルを気に入っていて、ウチの本だから構わない、「日々」を「日」にして『いつか、ギラギラする日』と命名した[9](河野の短編集『いつか、ギラギラする日々』の中に『いつか、ギラギラする日』がある)[12]。しかしこの企画は角川映画が森村誠一横溝正史を売り出す方針をとることになり消滅することになる[3][9][17][19]。神波による脚本は、神波没後の追悼誌『映画芸術増刊 この悔しさに生きてゆくべし』(2012年12月)に初収録された。

脚注[編集]

  1. ^ 「1992年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報1993年平成5年)2月下旬号、キネマ旬報社、1993年、 147頁。
  2. ^ a b 「山根貞男、語る 『映画監督 深作欣二』をめぐって 行け行け、山羊のように」『キネマ旬報臨時増刊 映画監督 深作欣二の軌跡』キネマ旬報社、2003年、p.144
  3. ^ a b 樋口尚文「深作欣二全映画作品 いつかギラギラする日」『キネマ旬報臨時増刊 映画監督 深作欣二の軌跡』キネマ旬報社、2003年、pp.187-188
  4. ^ a b 荻野目慶子『女優の夜』幻冬舎、2002年、pp.13-14、25-27
  5. ^ 吉田豪『本人本02 hon・nin列伝 セキララなオンナたち』太田出版、2008年、pp.51-52。荻野目慶子インタビュー。
  6. ^ a b 「映画のために自分を削る深作さんを僕は見てきた 奥山和由」『キネマ旬報臨時増刊 映画監督 深作欣二の軌跡』キネマ旬報社、2003年、pp.87-88
  7. ^ a b 萩原健一『ショーケン』講談社、2008年、p.266
  8. ^ ギンティ小林「三人の優作」『映画秘宝Vol.4 男泣きTVランド』洋泉社、1996年、p.61
  9. ^ a b c d e f g h 深作欣二、山根貞男『映画監督深作欣二』ワイズ出版、2003年、pp.453-454
  10. ^ 深作欣二、萩原健一に「Vシネマみたいな台本だよ」
  11. ^ a b 笠原和夫、スガ秀実、荒井晴彦『昭和の劇 映画脚本家 笠原和夫』太田出版、2002年、pp.344-346
  12. ^ a b c d e f 荒井晴彦『争議あり:脚本家・荒井晴彦全映画論集』青土社、2005年、353-355頁。ISBN 4-7917-6211-8
  13. ^ a b c d e 中川右介『角川映画 1976‐1986 日本を変えた10年』角川マガジンズ、2014年、26-29頁。ISBN 4-047-31905-8
  14. ^ a b 「映画訃報 東映不良性感度路線の父 岡田茂逝去」『映画秘宝』、洋泉社、2011年7月、 52頁。
  15. ^ a b 「座談会深作欣二と東映京都撮影所」『キネマ旬報臨時増刊 映画監督 深作欣二の軌跡』キネマ旬報社、2003年、p.100。日下部五朗のコメントより。
  16. ^ 山城新伍『現代・河原乞食考 ~役者の世界って何やねん?』解放出版社、1997年、80頁。ISBN 4-7592-5120-0浅草キッド「vs山城新伍」『濃厚民族』スコラマガジン、2003年、65-66頁。ISBN 978-4902307016
  17. ^ a b 「座談会 われらの仲間、深作欣二」『キネマ旬報臨時増刊 映画監督 深作欣二の軌跡』キネマ旬報社、2003年、p.42。神波史男のコメントより。
  18. ^ 「映画・トピック・ジャーナル」『キネマ旬報』1976年6月下旬号、pp.182-183
  19. ^ a b 笠原和夫『映画はやくざなり』新潮社、2003年、pp.90-91

関連項目[編集]

外部リンク[編集]