人斬り与太 狂犬三兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
人斬り与太 狂犬三兄弟
監督 深作欣二
脚本 松田寛夫
神波忠男
出演者 菅原文太
音楽 津島利章
撮影 仲沢半次郎
編集 田中修
制作会社 東映東京
製作会社 東映
公開 日本の旗 1972年10月25日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
前作 現代やくざ 人斬り与太
テンプレートを表示

人斬り与太 狂犬三兄弟』(ひときりよた きょうけんさんきょうだい)は、1972年10月25日に公開された日本の映画。監督は深作欣二、主演は菅原文太

概要[編集]

『現代やくざシリーズ』最終作と同時に、前作『現代やくざ 人斬り与太』の続編とされているが、設定や登場人物に前作との関連性はない[1]。主演・菅原文太、監督・深作欣二コンビによる次作『仁義なき戦い』へなだれ込む重要作である[2][3]。『仁義なき戦い』の深作監督起用は、菅原が俊藤浩滋プロデューサーに「『現代やくざ 人斬り与太』『人斬り与太 狂犬三兄弟』を見て下さい」と頼み、この二作を観た俊藤が深作に「『仁義なき戦い』の監督をやらないか」と打診したとされる[4]。菅原文太と田中邦衛の初顔合わせでもあり、本作の田中は『仁義なき戦い』の槙原政吉のキャラ設定で[1]、手持ちカメラによる撮影シーンなどもあり、『仁義なき戦い』のプロトタイプ満載の映画といえる[1]。また脚本の松田寛夫神波史男のコンビにとっても「女囚さそりシリーズ」へなだれ込む作品となる[1]。本作の渚まゆみも「女囚さそり」の梶芽衣子同様、一言もセリフを発しない[1]

"狂犬三兄弟"という題名は、岡田茂東映社長が命名に難航し、自宅の便所に長らく籠り、便所から飛び出し「出た! 狂犬三兄弟や!」と叫び、本来出すべきものと一緒に出したものである[5]。深作もこの題名を聞いて一発で受け入れたという[6]

あらすじ[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

製作[編集]

イタリアマフィアを描いたジョルジュ・シムノン小説「『リコ兄弟』(Les Freres Rico)をネタに出来ないか」と深作に前々から聞いていた脚本の神波史男が松田寛夫と同作をベースに脚本を書いた[6]。深作は神波と松田と話しているときに「石川力夫でやろうとなった」[2]、本作は「『仁義なき戦い』『県警対組織暴力』『仁義の墓場』につながっている」などと話している[2]。また俊藤プロデューサーが話してくれた実在するのヤクザのエピソード、三谷昇博奕場で金がなくなり、掛け金の代わりに懐からを出すシーンなどを取り入れられた[6][7]。また暴力シーンは脚本にはない深作が現場で思いついたアイデアが幾つかあるという[6]1986年湯布院映画祭で本作が上映され[8]、上映後、深作と神波、三谷昇で、パネルディスカッションがあった[6]。男性ファンは喜んでくれたが、女性を蔑視する内容があるため、女性からは顰蹙を買い、白人女性から「観るに堪えなかったので途中で出ました」などと言われたため、深作と神波は黙り、代わりに三谷が縷々擁護したという[6]

同時上映[編集]

銀蝶流れ者 牝猫博奕

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]