レイア・オーガナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レイア・オーガナLeia Organa)は、アメリカSF映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する架空の人物。劇中では「レイア姫」と呼ばれることが多い。

映画では旧3部作(『新たなる希望』『帝国の逆襲』『ジェダイの復讐(帰還)』)を通して女優キャリー・フィッシャーが演じた。

経歴[編集]

ルーク・スカイウォーカー双子の妹で、パドメ・アミダラアナキン・スカイウォーカーダース・ベイダー)の実娘である。

銀河共和国が滅び、銀河帝国が誕生した日に生まれたルーク・スカイウォーカー双子の妹で、元老院議員パドメ・アミダラとジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーの実娘である。二人が生まれた日は銀河の歴史が大きく動いた日だった。クローン戦争で幾多の勝利をもたらし、共和国の英雄だったアナキンは終戦間際、シス卿ダース・ベイダーとなり、パルパティーン最高議長と手を組んでジェダイ騎士団をほぼ全滅させた。そして民主主義者の仮面を脱ぎ捨てたパルパティーンは新たに誕生した銀河帝国の皇帝となって宇宙を恐怖の二文字で支配した。パドメは惑星ポリス・マサで双子を出産した後、他界。

双子の命はかなり危険に晒されていた。ベイダーはそれより数時間前に敗北していたが、皇帝はジェダイを根絶やしにするべく、生き残ったジェダイを血眼で捜索させており、帝国の中心部に安全な場所は無いに等しかった。

出生直後、ヨーダオビ=ワン・ケノービは、皇帝やダース・ベイダーの目に付かないように、双子を別々の場所で育てることを決意。養子を持つことを望んでいた惑星オルデラン王室のベイル・プレスター・オーガナとその妻ブレハ・オーガナの元にレイアを預けた。そのため、ダース・ベイダーは当初、レイアが自分の娘であることを知らなかった。レイアも勿論ルークやベイダーが自分の血縁であることを、エンドアでルークに告げられるまで知らなかった。

レイアは絶世の美女と謳われた母親ほどではなかったが、壮麗な美しさと力強い性格を併せ持った印象的な女性だった。彼女は美しい茶色の髪と瞳を持ち、オルデラン王室の伝統である白いガウンを身に纏っていた。多くの訓練と献身を重ねてきたレイアはときおり極少数の反対者から罵声を浴びせられたが、彼女と面識のある人々の多くは、レイアを心の優しい思いやりのある女性だと考えていた。

18歳の時に惑星オルデランの女王に選出され、また帝国元老院の最年少議員となった。王室の子として育てられたため、幼少より礼儀作法や伝統、多くの学問を習得。また、護身術の指導もされておりブラスターなどの武器の扱いにも長けている。帝国元老院では、帝政に対する批判や、反体制的な言動をとっており、多くの官僚から目の敵とされた。その裏でも、養父と共に初期の頃より反乱活動に参加していた。実母のパドメ・アミダラ議員、義父のベイル・プレスター・オーガナ議員、後の初代新共和国元首モン・モスマ議員ら有志が民主政維持のために結成した反パルパティーン秘密組織(反乱同盟軍の母体)を密かに支援し、自身の女王としての外交権を行使して、それまで閉鎖的で貧弱だった個々の革命勢力と接触しレジスタンスの輪を広げていった。これは、養父だけではなく実母の活動を引き継いでいったことになる。

秘密基地を作り、帝国軍のモッティ提督のスター・デストロイヤーを襲撃した反乱軍のスパイ部隊は、デス・スターの設計図の奪取に成功した。オルデランの外交船〈タンティヴィIV〉で設計図の伝送を受けたレイアは、その情報を父に届けるためオルデランへと急いだが、帝国軍のインペリアル級スター・デストロイヤー〈デヴァステーター〉に発見されてしまった。彼女はやむなく辺境の惑星タトゥイーンにコースを変更した。ベイルと共にクローン大戦を戦った偉大なジェダイ・マスター・オビ=ワン・ケノービという高名な将軍が隠遁している惑星であり、ベイルも彼ならば同盟軍を救うことができると信じ、娘のレイアにも何かあればケノービを頼るように教えていたのである。

しかし、タンティヴィIVはハイパースペースを離脱した直後にデヴァステーターの攻撃を受け、メイン・ドライブを破壊された後、トラクター・ビームによって拿捕されてしまった。レイアは素早く考え、奪取したデス・スターの設計図をアストロメク・ドロイドのR2-D2に転送すると、C-3POと共に脱出ポッドへ載せ、ケノービを捜索して設計図をわたすようにと命令した。ケノービに自分の状況を説明するメッセージを記録し終えた後、彼女は帝国軍のストームトルーパーに見つかり、逃げようとしたがスタンビームを食らって失神させられた。拘束された彼女はダース・ベイダーのもとへ連行された。レイアは帝国軍の捕虜となって数々の拷問を受けたが、決して口を割らなかった。

業を煮やした帝国軍は、「デス・スターのテスト」と称して故郷のオルデランを破壊し、義父のベイルをはじめ大勢の人々が虐殺されたが、先述のSOSに応じたルーク・スカイウォーカー、オビ=ワン、ハン・ソロの無謀ともいえる救出活動により窮地を脱して反乱同盟軍に合流し、モン・モスマと共に反乱同盟軍を指揮した。

やがてヤヴィンの戦いでのルーク、ソロの活躍によってデス・スターは破壊されたが、帝国軍はすかさず勢力を挽回し、逆に反乱同盟軍は窮地に立たされていた。苦しい戦いの中で、次第にレイアは自分と正反対の境遇を過ごしてきたソロに思いを寄せるようになる。

ホスの戦い後、ルークを執拗に追跡したダース・ヴェイダーは、ベスピンのクラウド・シティでレイアたちを捕らえ、ルークを誘い出そうと企んだ。ソロはルークを皇帝に献上する際の実験台としてカーボン冷凍処理され、悪名高い賞金稼ぎのボバ・フェットによってタトゥイーンのジャバ・ザ・ハットのもとへと運ばれることになった。レイアとソロの旧友ランド・カルリジアンはソロの追跡を断念し、ファルコンで脱出を図ったが、レイアはルークの心の叫びを聞くとランドに引き返すことを要求し、クラウド・シティの下部にしがみつくルークを発見し、救出。

1年後、レイアは賞金稼ぎのブーシに扮してジャバの宮殿を訪れ、皆が寝静まった夜にソロを復活させる。一時的に視力を失ったソロは怯えるが、ブーシの正体がレイアであることを知ると、安堵に包まれるのだった。だが、ジャバはその一部始終を目撃していた。ソロは返済の遅れを必死に弁明するが、もはやジャバにとっては借金のことなどどうでもよく、彼はソロを投獄。レイアには奴隷として鎖で繋ぐ栄誉を与えたのだった。レイアは皆が好奇の目で見つめる中、衣服を奪われ、金属製のビキニの奴隷衣装を着せられ、ジャバの愛撫を受けた。オルデランの女王、元老院議員として上流階級で育った彼女にこのような陵辱を受けるのは非常な屈辱であるが、ここで下手に抵抗すれば殺されるのは明白であり、彼女は歯を食いしばって耐えるしかなかった。気の強い彼女も、ここでは落胆して沈黙するしかなかった。

数週間後、ルークがジャバの宮殿に訪れる。ソロとレイアの解放を要求するがジャバは拒否、レイアを残してルークとソロを処刑しようとする。このとき、母親譲りの肉体美を持つレイアはジャバの一番のお気に入りとなっていた。しかし、ルークが反撃して隙にレイアは、自分を拘束する鎖を利用してジャバを殺すことに成功。着替える間もなくルーク、ソロと共に脱出した。そしてエンドアでの決戦の前夜、彼女はルークから彼が自分の双子の兄であること、そしてヴェイダーが実の父であることを告げられた。そしてエンドアのイウォークを味方につけて反乱同盟軍の大勝利に一役買った。

備考[編集]

  • エピソード6 ジェダイの帰還』にて、ルークがレイアに母親の記憶について尋ねる場面があり、既に彼女が双子の妹である事を知っていた事から当然自分の母親の事を知りたかったものと考えられるが、前述の様に実母パドメは出産直後に死亡しているため、この時レイアが語ったのは彼女の養母(ベイル・プレスター・オーガナの妻でオルデラン女王のブレハ・オーガナ)の記憶である事になる。もしくは何らかの形で、生前のパドメを映像データなどで見ていた可能性もあるが、公式見解は不明(EP6でルークから双子の兄妹であると教えられた際、特に取り乱すことも無くそれを受け入れていることから、出生はともかく自分が養子であることは知っていた可能性がある)。なおスピンオフ小説「ダークネスト3部作」では、ルークは36年後にR2-D2の封印されていた記憶から実母パドメの事を知る事になる。レイアはそれにより、ナブーのネイベリー家出身の元老院議員(パドメの姉の娘)と自分が従姉妹同士であったことも知った。

吹き替え版の声優[編集]

関連項目[編集]