ガンマー第3号 宇宙大作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンマー第3号 宇宙大作戦
GAMMA3
The Green Slime
監督 深作欣二田口勝彦
脚本 金子武郎トム・ロー
出演者 ロバート・ホートン
リチャード・ジャッケル
ルチアナ・パルッツィ
音楽 津島利章
撮影 山沢義一
編集 田中修
製作会社 東映
ラム・フィルム
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 日本の旗 東映
アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1968年12月1日
日本の旗 1968年12月19日
上映時間 日本の旗 77分
アメリカ合衆国の旗 90分
製作国 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 日本語(日本公開版)
英語
テンプレートを表示

ガンマー第3号 宇宙大作戦』(ガンマーだい3ごう うちゅうだいさくせん、GAMMA3 or The Green Slime )は、1968年合作映画[1]メトロカラーパナビジョン、77分(日本公開版)、90分(米国公開版)。製作東映メトロ・ゴールドウィン・メイヤー、ラム・フィルム。

公開当時のポスターや書籍では『ガンマ第3号 宇宙大作戦』と表記しているものもある[2]

解説[編集]

東映が1966年の映画『海底大戦争』に続き、アメリカの映画会社ラム・フィルムとタッグを組んだSF特撮映画。本作ではハリウッドの大手映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)も製作に関わっている。『海底大戦争』は主演の千葉真一を始め日米キャスト混合で製作されたが、本作の日本人はスタッフのみで、キャストは全て外国人で作劇され、監督深作欣二田口勝彦の共同で演出された。ヒロインのルチアナ・パルッツィ合作映画『007 サンダーボール作戦』にも出演している。日本では吹き替え版で公開された[2]

特撮は渡辺明らが1966年に創設した「日本特撮映画株式会社」が担当。同社は他社でも『大巨獣ガッパ』(日活)、『宇宙大怪獣ギララ』・『吸血髑髏船』・『昆虫大戦争』(松竹)といった特撮映画を担当している。宇宙怪物「フローラ」の鳴き声は、同じく東映テレビ部制作の『キャプテンウルトラ』に登場する「金属人間メタリノーム」の鳴き声の流用である[2]。また、本作冒頭で会議室に掛けられている絵も、『キャプテンウルトラ』オープニングのイラストを流用している。

日本では1968年12月8日東映ちびっ子まつりのプログラムの一つとして公開された。同時上映は『ピノキオの宇宙大冒険』、『河童の三平 妖怪大作戦』、『人のくらしの百万年 マニ・マニ・マーチ』。

クエンティン・タランティーノは本作のファンで、来日時に深作欣二と対面した折、サインをもらうために用意していたのが本作のレーザーディスクであったという。

ストーリー[編集]

地球への衝突コースをたどる質量600万トンの二等遊星が発見され、フローラと名づけられた。フローラを爆破するためにUNSC(国連宇宙センター)の宇宙ステーション・ガンマー3号から爆破隊が発進した。

フローラの爆破には成功したものの、基地に戻る宇宙船には謎の宇宙生命体が侵入していた。電気エネルギーを吸収して成長し、緑色の体液から増殖する怪物の群れに、密室と化したガンマー3号の乗組員たちはパニックに陥る。そんな中、フローラ爆破任務の指揮を執ったランキン中佐は、かつてコンビを組んでいたガンマー3号指揮官・エリオット少佐と共に、怪物の増殖を抑えるため決死の作戦を遂行する。

用語[編集]

フローラ[編集]

緑色の粘液の状態で遊星フローラに生息していた地球外生命体。人間と同じくらいの大きさで、単眼と2本の触手を持つ。電気をエネルギー元としており、触手からの放電という形で攻撃手段としても用いている。その細胞は極めて高い増殖・再生能力を有しており、僅かな体液からでも分裂による無性生殖を行う事が可能。

遊星フローラ上でハルパーソン博士の宇宙服に付着した粘液がガンマー3号に持ち込まれ、ガンマー3号内部に出現。その後、銃撃によって飛散した体液から大量に増殖し、最終的にはガンマー3号を占拠した。

登場メカニック[編集]

劇中で名称が明言されていないものは、緑商会から発売されていたプラモデルの商品名を用いている。

ガンマー第3号
UNSCが運用している宇宙ステーション。責任者はエリオット中佐。劇中では専ら「ガンマー3号」と呼ばれている。形状はドーナツ型で、円の四方にA~Dまでの球形ブロックを有し、それぞれに司令センターやロケットの格納庫が設置されている。また、軸部分には太陽反射鏡や姿勢変更用のロケットエンジンを装備している。遊星フローラ爆破作戦の作戦基地として使用されるが、フローラの侵入を受けて収拾不可能な事態に陥り放棄。大気圏に突入し、処分された。
サテライト1号 / 4号
UNSCの金星探査機。名称のみの登場。
宇宙ロケット
地球と宇宙ステーションの間の往還に使用されるUNSCの単段式ロケット。大気圏離脱時には切り離し式の4基のブースターを使用する。フローラ爆破作戦のためにガンマー3号へと向かうランキン中佐たちを乗せ、ケネディ宇宙センターから打ち上げられた。
ロケット戦車
ガンマー3号に搭載されている小型宇宙船。推進装置はイオン・ドライブで、ミサイル(劇中未使用)と防護シールドを装備。また、機体下部にエアロックや二対の履帯を有している他、アームを有する作業用の小型探査車を船内に2両搭載している。300メガトン核爆弾3発を搭載し、フローラの爆破へと赴いた。
モニターカー
ガンマー3号の内部で巡回などに使用されている小型車両。3人乗りで、その名の通り後部座席に監視モニターを有している。劇中では6号までの存在が確認できる。また、同種の車両として3基のサーチライトを有するサーチライトカーも登場している。
宇宙船
ガンマー3号に3機が搭載されている小型宇宙船。形状は航空機に近く、両翼と機首に垂直離着陸用と思われるリフトファンを有している。放棄されるガンマー3号からの脱出に使用された。

スタッフ[編集]

※日本版と海外版では、スタッフクレジットが異なる。

キャスト[編集]

以下の順番は本編クレジットに準拠。

  • ジャッキ・ランキン中佐(声:納谷悟朗):ロバート・ホートン (Robert Hortonen)
  • ヴィンス・エリオット少佐(声:村越伊知郎):リチャード・ジャッケル (Richard Jaeckel)
  • ルイズ・ベンスン女医(声:北浜晴子):ルチアナ・パルッツィ (Luciana Paluzzi)
  • ジョナサン・トンプソン所長(声:富田耕生):バッド・ウイドム (Bud Widom)
  • ファーガソン:ウイリアム・ロス (William Ross)
  • ハンス・ハルパーソン博士:テッド・ガンサー (Ted Gunther)
  • マーチン大尉:ロバート・ダンハム (Robert Dunham)
  • カーティス中尉:ダビッド・ヨーストン (David Yorston)
  • モリス中尉:ジャック・モリス (Jack Morris)
  • 医師:ストロング・イリマイテイ (Strong Ilimaiti)
  • 技師:エンバー・アルテンバイ (Enver Altenbay)
  • 技師:ユージン・ヴィンス (Eugene Vince)
  • ロケット操縦士:カール・ベングス (Carl Bengs)
  • スコット中尉:トム・スコット (Tom Scott)
  • 看護婦:リンダ・ミラー[8] (Linda Miller)
  • 看護婦:キャシー・ホーラン (Kathy Horan)
  • 看護婦:リンダ・マルソン (Linda Malson)
  • 看護婦:スーザン・スケルジック (Susan Skersick)
  • 看護婦:リンダ・ハウゼスティ (Linda Hardisty)
  • 看護婦:パトリシア・エリオット (Patricia Elliott)

以下ノンクレジット

  • マイケル:リチャード・ハイランド
  • コルディエ:ゲーリー・ランドルフ
  • 技師:ドン・プランテ
  • 看護婦:ヘレン・カークパトリック
  • 軍曹:トム・コンラッド
  • 長官:リーン・フレデリクソン
  • 技師:ガンサー・グレーブ
  • 患者:クラレンス・ハワード
  • 戦闘員:ハンス・ジョーグシーバーガー
  • 戦闘員:ボブ・モリス
  • 将校:デヴィッド・セントマン
  • バーネット:アーサー・スターク
  • 技師:ジョージ・ウルフ
  • 医務室職員:サベル・ジャミール
  • 医務室職員:アブド・アパナイ
  • 日本語版協力:テアトル・エコー

制作主任の阿部征司は、本作のアフレコをテアトル・エコーに依頼したことが縁となり、以降の『仮面ライダー』など自身の参加作品でテアトル・エコーの俳優を起用している[9]

漫画[編集]

まんが王 1969年新年号付録 作画:井上智成田マキホ

脚注[編集]

  1. ^ 映画 ガンマー第3号 宇宙大作戦 - all cinema” (日本語). allcinema. 2013年3月14日閲覧。
  2. ^ a b c 石井博士ほか『日本特撮・幻想映画全集』勁文社、1997年、199頁。ISBN 4766927060
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 海外版はノンクレジット
  4. ^ a b c d e f g h 日本版はノンクレジット
  5. ^ a b 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』竹書房/イオン編、竹書房、1995年11月30日、38頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  6. ^ 俳優のウイリアム・ロスと同一人物[5]。『遊星王子』や『スーパージャイアンツ』のアメリカでのテレビ配給を行ったウォルター・マンレイ・エンタープライジーズ社長ウォルター・M・マンレイの別名[5]。海外版ではアソシエイト・プロデューサーとクレジット。
  7. ^ 取材・文 友井健人「INTERVIEW 『キングコングの逆襲』ヒロイン来日インタビュー リンダ・ミラー」『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社、2016年3月13日、 pp.138-141、 ISBN 978-4-8003-0865-8
  8. ^ キングコングの逆襲』に出演した女優と同一人物[7]
  9. ^ 藤岡弘、『仮面ライダー=本郷猛』堤哲哉&BAD TASTE 編、扶桑社、2008年6月20日、109-110頁。ISBN 978-4-594-05661-2