やくざの墓場 くちなしの花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やくざの墓場 くちなしの花
監督 深作欣二
脚本 笠原和夫
出演者 渡哲也
梶芽衣子
矢吹二朗
川谷拓三
室田日出男
藤岡琢也
梅宮辰夫
音楽 津島利章
撮影 中島徹
編集 市田勇
製作会社 東映京都
配給 東映
公開 日本の旗 1976年10月30日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

やくざの墓場 くちなしの花』(やくざのはかば くちなしのはな)は1976年(昭和51年)10月30日に公開された日本映画である。製作、配給は東映

概要[編集]

県警対組織暴力』に次ぐヤクザマル暴刑事の友情の話と、ヤクザ社会と日本の警察官僚機構との黒い癒着を描いており、在日問題にまで踏み込んだ問題作となっている[1]。タイトルにもある主役を演じた渡哲也の大ヒット曲「くちなしの花」が随所に用いられている[2]

深作欣二笠原和夫の最終章。当時、角川映画第二弾として『実録共産党』が、深作+笠原+角川春樹で準備中だったがこちらは頓挫している[3][4]

渡哲也のトレードマークとなるレイバンサングラスは本作が始まり[3]

ちなみに予告編のBGMには『狂った野獣』、『実録外伝 大阪電撃作戦』の一部が使われている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

以下ノンクレジット

製作[編集]

1976年上半期の東映は「トラック野郎シリーズ」と「まんがまつり」以外は不振番組が続き[5][6][7]、シビレを切らした岡田茂東映社長が、同年7月の定例会見で自ら陣頭に立ち[7]、この秋からは不良性感度の高い"ドキュメンタリー路線"に変更すると宣言した[8][9]。この会見で1976年秋以降の番組を岡田が発表し、その際発表された本作のタイトルは、渡の日活時代の代表作のタイトルを用いた『無頼の墓場』であった[9]。公開直前の複数の雑誌の記事に『やくざの墓場』だけの表記があり[10][11][12]、"くちなしの花"は公開直前に付け足されたものと見られる。また、先の発表では1976年10月1日~15日の公開としていたが[8][10]、渡の体調も考えて余裕を持った撮影スケジュールが組まれ、シルバーウィークの公開となった[10]。ただ深作は「ハードスケジュールでまた渡りを病気にしてしまいました」と述べている[13]

脚本[編集]

本作で脚本の笠原和夫が、在日朝鮮人問題を取り上げたのは、帷子耀から「『仁義なき戦い』には在日が出ていないじゃないか、それはおかしい」と批判されたからである[14]

キャスティング[編集]

主演の渡哲也は、岡田東映社長が1975年に「東映の看板スターにしたい」と石原プロからの引き抜きを画策して(失敗)[15][16][17]、渡の主演作品をたくさん企画していたが[18]、渡が1974年に続き、1975年も病気により長期入院したため『仁義の墓場』しか出演できず、以降は全てキャンセルになった[19][20][21]。渡は1976年に石原プロモーション制作による日本テレビ系テレビドラマ大都会 -闘いの日々-』で仕事に復帰し、本作『やくざの墓場 くちなしの花』で本格的に復帰した[10]。しかしこれ以降は、テレビドラマを中心に活躍し、以後20年の間、本格的な映画出演はなかった。

渡哲也と梶芽衣子は日活の同期で[22]、きちんとした共演は『新宿アウトロー ぶっ飛ばせ』(1970年)以来2本目[22]。梶は日韓ハーフの女若者頭代理を演じる[23]梅宮辰夫演じるヤクザの組長・岩田五郎が在日朝鮮人[2]、渡演じる黒岩刑事は大陸からの引き揚げ者という設定[2]

当時大人気だったピラニア軍団が大挙出演[24]川谷拓三はハードスケジュールからゲスト出演的であったが、各々の持ち味を発揮し、中でも官僚体質にドップリのキャリア警部補を演じた室田日出男が出色で、バイプレイヤーとして更なる飛躍を遂げた[24]

ヤクザ映画に対するシンパシーを表明していた大島渚[25][26]警察庁から派遣された大物という警察機構を皮肉った府警本部長役で出演[11]。大島は本作同様、『愛のコリーダ』を文化庁芸術祭参加作品に申請したが拒否された[2][12]。『ロードショー』1976年12月号に「大島は1977年の東映の正月映画『日本の首領』(『日本の黒幕』ではない)を撮ることになった」という記述が見られる[10]

大阪府警クレーム[編集]

当時の大阪はピストル抗争が頻繁に発生し[11]、新聞に「ピストルウエスタン・オーサカ」などと書かれ、警察が暴力団になめられていると散々叩かれていた[11]。ようやく大阪府警もお神輿を上げ、警官4500人を動員して暴力団壊滅作戦を打ち出したところだった[11]。その矢先に本作が、暴力団抗争事件の手打ち式に警察本部長らが出席したり[27]、警察署長が暴力団から豪勢な接待を受けたり[11]、刑事が麻薬中毒になったり[11]、刑事と暴力団組長が盃を交わすシーンが出るなど[11]、警察と暴力団の癒着を描いたことから[12][28]、大阪府警が「公開するなら告訴する!」とタカブり[27]、府警幹部が東映京都撮影所に出向き、岡田東映社長に映画の製作中止を申し入れた[27]。府警幹部は「暴力団追放の世論に逆行している」と息巻いたが[27]、岡田社長は「かつて人間性をこれほど突っ込んで描いた作品はあったでしょうか。この作品を生み得たことを誇りに思います」などと説明し[11]、本作を文化庁芸術祭参加作品に申請したと話した[11]文化庁がこれを受け付け[14]、参加が認められる方向にあったため[11]、大阪府警は文化庁のお墨付きを得た芸術作品を相手にケンカしなければならない状況になった[11]。深作は芸術祭の参加に難色を示したが[14]、東映は下さず[14]。大阪府警は「上映されれば名誉毀損で告訴する」と東映側に通達したため、東映は「娯楽映画。警察を冒涜する気はない」と突っぱねて、芸術祭の参加を絶対に取りやめないと態度を硬化させた[14]。結局、東映が譲歩し脚本にあった「大阪警察」を「関西某警察」にするなど、表現を修正して映画の公開を決め一件落着したかに見えた[12][27]。しかしこの騒動で一旦芸術祭の参加を受け付けた文化庁が態度を翻し、映連を通じて「取り下げて頂けないでしょうか」と参加を見合わせるよう東映に申し入れた[12][14]。大阪府警→警察庁→文化庁ルートで圧力がかかったものと見られ[12]、東映は「表現の自由の問題」と息巻いたが[12]、土壇場で芸術祭参加は取りやめた[2][14]。このため映画の冒頭だけ「昭和五十一年度文化庁芸術祭参加作品」とクレジットだけが残った[14]。これらの攻防が映画の宣伝に一役買ったといわれる[27]

ロケ地[編集]

鳥取砂丘[22][29]。渡と梶のラブシーン[22]

評価[編集]

興行成績[編集]

配収3億5000万円[30]。当時東宝の営業本部長だった松岡功が驚いていたという[30]

批評家評[編集]

黒井和男は「組織暴力団と警察との癒着が起こした実際の事件をヒントにした笠原脚本はかなり面白い。こういった告発的な映画は日本ではあまり映画化出来なかったのだが、多少の妥協はあるにしても面白い試みだと思う」などと評し[28]、「いつものやくざシリーズで売るのではなく、新しい作品として売り出す方法はないのだろうか」と述べている[28]

受賞歴[編集]

影響[編集]

脚本を手がけた笠原和夫は、本作や『暴力金脈』などの脚本作りにおいて調べれば調べるほどヤクザと社会との癒着が明らかとなり、映画化が不可能になっていくという現実に苦しんだことから、長年のテーマだった在日問題に踏み込んだ本作を最後に東映を去り、ヤクザ映画とも決別して戦争映画を中心に手掛けることとなった[1]

同時上映[編集]

世界最強の格闘技 殺人空手

脚注[編集]

  1. ^ a b 笠原和夫荒井晴彦絓秀実 『昭和の劇:映画脚本家笠原和夫』 太田出版2002年、385 - -398頁。ISBN 4-87233-695-X笠原和夫 『映画はやくざなり』 新潮社2003年、87 - 88頁。ISBN 978-4104609017
  2. ^ a b c d e 「深作欣二全映画作品 文・樋口尚文」、『映画監督 深作欣二の軌跡 キネマ旬報臨時増刊』第1380号、キネマ旬報社2003年、 177頁。
  3. ^ a b 「特集 深作欣二 作品紹介 1975-1977 『やくざの墓場 くちなしの花』 文・谷井洋子」『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol. 3』 シンコーミュージック・エンタテイメント、2004年、37頁。ISBN 978-4-401-75102-0
  4. ^ 杉作J太郎・植地毅 『東映実録バイオレンス 浪漫アルバム』 徳間書店2018年、188-189頁。ISBN 978-4-19-864588-5
  5. ^ 「ヒット・Hit 東映『まんがまつり』のヒットで春を呼び込む」、『キネマ旬報』1976年5月上旬号 p.186、キネマ旬報社。
  6. ^ 「日本映画紹介」、『キネマ旬報』1976年8月下旬号 pp.183–184、キネマ旬報社。
  7. ^ a b 文化通信社編 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』 ヤマハミュージックメディア2012年、82 - 86頁。ISBN 978-4-636-88519-4
  8. ^ a b 「映画界の動き 東映、見世物映画へ大転換」、『キネマ旬報』1976年9月上旬号 p.179、キネマ旬報社。「今月の問題作批評 中島貞夫監督の『沖縄やくざ戦争』」、『キネマ旬報』1976年10月上旬号 pp.172-173、キネマ旬報社。
  9. ^ a b 滝沢一・松田政男「邦画トピックス」、『ロードショー』1976年10月号 p.175、集英社
  10. ^ a b c d e 河原一邦「邦画マンスリー『やくざの墓場』」、『ロードショー』1976年12月号 p.177、集英社
  11. ^ a b c d e f g h i j k l 「おまわりさん『芸術』相手にケンカ」、『週刊読売』1976年11月6日号 p.33、読売新聞社「ピストル・ウエスタン番外版 ア、ア、相手は東映か 大阪府警『やくざの墓場』」、『週刊読売』1976年11月6日号 p.60、読売新聞社。
  12. ^ a b c d e f g 「Bunshun Who's Who ヤクザ映画に文化庁のクレーム」、『週刊文春』1976年11月4日号 p.18、文藝春秋
  13. ^ 「新・世界の映画作画と新作研究10 深作欣二 『深作欣二全自作を語る』 聞き手・工藤公一」、『キネマ旬報』1992年9月下旬号 p.112、キネマ旬報社。
  14. ^ a b c d e f g h 高田宏治 『東映実録路線 最後の真実』 メディアックス、2014年、132-133頁。ISBN 978-4-86201-487-0
  15. ^ 脇田巧彦 (2011年12月26日). “最後の活動屋 岡田茂 映画こそ我が人生 実録!! 東映六十年(76) 渡哲也を石原プロから引き抜き作戦”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社): p. 14 脇田巧彦 (2011年12月27日). “最後の活動屋 岡田茂 映画こそ我が人生 実録!! 東映六十年(77) 渡哲也東映移籍を拒否”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社): p. 14 
  16. ^ 「随想 東映スター渡哲也が誕生するまで」、『キネマ旬報』1975年2月下旬号 pp.48-49、キネマ旬報社。
  17. ^ 「邦画新作情報」、『キネマ旬報』1975年4月上旬号 pp.201-202、キネマ旬報社。
  18. ^ 「仁義の墓場 深作欣二監督と組んだ渡哲也のカムバック作 実録やくざに体当たり!」、『映画情報』1975年3月号 p.52、国際情報社
  19. ^ 「アングル76' 幻の映画を追って」、『キネマ旬報』1976年1月下旬号 pp.166-167、キネマ旬報社。
  20. ^ 石原まき子 『石原裕次郎・渡哲也 石原プロモーション50年史 1963-2013』 石原プロモーション2014年、153-155頁。
  21. ^ 「渡哲也インタビュー 構成・高平哲郎」『渡哲也 さすらいの詩』 芳賀書店〈シネアルバム(67)〉、1978年、153-168頁。ISBN 4-8261-0067-1
  22. ^ a b c d 「梶芽衣子インタビュー 構成・馬飼野宏」『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol. 2』 シンコーミュージック・エンタテイメント、2005年、44頁。ISBN 978-4-401-75101-3
  23. ^ 『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol. 2』 シンコーミュージック・エンタテイメント、2005年、54頁。ISBN 978-4-401-75101-3
  24. ^ a b 「ピラニア軍団 in 深作ムービー 1975-1977 文・延山政弘」『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol. 3』 シンコーミュージック・エンタテイメント、2004年、44頁。ISBN 978-4-401-75102-0
  25. ^ 「日本映画紹介」、『キネマ旬報』1975年4月上旬号 pp.130-131、キネマ旬報社。
  26. ^ 大島渚四方田犬彦 『大島渚著作集〈第3巻〉わが映画を解体する』 現代思潮新社2009年、290-292頁。ISBN 9784329004611
  27. ^ a b c d e f 「東映『やくざの墓場』中止ける」、『週刊読売』1976年11月6日号 p.33、読売新聞社。
  28. ^ a b c 「興行価値 日本映画東映の意欲作登場 新しい試みで再生したい東映アクション」、『キネマ旬報』1976年11月上旬号 p.173、キネマ旬報社。
  29. ^ 「カメラマン中島徹インタビュー」『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol. 3』 シンコーミュージック・エンタテイメント、2004年、70頁。ISBN 978-4-401-75102-0
  30. ^ a b 文化通信社編 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』 ヤマハミュージックメディア、2012年、85頁。ISBN 978-4-636-88519-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]