佐藤正之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 正之(さとう まさゆき、1918年2月28日 - 1996年12月16日)は、日本演劇映画プロデューサー。夫人は女優の菅井きん北海道小樽市生まれ。

来歴・人物[編集]

明治学院大学卒業。1942年満州映画協会脚本部に入社後、現地で応召[1]。シベリア抑留後の1948年に帰国。

1948年俳優座に入団、主に舞台や映画の企画、製作に携わる[2]。映画部長となり、仲代達矢を育てる。1968年俳優座映画放送(現・仕事)設立とともに社長に就任[3]。その後、独立し映画製作会社「仕事」を創立。

1991年日本映画テレビプロデューサー協会会長となる[4]

代表作に、佐分利信監督「広場の孤独」、森川時久監督「若者たち」、小林正樹監督「いのちぼうにふろう」、野村芳太郎監督「砂の器」、村野鐵太郎監督「月山」、五社英雄監督「鬼龍院花子の生涯」、熊井啓監督「深い河」など。

受賞[5][編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]