ファンキーハットの快男児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ファンキーハットの快男児シリーズ > ファンキーハットの快男児
ファンキーハットの快男児
Vigilante With a Funky Hat
Man with The Funky Hat
監督 深作欣二
脚本 田辺虎男池田雄一
出演者 千葉真一
中原ひとみ
岡本四郎
音楽 三保敬太郎
撮影 内田安夫
編集 長沢嘉樹
製作会社 ニュー東映
配給 東映
公開 日本の旗 1961年8月5日
上映時間 53分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 ファンキーハットの快男児
二千万円の腕
テンプレートを表示

ファンキーハットの快男児』(ファンキーハットのかいだんじ、Vigilante With a Funky Hat or Man with The Funky Hat [1])は、1961年日本映画主演千葉真一監督深作欣二製作ニュー東映モノクロ東映スコープ、53分。『ファンキーハットの快男児シリーズ』の第一作。

解説[編集]

映画風来坊探偵シリーズ』でコンビを組んだ千葉真一深作欣二による、誘拐談合インサイダー取引を題材にアクションサスペンスミステリコメディを織り交ぜて、スリルに謎解きが展開されていく物語[1][2]ニュー東映のホープとして躍り出ていた千葉に、中原ひとみヒロインに迎えた青春痛快作品である[1][2]

コミカルに遊び盛りの坊ちゃん探偵・天下一郎を演じている千葉真一だが、学生時代に器械体操で培った筋骨隆々な肉体美を大車輪で披露してるほか、終盤の工事現場での大乱闘でも飛んだり跳ねたりダイナミックに動き、カーチェイスも行うなど、吹き替えなしでスタントをこなしている。深作は一郎を現代的な若者に演出し、内田安夫にはシーンにより手持ちで撮影させ、映画音楽にはジャズを全編に流し、勢いのある映像に仕上げた[3]。同シリーズは1966年の映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』や、1968年から1973年に放送されたテレビドラマキイハンター』の原型にもなっている[3][4]

主なロケーション撮影には渋谷区杉並区高井戸駅などで行われ、身代金を手渡す場は横浜駅横須賀線プラットホーム、一郎が保釈の虎を追い駆けるシーンの一部は渋谷駅前、京王井の頭線渋谷駅と山手線銀座線渋谷駅を結ぶ連絡通路、東急百貨店東横店西館にて実施された。

ストーリー[編集]

天下一郎は天下探偵事務所の所長・清助の息子だが、アルバイト自動車セールスよりもナンパに精を出す、お気楽な学生だ。今日も相棒の茂とオープンカーでガールハントしていたが、なかなか相手にされない。一郎は茂を「後ろで横になってろ」と追いやってから、しばらく走らすと美しい令嬢を発見。「ジャズを聴きに行こう」と誘うと、すぐ助手席に乗ってきた。ジャズ喫茶で停めた一郎は、茂に待ってるよう言い、自分はその令嬢と店に入っていた。ついていこうとした茂だがクルマをどかせと周囲から迫られ、仕方なく二人と別れて一人で運転しだす。しかし一郎の相手・境野みどりは株式投資の話に夢中で、一郎もとんでもない娘に声かけたと困惑していた。

同じ頃、木暮家では女中のルメが、「彼女の弟が上京している」とサングラスの女から電話を受けていた。ルメは嬉しくなり、木暮夫人・ひさえに無断で外出してしまう。その姿を見ていたサングラスの女は、一人息子・木暮靖幸が幼稚園の送迎バスから降りてきた時に巧みに声をかけ、誘拐した。ルメはに向かう途中で茂にナンパされたものの、そのまま駅まで送らせて弟を迎えに行く。ところが見当たらず、ルメは訝しげに思いながら茂に木暮家まで送ってもらった。ルメが不在時の木暮家には、身代金500万円の要求がサングラスの女から電話が入っていた。ひさえの夫・木暮は国産省の局長を務めており、産業会館建設入札の決定権を握っていたことから、日の丸建設と大下組は木暮の接待合戦をしていた。そんな矢先の誘拐事件であり、ひさえは夫に連絡し、茂を通して天下探偵事務所に救出を依頼する。一郎は全く手伝う気がないものの、みどりから日の丸建設と大下組の株価上昇を聞いていたことから、ほどなく事件に巻き込まれていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ファンキーハットの快男児”. 日本映画製作者連盟. 2012年2月1日閲覧。
  2. ^ a b ファンキーハットの快男児”. 東映チャンネル. 2013年3月13日閲覧。
  3. ^ a b JJサニー千葉 『千葉流 サムライへの道』 ぶんか社2010年、140 - 141頁。ISBN 4821142694
  4. ^ 菅原文太、ほか「映画監督 深作欣二の軌跡」、『キネマ旬報 臨時増刊』第1380号、キネマ旬報社2003年、 154頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]