里見八犬伝 (1983年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
里見八犬伝
Legend of the Eight Samurai
監督 深作欣二
脚本 鎌田敏夫
深作欣二
原作 鎌田敏夫 『新・里見八犬伝』
製作 角川春樹
出演者 薬師丸ひろ子
真田広之
松坂慶子
千葉真一
音楽 NOBODY
主題歌 ジョン・オバニオン
「里見八犬伝」
「八剣士のテーマ (White Light)」
撮影 仙元誠三
編集 市田勇
製作会社 角川春樹事務所
配給 東映
公開 日本の旗 1983年12月10日
台湾の旗 1986年[1]
上映時間 136分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 23億2000万円
テンプレートを表示

里見八犬伝』(さとみはっけんでん、Legend of the Eight Samurai )は、1983年12月10日東映洋画系にて封切り公開された日本映画カラービスタサイズ、136分。第2回ゴールデングロス賞の優秀銀賞作品。

製作角川春樹監督深作欣二

解説[編集]

南総里見八犬伝を翻案した鎌田敏夫の『新・里見八犬伝』を映画化した作品。JACによる迫力ある戦い、音楽にはロック英語主題歌特撮など、それまでの時代劇にはなかった斬新なアイデアを取り込み、大型エンターテイメント映画となっている。日本映画で初めて特殊メイクがクレジットに表示された作品でもある[2]

1984年の配給収入では邦画1位の23億2000万円[3]、映画公開と同時に発売された[4]ビデオも5万本、7億円を売り上げた[5]

2012年に「角川ブルーレイ・コレクション」の一作品としてブルーレイディスク[6]

ストーリー[編集]

親兵衛は炭焼き小屋で食べ物を恵んだのが、女と分かり、追いかけるが「姫」と呼ぶ男たちに邪魔をされる。

かつて蟇田領主、蟇田定包(ひきたさだかね)は妖婦玉梓 (たまづさ)の色香に迷い、酒池肉林と暴虐の限りを尽くしていた。苦しむ領民の意をくみ取り、里見義実(さとみよしざね)は、彼らを討ちとったが、玉梓は最期に呪いの言葉を遺す。まもなく、玉梓の呪いか里見家は隣国の軍勢に囲まれ落城の危機に瀕す。力尽きた義実は飼い犬の八房(やつふさ)に「敵将の首を討ちとれば娘の伏姫(ふせひめ)を嫁につかわす」と戯言を投げかけ、その夜、八房は見事に敵将の首を討ちとる。君主たるもの約束を違えてはならないと、伏姫は八房と共に山奥へと去るが、伏姫を取り戻そうとした義実の軍の鉄砲より八房をかばった伏姫は死してしまう。しかし死の直前、伏姫の体から仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の各字を刻んだ八つの霊玉が飛び散り、伏姫は「百年の後、この光の玉は八人の剣士となって蘇り、里見の姫を奉じて玉梓の呪いに打ち勝つでしょう」と言い残す。

百年後、妖怪として蘇った玉梓、息子の素藤(もとふじ)は里見家を攻め滅ぼす。ただ一人、落ち延びた里見家の静姫は玉梓の追手から逃れ、それぞれの運命により導かれた八人の剣士と共に玉梓の野望を砕くため、戦いを決意する。剣士が次第に集まるが、けもの罠にかかった静姫がさらわれる。犯人の親兵衛は静姫を侍にしてやるという素藤の許へ連れていく途中、素藤の支配下の安房国の荒廃を目の当たりにする。黒騎馬侍に静姫が見つかり、鐘乳洞に逃げ込む。中にいた道節たちに放り出された親兵衛は黒騎馬たちに捕まり、腕の赤いアザから玉梓の子の転生だと教えられ、御霊様に仕える司祭・幻人によって悪の化身にされる。ところが、素藤配下の侍大将・現八が親兵衛を連れて城を脱出。現八の懐には霊玉が光り、静姫のいる洞で七人目の剣士として迎えられる。目をさました親兵衛がいきなり静姫に襲いかかる。静姫は「お前に会いたいと思っていた」と親兵衛に話すと、白い閃光が親兵衛を一撃。再び目をさますと腕のアザが消え、二人の間には光り輝く霊玉が現れる。愛し合う二人の前に突如、大蛇が現れて静姫を巻いて去る。霊玉を八個集めた時、伏姫の「この矢を御霊様に向って静姫に引かせなさい」という声が響く。

皆で館山城に向うが、激しい反撃で大広間にたどりつけたのは二人だけ。道節が盾となり、親兵衛が静姫を解き放ち、静姫は御霊様に矢を放つ。玉梓や素藤はミイラと化し、城は崩れ落ちる。親兵衛は静姫を叔父の城へと届ける。別れた親兵衛が七剣士の墓を祀っていると静姫が駆けつけ「城へ戻らん」といい、七剣士の声が二人を励ます。

キャスト[編集]

里見家
光の軍団(八剣士)
闇の軍団
その他

スタッフ[編集]

受賞[編集]

エピソード[編集]

  • 監督の深作欣二はイメージと違い女性にシャイな人で、女優の演出に照れたりして、五社英雄の映画で散々脱がされた夏木マリは、ヌードシーンで「もっと胸見せましょうか?」と言ったら「いい、いい、もうそこまででいい」って止められたと話している[8]

脚注[編集]

  1. ^ 許されなかった日本映画が解禁へ、「里見八犬伝」薬師丸ひろ...:レコードチャイナ” (2016年4月2日). 2016年4月2日閲覧。
  2. ^ 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、288頁。ISBN 4766927060
  3. ^ 1984年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  4. ^ 『別冊映画秘宝VOL.2 アイドル映画30年史』 洋泉社2003年、97頁。ISBN 978-4-89691-764-2
  5. ^ 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』文化通信社、2012年、p151
  6. ^ 里見八犬伝”. KADOKAWA. 2016年1月13日閲覧。
  7. ^ 第2回ゴールデングロス賞受賞作品”. 全国興行生活衛生同業組合連合会. 2016年1月13日閲覧。
  8. ^ 黒田邦雄「ザ・インタビュー 夏木マリ」、『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1984年5月上旬、 120 - 123頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]